ヒューマンスキルを向上したいと思っていませんか?

ヒューマンスキルとは他人との関係性を良好にできるスキルのこと。会社で働く上では、ヒューマンスキルがあることが重要になってくるでしょう。

実は、ヒューマンスキルは自分の努力次第で向上できるのです。

ここではヒューマンスキルを向上させる方法を説明していきます。

ヒューマンスキルの学び方や必要な理由、ヒューマンスキルを磨くメリットなどもまとめています。

女性のヒューマンスキルを向上して転職を成功させていきましょう。

Contents

ヒューマンスキルを向上させる方法を解説

キャリアウーマン

対人関係を良好に保てるスキルであるヒューマンスキルは、自分の意識次第で向上することが可能です。

ますは、日々意識していない他人との会話を意識していくことが最も大切でしょう。

相手の会話や自分の返答に意識を向けることで、対人関係をよくするためにどう行動するか考えることができるのではないでしょうか。

意識した後は、どう改善すべきかを学ぶ必要もあるでしょう。

日々の他人との会話を意識した上でどうすればスキルが向上できるのか、日々改善をしていくことが大切です。

このように、自分の意識次第でヒューマンスキルが向上できることがわかるのではないでしょうか。

ヒューマンスキルの向上は人間的な成長

会議

ヒューマンスキルは対人関係を良好にできるスキルのことですが、スキルを向上することは自分自身の人間的な成長にもつながります。

例えば自分が管理職になればチームをまとめあげる力を養うことにもつながりますし、営業職などお客様と日々やりとりを行う部署では特に必要となるでしょう。

日々の仕事をする上では、ヒューマンスキルはあらゆる場面で使われると考えられます。

ヒューマンスキルがあることで人をまとめ上げる力やコミュニケーション能力があると認められ、キャリアアップにもつながるかもしれません。

人間的にも大きく成長することになるため、一石二鳥といえるでしょう。

ヒューマンスキルは単に持っておくと良いスキルというものではなく、向上することで人間的に成長できるスキルと覚えておくとよいかもしれません。

ヒューマンスキルの学び方を紹介

ヒューマンスキルはどこで学ぶ必要があるのでしょうか?ここではヒューマンスキルの学び方を紹介していきます。

研修から学ぶ

面接の質問

ヒューマンスキルは研修にて学ぶことが最も効率が良いといえるでしょう。

ビジネスシーンで活用できるヒューマンスキルを体系的に学ぶことができます。

ヒューマンスキルの向上に特化した研修を行っている会社は意外にも多く見られます。

リーダーシップのとれる人材を目指す研修の一部として開催しているところもありますが、ヒューマンスキルの取得を主として目指している研修もあるでしょう。

現職の会社に研修を受けられるかどうかを確認するのももちろん、個人でも企業が行っている研修に参加できることもあるかもしれません。

検索するとたくさんの研修が出てきますので、自分に合った研修を受けると良いでしょう。

人事の評価から学ぶ

会議

ヒューマンスキルは人事評価から学ぶことも可能です。現職でも年度末に人事評価で、この一年の自分について評価されることがあるでしょう。

営業であれば実績やノルマの達成度合いなどで評価されることもありますが、一方で目に見えない部分で評価がつくこともあります。

ヒューマンスキルもそのひとつ。上司や同僚からみる自分のヒューマンスキルがどの程度なのか、客観的に見ることができるでしょう。

ヒューマンスキルの評価はほとんどがその人のコミュニケーション能力をみています。

お客様との日々のやりとりはもちろん、日頃の上司や同僚への接し方からヒューマンスキルを評価しているでしょう。

人事評価からその内容を見ることで自分に何が足りないのか、どういった点を強化するべきなのかを学ぶことができます。

日頃きちんと見ていない項目かもしれませんが、人事評価からもヒューマンスキルを学べることもあるのです。

振り返りから学ぶ

おしゃれなオフィスで面接

人事評価では上司からの報告をみて、人事がまとめた結果が書面ないしデータで送られてくるシステムなのがほとんどでしょう。

また、企業ではその人事評価をもとに上司と面談をすることもあります。

会社によってはボーナスや次年度の年収に直結することもあるでしょう。

そういった年度末の振り返りでは上司からも自分自身の行動についてコメントをもらえることもあります。

自分でも気づいていなかったようなヒューマンスキルの状況について知れることもあるかもしれません。

上司から直接振り返りがなかった場合には、自分からヒューマンスキルの観点はどうだったか確認してみることも良いでしょう。

上司からの振り返りをもとに、自分が向上すべき点を学ぶことができます。

フィードバックから学ぶ

面接・打合せ

人事評価や振り返りからヒューマンスキルを向上させることはもちろんできますが、合わせてフィードバックから学ぶこともおすすめです。

例えば、新しい年度初めにヒューマンスキル向上を目標にたてるとします。

チームをまとめあげることや後輩の相談役になること、お客様とのコミュニケーションを円滑に行うなど目標を立て、その年度に行動してみましょう。

その結果、上司をはじめ同僚やお客様からフィードバックをもらう学び方です。

実際にその一年で意識して行動してきた結果、自分がどうだったのかを客観的に知れることができるでしょう。

特にお客様はアンケートなど直接声を聞くことで、自分に足りない部分が明らかになるかもしれません。

一年ではどうしても意識が薄れることもあるかもしれないので、半年や数カ月単位でフィードバックをもらうのもおすすめです。

 

ワンポイント
・ヒューマンスキルは研修で学ぶのが効率的
・人事評価や振り返り、フィードバックでも自分を客観的に見ることができる

ヒューマンスキルが必要な理由は?

ヒューマンスキルの学び方は様々な方法でできることがわかりましたが、一方でヒューマンスキルが必要な理由にはどのようなものがあるのでしょうか?

環境変化に柔軟に対応するため

面接官と就活生

現代は予想もしていなかったような、様々な環境変化があります。

仕事でも環境の変化によって大きく影響されることもあるでしょう。

そういった環境変化があった際にもヒューマンスキルがあることで柔軟に対応することができます。

ヒューマンスキルは対人関係を良好にするスキルのことをいいますが、一方で、マニュアルにはないイレギュラーなことにも対応できる力を養うこともできます。

自分で考えて必要に応じて行動できる力は、どのような場面でも重要です。

またそういったスキルがある人は、どの会社に行っても必要とされる人材だといえるでしょう。

ヒューマンスキルを学ぶことで、環境の変化にも対応できる力をつけることができます。

生産性が向上するから

転職

生産性とは一人の人材ができる仕事量が増えることをいいますが、ヒューマンスキルは生産性も向上できるといわれています。

ヒューマンスキルを学ぶと、チーム内の問題点にも気づき対処していくことができます。チーム内で何かあればヒヤリングを行い、解決のために行動ができるからです。

そういった問題点解決が結果的に、チーム内はもちろん企業内での生産性を向上することにつながるのです。

一人がヒューマンスキルを学び、それをチームや企業内に還元できることで全体の生産性向上にもつながるでしょう。

しかし、一人一人がヒューマンスキルを学べばさらに生産性が増えることも考えられます。

このように対人関係を良好にすることは、企業の生産性にも大きく影響を与えることがわかっているのです。

 

ワンポイント
・環境の変化にも柔軟に対応できる力が養える
・ヒューマンスキルを学ぶとチームや会社の生産性も向上する

ヒューマンスキルは様々な業界・職種で注目される

コミュニケーション

ヒューマンスキルは様々な業界や職種で注目されていることをご存知でしょうか?

対人関係を良好にするいわばコミュニケーション能力の向上と考えられていることが多く、お客様と対応する営業職や接客業で必要と考えている方も多いかもしれません。

しかし、実はヒューマンスキルはあらゆる業界や職種でも必要なスキルです。

これまで説明してきた通り、環境の変化に柔軟に対応する力や生産性を向上できるヒューマンスキルはどのような企業でも必要です。

極端にいえば、お客様とのやりとりがないような部署であっても、ヒューマンスキルを学んだ社員がいるだけでチーム内が円滑に進むこともあるのです。

営業職には興味がないから…とヒューマンスキルの取得に興味がない方もいるかもしれません。

しかし、ヒューマンスキルがあらゆる業界や職種で注文されているため、今後の転職活動にも大きく影響することもあるでしょう。

自分にも必要なスキルだと考えて行動してみてください。

ヒューマンスキルを磨くメリットを紹介

具体的にヒューマンスキルがどのような場面で使えるのかイメージできていない方もいるかもしれません。

ここではヒューマンスキルを磨くメリットを具体的に紹介していきます。

様々なシーンで差が出る

まとめ

ヒューマンスキルは環境の変化にも柔軟に対応できると説明しました。

突然のイレギュラーな事態が起こった際には、ヒューマンスキルを磨いているとさっと行動できることがあります。

マニュアルにない事態にあたふたしている人よりも、さっと考えて行動できる人が評価されることは言わずとも想像できるでしょう。

このように、ヒューマンスキルを学んでいると様々なシーンにおいて周りと差をつけることができるのです。

仲間からの信頼度が向上する

会議

ヒューマンスキルがある人は常にチームのメンバーの相談役になっています。

コミュニケーション能力が高いので、自然と人が集まって色々相談を受けることが多いのです。

話しやすく相談もしやすいため、上司や同僚、後輩など仲間からの信頼が厚くなります。

このように、ヒューマンスキルを学ぶことで仲間からの信頼度を向上させることができるでしょう。

お互いのことを受け入れられるようになる

女性

他人の発言に対して、すぐ否定から入ってしまう方はいませんか?そういった方とはあまり話したくない、と思ってしまうことがあるでしょう。

ヒューマンスキルが高い人は、相手の発言に対して否定から入ることはありません。どう対応して良いか瞬時に判断できるからです。

ヒューマンスキルを学ぶと全ての意見を受け入れた上で、自分の意見を言えるようになります。

その結果、どんな方との話でもお互いのことを受け入れられるようになるのです。

チームの雰囲気が良くなる

会議

ヒューマンスキルを学んだチームでは、人間関係が円滑に進むためチーム全体の雰囲気が良いという特徴があります。

相談したいときに相談できる関係や信頼できる関係性が成り立っているため、ギスギスした雰囲気が一切ないのです。

ヒューマンスキルを学んだメンバーが多ければ多いほどそういった特徴がみられるでしょう。

言いたいことを言わないという状況ではなく、必要なことも話し合えるのでチームとしての生産性も向上し働きやすい環境であるといえます。

 

ワンポイント
・ヒューマンスキルを学ぶとイレギュラー時にも対応できる
・信頼度が上がり、チームの雰囲気も良くなるのがメリット

スキル向上のために意識するポイント

心を落ち着かせる女性

ヒューマンスキル向上のためにどんなことに意識していく必要があるのでしょうか?

相手に興味を持つ

スキル向上のためには、まずは相手に興味を持つことから始めてみましょう。

自分しか興味がなく、他人には興味がないという方もいるかもしれません。

しかし、対人関係を良好にするためにはまず相手のことを知ることが大切。相手の話に耳を傾けて、興味を持つことから始めてみてください。

感性を磨く

ヒューマンスキルは相手が何を求めているかを論理的に学ぶこともできますが、一方で感性の部分でセンスが必要なのも事実。

相手の顔やしぐさ、言い方から何を必要としているのか気づくことも大切です。

こういった感性を磨くことで、その場面で必要なことをさっと行動できたり発言できたりすることにつながるでしょう。

ヒューマンスキル向上のためには感性が必要なことも覚えておいてください。

ヒューマンスキルはじっくり育てる

ヒューマンスキルは学ぼうと思って数日や数カ月ですぐに身に付くものではありません。

何カ月も自分の言葉や相手の行動を見て、意識を変えていくことでスキルが向上していくものです。

そのため、学んですぐに結果がでないと思うのではなく、じっくりと育てるものとして考えておくと良いでしょう。

小さなことからコツコツと学んでいくことでヒューマンスキルを向上できるので、じっくり育ててみてください。

 

ワンポイント
・相手に興味を持つことがスキル向上のポイント
・ヒューマンスキルはすぐに向上しないので、じっくり育てていこう

 

普段の生活からも学んでいこう

カウンセリング風景

冒頭でも説明しましたがヒューマンスキルは自分の意識を変えていくことで、スキルを向上していくことができます。

普段働く会社のメンバーやお客様との会話だけではなく、家族や友達との会話にもヒントはあります。

普段の生活からも相手の言葉や行動を見たり、それに対しての自分の発言を見直したりすると良いかもしれません。

特別な研修や実践を行うだけではなく、普段の生活にもヒントがあることを覚えておいてください。

転職の不安は転職エージェントに相談しよう

女性

ヒューマンスキルを向上したくても何をしたら良いかわからないという方も多いでしょう。

もしヒューマンスキルについてわからないことがあれば、転職エージェントに相談してみてください。

転職を考えていても不安なことやわからないことがあるのは当たり前。

そんなときにもプロのエージェントに聞いてみることで、強い味方を手に入れることができます。

ヒューマンスキルに関しての相談はもちろん、他の事でも聞いてみてください。

まとめ

事務 女性

ヒューマンスキルの向上について解説してきました。

対人関係を良好にするスキルということで有名なヒューマンスキルですが、一方で環境の変化に対応し、生産性をあげる効果もあるスキルです。

ヒューマンスキルがあることで、仲間からの信頼度が厚くなったりチームの雰囲気をよくしたりすることもできるでしょう。

持っていて損はなく、メリットしかないスキルだといえるかもしれません。

ヒューマンスキルの学び方や必要性がいまいちわからないという方は、転職エージェントに相談してみるのも一つの方法です。

ヒューマンスキル向上を目指して、転職活動を成功させてください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら