コールセンター業務は多くの女性が活躍できる職業です。

未経験採用の求人も多く、スキルがなくても働けることから、多くの女性が働きやすい職種ともいえるでしょう。

しかしコールセンター業務は働きやすい反面、クレーム処理やノルマなどのストレスから離職率が高い職種としても有名です。

また、スキルアップが目指しづらい環境から、コールセンターで勤めても、転職を検討する女性が多い傾向にあります。

今回は、コールセンターから転職したい女性のために、転職する際のメリットとデメリットを紹介します。

コールセンターからの転職を成功させるためのポイントや、転職時にアピールできるスキルも確認していきましょう。

Contents

コールセンターからの転職は有利か調査

悩むオペレーター

転職はスキルを持ち合わせていれば異業種への転職であっても成功させやすいというのは周知の事実です。

例えば、TOEICや日商簿記検定などの実務でも使われやすい資格を取得すれば専門職への転職が有利になります。

また、資格がなくてもリーダーやマネージャーなどの役職経験があればマネジメント能力をアピールできるでしょう。

では、転職市場において、コールセンターのスキルは市場価値としてどれくらいあるのでしょうか。

実は、コールセンターのスキルは他の業種に比べてそれほど高いものではありません。

業務内容が電話対応に限定されることから、アピールできるスキルが限定されるからです。

コールセンター業務で得られるアピールできるスキルは、以下のスキルが考えられます。

  • ヒアリング力
  • 提案力
  • コミュニケーション力
  • 接客力

これらのスキルは、他の業種でも通用するスキルですが、専門性に欠けるため転職市場では軽視される傾向にあります。

しかし、コールセンターからの転職が必ずしも不利であるわけではありません。

希望の転職先にもよりますが、サービス職や接客業ではコールセンター勤務の経験が有利に働くことも事実です。

また、スーパーバイザーやマネージャーなどの役職についていた経験のある人は、管理職への転職が有利に働きます。

つまりコールセンターからの転職を成功させるためには、持っているスキルを転職先でどのように活かせるかが重要なのです。

コールセンターから転職を目指す人は、まず転職を有利にするアピールポイントを見つけましょう。
 

ワンポイント
転職を有利にするためには、自分のスキルを効果的に転職先へアピールすることが大切です。

コールセンターからの転職が不利だと言われる理由は?

考える女性
正直、転職市場において、コールセンターからの転職を不利だと考える人も多いです。

以下の項目では、コールセンターからの転職が不利だと思われやすい理由についてご紹介しま

電話対応メインでスキルが身につきにくい

ビジネスマナー
コールセンターからの転職が不利だと考えられる要素のとして、専門的なスキルが身につきにくい点が挙げられます。

コールセンターの業務は主にマニュアルに沿った電話対応のみで専門的なスキルを必要としないことがほとんどです。

業務内容も限定的で、同じ案件の対応を繰り返しマニュアル通りに作業するため、スキルアップにつながる業務ではありません。

また、同業種のステップアップは、スーパーバイザ―などの限られたポジションしかないのが特徴です。

コールセンターによって多少業務内容の難易度は異なりますが、一般的に誰でもできる仕事だと認識されています。

もちろんコールセンターでも、柔軟性・問題解決力・コミュニケーション力など、さまざまなスキルを養うことは可能です。

しかし、転職をする際に他職種と比べてアピールできるスキルが限定されてしまう傾向にあります。

電話対応以外の業務がなくキャリアがない

デスクワーク

電話対応以外の実務経験がないのも、コールセンターからの転職が不利だと考えられる要因です。

もちろん電話対応の経験は、事務職や営業職などさまざまな職種で活かすことが可能です。

しかし、事務職では電話対応以外に経理処理や資料作成などの業務も並行して行うスキルが求められます。

また、営業職も電話対応はあくまで業務の一部で、それ以外に交渉力や提案力といった別のスキルが必要です。

つまり、コールセンターの経験だけでは、企業が求めるスキルや経験を補うことが難しいと判断されることがあります。

コールセンターからの転職では、電話対応業務以外のスキルも証明できるよう準備することが大切です。
 

ワンポイント
コールセンターからの転職は、電話対応以外のスキルも具体的にアピールできるようにしましょう。

コールセンターからの転職先の候補は?

面談をするキャリアウーマン

では、コールセンターからの転職先の候補はどういった職種があるのでしょうか。

以下の項目では、コールセンターでの経験を活かせる転職先候補を紹介します。

「コールセンター」

複数の女性オペレーター

コールセンターからの転職で、最も転職を有利に進めやすい転職先は、他のコールセンターへの転職です。

コールセンターの採用担当者は、コールセンター経験者を積極的に採用する傾向にあります。

同業種への転職は、以下のようなメリットがあるのも特徴です。

  • 給与面で現状より高収入を目指せる
  • スーパーバイザー等の役職付きで雇用される

コールセンターに限らず異業種への転職では、経験がないため現状の給与よりも下がってしまう場合も少なくありません。

同じ業種への転職は、今までのキャリアが評価されやすいので、現状維持もしくはそれ以上の待遇を望めるでしょう。

同じコールセンター業務でも、会社によって取り扱う商品やサービスも異なるため、待遇や職場環境もさまざまです。

現職の職場環境に不満がある人は、同業種への転職で環境を改善してみるのも1つの選択肢ではないでしょうか。

「営業職」

笑顔で話す女性

コールセンターからの転職先候補として、営業職も挙げられます。

営業職は20代の若い世代であれば未経験でも比較的転職しやすい職種です。

特にコールセンターにて営業架電経験や商品販売の経験がある人は、営業職への転職が有利に運ぶことが多いでしょう。

営業職で求められるコミュニケーション能力や判断力は、コールセンターでの経験を活かすことができます。

また、コールセンターでのクレーム対応やノルマ達成に慣れている人は、その忍耐力を営業職に活かすことも可能です。

顧客のニーズをくみ取り、商品の提案をするのが得意な人は、営業職への転職も検討してみましょう。

「事務職」

事務 女性

次に、コールセンターからの転職先候補として人気なのが事務職です。

事務職は受付業務を兼務する場合もあるので、コールセンターでの電話対応・接遇スキルを活かすことができます。

また、営業職よりはノルマなどの精神的重圧が少ないため、多くのコールセンター経験者が転職先として選ぶ職種です。

ただ、事務職はコールセンター経験者以外にも人気の職種なため、競争率が高い傾向にあります。

コールセンターから事務職に転職する際は、電話対応以外のパソコンスキルや事務処理能力を証明できるように準備しましょう。

コールセンターの実務経験しかない人は、資格を取得したりして、転職先にアピールできる材料を増やすことをおすすめします。

アピールポイント「ヒアリング力」

オペレーター 女性
コールセンターのスキルの1つとして、顧客の声に耳を傾ける「ヒアリング力」が挙げられます。

コールセンターからの転職を成功させるためには、このヒアリング力を効果的に転職先へアピールすることも大切です。

以下の項目を参考に、ヒアリング力のアピール方法を考えてみましょう。

ヒアリング力=聞く力

「ヒアリング力」は比較的どの職種への転職でも、効果的にアピールしやすいスキルの1つです。

顧客の声に耳を傾けるヒアリング力はコールセンターの基本だといわれています。

電話越しの会話だからこそ顧客に「話を聴いている」という印象を与えるには技術が必要です。

効果的に相槌をして共感を示すことができると、相手に安心感を与え、顧客から信用を得ることにつながります。

ヒアリング力があると、顧客のニーズを聞き出して、顧客の求める対応を提供することが可能です。

そして、ヒアリング力を応用すると、営業力・接客力・提案力などをアピールすることもできます。

例えば、効果的な相槌で相手に安心感を与えるスキルは接客業に必要不可欠なスキルです。

ヒアリングした内容を元に顧客のニーズを把握して対応するスキルは営業職で活かせるでしょう。

アピールの例

では実際の転職面接では、どのようにしてヒアリング力をアピールしたらよいのでしょうか。

まずは、以下の例を参考に自分なりのアピール方法を研究してみましょう。

ヒアリング力を面接官にアピールする際に、「私にはヒアリング力あります」と伝えるのはNGです。

どんなスキルをアピールするにしても、具体的な説明がないと面接官の心には響かないので注意しましょう。

ヒアリング力をアピールするなら、どんな時にヒアリング力を使用して、どんな結果を得たのかを具体的に説明する必要があります。

例えば、「クレーム処理でヒアリング力を生かしてトラブルを解消した」などの実体験を伝えると効果的です。

エピソードを具体的に伝えることで、ヒアリング力だけでなく、人間性や、問題解決力なども一緒に伝えられます。

そして、エピソードを転職先企業の業務で応用できる内容に擦り合わせると、より面接官に好印象を与えることができるでしょう。

ヒアリング力をアピールする際は、自身の経験でヒアリング力を1番魅力的に伝えられるエピソードを探してみてください。
 

ワンポイント
ヒアリング力をアピールする際は、具体的にどんな方法で何を成し遂げたかを伝えるようにしましょう。

アピールポイント「提案力」

紹介する女性
次に、コールセンターのスキルとして顧客のニーズを把握して、提案を行う「提案力」について紹介します。

提案力もその他多くの職種で活かせるスキルの1つです。

以下項目では、提案力の活かし方とアピール方法について確認していきましょう。

提案力=物を売る能力

コールセンターの電話対応業務において、提案力を求められる場面はたくさんあります。

例えば、通信販売の受電業務は、顧客の希望をヒアリングし、1番適切な商品を提供する提案力が求められます。

ヘルプデスクの受電であれば、顧客の状況を瞬時に判断し、1番の最善策を提案しなければなりません。

クレーム対応の電話においても、顧客を満足させるためにいくつかの提案をして、解決へ導くのが一般的です。

これらの提案力は、営業職や販売職では特に求められるスキルといっても過言ではありません。

なぜなら、提案力の高い人は、人の購買意欲をあげる「販売力」も同時に兼ね備えているからです。

コールセンター業務から営業職や販売職への転職をしたい人は、提案力のアピールおすすめします。

アピールの例

では次に、提案力のアピール方法についても紹介します。

提案力のアピールは、特に営業職や販売職への転職時に効果的です。

面接官にアピールする際は、必ず具体的なエピソードを元に提案力を伝えるようにしましょう。

例えば、営業職の転職面接であれば、自ら提案したことで、結果に繋がったというエピソードがおすすめです。

「商品の問い合わせ目的の顧客に対して、期間限定のお得なキャンペーンを提案したところ定期購入契約へと繋がった」

上記の例は営業職でも商品を求めていない顧客に対して、商品の購入意欲を上げることができるイメージにつながります。

また、販売職の転職面接においても、提案をした結果、成し遂げられたことを具体的に説明するようにしましょう。

その他のアピールポイント

ホワイトボードを持つ女性

コールセンターでアピールできるスキルは、「ヒアリング力」や「提案力」だけではありません。

以下の項目では、その他アピールできるスキルについて紹介します。

ビジネスマナー

コールセンターは「声」のみで接客する業務です。

対面の接客のように頭を下げたり笑顔で対応したりする態度で伝えることができません。

だからこそ、より高度なビジネスマナーが要求されます。

敬語の使い方や話し方などの基本的なビジネスマナーのトレーニングや研修に力を入れる会社も多いです。

正しい敬語が使えない人は以外と多いので、高度なビジネスマナーもコールセンターからの転職でアピールできるポイントといえるでしょう。

冷静に対応する能力

コールセンターでは冷静に対応する能力も培われます。

特にクレーム対応は、冷静且つ正確に対応する能力が必要です。

電話をかける顧客の中には、慌てていたり興奮していたりする顧客もいるでしょう。

しかし、オペレーターが同じように慌てて、感情的に話すと顧客の不信感や怒りを増長させる原因になりかねません。

だからこそ、どんな電話に対しても、客観的に耳を傾けて、冷静に対応できるスキルは高く評価されます。

コールセンター以外の職種でも、冷静さが求められる仕事は少なくありません。

冷静な対応に自信のある人は、アピールポイントとして活用してみましょう。

コールセンターから転職を成功させるためのポイント

面接する女性

コールセンターの転職時にアピールできるポイントは上記のように数多くあります。

では、実際の転職活動でこれらのアピールポイントをどのように活かせば良いのでしょうか。

以下の項目ではコールセンターからの転職を成功させるポイントを紹介します。

自己分析をして自分の強みを見つけよう

転職活動を成功させるためには、自己分析をして自分の強みを把握することが非常に大切です。

そしてその強みを、どのように転職先で活かせるのかを、具体的にアピールすることが求められます。

まずは、自分の実績や経験から何が1番アピールできるスキルなのかを明確にしてみましょう。

実際に数字で分かる成果を出した経験や評価された実績は、転職面接でアピールしやすいポイントです。

成果を出したときに、どのようなスキルを使って対応したのかを考えると、自分の強みも見つけやすいでしょう。

また、自身がどのような点にやりがいを感じていたか見直すことで、今後の転職の方向性が見える可能性もあります。

まずは自己分析をしっかりと行い、自分の強みを活かせる転職先を探してみましょう。

企業がどんな能力を求めているかを把握しよう

転職を成功させる大きなポイントとして、企業がどのような人材を求めているか把握することが挙げられます。

企業が求める能力にあわせて自己PRを準備することで、採用される確率を上げることが可能です。

例えば、営業職は提案力や販売力のある人材を求めます。
事務職は正確性やITスキル、コミュニケーション能力の高い人材が求められるでしょう。

職種によって、求められるスキルは異なるものです。

まずは希望する転職先がどんな人材を求めているかを把握して、自己アピールへ繋げましょう。
 

ワンポイント
転職を成功させるためには、転職先で求められるスキルをアピールすることが大切です。

アピールの工夫をしてコールセンターからの転職を成功させよう

桜と女性

転職を成功させるのに必要なスキルとして、自己アピールの仕方を工夫するスキルを身につけましょう。

毎日当たり前にこなしていたようなことでも、普通の人から見れば真似できないスキルである場合もあります。

重要なのは自分のスキルを価値あるものとして、転職先企業にアピールすることです。

どんな些細なスキルでもアピール方法を工夫することで、魅力的な自己PRにできます。

例えば、毎日欠かさずしていることは、継続力としてアピールすることが可能です。

また、1日に100件以上の電話対応をしていたら、スピード処理能力や瞬間判断力などをアピールできるでしょう。

転職が成功するかどうかは、実際の能力よりも面接でいかに効果的に自己PRができるかで決まります。

コールセンター業務は専門スキルがなくても、多種多様な切口で自己PRできるスキルさえ身につければ、決して転職に不利な職種ではありません。

まずは、自己PRを工夫して、転職先が求める人物像に自分を近づける努力をしてみましょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

相談する女性

転職の悩みや相談は、転職エージェントに相談するのが賢明な方法です。
自身で転職サイトを探す場合には、サイトの情報のみを頼りにするしかありません。

転職エージェントであれば幅広い情報を持っており、サイトの情報以上の会社の実情も把握していることも多いです。

そのため、自力で転職サイトを調べるよりも自身に最適な転職先を紹介してもらえる可能性が高まるでしょう。

また、転職エージェントを利用すると、応募書類の書き方や、自己アピールポイントを客観的にアドバイスしてもらえます。

転職や面接に慣れていない人は、プロのアドバイスを参考に活動することが、転職成功への近道です。

まずは、気軽に転職に関する相談をしてみましょう。

まとめ

案内する女性

コールセンターから転職を成功させるポイントはつかめましたか?

コールセンターからの転職が不利だと考えている人は、転職が有利になるように、自己PRを効果的にするスキルを身につけましょう。

コールセンターはただ電話対応をするだけではなく、実は多くのスキルを身につけることができる職種です。

例えば、クレーム対応を苦と思わず働けたとしたら、それだけでもアピールポイントになります。

まずは自己分析をしっかり行い、転職先企業に求められる自己アピールができるように準備しましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら