共働きをしながら、転職活動をしている女性も多いでしょう。

共働きをしながら転職をしている場合、引っ越しのタイミングはどうしたらよいのか悩んでいる方もいるのではないでしょうか?

ここでは、共働きの転職に伴う引っ越しのタイミングを解説していきます。

転職と引っ越しはどちらが先が良いのか?引っ越しが決まってから準備することはなにか?など大切なことをまとめています。

転職には引っ越しが伴うこともあるため、共働きの場合は特にタイミングが重要

転職と引っ越しについてしっかり学んで、転職を成功させましょう。

Contents

共働きの転職に伴う引越しのタイミングを解説

引っ越し

転職においては引っ越しが必要な場合があります。勤務地が別の地域のことがありますし、最初の辞令が遠い地域になる可能性もあるからです。

一人暮らしであれば必要に応じて引っ越しをすればよいのですが、共働きの場合は自分だけの問題ではありません。

現在共働きをしながら、転職を考えている方はどう行動すればよいかしっかり考えてから転職活動を始めるとよいでしょう。

引っ越してから転職活動を行うケースや転職活動を行ってから引っ越すケースも考えられます。

それぞれにメリットやデメリットがあり、注意点もありますのでしっかり考えておくことがベスト。

決まってから考えていなかった!とあたふたすることのないようにしてください。

転職について夫へ切り出すタイミングは?

ビジネスパーソン

共働きをしながらも現職に悩みや問題があり、転職を考えている人も多いでしょう。

転職する職種や業種が決まっている方ややりたい仕事が決まっている方も多いかもしれません。

しかし転職の結果においては引っ越しが必要な場合もあります。共働きの場合、引っ越しは夫や家族にも対応が必要なことも。

転職をしたいと思っている方は、考えている時点で早めに夫へ切り出すと良いでしょう。

現職の悩みや相談があれば夫に話をしてみたり、転職をしたいと思う気持ちを打ち明けてみたりするのも良いかもしれません。

共働きの場合は、引っ越しなど家族に対応が必要なことがあるため早めに話を切り出しておくことをおすすめします。

転職と引っ越しはどちらが先が良い?

転職を考えている場合、転職活動と引っ越しはどちらが先が良いのでしょうか?

ここでは転職と引っ越しがどちらが先が良いのか、それぞれのメリットを紹介していきます。

先に内定が決まるメリット

引っ越し

引っ越しより先に内定が決まる場合は、転職先の給料や働く地域がわかることがメリットでしょう。

月々の給料がわかっているため家賃や交通費などを設定しやすく、働く場所もわかっているので引っ越し先も見つけやすくなります。

内定前に引っ越しをすると、選択肢がかなり広く家賃相場もわからないので、家が見つかりにくくなってしまうのです。

先に内定が決まっていれば働く場所もわかっているため、乗り換えなしで会社にいける場所や自転車で通える距離なども計算して決めることができます。

このように先に内定が決まっていると、引っ越し先を見つけやすいということが大きなメリットだといえるでしょう。

先に引っ越しするメリット

引っ越し

先に引っ越しをしておくと、手続きのわずらわしさがないということが大きなメリットだといえます。

例えば先に引っ越しを行い、すべての手続きを行った上で転職活動を行えば居住している住所を記載すれば問題ありません。

しかし、内定後に引っ越しをする場合は転職活動中は前の住所を記載しているため、内定した会社に対して住所変更手続きが必要となります。

また、内定後のバタバタしている時期に住民票をうつすなどの役所手続きも必要となってしまうのです。

先に引っ越しをしていれば、こういった手続きの大変さが一切ありません。

手続きが面倒なのは嫌、という方は先に引っ越しをしてしまうのも一つの方法でしょう。

 

ワンポイント
・内定前の引っ越しは家賃設定や場所を決定しにくい
・内定後の引っ越しは手続きの大変さがデメリット

 

