世の中には男性も女性も、誰しもが憧れる華やかな仕事があるでしょう。

華やかな仕事と聞くと多くの場合は芸能界などを思い浮かべるのではないでしょうか。

しかし世の中芸能界以外にも憧れの職業はたくさんあります。

女性の社会進出が目立つ現代では職種が多様化しているので、働き方も一様ではありません。

今回は働き方に悩む女性へ華やかな憧れの仕事へ転職する方法を解説します。

女性が憧れるおすすめの仕事の特徴とは果たしてどのようなものなのでしょうか?

また女性が輝く仕事も合わせて紹介しますので参考にしてください。

Contents

女性が憧れる華やかな仕事に転職する方法を解説

華やかな女性

まず女性が憧れる華やかな仕事への転職を解説する前に言及しておくべきことがあります。

それは本当の意味で「憧れ」「華やか」を体現した仕事は1つもないということです。

女性が憧れる華やかな仕事は表向きそう見えるだけで、実際は地道な作業の連続になります。

その上で華やかに見える仕事へ転職する方法は「好き」ではなく「できる」で始めることです。

自分に何が向いているのか、何が向かないのかという適性を知ることから始まります。

それを客観的に分析し、その適性を開花させるために必要なスキル・経験を積むのが成功への近道です。

「憧れ」や「華やか」な仕事かどうかは結果としてついてくるものではないでしょうか。

まずこの自己分析ができていなければ、活躍もできないし人気も年収も得られません。

女性が憧れる仕事の特徴は?

それでは女性が憧れる仕事の特徴とはどのようなものがあるのでしょうか?

華やかなイメージがある仕事

CA

華やかなイメージを持たれる仕事は女性の憧れの対象になります。

具体例をいくつか挙げてみましょう。

  • CA(キャビンアテンダント)
  • インテリアコーディネーター
  • スタイリスト
  • 女性アイドル・役者

これらの仕事は女性が女性らしく輝ける憧れの職業ではないでしょうか。

特にCAやアイドル・役者は「」の象徴であり、女性なら誰しもが1度は憧れるものです。

またインテリアコーディネーターやスタイリストもおしゃれなイメージの仕事になります。

しかし、これらの職業はその女性に「」や「スター性」が必要なのです。

生まれ持った才能が前提にあるので、後天的な努力では埋められない壁があります。

これらの業界・職種で活躍できるのはほんの一握りでありましょう。

女性が輝ける仕事

美容師

2つ目は女性が輝ける、もしくは女性を輝かせる仕事です。

1つ目とはやや基軸が異なる仕事ですが、具体的に以下の種類が挙げられます。

  • 美容師
  • ネイリスト
  • エステティシャン
  • 化粧品店店員
  • アパレル店員

こちらの職業は1つ目に比べると「華」「スター性」はそこまで強く求められません。

自分が輝くのではなくお客様を輝かせる仕事なので、見た目はある程度美しければ大丈夫です。

その代わり美に対する専門的知識や資格が必要とされる仕事も多いのではないでしょうか。

特に美容師は一定のスキル・経験を積んで認められなければなりません。

女性を美しくしようという奉仕の心があって初めて成り立つお仕事です。

こちらは天性の才能と後天的な努力でなることができる仕事でしょう。

プライベートと両立できる仕事

家事しながら仕事

そして3つ目が、後述しますがプライベートとの両立が可能な仕事です。

  • 一般事務
  • マーケティング・企画
  • 経理や秘書

これらの仕事は上2つの仕事に比べてハードルは大きく下がります。

表にあまり出ない仕事なので、生まれ持った華やスター性は必要ありません。

また特別な専門的知識や資格もあまり必要なく、ワークライフバランスも非常にいいのです。

特に一般事務はスキルや経験さえ積めばどんな女性であってもこなすことができます。

しかしその分競争倍率も高いレッドオーシャンなので転職は慎重さを要するでしょう。

誰でもできる仕事だから簡単に転職できるとは思わないことが大切です。

 

ワンポイント
・華やかに見える仕事には生まれ持った「華」「スター性」が必要
・女性を輝かせる仕事もまたある程度の才能や資格・知識が必要
・ワークライフバランス重視の仕事はハードルが低い分競争倍率も高い

女性に人気の女性が輝く仕事をチェック

それでは女性に人気かつ女性が輝く仕事を具体的に掘り下げましょう。

一般事務

一般事務

一般事務はいつの時代も女性に人気のお仕事であり、未経験でも歓迎されます。

職場にもよりますが、ある程度カジュアルな服装で仕事ができるのもいいところでしょう。

定時で上がれる仕事でもあり、プライベートの時間を自由に使うことができます。

必要なのは基礎的なPCスキル・ビジネスマナー・コミュニケーション能力という基礎的なものです。

ただし、間口が広い分人気も競争倍率も高いので転職には十分注意してください。

特に「なぜその会社に応募したのか?」という志望動機をしっかり考える必要があります。

企画

企画

2つ目に挙げられるのがマーケティングや企画といった発想力が物をいうお仕事です。

仕事内容は市場調査を基に自社の商品開発から流通までを担うのがメインとなります。

特に近年はSNS・インフルエンサーマーケティングが注目されているようです。

そのためFacebook・YouTube・Twitterを通した集客・販売が多くなっています。

資格は必要ありませんが、IT関係のスキルや経験があると強いでしょう。

どの業界・職種もIT化の影響下にあるので、Webに強いと採用されやすくなります。

秘書

秘書

そして3つ目が秘書のお仕事であり、こちらもまた女性に人気のお仕事です。

いくつか段階があるので、以下まとめておきましょう。

  1. 秘書アシスタント
  2. 部長付秘書
  3. 役員付秘書
  4. 社長付秘書

多くの人が想像する秘書というと、1番責任が大きい社長付秘書ではないでしょうか。

業務内容も当然ながら担当する方の役職・位が高いほど重たくなります。

秘書アシスタントのレベルなら、業務内容は総務事務とそんなに変わりません。

しかし役員や社長の秘書となると、業務代行外部のVIPとも関わる必要があるのです。

専務や副社長とはまた違った意味での「2番手」といえるポジションでしょう。

難しそうなイメージがありますが、アシスタントからであれば未経験でもできます。

 

ワンポイント
女性が活躍できる仕事は「縁の下の力持ち」が多い。

女性が転職で後悔しないための注意点

それでは女性が転職で後悔しないために注意すべきことを考えてみましょう。

転職に関する情報収集を行おう

情報収集後

まずは転職に関する情報収集を徹底的に行ってください。

  • 今ニーズが高い仕事はどれか?(需要の把握)
  • 自分に向いている仕事はどれか?(適性の自己分析)
  • 自分の市場価値はどのくらいか?(適切な自己評価)
  • 転職先はどんなところにするか?(企業研究)

最低でもまずこれらのリサーチ・分析を完了させましょう。

そこで割り出したデータを基に大まかな転職の戦略を立てます。

面接対策や書類作成といった戦術の部分はその戦略があってこそです。

ここをまず明確にすることで自分が目指すべき道が見えます。

経験者や実際に働いている人に話を聞いてみよう

2つ目は業界職種の経験者や実際に働いている人に話を聞いてください。

知人に経験者がいる場合はその人から聞く情報を大切にしましょう。

入社後どうなるかは実際に入ってみて働いてみるまでわかりません。

しかし少しでもミスマッチを防ぐためには現場の空気を知るのが1番です。

ネットの口コミや評判もありますが、ネガティブキャンペーンの可能性もあります。

本当に大事な情報はネット経由ではなく自分の目と耳で直接確かめてください。

自分の知覚を通して得られた情報以上に有効なものはありません。

将来像をイメージしてみよう

将来の自分

そして3つ目に入社後の自分の将来像をイメージしてください。

応募者の多くが犯しやすい間違いは内定をもらって入社することしか考えていないことです。

転職活動はむしろ入社してからどれだけ活躍しどんなキャリアを築くかが大事になります。

ビジネスは常に目先の短期的利益ではなくもっと遠い長期的利益で考えなければなりません。

その長期目線での目標から逆算的にそこに行くためのキャリアプランを作成するのです。

一流として大成している方はそのようにして自分の道筋を考えて辿り着いています。

自分がどのようになりたいかというビジョンを示すことが大事なのです。

 

ワンポイント
・徹底した情報収集から大まかな戦略を割り出す
・入社後のイメージを持てるように経験者から直接話を聞く
・目先の内定ではなく入社後の自分の将来という長期的な目標を据える

女性におすすめの働き方

それでは女性におすすめの働き方とはどんな働き方でしょうか?

やりがいを感じられる働き方をここでは解説します。

スキルを身につけられる仕事に就く

スキルがある女性

まず1つ目が将来役立つスキルを身につけられる仕事に就くことです。

女性の場合であればやはり一般事務や企画が該当するのではないでしょうか。

誰でもできる基礎的な業務が多いですが、基礎=簡単というわけではありません。

基礎とはそれだけ大事であり、いつの時代でも通用する普遍的なエッセンスです。

そしてそういう普遍的なスキルこそどこに転職しても活かすことができます。

そういうスキルを若いうちからどれだけ磨いてきたかで将来が大きく違うのです。

女性ならではの感性を活かせる仕事に就く

保育士

そして2つ目に女性ならではの感性を活かせる仕事につきましょう。

女性の感性を活かした仕事というと、どんなものが挙げられるでしょうか?

上記してきたお仕事以外だと以下のものが挙げられます。

  • 保育士
  • 人事マネージャー
  • 看護師
  • 介護士
  • 経理・財政

こうした仕事は女性ならではの細やかな気遣い気配りが必要です。

また経理や財政といった収支管理は女性の方が正確で抜け目がありません。

こういう仕事に就くと大変な分やりがいも大きく感じられるのではないでしょうか。

 

ワンポイント
・スキルをしっかり得られる仕事に就く
・女性ならではの細やかさが求められる仕事に就く

将来女性の需要が高まる仕事は?

システムエンジニア

それでは将来的に女性の需要が高まる仕事を具体的に挙げてみましょう。

  • システムエンジニア
  • エステティシャン
  • 保険営業
  • 教師・保育士
  • 美容師

これらのお仕事は将来的な需要が益々高まっていくと予想されます。

特にシステムエンジニアはITの需要が高まっている今こそ狙い目の仕事です。

システムエンジニアはどちらかといえば男性が行う仕事と見られるかもしれません。

しかしパソコンの専門知識とスキルは男女関係なく後天的に習得可能です。

キャリアを上手に築けばそれだけで大きな収入を得ることができます。

働き方次第では家事・育児との両立も決して不可能ではないでしょう。

女性が憧れる華やかな仕事の求人の探し方は?

転職

それでは女性が憧れる華やかな仕事の求人の探し方はどうすればいいのでしょうか?

求人サイトをチェックしよう

まずは転職サイト求人サイトに登録してめぼしい求人をチェックしてください。

この際に大事なことは決してその求人を額面通りに解釈しないことです。

コンプライアンスがあるとはいえ、求人票には本当に大事なことは書かれていません。

そのため求人票に書かれている内容が真実かどうかをきちんと調べる必要があります。

経験者から具体的な話を聞き、また徹底した企業研究と自己分析を行いましょう。

メリットしか書かれていない求人は念のため回避するのが吉です。

転職エージェントを活用しよう

2つ目に転職エージェントに登録して積極的に活用してください。

転職エージェントを活用することで上記の求人の中から怪しいものは除外できます。

また、転職者の市場価値に応じて最適な求人情報や就活のアドバイスもしてくれるのです。

そしてこれが最も大きいのですが、表には出回っていない非公開求人を紹介してもらえます。

転職者の女性ならではの感性を活かした仕事を見つけてください。

自分のキャリアプランを明確にして転職しよう

働く女性

そしてこれが最も大切ですが、とにかく将来へのキャリアプランを明確にすることです。

本当に大切な転職活動のポイントは入社後に活躍することにあります。

決して短期的な内定ではなく遥かに遠い自分が目指すべき将来像です。

ビジネスは長期的に見て最終的にどれだけの利益を上げるかが鍵となります。

常に大局を見据えて行動しキャリアを形成していく習慣を作りましょう。

それこそがビジネスで大成功するための秘訣です。

転職相談は転職エージェントを活用しよう

転職エージェント

女性らしい活躍ができる仕事といっても、そう簡単には見つからない人もいるでしょう。

そんな方にこそぜひ1度転職相談を行い自分を客観的に見てもらってください。

細かい心情や悩みも深く理解してくれるので、安心して転職活動に専念できます。

自分1人で行うよりは遥かに効率よくミスマッチのない転職ができるでしょう。

転職エージェントの力を借りて素敵なキャリアを実現してください。

まとめ

迷う女性

いかがでしたか?

今回は女性が憧れる華やかな仕事に転職する方法を解説してきました。

華やかな仕事は華やかそうに見えるだけで、実際はとても大変なことが多いのです。

だからこそ「憧れ」「好き」ではなく「何ができるか」で転職を考えてください。

どんな女性にもその人にしかない才能や長所役割があるはずです。

それを冷静に分析して逆算的にそこに行くための手順を踏まえてください。

本稿が少しでも素敵な仕事に就くための参考になれば幸いです。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら