面接での失敗は採用に直接影響してしまうため、誰もが事前に準備や対策を行って臨むことでしょう。

しかしいざ面接が始まると、想定外のトラブルも起こりえます。

面接官と距離が離れていて声が聞き取りにくく、一度で質問が聞き取れないという苦い経験をした人もいることでしょう。

そこで今回は面接で声が聞き取れない時にしてはいけないNG例やWEB面接での注意点の具体的な対処法を解説します。

Contents

転職で面接官の声が聞き取れない時の対処法

面接

面接では面接官の質問に対して意図を汲み取り、適切な回答をすることが求められます。

しかし、面接官との距離が遠かったり、相手の声のボリュームによっては十分に聞き取れないということもあるでしょう。

面接の場で質問が聞き取れなかったと聞き返すことで評価に影響するのではないかとためらう人もいるかもしれません。

しかし聞こえたふりをして答えても的外れな答えをしてしまえば、面接官の評価を落としてしまう可能性があります。

的外れな回答をするよりは、思い切って聞き返し、その上で回答しましょう。

ただし、聞き返し方次第では面接官が不快に思ってしまう場合もあります。

あくまでも聞き取れなかった自分に非があるということを前提に謙虚な姿勢で聞き返すことが大切です。

そうすれば面接官は不快に思うこともなく、同じ質問をより分かりやすく話してくれるでしょう。

聞き返すことで選考に影響は?

日常会話でも聞き取れなかった場合に聞き直すことが当然な様に、面接の場でも全く問題ありません。

面接官の質問に分からないまま分かったフリをして的外れな回答をする事の方が選考に悪影響がでてしまいます。

聞き返すこと自体が選考に影響するのかを解説します。

丁寧に聞き返そう

笑顔のビジネスウーマン

面接官との距離や相手の声のボリュームによっては相手の声が十分に聞き取れないことはあり得ます。

その場合は丁寧に聞き返しましょう

あからさまに相手に非があるような聞き方は面接ではなくてもビジネスにおいては失礼にあたります。

聞き返し方が失礼なものであれば、ビジネスマナーがなっていないという印象を与えてしまうのです。

選考に影響しないよう、丁寧に聞き返すことを心がけましょう。

一度聞き直したことを再度聞くのはやめよう

例え丁寧に聞き返していたとしても、一度聞き返したことを何度も聞き直すのはNGです。

何度も聞き直されると「集中力がない」「理解に乏しく仕事ができるかどうか不安」等と面接官に判断されてしまいます。

面接官の質問が聞き取れない場合は遠慮なく聞き直すのがベストです。

ですが聞き直さずに一度で質問を理解して適切な回答をすることが最適であるということを忘れないようにしましょう。

質問の意図がわからない時は

疑問

面接官の質問の意図が分からず、どう答えたら良いか困ることもありえます。

その場合は「恐れ入りますが先ほどの質問の趣旨は〇〇で宜しかったでしょう?」と確認しましょう。

この時、単純に「分からないから分かりません」と回答するのはNGです。

この回答では「何も考えずに分からないと回答してるな」と面接官は判断してしまいます。

「回答したいが判断が難しい部分があるから確認をさせていただきたい」という趣旨が伝わるように面接官に尋ねましょう。

この聞き方であれば「質問の回答を考えた上で不明な点を確認し直そうとしてる」と判断されます。

全体の質問の中で必ず理解できる箇所はあるはずです。

質問の意図を聞き返す時には面接官に「考えた上で聞き直してます」ということが伝わるようにすると良いでしょう。

 

ワンポイント
意図が分からない場合は「自分なりに解釈した上で確認している」ということが伝わるように聞き返そう。

面接中に聞き返す時の注意点をチェック

面接官の質問が聞き取れなかった場合は、分からなかったことを正直に伝え、謙虚な言葉で聞き返しましょう。

この時気を付けたいポイントを解説します。

悪い印象を与えない聞き返し方

面接

前提として「聞き返すことは悪いことではなく、面接官の質問に対して誠意のない回答をする方が悪い」と意識しましょう。

その上で聞き返す際には丁寧な表現を心がけることが大切です。

「すみません」「恐れ入りますが」「申し訳ありません」等の枕詞を使い、聞き返すことに対してのお詫びをしましょう。

この前置きがあることによって相手を大事にしている、という姿勢を面接官に与えることができます。

聞き返しのタイミング

営業担当の女性

聞き返す際には、面接官の質問が終わった後で聞き返しや不明な点の質問・確認をしましょう。

質問の途中で不明な点があったからといって面接官の質問の途中で質問をするのはNGです。

面接官の質問を遮った後にも不明な点があった場合は二度手間になります。

何より質問を遮られて質問をされた場合、「自己中心的な人」という印象を面接官に与えてしまう可能性が高いです。

質問を最後まで聞くことは仕事でもプライベートでもコミュニケーションをとる上で大切なことです。

聞き返しは必ず面接官の質問が終わったタイミングで行うようにしましょう。

 

ワンポイント
聞き返し方やタイミング次第では印象が悪くなってしまうので注意しよう。

面接官の声が聞き取れない時のNG例

聞き取れないため聞き返すのは問題ありませんが、伝え方次第では面接官に不快に思われてしまうでしょう。

そうした失敗を防ぐために、一見丁寧に見えますがNGな例文を解説します。

例1:面接官の声の小ささを指摘

悩む女性

面接官の声が小さくて聞き取れないということもあるでしょう。その場合、以下のように聞き返すのはNGです。

「すみません、声が小さくて聞き取りにくかったのでもう一度聞き直しても宜しいですか?」

相手の声の小ささを直接聞き返すことは、相手を否定する言い方になってしまいます。

聞き返された面接官が不快に思ってしまう場合もあるため、こうした聞き返し方はやめましょう。

例2:相手に非があるような表現

圧迫面接

丁寧に聞き返すことを心がけていても、言葉によっては失礼にあたってしまう場合があります。

以下のような聞き方はNGです。

「恐れ入りますが、話が聞き取りにくかったのでもう一度お願い致します」

「話が聞き取りにくかった」は一見問題なさそうですが、これも相手を否定した言い方に聞こえます。

例3:聞き直しのみの言葉

聞き逃した理由を添えると相手を否定する言い方になってしまうと思い、聞き直しのお願いのみを伝える人もいるかもしれません。

聞き直すことが目的とはいえ、以下のような聞き方はNGです。

「すみません、もう1度質問をお願い致します」

これでは「質問自体を不注意で聞いてなかったのではないか?」と思われても仕方がないでしょう。

「聞き取れなかった・意図を汲み取れなかった自分に非がある」という事を前提に相手を敬った聞き返しがポイントです。

 

ワンポイント
聞き返す時は相手を否定する言葉は使わないよう心がけよう。

Web面接で声を聞きやすくするためのポイント

ZoomやSkype、facebookやLINEのビデオ通話等のツールを使ったWEB面接での採用も増えてきました。

働きながら転職活動をしている人が多いため、転職においてWeb面接は積極的に行われています。

ここからはWEB面接で声を聞きやすくするポイントやWEB面接を実施する上でのコツをまとめました。

通信環境のいい場所を用意しよう

Web面接

Web面接ではインターネットの接続環境がとても重要です。

無料のWi-Fiスポット等の無料で使える回線がありますが電波が弱かったり不安定だったりします。

そのような場所でWeb面接をすると途中で音声や映像が乱れたりタイムラグが発生したり、最悪の場合は接続が切れてしまう可能性もあります。

対策としてLANケーブルで接続できる場所や契約してるルーター付近でのネット接続をして安定した環境を整えましょう。

通信環境の良い場所を用意することは面接以外で前もって簡単に準備ができます。

また、生活音がしない・他の音源が入らない(入りにくい)場所で面接を受けましょう。

面接中に雑音が入ると面接に集中できないのはもちろん、面接官にも悪い印象を持たれてしまいます。

お金がかかりますがレンタルオフィスやホテルを借りるという方法がおすすめです。

レンタルオフィス・ホテルなら静かな空間で、何より他人の目を気遣わずに面接に集中できます。

本番の面接を少しでもリラックスした状態でスムーズに実施できるように通信環境の良い場所作りをしましょう。

自分が話さない時はミュートを使おう

スマホやPCのマイクは性能が良く、ちょっとした音でも拾ってしまう可能性があります。

拾った音によって質問の途中で止まってしまったりして気まずい雰囲気になることも考えられるのです。

相手が話をしている時にミュートを使えば、例えマイクが雑音を拾っても相手は聞こえません。

それによりお互い集中して質疑応答をすることができます。

もちろん自分が回答する際にはミュートをオフにすることを忘れないようにしましょう。

Web面接での聞き返し方は

Web面接では通信環境によっては声がとぎれてしまったり、声が小さく聞こえたりする場合もあるでしょう。

その場合にどのように聞き返すと良いのか、その方法を解説します。

Web面接での聞き返すタイミング

パソコン作業をする女性

Web面接であっても聞き返すのは相手の話が終わった後ですが、そこからさらに一呼吸の間を置いて聞き返すと良いでしょう。

Web面接はタイムラグが起きる可能性があり、特に無線LANは有線ケーブルよりもラグが生じやすいです。

また、雨が降ったりするとインターネットの遅延障害が生じやすく、通信しにくい状況になります。

そのため、相手の質問が終わって一呼吸置いてから自分の発言をするように意識することが大切です。

タイムラグを計算して相手がきちんと質問を終えたと確認をしてから自分の話を始めるとスムーズに面接を進めることができるでしょう。

相手もこちらの声が届いているかの確認も重要

ノートPCで作業する女性

対面での面接と違い、Web面接の場合は相手に声が問題なく届いているかどうかが分からないという問題もあります。

自分が思っている以上に声が小さかったり、通信環境によっては声が届いていない場合があるのです。

また、マイクの感度によっては自分の声が拾われないこともあります。

マイクに声が拾われず、それによって面接官から聞き返されたりして面接がスムーズにいかないことも考えられるでしょう。

聞き返されたりすると焦りがでてしまい途中まで順調だった面接が台無しにもなりえます。

そのため、普通よりも大きな声ではっきりと、声のトーンは1段高くしてマイクに向かって話すと良いでしょう。

Web面接で気をつけておきたいこと

面接は面接でも対面とWebでは雰囲気は大きく違ってきます。

面接官がいないと気分が楽な状態で面接ができますが、悪く言えば気が抜けた状態になりやすいのです。

目線・表情・間の置き方など対面とWebでの大きな違いを2点にまとめました。

返答にラグがあることを意識しよう

コールセンター

先述した通り、Web面接では通信環境によってはタイムラグが生じてしまいます。

対面では話の終わりの判断がしやすいですがWeb面接は話が終わったかどうかの判断がしにくいです。

そのため、面接官の質問や話が終わったことをラグも考慮して話始めることを心がけましょう。

また無線LANより有線ケーブルの方が通信は安定します。

面接の際には、可能であれば有線ケーブルを使用して通信環境を整えましょう。

Web面接でも笑顔を意識しよう

目の前に面接官がいるのと違い、Web面接だと目の前に面接官がいないので緊張感に欠けてしまいがちです。

実際に顔を合わせることができないので、印象を良くするためには対面よりも分かりやすい表情を作ることが大事です。

面接官が話をしてる時には相手の目を見るのではなくカメラを見ましょう。

Web面接で画面上の相手の顔を見ていたとしても、面接官には下を向いてるように映ります。

目の前に面接官はいませんが、カメラの先に面接官がいるということをイメージしましょう。

話に対してうなずいたり、目線を合わせて明るい表情で話すことがWeb面接を受ける上では大切です。

 

ワンポイント
Web面接の前には通信環境や視線の位置などを確認しておこう。

転職対策は転職エージェントを活用しよう

相談を受ける女性

面接は転職活動をする上で避けては通れない関門ですが、緊張して失敗してしまうこともあるものです。

緊張によって質問が聞き取れない、という失敗以外にも備えたい事柄はたくさんあります。

さらにWeb面接はラグや画面上の目線や使い方等にある程度の慣れが必要ですが、その練習は一人では難しいでしょう。

その場合は転職エージェントを活用することがおすすめです。

転職エージェントは応募書類の添削・面接の対策等・就職や転職に関わる様々な悩みや不安を相談できる存在です。

転職を考えてる方にも業界の動向や希望の会社に就労条件の交渉をおこなってくれるエージェントも存在します。

自分から働く条件の交渉が苦手という方にも転職エージェントを活用すればより条件の良い環境で働くことができる可能性が高まります。

先ずは自分で転職エージェントに連絡をしてどのような就職・転職活動が適しているのかを相談することから初めてみるのも良いでしょう。

まとめ

ガッツポーズする女性

今回は面接官の声が聞き取れない時の対処法について記載してきました。

面接では面接官の質問の意図を汲み取って的確に回答し、自分をアピールする必要があります。

しかし質問が聞き取れていないのであれば、的確に回答することはできないでしょう。

聞き返すことが評価に影響することはありませんが、聞き返し方次第では印象を悪くしてしまいます。

聞き取れなかった場合は丁寧に聞き返すことを心がけましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら