転職面接では時間が短いときと長いときがあり、選考の影響に不安を感じることもあるのではないでしょうか。

時間が極端に短いのは不合格フラグ、というような噂がまことしやかに流れていますが実際根拠はありません。

そこでこの記事では、不安を払拭するために転職面接の平均時間や合否の関係性について解説します。

また役立つ情報として、面接するのにおすすめの時間帯も調査しました。

これから面接に臨む方をはじめ、ぜひ転職活動の参考にしてみてください。

転職面接の平均時間を解説

転職

転職面接の平均時間は、業種や職種によって違いがあります。

また企業の意向や採用担当者によっても異なってくるので、明確な答えはありません。

さらに大企業の場合は、応募人数も時間に影響してきます。

時間に差があるとはいえ、転職面接は転職者の人となりや自社の社風に合っているかをチェックする重要な場です。

そのため採用担当者は、制限がある中でもできる限り時間をかけてしっかり見極めたいと考えています。

 

ワンポイント
 転職面接の平均時間は様々な原因で違いが出る。

面接の時間は決まっているの?

砂時計

面接時間は特に決まっておらず、様々な事情によって異なっているのが現状です。

また多くの場合、面接時間が一部長引いたり転職者の遅刻があったときを想定して長めの時間を確保しています。

そのため企業から送付された面接の案内で面接時間が記載されていても、大抵予定より短くなる可能性が高いです。

ちなみに転職面接は新卒の面接と違って、そもそも時間を短めに設定している企業もあります。

転職者のスキル・経験など選考書類でわかる情報を重視している企業に、その傾向が強いです。

基本的には「30分〜60分」

アンティーク時計

面接時間は、基本的に30分~1時間程度であるケースが多いです。

ただし明確な基準となっているわけではなく、実際は30分以下で終わることもあれば1時間以上かかる場合もあります。

あくまでも目安として考えるようにしましょう。

実際にかかった時間が平均でなかったからといって、不安に感じる必要はありません。

平均時間は全体的な統計値であり、企業によって時間に対する考え方は様々です。

応募者の多い企業は短い面接時間の場合も

面接官と就活生

応募者が多い企業の場合、面接時間が短いケースが多く見られます。

応募者が多いと同日の面接回数が増えるため、企業側で時間が30分程度と設定されていることも少なくありません。

転職者の公平性を保つためにも仕方がない部分なので、面接に臨む際は簡潔に受け答えできる事前準備が大切です。

また面接官の数が少ない場合、30分以下の時間で終わる可能性もあることを覚悟しておきましょう。

この場合面接時間が短い理由は企業側の事情によるものなので、動揺せず気持ちに余裕をもって臨んでください。

面接時間は面接官次第で時間に幅がある

面接イメージ

面接時間は面接官の考え方や性格によっても、時間に幅が出るケースが多いです。

ベテランの面接官で10分あれば充分わかるという場合もあれば、じっくり見極めたいと考える面接官もいます。

また元々話好きの面接官で、話が盛り上がって時間が長くなるケースも珍しくありません。

もしくは面接官が転職者の履歴書・職務経歴書などの情報に興味を持ち、話が予想以上に発展することもあります。

面接ではその場の雰囲気を感じながら、柔軟に対応できるのがベストです。

 

無料転職相談をして理想の転職を見つけよう

 

面接時間が短いと不採用?

机に置かれたカレンダー

面接時間が短いと、不採用なのではと心配になる転職者は少なくないでしょう。

しかし面接時間が短いからというだけで、不採用とは限りません

面接時間が短くなるのは様々な理由があるからです。

実際に面接時間が10分程で終わった転職者が、後に無事採用されたというようなケースも出ています。

大切なのは時間の長さではなく、あくまでも面接の内容なのです。

面接時間が短くても不採用とは限らない

複数の面接官

そもそも面接時間は応募者の人数や企業の方針によって変動することが多いので、採用の合否には関係ありません。

また面接での転職者の対応がしっかりしていて問題がなく、面接官の判断で早めに切り上げるケースもあります。

質問に対して的確で簡潔な受け答えを行っていると評価されているため、むしろ採用の確率が高いといえるでしょう。

一方で、面接官が転職者に対して関心を持てなかったということも考えられます。

一問一答で話が続かなかったり、失礼な発言や態度が原因で見切りをつけられる可能性もあるので注意してください。

すでに選考結果が決まっている場合も

履歴書と職務経歴書

面接時間が短くなった要因のひとつとして、すでに書類選考の段階で結果がほぼ確定した可能性も考えられます。

特に転職面接の場合はスキル・資格や経験が重視される傾向が高く、履歴書や職務経歴書で必要な情報が得られるからです。

面接官は面接を社会人としてのマナーや、自社の社風に合うかどうかの最終チェックと考えている可能性が高いでしょう。

もし書類選考の段階で疑問点があったり、面接時の様子に不安を感じていれば面接時間は逆に長くなりがちです。

不採用とする場合でもいい加減な評価は人事部から信頼を得られなくなるので、面接官も質問を増やして慎重に精査します。

 

ワンポイント
 面接時間が短いのは良い傾向の可能性あり。
 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


面接時間が長いと合格?

面接・会議

面接時間が長ければ、短い場合とは逆に合格と捉えたくなる転職者が多い傾向にあります。

しかし短い場合と同様に、面接時間が長くなるのもいくつかの原因が考えられるので喜ぶのは時期尚早です。

例え面接時間が長くても、不採用だったというケースは決して珍しくありません。

結局のところ、面接時間は採用の合否に影響を与えないということを忘れないでください。

自分が実際の面接でどう対応できていたか、振り返ってみることが大切です。

面接時間が長いと合格フラグ?

面接・会議

面接時間が長いから単純に合格フラグと考えるのは、少し早いといえます。

ただし面接時に入社後の具体的な話が出てくれば、可能性は高いと考えてもいいでしょう。

つまり合格フラグと推定するには、面接時間だけではなく話した内容がより大きく関連しています。

とはいえ面接時間が長いということは、面接官が他の仕事を抱えながらも転職者との時間を重視している証拠です。

そのため自己アピールの大きなチャンスと捉え、自信を持って話しましょう。

面接時間が長くなる理由は?

グッドポーズの女性

面接時間が長くなる理由には、ポジティブな要因として面接官が転職者に興味を持っているからと推測できます。

実際に選考書類で他の人にはないものが書いてあると、質問が増えて話が深堀されていくケースがあるのも事実です。

一方で単純に面接の時間が余裕をもって設定されており、次の予定が入っていないから質問を重ねている場合もあります。

応募者の中で自分だけが特別ではなかったというケースです。

あるいは面接官が評価に悩んでいて、いい部分を引き出そうと模索していることも考えられます。

 

無料転職相談をして理想の転職を見つけよう

 

面接時間と選考の合否の関係性は?

マルバツのプラカード

面接時間の長短はどうしても気になる部分ではありますが、実際のところ選考の合否には直接関係していません

そのため面接時間だけで一喜一憂するのは、自分の気持ちが疲れしまうだけです。

そもそも面接本来の目的を忘れてはいけません。

面接までの期間は事前準備を入念に行い、面接後はあらためて内容を振り返ってみる行動が大切です。

その結果面接時間に左右されず、自分の納得できる自己アピールができるようになります。

合否には影響しない

OKとNGのプラカード

面接時間の長短には様々な理由がありますが、結局は多少評価が変わっても直接選考に影響することはありません。

極端に面接時間が短い、あるいは長い場合でも同様です。

面接態度があからさまに悪かったり受け答えが質問の的を得ていないなど、大きな原因さえなければ問題ないでしょう。

面接時に合否の可能性が見えてくるのは、面接官の質問の出し方や話の内容です。

面接時間は企業側の事情や面接官によっても変動するので、判断基準にはなりません。

面接時間より意識すべきこと

おしゃれなオフィスで面接

面接時間よりも、まず意識するべきなのは面接の内容です。

面接官の質問に的確な受け答えで対応し、簡潔に話がまとまっていれば面接時間は短くなり合格率も高まります。

また面接官が興味を持ったことに対して魅力的なアピールを行えば、面接時間は長くなり同様の結果が期待できるでしょう。

つまり重要なのは、面接時に面接官が何の質問を出しどんな反応をしていたかということなのです。

面接時間がどう変動しても対応できるように、アピールしたい内容や受け答えの事前準備はしっかりと行いましょう。

 

ワンポイント
 面接時間と選考の合否に直接の関係はない。

転職面接におすすめの時間帯

おしゃれな置時計

転職面接の面接時間は、現職の勤務時間を考慮してある程度転職者側に合わせてくれることが多いです。

時間帯は大きく分類して、日中の10~17時夕方の18時以降の2パターンが想定されます。

企業によって考え方は異なるので、どちらが正解ということはありません。

中にはどちらかの時間帯を指定してくるケースもあるので、そのときは原則企業の方針に従いましょう。

ちなみに18時以降の時間帯が選べるときでも、20時以降の遅すぎる時間は失礼にあたるのでNGです。

面接官が疲れている可能性のある夜の時間帯は避けよう

静かな夜

18時以降でも面接に対応してくれる企業はありますが、できれば夜の時間帯は避けた方が無難です。

面接官日中も普段通り仕事をしており、勤務時間終了後は疲れている可能性が高いです。

ある研究結果では、疲れている状態だと人は重要な意思決定を避ける傾向が強いといわれています。

つまり、場合によっては採用という重要な判断を遠ざけてしまう可能性もあるのです。

在職中の転職活動では日中の時間を確保できるかが課題となりますが、できれば年休を取得することも考えておきましょう。

日中の面接時間が理想的

面接・打合せ

企業の考え方にもよりますが、面接時間は面接官の意欲がある平日かつ日中の時間帯が理想的です。

可能であれば、勤務が始まったばかりの午前中の方がより効果的でしょう。

そもそも採用の判断に私的な感覚は相応しくないともいえますが、実際は面接官も人間であり多少は仕方がない部分です。

それならば面接官を考慮し、的確な判断をしやすい時間帯を選んで効率的にアピールしましょう。

また早めに企業の評価基準をクリアしていれば、後から似た人材が現れても安易に不採用となるリスクは低くなります。

 

無料転職相談をして理想の転職を見つけよう

 

面接の日時調整のポイント

机のカレンダーとペン

面接の日程調整は、転職者が選べる場合でも相手側のことを考えて指定するのがポイントです。

まずは企業側から日程調整の打診が来た段階で、早めに自身のスケジュール調整を行いましょう。

複数の企業に同時進行で応募している場合は、日程が重ならない日を選んで早めに返答します。

また企業側から候補日を提示してきた場合でも、取るべき対応は同様です。

候補日の都合が悪いときは、簡単に理由を述べたうえで改めて調整してもらえるようお願いしてください。

希望日を複数提示しよう

電卓

採用担当者に希望日を伝える際は、一つではなく複数提示するのがおすすめです。

希望日が一つしかないと万一担当者の予定が合わなかった場合、再度調整のために複数回やり取りが必要となります。

また担当者によっては、転職者に対して我が強い印象を持つ可能性もあるため相手への配慮が大切です。

あまり選択肢が多いのも決まりにくいので、3つ程度候補日を提示するようにしましょう。

日程調整がスムーズに対応できるかどうかも、採用後仕事をするうえで企業側が注目していることを意識してください。

面接時間決定後の変更は原則NG

タイムマネジメント

面接時間が決定した後に変更をお願いするのは原則NGです。

企業側はすでに面接官の予定を合わせ、準備を整えてしまっています。

余程の理由がない限り、相手に迷惑をかける行為なので避けてください。

とはいえどうしても変更できない事情がある場合は、できるだけ早く変更していただきたい旨を連絡しましょう。

連絡する際はやむを得ない理由と、迷惑をかけて申し訳ない気持ちを忘れずに伝えてください。

 

ワンポイント
 面接の日程調整は早くスムーズに対応しよう。
 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


面接の不安を払拭するためにきちんと面接対策をしよう

チェックリスト

面接の不安を払拭するためには、事前にきちんと面接対策を行うことが重要です。

話す内容は簡潔にまとめられているか、この質問にはどう答えるべきかといった具体的なイメージを持つようにしましょう。

特に面接時間が長くなると、話しているうちに自覚がなくても欠点が出やすくなります。

そのため事前準備をしているかどうかで、話の完成度が大きく変わってくるのです。

また面接の最後は「何か質問はありますか」と聞かれることが多いので、あらかじめ質問も用意しておきましょう。

転職相談は転職エージェントを活用しよう

ビジネスパーソン

面接を含めた転職活動の相談は、転職エージェントを活用するのがおすすめです。

転職エージェントは面接対策のサポートにも個別対応しているので、心強い存在となります。

また企業の考え方による違いも把握し、数多くのデータから必要な情報を提供してくれるでしょう。

効率的に転職活動を進めるのなら、転職エージェントは効果の高い選択肢です。

ぜひ活用を検討してみてください。

まとめ

新入社員のイメージ

転職面接の時間に長短が生じるのは様々な理由があるものの、選考の合否に直接影響することはありません。

気にするべきなのは面接時間ではなく、あくまでも本来の目的である面接の内容です。

内容によっては面接時間に影響が出る可能性があり、不安を払拭するためにも事前準備が重要といえます。

また時間帯を含めた日程調整に関しても、ポイントを抑えてスムーズに対応できると面接官から見て好印象です。

面接時間に左右されることなく、自信を持って面接へと臨みましょう。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!