内定が決まってから引っ越しするケース

内定が決まってから引っ越しするケースについて、確認しておくことや注意点について細かく見ていきましょう。

内定が決まってから転職先に確認すること

面接・打合せ

内定が決まってから転職先に確認しておくことは、住所変更について届け出や報告が必要ないかといった点です。

現住所で判断して辞令や働くエリアを設定している場合もあるため、引っ越しがもろもろに影響しないかを確認しておく必要があります。

場合によっては引っ越してしまうと働く場所が遠くなり、交通費などがかかってくる可能性もあるでしょう。

交通費がでる基準なども企業によって定まっていることもあるため、全て交通費が出ないこともあります。

引っ越しを考えている点や報告の有無、交通費の実態については早めに内定先の企業に確認しておいてください。

引っ越しまでの流れ

引っ越し

引っ越しについてはまず家を見つけることから始まります。

近くの不動産屋に直接出向いても良いですし、現在ではネットで家を探すこともできるでしょう。

実際に住む家を見ておきたい場合は、内見を行うこともできます。

日当たりや収納、周辺の環境など住みやすいかをチェックした上で引っ越し先を決めましょう。

家が決まれば必要な書類にサインを行い、敷金や礼金などの支払いをします。

引っ越し先が決まったあとは、引っ越しをする日や引っ越し業者の手配、荷造りなどが必要になります。

引っ越しが終わったあとも必要な手続きや環境整備もあるため、引っ越し完了まではかなり忙しい日々が続くと考えておいてください。

内定を基準にした引っ越しで気をつけたいこと

カウンセリング風景

内定をもらった後に引っ越しで注意したいのは、内定をもらった企業へいくつか確認をしておくことです。

例えば企業によっては家賃からいくらか家賃補助を出してくれるところもあります。補助が出ることで相場よりも少し良い家へ引っ越すこともできるかもしれません。

ただし補助額をはじめ、入社何年までなど期間が決まっていることもあるので注意が必要です。

きちんと自分が補助できる規定にはまっているかを確認してから引っ越し先を決めると良いでしょう。

また、交通費の有無や報告の有無など確認したいことはすべて聞いておくことをおすすめします。

引っ越しを考える場合には、早めの報告を忘れないでください。

 

ワンポイント
・内定後に引っ越しする場合は、家賃補助や交通費について必ず確認
・引っ越しには準備をはじめ、たくさんの手続きが必要となる

引っ越してから転職するケース

引っ越しを完了してから転職する場合、手続きのわずらわしさがなくなるので、先に引っ越ししておきたいという方もいるかもしれません。

引っ越してから転職活動を行う場合にはどのようなことが必要でしょうか?

事前に引っ越しエリアの求人を調べておく

先に引っ越しをする場合、事前に引っ越しエリアの求人を調べておく必要があるでしょう。

住みたい場所や家賃で決めて引っ越しを行っても、そのエリアの求人が極端に少ないということもあるかもしれません。

また希望する職種の求人がない場合や、求人が多いエリアへの通勤が大変ということもあるでしょう。

引っ越しを先にしてしまうと、選択肢が多様にあるため好みのエリアを選んでしまいがちですが、その後の転職活動が難航する可能性もあります。

事前に求人がどの程度あるか調べてから、引っ越し先のエリアを見定めておくと安心でしょう。

引っ越しを先にするときに気をつけたいこと

引っ越し

引っ越しを先にする場合のデメリットとしては、給料や勤務エリアがわからないことが挙げられます。

給料がわからないため、家賃相場が決められないこともあるでしょう。

大体目標を立てて決めたとしても、その給料がもらえる保証もありません。

逆に低い相場で設定していたとしても、家賃補助や交通費の支給があり思っていたよりも良い家に住めたということもあります。

転職を志望している業種の年収相場や勤務エリアをしっかり調べ、大体の予想をつけてから引っ越し先を決めておく必要があります。

内定をもらってからまた引っ越しをするはめにならないように事前準備はしっかりしておいてください。

 

ワンポイント
・引っ越し先エリアの求人を見てから、引っ越し先を決める
・希望する業種の年収相場などをしっかり調査しておく

転職で引っ越しが決まったら準備すること

引っ越しが決まってからはどんな準備が必要なのでしょうか?

ここでは順をおってひとつひとつ説明をおこなっていきます。

転居先探し

パソコンを使う女性

引っ越しにおいて最初に必要なのが転居先探しでしょう。

どこに引っ越すのか、どういったエリアに引っ越すのかを決める必要があります。共働きなので夫の勤務地も考慮しなければいけません。

内定が決まっていれば通いやすい場所に引っ越しする必要がありますし、内定前の場合は求人が多いエリアを探しておく必要があるでしょう。

いざエリアを決めても引っ越し先の家を決めるのには、内見をはじめ周囲の環境なども見ておく必要があります。

買い物のしやすさや駅までの距離なども、働く上では重要でしょう。

転居先探しに最も時間がかかると考えてもよいかもしれません。

退去の連絡

パソコン、電話

引っ越しをする際には、現在住んでいる家を管理している大家さんや不動産屋に退去の連絡が必要になります。

退去の連絡は引っ越しをする〇週間前まで、と日程が決まっている場合がほとんどです。

引っ越しをするので明日退去します、というのはほとんど不可なので気を付けてください。

そのため、今住んでいる家が何日前までに事前の退去の連絡が必要なのか確認しておきましょう。

正式な日にちが決まれば、書類を提出する必要があることもあるので何が必要か聞いておいてください。

荷造り

引っ越し

引っ越しと言えば荷造りが最も大変でしょう。

今住んでいる家の家具や物を引っ越しできるように片付ける必要があります。

引っ越し業者にお願いすると、段ボールを持ってきてくれるため、その段ボールにすぐに必要でないものから梱包しましょう。

お皿や洋服、小物などかなりの量を持っている人はその分引っ越し作業もかなり時間がかかります。

現職の仕事で時間がないという方は、引っ越し業者の中には荷造りも行ってくれるところもあります。

時間がない方はそういった追加サービスを利用するのも一つの方法かもしれません。

各種手続き

カウンセリング風景

引っ越しが完了してからも各種手続きが必要となります。

住民票の変更はもちろん、住所変更に伴って免許証や保険証などの住所変更対応が必要でしょう。

毎日利用するものではクレジットカードやポイントカードなどの住所変更も忘れてはいけません。

自分が何を所持しているかを一覧化し、可視化してチェックできるようなリストを作っておくと便利でしょう。

引っ越しをして、新しい家への整理と共に各種手続きも忘れてはいけない項目なので注意してください。

 

ワンポイント
・引っ越しは転居探し、退去の連絡、荷造り、手続きが必要
・中でも転居先探しや荷造りにはかなりの時間がかかるので注意

給与や勤務地は家族の生活に大きく関わってくる

引っ越し

転職に伴う給与や勤務地の変更は、家族の生活に大きな影響を与えるでしょう。

自分一人であれば、自分の好きなタイミングで好きな家に行くこともできるかもしれません。

しかし共働きの場合は、家族の生活にも影響を与えることを忘れないで下さい。

自分の行動が結果的に家族を喜ばせることも苦しめることにもつながるのです。

家族への報告はもちろん、どういった家を探すなど転職にともなう影響を相談しながら進めましょう。

転職で引っ越す際の注意点

最後に、転職活動にともなう引っ越しの注意点を紹介します。

引っ越しは家族を第一に考える

家族

共働きの転職と引っ越しには家族を第一に考えるようにしましょう。

自分が働きたい、引っ越したいという気持ちだけでは家族にも迷惑をかけることにもつながります。

家族の勤務地や住む場所、住む環境をしっかり考えて決めておくことが必要です。

一緒に住む上では、その後も家族が増えたり夫の勤務地が変わったりするなどライフスタイルが変わることもあるでしょう。

そういった変化にも対応できるよう先を見据えながら、家族と支えあって過ごしていけることを考えてください。

スケジュールに余裕を持つ

スケジュール

転職に伴う引っ越しについては特にスケジュールに余裕を持つことが大切です。

これまで紹介してきた通り、引っ越しには転居探しや荷造り、各種手続きなど本当にたくさんのことが必要となります。

引っ越し完了日から新しい転職先の会社に勤め始める方もいますが、引っ越した次の日は荷物の片付けも終わっていない状況です。

また、水道や電気、ガスの設定やWifiなど新しい家の環境整備にも数日かかるでしょう。

引っ越し後も時間がかかる可能性もあるため、スケジュールには余裕を持って行動するようにしましょう。

転職の不安は転職エージェントに相談しよう

法律事務所

共働きに伴う引っ越しについてまだまだ不安なことやわからないこともあるかもしれません。

何か確認したいことや聞いておきたいことがある方は、転職エージェントに相談してみるのも一つの方法です。

引っ越し先のエリアの求人情報を聞くこともできるでしょう。

プロの転職エージェントに相談することで、わからないことが解決できる可能性もあります。

転職について何か不安があれば、小さなことでも相談してみてください。

まとめ

キャリアウーマン

共働きの引っ越しについて解説してきました。

転職に伴う引っ越しは、引っ越しが先になるか後になるかでメリットやデメリットがあるのが事実。

自分の性格や状況に合わせて判断することも必要でしょう。

特に共働きの転職では、家族に影響することが最も大切なポイント。

家族に迷惑をかけないよう家族第一で動くことを忘れないでください。

下準備をしっかりして、引っ越しも転職も成功させましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら