転職活動をする理由は人によって様々です。

そのため現在の仕事にやりがいを感じられないため、新しい職場を探しているという方もいることでしょう。

そのような場合に気をつけなければならないのは、転職での転職理由の答え方です。

転職理由を明確に答えることで、志望する会社からの印象も良くなると考えられます。

今回は転職理由がやりがいであるの時の答え方を中心に、やりがいを求めて転職した際のメリットや注意点を解説していきましょう。

Contents

転職理由が「やりがい」の時の答え方を解説

キャリアプラン

現在転職活動を行っているという方の中には、勤めている会社のやりがいのなさを転職理由としている方もいるでしょう。

そんな方は面接や書類選考でも自分がやりがいを求めているということを語る機会が多くなると思われます。

転職理由というのは転職が成功するかどうかを左右する重要なものです。

そのためしっかりと具体的な理由を述べられるように事前に対策をしていくことが必要となるでしょう。

適切な答え方を身に付けることで、採用担当者にも自分の転職への意欲が伝わりやすくなるはずです。

企業は同じだけ能力がある人が複数人いた場合、意欲が高い人の方を優先的に採用します。

やりがいを転職理由とする方は、今回の記事を読んで何故そう思ったのかを企業に伝えられるようになりましょう。

やりがいがないことを転職理由にする時は正直に伝えるべき?

悩む女性

今の会社の仕事に対してやりがいを感じない場合でも、それを正直に伝えるだけでは採用には繋がりません

また、勤めている会社に対しての不満や愚痴を述べるのも良い印象を与えません。

人事担当者はそうして不満述べている人を入社させた場合、同じように自社に対して不満を述べるのではないかと心配するからです。

やりがいのなさを直接転職理由として挙げるのではなく、やりがいを求めているということを前向きにアピールするようにしましょう。

そうすることで主体的に仕事に取り組む姿勢も同時にアピールすることができます。

ネガティブなことを口にするのではなく、やりがいのある仕事をしたいということをポジティブに伝えるようにしましょう。

 

ワンポイント
やりがいがないと伝えると会社への愚痴や不満だと捉えられ、悪い印象を与える可能性があるため注意しましょう。

やりがいのある仕事はどんな仕事?

指をさす女性

次はやりがいのある仕事がどんな仕事であるかを考えていきます。

そのためには仕事のどのような時に喜びを感じたり、モチベーションが高まったりするのかを考える必要があるでしょう。

多くの人は給与が高かったり、成長できたり自分の能力を活かせたりするとやりがいを感じると思われます。

やりがいのある仕事に就きたいという方は自分がどういったことにやりがいを感じるかを明確にしておきましょう。

転職先を選ぶ際には自分が1番何を重視したいのかを考えて、その条件に合った企業を選ぶとやりがいを感じやすいと思われます。

やりがいがないことを転職理由にした回答のポイント

パソコンを持つ女性

次はやりがいがないことを転職理由とする時にどのように回答すれば良いのかを解説していきます。

以下のようなポイントを押さえることによって、人事担当者に良い印象を与えることができるでしょう。

自分が何をやりがいとしているのか伝えよう

まず転職理由で伝える際には自分が何をやりがいとしているのかを端的に伝えるようにすると良いでしょう。

これは先述した内容とも関係してきますが、相手に伝えるためには自分が何にやりがいを感じるのかを明確にする必要があります。

そのためには自己分析を行って今までの仕事で培ったスキルや経験を振り返ると良いでしょう。

過去の自分がどういったことに対してやりがいを感じていたのかを知ることで何をしたいのかが分かります。

自分と向き合うことは転職活動を行う上で必要不可欠です。

この機会にしっかり自己分析をすれば、転職理由以外にもその分析した内容を使うことができます。

現在の仕事でやりがいが感じられないことを伝える際には会社への不満だと捉えられないように注意が必要です。

今後どのように仕事をしていきたいのかを伝え、現在の仕事ではそれができないということを伝えると良いでしょう。

やりがいを感じるためにしたことを伝えよう

面接を受ける女性

現在の仕事では満足できないということを伝える際に注意したいのが、やりがいを感じるために自分が何をしたか伝えることです。

もし現状の改善に向けて何もしていないと思われてしまうと、企業のせいにしていると思われてしまいます。

そのため、自分でも状況改善に向けて努力をしたことを伝えるようにしましょう。

それでもやりがいを感じられなかったとなると、企業も納得してくれるはずです。

入社に対する意欲を伝えよう

企業が重視するのは能力だけではありません。

多くの企業が応募者の入社への意欲も大きな評価ポイントの1つとしています。

例え能力が高くても自社にそこまで入りたいと思っていない人材は内定を出しても辞退される可能性があるからです。

そのため転職理由を伝える際には、自分の入社にかける熱意を伝えるようにしましょう。

その他にも入社意欲が高いことを伝えることで、入社後に仕事に対して前向きに取り組む様を想像してもらうことができます。

企業は仕事に真剣に取り組む人材を求めているため、プラスの評価に繋がることでしょう。

 

ワンポイント
・自己分析して自分のやりがいを明確にして伝える
・現在の仕事でやりがいを感じるためにしたことを伝える
・入社意欲を伝えるとプラスの評価に繋がる

やりがいがないことを転職理由にした回答例

面談

やりがいがないことを転職理由とした場合には、以下のような回答をすると高評価に繋がるでしょう。

転職理由を考える際は以下のような回答を参考にしていただければと思います。

スキルを活かしたい場合の回答例

私が転職することにした理由は、自分にとってのやりがいを追求して行きたいと思ったためです。

現職では資格取得に向けて勉強をするなど、自身のスキルアップのために努力をしてきました。

しかしながら入社して2年が経っても業務内容に変化がなく、もっとやりがいのある仕事をしたいと考えるようになったのです。

他の部署で自分のスキルを活かしたいと考え、上司にも相談しましたが異動は叶いませんでした。

そのため、自分が習得したスキルを活かす事のできる御社への転職を決意した次第です。

チームで仕事をしたい場合の回答例

私が転職をしようと思ったのは自分にとってやりがいを感じられる仕事に就きたいと考えたからです。

私はチームでコミュニケーションを取りながら1つの目標に向かって仕事をすることにやりがいを感じます。

しかし現職では個人で業務を行うことが多く、チームで仕事をするという機会が少ない状況です。

チームで携わるプロジェクトに参加したいと上司に相談しましたが、それは実現しませんでした。

そのため、私は御社の社員同士の繋がりを大切にする精神とその製品に魅力を感じた次第です。

御社で自分のコミュニケーション能力を活かして、仕事をしていければと思っております。

やりがいがないことを転職理由にする注意点

仕事を頼みやすい女性

次はやりがいがないことを転職理由とする場合の注意点について解説していきます。

以下のことに注意することで、ネガティブな印象を抱かれる可能性を下げることができるでしょう。

やりがいは与えられるものだと勘違いしていると思われる

多くの企業がやりがいというのは無条件に与えられるものではなく、仕事に取り組む中で自分で生み出していくものだと考えています。

もし「やりがいが与えてもらえるから転職したい」という風に捉えられた場合、これは悪い評価に繋がることでしょう。

転職理由を聞かれた際にはやりがいというのは自分で生み出していくものだというスタンスで伝えることを忘れてはいけません。

モチベーション管理が苦手だと思われる

注意

やりがいにこだわるということから、企業からモチベーション管理が苦手な人材であると思われてしまう可能性があるため注意しましょう。

モチベーション管理が苦手な人というのは気分によって仕事のペースや出来が大きく左右されます。

転職後の仕事にやりがいを見出せなかった場合、すぐに転職してしまうのではないかと思われる可能性もあるでしょう。

そうなると選考を通過しづらくなるため、モチベーション管理が苦手だと思われないような伝え方を心がける必要があります。

興味のある仕事しかできないと思われる

仕事というのは興味のある業務だけをこなせばいいものではありません

しかしやりがいを重視していることをアピールした場合、担当者が「興味のある仕事しかできないのではないか」と思う可能性があります。

もし興味のある仕事しかできないとなると、新しいことややりたくないことに対して取り組んでくれないと考えられるからです。

こうした懸念は選考にも大きく影響します。

そう思われないためにも、興味のない仕事や新しい仕事であっても前向きに取り組んでいくことを伝える必要があるでしょう。

 

ワンポイント
・やりがいは企業から与えられるものではない
・モチベーション管理が苦手だと思われないようにする
・どんな仕事でも前向きに取り組む姿勢をアピールする

やりがいがないことを転職理由にしたNG例

悩む女性

やりがいがないことを転職理由とした場合には以下のような答え方にならないように注意しましょう。

伝え方を間違えてしまうとマイナスなイメージを持たれてしまう可能性があります。

以下のような回答は避けるようにしましょう。

今の会社への不満はNG

私が転職をしたいと思っているのは今の仕事にやりがいが感じられないためです。

仕事内容も自分がやりたいと思っていることとは異なるため面白みがなく、苦痛を感じます。

また、残業も多いため忙しくプライベートの時間も確保できない状況です。

仕事をこなしても上司から評価されないため、転職を決意した次第です。

会社がやりがいを与えると捉えられる回答はNG

私は自分にとってやりがいが感じられる仕事をしたいと考え、転職を決意しました。

現職ではなかなか自分の持っているスキルを発揮できずもどかしい思いをしております。

自分でも上司に対して、業務内容を相談しましたが改善は見られませんでした。

御社はやりがいを与えてくださる会社だと思うので、是非入社したいと思っております。

やりがいの見つけ方は?

パソコンを使う女性

やりがいを見つけられないという方は以下のようなことを心がけると見つけやすくなるでしょう。

是非実践してみてください。

自分の好きな仕事をしてみよう

自分が好きだと思えることをすると、やりがいを感じやすいと考えられます。

そのため転職先に悩んでいるという方は、自分が好きだと思える仕事を選ぶようにしましょう。

自分が好きなものに携わることで今までやりがいが感じられなかったような業務にも、やりがいを見出すことができるかもしれません。

これから転職活動を始めるという方は好きな仕事という基準で仕事を選ぶことを意識してみてはいかがでしょうか。

身につけたいスキルや資格で仕事を探そう

人間関係が複雑

やりがいを見つけたいと考えている方は、身につけたいと思っているスキルや資格から仕事を探してみてはいかがでしょうか。

どのようなスキルを身につけて行きたいかを明確にし、そのスキルが活かせる仕事に転職すればやりがいを感じることができるはずです。

仕事から選ぶのではなく、自分がどのように成長して行きたいのかから仕事を探すというのもやりがいを見つけるのに効果的だといえます。

転職すればやりがいが見つかるわけではない

理想の転職先に出会えたとしても、入社できれば必ずやりがいが見つかるというわけではありません。

やりがいというのは仕事に対して誠実に向き合う中で自ら見出していくものです。

そのことを理解しておかなければ転職先でもまた同じようにやりがいがないと感じる可能性があります。

やりがいを感じやすい環境というのはありますが、だからといって受動的になるのではなく自分から仕事に取り組むように心がけましょう。

そうすれば転職先でやりがいを感じながら仕事を行える可能性も高くなるはずです。

企業にやりがいを求めるのではなく、自分が何をしたいのかからやりがいを見つけて行きましょう。

 

ワンポイント
・自分の好きな仕事に転職するとやりがいを感じやすい
・身につけたいスキルや資格から転職する仕事を考える
・やりがいは自分で見つけるもの

転職相談は転職エージェントを活用しよう

プレゼン

もし転職に関して悩んでいるのであれば、転職エージェントの活用をおすすめします。

この記事を読んでいる方の中には、自分だけでは求人選びや選考書類の作成などを行っていくのが難しいと感じる方もいることでしょう。

不安を抱えた状態で転職活動を行っても、理想通りの転職は難しくなってしまいます。

もし今悩みがあるのであれば、転職のプロである転職エージェントに相談すると悩みを解消して安心して転職を行っていけるはずです。

転職を成功させるためにも、エージェントの活用を検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

スーツの女性

今回は転職理由がやりがいの場合の答え方について解説してきました。

転職理由というのは転職活動を始めるに至った経緯にも通じる重要なものです。

今回の記事を参考にして、企業の人に自分の気持ちがうまく伝えられるように対策をしていただければと思います。

また、転職に対して不安や悩みを抱えている方は転職エージェントへ相談することを検討しましょう。

自分だけでは解決できないようなものでも、エージェントであればうまく解決してくれるはずです。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら