不動産業務の中の1つとされている宅建事務についての特集です。

宅建事務への転職を考えている女性に向けて、宅建事務とはどのような業務内容なのかを具体的に解説します。

また、宅建事務に向いている人の特徴なども併せて紹介していきます。

宅建事務への転職方法を解説

パソコンの画像

不動産関連の仕事にはいくつかの種類があります。その中の1つに該当するのが宅建事務です。

不動産の営業職が花形だとしたら、宅建事務はそのサポートも含めた縁の下の力持ち的存在といえます。

言い換えれば、宅建事務が店舗にいることで、安心して営業ができます。

優秀な宅建事務がいれば、その店舗は円滑に業務が展開していくほどです。

今回は宅建事務の仕事の内容と転職方法にスポットを当てて解説していきます。

宅建事務の仕事内容「取引の重要事項の説明」

デスクトップの画像

宅建事務の業務の中で最重要となる部分は「重要事項の説明」と称されるものです。

不動産契約は一生に1度あるかないかの大きい買い物であることはいうまでもありません。

しかも購入する顧客のほとんどは、不動産の専門知識・売買の経験などは素人といえます。

もし不当契約を結んだとしたら大損害になるでしょう。

万が一にもそうならないために、取引上の重要事項は顧客へしっかりと説明をする義務があるのです。

その重要書類のことを「重要事項説明書」と呼びます。

これは宅地建物取引業法35条でも定められていて、通称「35条書面」という呼び名で通っているのです。

宅建事務は、この35条書面に則って顧客との契約や相談に応じる職務です。

宅建事務の仕事内容「営業サポート」

キーボードの画像

宅建事務の仕事は、重要事項の説明以外にも営業サポートを行います。不動産営業マンの業務をバックでサポートする仕事です。

主に来店客への応対・問い合わせ客への初期対応・広告物作成・データ管理などをします。

ではそれらについて詳しく内容を追って解説していきましょう。

来客や問い合わせの一次対応

店舗へ来店された顧客や電話で問い合わせしてくる相手へ、その初期対応をするのは営業マンだと思われています。

しかし営業マンが不在にしている場合もあるので、その一時的な対応は宅建事務にも任されています。

受付シートへの個人情報や希望条件の記入を促すこと・電話でのヒアリングなども宅建事務が代行します。

つまり、宅建事務は不在中の営業マンに代わって、顧客の用件を把握する能力を持っていなくてはなりません。

また、本来は営業が行う業務の最初の対応部分を、宅建事務に一任したシステムで運営する会社もあります。

店舗用のポップや広告の作成

文具の画像

店舗で掲示するポップや広告物の作成も宅建事務の仕事です。

不動産の広告とは、チラシ・ウェブサイトなどをメインに制作しているところがほとんどといえます。

昔ながらのチラシ配布は今でも重要な業務の1つとされているのです。

そのため、広告物全般についての簡単な作成は宅建事務が引き受けて行うことがあります。

また、店舗に飾るポップや物件詳細の作成は、専用ソフトを使ってオリジナルでデザインし仕上げている店舗も珍しくありません。

その一連の仕事については宅建事務がサポートしています。

データの管理業務

営業サポートで欠かせない業務にデータ管理があります。物件情報や顧客情報を数多く保有するのが不動産会社です。

当然ながら、重要なデータは日々増え続けていきますから、それらを管理しておく人材が必要でしょう。

宅建事務は新規データの入力とともに既存データの修正や更新も常に行います。

営業が飛び回っている間に集約したデータを管理しファイリングする役目の人物がいないと会社として機能しません。

宅建事務は営業マンの活動サポートをしながら、円滑に会社自体が廻るように計らうことが業務といえます。
 
【無料】テンプスタッフに転職相談する  

宅建事務に向いている人の特徴

名刺の画像

宅建事務は、店舗先にて接客業務・電話応対・書類整理・データ管理・広告物制作といった業務をこなします。

これらをほぼ同時進行していることも多く、オールマイティな活躍が期待されている職種です。

そのため、この仕事に就くためには、ある一定の特徴を持った人物が向いています。

では、宅建事務に相応しい特徴とは何かを解説していきましょう。

人と接するのが得意

宅建事務職の業務のメインとなる部分は顧客との接点です。不動産は人生でも大きな決断を必要とする瞬間といえるでしょう。

顧客のライフスタイルを理解しながら信頼を獲得することで契約が成立します。

そのためには、不特定多数の相手ともコミュニケーションをしていくスキルが必要です。

人と接することが好きなタイプの人物こそ宅建事務に向いているでしょう。

誰かを支える仕事が得意

コミュニケーションをとる画像

あらゆる事務職は営業担当者や他のメンバーを支えるのがメイン業務です。

また、顧客の悩みや不安を取り除くために専門知識を使って説明することも大切です。

常にサポート役として相手に喜んでもらうことが好きな人に向いています。

誰かの支えにやりがいを感じられてこそ、宅建事務職に相応しい人物です。

細かい作業が得意

宅建事務は細かい配慮ができる人物に向いています。

契約を控えた顧客の悩みに寄り添って、最適なプランを提供し続けるのが仕事です。

本来は物件探しや細かい説明は営業が担当する分野ではあります。

しかし、その営業と同じような観点から、常に細かい部分に気を使って先回りできるような人材が相応しいでしょう。

 

ワンポイント
宅建事務は単なる事務職ではなく人と接する機会が多い。

宅建事務に転職するための志望動機・自己PRのポイント

キーボードに触れる画像

宅建事務で転職するには、職務経歴書などに志望動機をいかに書くかがポイントになります。

そのためには業界と職種への理解が欠かせません。宅建事務は営業職をサポートする仕事です。

サポートする以上は、業界と職種を理解した上で適切なPRをすると好印象を与えます。ではさらに具体的な内容を紹介しましょう。

なぜその会社を選んだのか具体的にしよう

不動産の宅建事務をなぜやりたいと思ったのか、仕事が気になったきっかけと理由を具体的に説明しましょう。

事務作業が好きだという漠然とした回答ではなく、なぜ不動産でありその会社でなくてはならないのかを説明できるでしょうか?

事務職なら他の業界でもよいはずです。その会社でなくてはならない決定的な理由をあらかじめ考えておきましょう。

そのヒントは経営理念やビジョンなどを把握しておくことから始まります。

少なくとも面接を受ける事前に、公式サイトなどを調べて、どのような会社の理念があるのかを見ておくことです。

自分が入社した時のメリットをアピールしよう

自分が就職したと仮定して、どのような活躍ができそうなのかを説明できるようにしておきましょう。

転職後の自分のイメージ像を膨らませて、その会社へどのような貢献ができそうかを具体的に説明することです。

自分が入社すると生まれるメリットを面接で語れれば、採用担当者からの評価が高くなります。

これは宅建事務に限っていることではなく、あらゆる業種の志望動機の中で重要な意味づけをする部分です。

まだやってもいない仕事なので完璧に思い描くことには無理もあります。当然採用担当者もそれは認識した上で評価をするのです。
 
【無料】テンプスタッフに転職相談する  

宅建事務に転職するための志望動機・自己PRのポイントの例

模造紙の画像

宅建事務へと転職を志している方は、履歴書や職務経歴書の作成や面接試験に向けて、志望動機を明確にしておく必要があります。

より精査された志望動機に仕上げるには、事例をたくさん見て研究をするのが近道です。

では、宅建事務に転職するための志望動機の事例をいくつか紹介しましょう。

私が宅建事務の仕事を選んだ理由は、誰かのサポートをすることに目覚めたことがきっかけです。

以前の仕事が営業職だったのですが、表舞台で働くということは不在になりがちというデメリットがあります。

そのような状況で窮地に陥っている時、営業補佐が代行して何度もピンチを救ってくれました。

仕事の取り組み方には、相手のサポートを黙々とやりこなす方法もあるのだなと興味を覚えるようになったからです。

営業担当の成果になるにもかかわらず、したたかにサポートをする逞しさに憧れたことが理由です。

電話応対する女性の画像

宅建事務を目指したきっかけは、子供の頃から建物に興味があったからです。

建物を見ることが好きで、模型などもよく作っていた記憶があります。

そのうち家屋の構造などに興味を覚えて不動産業界に携わる仕事がしたいと思ったのです。

またWordやExcelといったパソコンのスキルが向上したことも理由の1つでもあります。

その両方を使える業種である不動産関連の事務は、まさに自分にとって適職だと判断したからです。

宅建事務を志望した理由は、お客様とのコミュニケーションが図れることにあります。

宅建事務は他業界の事務職とは異なってマルチタスクな仕事ができると聞きました。

営業担当者のサポートに付随しながら、お客様との接点が多いのが魅力です。

実は学生時代から接客業のアルバイトばかりしてきたので、その面白さと大変さは身に沁みています。

さまざまな立場の方々とコミュニケーションを取れるという、これほど刺激的な仕事は他にないと考えているからです。

 

ワンポイント
宅建事務の志望動機の事例をできるだけ多く見て研究すること

宅建事務の求人の探し方は?

カフェの画像

実際に宅建事務に転職を希望する場合、どのようなルートや方法で実現させればよいのでしょうか?

宅建事務の仕事がしたいという方へ、求人情報の探し方とそのコツについて紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

求人サイトを見よう

宅建事務の求人情報を探すのに効率的でポピュラーな方法は、転職サイトや求人サイトを見ることです。

求人サイトはさまざまに検索ができるので都合がよいといえます。

キーワード欄に「宅建事務」と入力すれば、相応な数の募集案件が見つかるはずです。

宅建事務も基本的には大手企業は待遇が高く、中小企業ならその会社に準じる感覚だと思ってよいでしょう。

自分が最も希望する条件から探してみれば、気になる案件が見つけられるかもしれません。

転職エージェントを活用しよう

転職サイトを使った活動は、会社探しから面接対策まですべて自分だけで準備をしなければならないデメリットがあります。

悩みや不明点も浮上しやすくなるでしょう。そこで転職エージェントを使ってみるのもおすすめの方法です。

転職エージェントならキャリアアドバイザーに相談できて、「非公開求人」に応募できる制度もあります。

一般的には見ることができない登録者にだけ紹介する非公開求人を使えば、転職できる確率も大幅にアップするかもしれません。

ただし転職エージェントも最近はかなり多くなってきました。選び方についても認識しておく必要があります。

宅建事務への転職を成功させるには?

ビジョンの画像

宅建事務への転職を成功させるには、1つでも多くの情報を得てしっかりと精査することが大切です。

不動産関係の業務は、一般企業と異なった状況でもあります。

例えば多くの企業が土日などの週末に休めるのに対し、宅建事務を含めた不動産業は週末こそが稼ぎ時となるのです。

最近ではローテーションを組んで土日休みをとりいれている会社も増えているようですが、まだまだ現状は厳しいといえます。

理想の転職を果たすには、常に最新情報をキャッチしておくことです。

自分はどこを譲れてどこが譲れないのかを把握しておく必要があるでしょう。

 

ワンポイント
各求人案件の条件を踏まえて何を最優先にするのかを考えること

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

ヘッドセットの女性の画像

転職を目指す時にはどうしても不安がつきものです。いつどのような結果で終わるのかは全く未知数です。

そのような状況で自分を試す機会でもあるので、分からないことが途中で出てきても不思議ではありません。

そこで転職エージェントに登録して利用することをおすすめします。転職エージェントは転職についての専門家です。

担当アドバイザーは登録者の些細な悩みや不安を解消するため、適切なアドバイスをしてくれます。

 

ワンポイント
転職エージェントに登録して積極的に活用しよう。

まとめ

接客する女性の画像

不動産関連の事務職である宅建事務は、ほとんどマルチタスクな業務だと思ったほうがよいでしょう。

やるべきことがたくさん出てくるので、それらを1つずつ順序を守ってクリアにしていく能力も欠かせません。

今自分は一体何を最優先に行えばいいのかを、常に考えながら行動できる人が望ましいでしょう。

また接客業でもあるため、社会人としての基本的なマナーが大切です。

常に社会人としてのルールを学んでおき、実践できるレベルにしていくよう心掛けてください。
 
【無料】テンプスタッフに転職相談する  

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら