顧客と信頼関係を構築し課題解決を担うコンサルティング営業。

一般的な営業にくらべ求められるスキルや知識の量は膨大になります。

では女性がコンサルティング営業に挑戦するならどのようなスキルを身につければいいのでしょうか。

当記事では、コンサルティング営業に向いている女性の特徴や仕事の流れをご紹介します。

コンサルティング営業の仕事内容を解説

人差し指を立てる女性

コンサルティング営業は営業職の1つなので自社商品の売上を伸ばすことが目的です。

しかし、一般的な営業職とは違い「コンサルティング」営業なので顧客との信頼関係を築くことが必要不可欠。

顧客が抱える悩みや課題を把握しそれらを解決することがコンサルティング営業の役割なのです。

つまり、コンサルティング営業には一般の営業以上にコミュニケーション能力の高さが求められます。

顧客から課題を聞いたり潜在的な悩みを引き出したりするにはコミュニケーションが欠かせません。

また、顧客の信頼を勝ち取るためにも相手の懐に入る対話力も必要です。

自社商品をPRして売上を伸ばすことだけでなく、顧客と信頼関係を築くことがコンサルティング営業に求められます。

コンサルティング営業とソリューション営業の関連性

面接

コンサルティング営業と似たような仕事にソリューション営業があります。

両者は営業職という点では同じですがその役割は微妙に異なるのです。

では具体的にどのような役割を担うのか、それぞれみていきましょう。

コンサルティング営業の役割

コンサルティング営業の役割は顧客と信頼関係を構築することです。

「コンサルティング」は「課題解決のうえ企業の発展をサポートする」意味をもちます。

顧客から悩みや課題、ニーズを聞き出したうえでそれらを解決することがポイントです。

また、コンサルティング営業は自社商品の売上をアップさせることも欠かせません。

しかし何より大切なのは顧客の悩みを解決することです。

解決方法が自社商品かどうか問わず顧客の問題を解決することが最優先となります。

ソリューション営業の役割

ソリューション営業の役割は顧客が抱える問題を解決することです。

「ソリューション」は「問題解決」という意味をもちます。

最終的なゴールはコンサルティング営業と同じですが、ソリューション営業は自社商品による解決を目指すのです。

コンサルティング営業は顧客の悩み解決が最優先なので手段は自社商品によらなくてもOK。

一方でソリューション営業は自社商品による課題解決を前提としています。

顧客の問題を解決するという同じ目的でも、その過程が微妙に違うということです。

 

ワンポイント
コンサルティング営業もソリューション営業も顧客の課題を解決することが目的!

 
デジタルセールスへの転職
【マーキャリNEXT CAREER】 はこちら
 

コンサルティング営業の流れをご紹介

スキル

コンサルティング営業は顧客の信頼を勝ち取ることがポイントです。

では具体的にどのように仕事を進めていくのか、コンサルティング営業の流れをみていきましょう。

クライアントとの接点を作る

コンサルティング営業はまずクライアントとの接点を作らなくてはなりません。

そのためにどれだけアポイントメントを取れるかが重要です。

また、実際にクライアントと会ったら積極的にコミュニケーションを取りましょう。

信頼関係を構築するためには最初が肝心です。

クライアントの課題を見つける

笑顔の女性

クライアントからヒアリングを行い課題や悩み、ニーズを見つけます。

コンサルティング営業のゴールはクライアントの課題を解決すること。

そのためには現在クライアントがどのような課題を抱えているのか見つける必要があります。

このとき注意したいのは、いきなり「課題はありますか?」という聞き方をしないことです。

課題は直接聞くものではなく会話の中から見つけたりクライアントから引き出したりするもの。

丁寧なコミュニケーションを取ることでクライアントも心を開いてくれるでしょう。

課題改善の解決策を提案する

クライアントの課題に対して最適な改善策を提案します。

コンサルティング営業はとにかく顧客第一で考えることが重要です。

どうすればクライアントの課題は解決されるのか、具体的かつ丁寧に説明しましょう。

また、営業職の1人として自社商品のPRも忘れてはいけません。

クライアントの課題改善のため自社商品が役立ちそうなら、メリットを分かりやすく伝えてください。

アフターフォローをする

自社商品をリピートしてもらえるようアフターフォローも大切です。

クライアントが自社商品に満足しているようであれば、今後も使い続けてもらえるようアピールする必要があります。

もし自社商品が気に入らないのならその理由を聞いて改善しなくてはなりません。

自社商品やクライアントの課題改善策を提示して終わり、では役割を果たしたとはいえないでしょう。

長くお付き合いを続けていくためにもアフターフォローは入念に行ってください。

コンサルティング営業は大変?

情報収集後

顧客と信頼関係を構築し、問題を解決することがコンサルティング営業の役割です。

あなたの提案で課題や悩みを解決できれば、顧客は非常に感謝してくれるでしょう。

クライアントとのアポイントメントからアフターフォローまで担うコンサルティング営業。

業務量は多く、さらに求められるスキルや必要とされる知識も多岐にわたります。

一般的な営業職にくらべ業務は多忙を極めるかもしれませんが、そのやりがいは大きなものです。

また、自社商品の強みだけでなく競合他社や同じ業界の商品の特徴など幅広い知見を得られることも期待できます。

コンサルティング営業の業務量は多いので仕事は大変です。

しかし、仕事のやりがいという面ではコンサルティング営業はどの営業職よりも達成感を得られることは間違いありません。

 

ワンポイント
コンサルティング営業は大変だけれど仕事のやりがいは大きい!

コンサルティング営業に向いている女性の特徴

事務処理をする女性

大きなやりがいを得られるコンサルティング営業は、どのようなタイプの女性に向いているのでしょうか。

コンサルティング営業にぴったりな女性の特徴を3つご紹介します。

コミュニケーションが得意

コミュニケーションが得意な女性はコンサルティング営業に向いているでしょう。

コンサルティング営業はクライアントのアポイントメントを取ったり潜在的な悩みを引き出したりします。

コミュニケーション能力が不足していればクライアントから信頼してもらえないでしょう。

また、アポイントメントを取ることも難しくなるのでコンサルティング営業としての仕事が進められません。

したがって、コミュニケーション能力に自信がある女性はコンサルティング営業にぴったりです。

数字を用いた作業が得意

電卓の画像

数字を用いた作業が得意な女性はコンサルティング営業に向いているでしょう。

コンサルティング営業は顧客の課題を解決するためさまざまなデータを扱います。

数字を用いることで説明にも説得力が増すものです。

何かと数字に触れる機会が多くなるので、数字を用いた作業が得意な女性はコンサルティング営業に向いています。

物事を積極的に学習できる

物事を積極的に学習できる女性はコンサルティング営業に向いているでしょう。

コンサルティング営業は自社商品だけでなく他社商品や業界のことなどあらゆる情報を調べなくてはなりません。

また、情報収集して終わりではなく知識として定着させる必要があります。

知識を蓄えるには学習が欠かせません。

コンサルティング営業は常にアンテナを張って勉強し続けることが大切です。

学習意欲が高い人や学ぶことが苦手でない人はコンサルティング営業に向いています。

 
デジタルセールスへの転職
【マーキャリNEXT CAREER】 はこちら
 

コンサルティング営業の年収

お金を手に持つ女性

多忙を極めさまざまなスキルを必要とするコンサルティング営業はどれほどの年収か気になるところ。

結論からいうと、450万円から650万円程度の求人が多いようです。

コンサルティング営業は一般的な営業にくらべ年収が高い傾向にあります。

その理由として、顧客と信頼関係を構築するという大切な業務を担うこと、求められるスキルが多いことが考えられるでしょう。

コンサルティング営業を一言で表すと「仕事が忙しい分年収が高い」です。

また、大きなやりがいも得られるのでチャレンジしてみるのも悪くありません。

 

ワンポイント
コンサルティング営業の年収は一般的な営業にくらべ高い傾向にある!

コンサルティング営業のメリットやデメリット

提案する女性

年収が高く仕事のやりがいも得られるコンサルティング営業には、ほかにどのようなメリットがあるのでしょうか。

また、良いことばかりのように思えるコンサルティング営業にデメリットはないのか気になるところ。

それぞれ具体的にみていきましょう。

メリット

コンサルティング営業のメリットは1人の社員としての評価が上がることです。

顧客のアポイントメントを取ることからアフターフォローまでがコンサルティング営業の流れでした。

各過程はいずれも大切で、適当に行ってうまくいくものは1つもありません。

それぞれの業務を丁寧にこなすことが求められるので、業務としては難しい部類に入ります。

しかし、顧客の課題解決という目標を達成したときは何物にも代えがたい喜びを感じられるでしょう。

一度成功すれば顧客もリピーターになってくれることが期待できるので、安定した業績を上げることができます。

クライアントと信頼関係を構築できればあなたの評価も上がることは間違いありません。

輝かしい実績になるので、今後の仕事にも良い影響が出るでしょう。

デメリット

迷う女性

コンサルティング営業のデメリットは必要なスキルが多すぎることです。

たとえばコミュニケーション能力や情報収集力、プレゼンテーション力、ヒアリング力が考えられます。

また、スキルだけでなく他社商品や競合他社、業界のことなど専門的な知識も必要です。

身につけておくべきことが多いので、コンサルティング営業として成果を上げるには時間がかかるでしょう。

コンサルティング営業のキャリアパスや将来性

サポート

コンサルティング営業はどのようなキャリアパスが描けるのでしょうか。

また、将来性がある職種なのか気になるところです。

それぞれ具体的にみていきましょう。

キャリアパス

コンサルティング営業を経てマネジャーやチームのリーダーになることが一般的です。

マネジャーとして新しいメンバーを採用したり、リーダーとして若手を育成したりすることが考えられます。

また、コンサルティング営業で培ったスキルを活かして他の部署へ異動することもあるでしょう。

たとえばプレゼンテーション能力やヒアリング力を使う企画担当、情報収集力を必要とするマーケティング担当などです。

いずれにせよコンサルティング営業で培ったノウハウやスキルは今後も活かすことができます。

将来性

コンサルティング営業の将来性は明るいでしょう。

課題や悩みを抱えない企業がなくなるとは考えにくく、どの企業もコンサルティング営業を必要としています。

自分たちの問題を解決するため、魅力的な提案をしてくれる営業がいればすべて任せたいものです。

どの企業もより良い商品やサービスを提供したいと考えています。

その中で悩みが出てくるのは当然のことで、自分たちだけでは解決できないことも多くあるのです。

そこでコンサルティング営業が課題解決のための提案をすることで、お互い良い関係を築き合えるもの。

悩みを抱える企業はなくなりませんから、コンサルティング営業もこの先必要とされ続けるでしょう。

 

ワンポイント
コンサルティング営業で培ったスキルは無駄にならない!

転職相談は転職エージェントを活用しよう

事務職

転職活動ではあらゆる壁にぶつかることが多くあります。

学生の就職活動とは違い、転職活動は基本的に1人で行うので今のやり方が正しいか分からなくなるでしょう。

そんなときは転職エージェントに相談してみてください。

エージェントはこれまでの経験を活かしあなたを転職成功へ導いてくれます。

転職活動がうまくいくよう適切なアドバイスもくれるでしょう。

転職活動の悩みは1人で抱えないでください。

うまくエージェントを活用し、理想の未来を手に入れましょう。

 
デジタルセールスへの転職
【マーキャリNEXT CAREER】 はこちら
 

まとめ

スーツ姿の女性の横顔

コンサルティング営業は一般的な営業にくらべ多くのスキルや知識を必要とします。

単に自社商品を売って終わりではなく、顧客と信頼関係を構築することが必要不可欠です。

そのためには高いコミュニケーション能力が求められます。

業務は多忙で必要なスキルや知識も多岐にわたりますが、大きなやりがいや達成感を得られるでしょう。

コンサルティング営業で身につけたスキルや知識は必ず役に立ちます。

あなたに合った転職先を見つけるため、エージェントと二人三脚で転職活動を進めましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら