面接当日があいにく雨模様ということもよくあります。その際はも持っていかなければなりません。

実は、お持ちの傘が面接での企業訪問に適しているかやマナーについて心配される方も多いのです。

この記事では面接で良い印象を与える傘の特徴や傘を持ち歩く際のマナーなどをしっかり解説します。

ささいな事ですが意外と気になるポイントではないでしょうか。

面接で使うべき傘の特徴を解説

カラフルな傘

傘といっても様々なデザインのものがあります。転職の面接ではどのような傘を使うべきなのでしょうか。

傘が面接には直接関係しませんが好印象を与えるような傘の取り扱いなどに気を配ることは大切です。

この記事をお読みいただくことで面接で使うべき傘や傘に関するマナーの疑問がスッキリ解決できます。

あいにくの雨模様でも堂々と面接に臨めるようにポイントをチェックしておきましょう。

面接で印象の良い傘は?

水色の傘

面接で印象の良い傘はひと言でいうとスーツと合わせても違和感のない傘です。

どのような傘が印象が良いのか見ていきましょう。

折りたたみ傘が基本

面接で持っていく傘は折りたたみ傘が基本といえます。

面接のために訪問した企業に傘立てなどがあるとは限りません。

訪問先の環境がわからない場合はカバンにしまうこともできる折りたたみ傘が便利です。

転職後も使えるような折りたたみ傘が1本あると急な雨にも役立ちます。

色や柄

傘をじっくり見られることはありませんが、ふとした時に目に付くことも考えられます。

ダークカラーパステルカラーの無地であればスーツに合わせやすいでしょう。

一方で派手な色や柄の傘やキャラクターものの傘は面接という場面では避けたほうがベターです。

持ち手などに特徴があるものであれば他の人の傘と見分けやすく、取り違え防止になります。

ビニール傘

ビニール傘

急に天気が変化した時などはビニール傘を利用することもあるかと思います。

ビニール傘を面接に持っていくことは特段問題ないですが、あえて持っていくべき傘でもありません。

ビニール傘はあわてて買ってきたようなイメージを持つ採用担当者もいます。

事前準備ができない人というマイナスの印象を持たれることもある事は認識しておきましょう。

日傘

日差しの強い日や真夏に面接を受ける場合は日傘を使うケースもあるでしょう。

面接で企業を訪れる際に日傘を使うことはまったく問題ありません。

折りたたみタイプならカバンに入れておくこともでき、晴雨兼用タイプであれば雨にも対応できます。

色や柄は雨傘と同じくスーツに合う色で派手なものなどは控えてください。

 

ワンポイント
面接で使うべき傘は折りたたみ傘がおすすめ!
日傘であれば晴雨兼用タイプが便利。

傘をもっていく時の注意点は

傘をさす女性イメージ

転職の面接に傘を持っていく時は訪問先の企業の雰囲気を考慮しスーツに合う傘選びがポイントです。

また雨といっても小降りの時と土砂降りでは適した傘が異なるため天気を確認して準備しましょう。

土砂降りの時はどんな傘を持っていけば良い

先ほど折りたたみ傘が基本であるとお伝えしましたが、土砂降りの時には長傘がおすすめです。

強い雨が降っている場合は折りたたみ傘では雨を防ぎきれないかもしれません。

カバンやスーツ、持参した書類が濡れてしまうリスクも考えられます。

丈夫で厚手の布が張られたタイプのしっかりした作りの傘を選ぶと安心です。

ビジネスシーンを意識した色合いの傘

面接もビジネスシーンのひとつとですので派手な色や柄を避けて落ち着いた傘を選びましょう。

スーツを着た状態でも違和感のない色合いやデザインを意識しておくと良いです。

 

ワンポイント
土砂降りの時は長傘を持っていくべき。
落ち着いたデザインの傘を選ぼう

傘の扱い方のポイント

傘を持つ手

面接に適した傘を選んだ後は実際に面接会場での扱い方のポイントもチェックしておきましょう。

事前に傘の扱い方のポイントを改めて確認しておくことで現地であわてずにすみます。

折りたたみの傘を常にカバンに入れておく

面接の日に限らず、折りたたみ傘をカバンに常備しましょう。

傘立てがなかったり来客用の傘立てが小さい企業だった場合は保管場所に困ってしまいます。

現地で傘を置く場所がなくてあわてることのないようカバンにしまえる折りたたみ傘が便利なのです。

また急な雨の度にビニール傘を買っていては経済的にも非常にもったいないことになります。

面接にビニール傘を持っていくことは準備不足な印象を与えるかもしれません。

ビニール傘を持っていく場合は、他人の傘と間違えないよう目印をつけておくと良いです。

濡れた折りたたみ傘を収納できる便利グッズ

傘を入れるケース

折りたたみ傘は保管場所がなくてもカバンにしまえる点が外出の際は助かります。

しかし使った後に濡れた状態でカバンに入れてしまうのは避けたほうが良いのです。

濡れた傘をそのままカバンに入れると、書類などのカバンの中身も濡れてしまいます。

使用後の折りたたみ傘をカバンにしまう時は次のようなグッズを利用しましょう。

  • 傘カバー
  • ビニール袋や保存袋
  • ハンドタオルやフェイスタオル

折りたたみ傘用の傘カバー傘袋に入れれば、水滴を吸い取ってくれるので安心です。

100均やバラエティーショップなどで手頃な価格で購入できます。

内側がタオル地やマイクロファイバーのものでシンプルなデザインを選ぶと使いやすいです。

またお近くで傘カバーが見つからなければ、ポリ袋やキッチン用の保存袋を使う方法もあります。

面接でこれらを使う際は新品のものを用意し、ヨレヨレの袋を使うのはやめておきましょう。

傘をしまう前に軽く拭いたりスーツや足元の水気を取ったりするのにタオルが1枚あると便利です。

グッズを利用する時でも書類はクリアファイルなどに入れて折れたり濡れたりしないよう工夫しましょう。

大雨では長い傘でも

土砂降り

面接で企業を訪問する際は、折りたたみ傘が基本ではありますが大雨であれば話は別です。

しっかりした作りの大きめサイズの長傘を持っていくほうが安心といえます。

折りたたみ傘では雨を防ぎきれず髪やスーツだけでなく靴やカバンが濡れる可能性が高いからです。

全身びしょ濡れでは面接のための身だしなみも無意味になってしまいます。

 

ワンポイント
カバンには折りたたみ傘を常備しておく。
カバンにしまう際は便利グッズを活用しよう。

面接の状況別傘の取り扱い方・置き方

スーツの女性

面接前の傘の扱い方や傘を持って面接を受けることになった場合の置き方はどうすればよいのでしょうか。

面接前と面接中のそれぞれのシーンでの傘の扱い方のポイントをご紹介します。

面接前

面接を受ける企業に到着したら建物内に入る前に、軽く傘を振って水滴を払います。

タオルなどでさっと傘を拭き、きちんとまとめてベルトで留めてから傘カバーなどに収めましょう。

もし髪やスーツが濡れていたら先にタオルで拭いてから傘を拭くようにします。

使った後のタオルを入れるためのビニール袋も併せて準備しておくのも忘れないでください。

面接中

傘、雨

面接を受ける部屋に傘を持っていかなければならないケースもあります。

まずは床などを濡らすことのないよう建物に入る前に傘の水滴をしっかり拭いて傘袋等に入れてください。

室内に傘立てがあれば担当者に確認したうえでそちらを利用してかまいません。

傘立てがなければカバンと平行にし、先端を相手に向けないように椅子の横に置くのがベストです。

傘の取り扱いマナー

チェックの傘

傘の取り扱いの際は訪問した企業の床や廊下などを水滴で濡らさないことがマナーのポイントになります。

持ち歩いたり指定された保管場所に置いたりする際のマナーはどのようなものなのでしょうか。

何気なくしている方もいるかもしれませんが、ここでポイントをチェックしていきましょう。

傘はキレイにたたんでカバンと一緒に持ち歩く

先ほど傘の取り扱いにおいて訪問先の企業の床を濡らさないことが大切とお伝えしました。

傘から水をポタポタ垂らしながら歩くのは見た目も良くないですし他の人が滑ったら危険です。

そして実は傘をキレイにたたんでおく事もポイントになるのです。

建物に入る前に水滴をしっかり拭き、傘のヒダをきちんと伸ばして順番にまとめてからベルトで留めます。

ぐしゃぐしゃにまとめた傘がカバンから見えてしまうのは、あまり良い印象とはいえません。

また建物内で傘を持ち歩く際にも先端が他人に当たらないよう下に向けて持つことが大切です。

カバンの持ち手に横向きに置く持ち方は危険なので、普段からやめておくことをおすすめします。

傘袋や傘立てがある場合は利用させてもらう

傘立て

建物の入口に傘袋や傘立てが設置されていれば利用させてもらいましょう。

利用してよいか迷うようなケースでは受付の方に確認すると安心です。

他人の傘と間違えないように持ち手に目印をつけたり名前のシールを貼ったりするのも一つの方法です。

 

ワンポイント
折りたたみ傘はキレイにたたんでカバンにしまう。
傘立てや傘袋がある場合は利用してOK

傘の取り扱いが雑だと選考に影響する?

ビジネスウーマン

当然ですが、傘の取り扱いの印象だけで合否が決まることはありません。

しかし、傘の扱い方が雑なことが印象に残ってしまうと選考への影響がないとはいえないのです。

たとえば採用担当者がエントランスで応募者を出迎えて面接室に案内するシーンではどうでしょうか。

水滴を垂らしながら歩いたり傘がぐしゃぐしゃですと「雑な人」という先入観を持たれるかもしれません。

また傘の取り扱いが雑な事が目立つと、他に同程度の候補者がいた時の判断要素になる可能性もあります。

仕事も雑では困りますから同程度のスキルなら所作が丁寧な人のほうが採用率は高いでしょう。

雨の日に気をつけたいポイント

デスク、時計

雨の日はいつもより時間に余裕をもって行動することを心がけましょう。

みんなが傘を持っているため電車の乗り降りに時間がかかることが多いです。

また路線にもよりますが電車やバスなどが遅れるアクシデントも起こりやすくなります。

面接先の企業までの所要時間や身だしなみをチェックする時間も多めに考えておきましょう。

晴れの日でも共通ですが替えのストッキングを用意しておくこともポイントです。

特に雨の日には泥はねや地面の水はねで足元が汚れてしまうこともよくあります。

思わぬところで引っ掛けて破れてしまうこともあるかもしれません。

そんな時にあわててコンビニに駆け込んでストッキングを買うのは時間のロスにも繋がるのです。

替えのストッキングをカバンに入れておけば落ち着いて履き替えて面接に向かえます。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

面談する女性

転職エージェントは転職を決意してから利用するものと思っていませんか。

実は「転職しようか迷っている」段階で相談をすることがおすすめです。

仕事が関する不安や転職についての相談は身近な人には打ち明けにくく感じる人も多くいらっしゃいます。

そのためひとりで悩みを抱えてしまい、時間ばかりが過ぎてしまうのはもったいないことです。

転職するかどうかの悩みは、転職のプロ相談することで解決策が見えることもあります。

転職を決意した場合には応募書類の作成面接対策など一貫したサポートも可能です。

またエージェントでは非公開求人も取り扱っており、自力では出会えない優良求人にも応募できます。

エージェントごとに得意分野や扱う求人が異なるので複数のエージェントを利用することも有効です。

業界事情に詳しいキャリアアドバイザーが転職活動前~転職成功まで強い味方になってくれます。

仕事に関するお悩みがある方は気軽に転職エージェントに相談してみてはいかがでしょうか。

まとめ

オフィス、デスク

面接に使うべき傘はあまり気にしたことがなかったという人もいるかもしれません。

当然ですが傘の扱い方やデザインだけを理由に採用が決まることはないでしょう。

ただし面接もビジネスシーンのひとつということを意識した振る舞いは求められるのです。

基本的にはスーツと合わせても違和感のない色合い折りたたみ傘をおすすめします。

ただし強い雨の時にはしっかりした作りの長傘のほうが安心です。

また訪問した企業の床などを水滴で濡らさないように、建物に入る前に水滴はしっかり拭きましょう。

持ち歩く際もキレイにたたんでから傘カバーにしまうなど丁寧な取り扱いを心がけてください。

全体を通じて「きちんとした人だな」と思ってもらうことで採用可能性も高まるのではないでしょうか。

面接当日が雨というケースはあり得ますし避けようがありません。

そんな時でもあわてないように改めて傘の選び方やマナーを身に付けておきましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する