事務の立場から建設現場を支える「現場事務」はプロジェクトに欠かせない存在です。

そんな現場事務に未経験から転職する方法について解説します。

現場事務のに求められるスキルや転職に有利な資格とは?

また現場事務の求人から見える仕事内容や給与相場についてもご紹介しましょう。

現場事務への未経験転職を成功させる方法を解説

事務処理をする女性

「現場事務」と聞くと建設現場のように埃っぽく男性ばかりで近づき難いイメージがあります。

また建設に関わる特別なスキルや資格が必要なのでは?と不安に思う人も多いようです。

しかし、現場事務のお仕事は一般的な事務の業務内容とそんなに大きな違いはありません。

ワークスペースは建設現場にあるプレハブ内ですが極端に汚れていることも無いため安心です。

そのためまずは実務経験を積みたいという人や事務職の基本を学びたい人に最適な環境といえます。

近年では意外と働きやすい環境だということがわかり女性にも人気の職業になりました。

そこで未経験から現場事務への転職を成功させる方法を下記で解説していきましょう。

現場事務の未経験の求人例から仕事内容をチェック

パートや派遣などの求人も多い現場事務のお仕事とはどのようなものでしょうか?

未経験者を対象とした求人例からその仕事内容を見ていきましょう。

マンション改修工事での仕事例

ヘルメット、女性、図面

マンションの改修工事で募集された現場事務の未経験求人の例を見てみましょう。

主な現場事務の仕事内容として以下にまとめてみます。

  • 改修工事に関わる書類作成とファイリング
  • 近隣やマンション住民への案内資料作成
  • 電話問い合わせの対応や受付業務
  • 備品や材料の発注と請求書処理
  • 日報や設計図の印刷
  • 会議用の飲み物やお弁当の手配

上記の業務内容から住民と工事現場との窓口としての現場事務の役割が伺えます。

また会議用の飲み物や作業者の昼食のお弁当の手配なども現場事務ならではの仕事といえるでしょう。

建築現場事務での仕事例

ヘルメット、作業服の女性、図面
規模の小さなサブコンや建設会社での現場事務の仕事を見てみましょう。

  • 建築現場の写真など資料整理
  • 図面や完成書類を管理する
  • 議事録の作成と配布
  • 官庁や施主への提出書類作り
  • スタッフの労務と職場環境の安全管理

上記のように現場事務の基本業務は書類作成やデータ入力です。

総合請負のゼネコンや下請けのサブコンでもその業務内容はほぼ変わらないといえます。

一般事務と異なるのは図面を拡大縮小して印刷するなど建築現場ならではの作業があることでしょう。

また小さな建設会社では現場写真の撮影や測量など現場の補助業務を頼まれることも。

しかし、女性に困難な力仕事などの業務はないのでその点は安心してください。

 

ワンポイント
現場事務の仕事内容は一般事務とあまり変わらないため未経験でも大丈夫!

 
【無料】テンプスタッフに転職相談する  

現場事務の未経験の求人例から給与相場を確認しよう

女性,お財布,貯金箱
現場事務は工場や建設現場などの施工期間に応じて求人募集されることがほとんどです。

そのためパートやアルバイト、派遣社員としての求人も多数あります。

東京都心部だと時給にして1,400~1,600円ほどが給与の相場です。

仮に時給1,500円として週5日8時間勤務した場合、1カ月の給料は約240,000円になります。

建設現場という職場環境もあり一般事務と比較しても高めの給与です。

短期でしっかりと稼ぎたい人にとってまさに嬉しいお仕事といえるでしょう。

現場事務に求められるスキルは?

建設現場で発生するさまざまな事務関連の仕事を担うのが現場事務です。

そこで日々の業務に必要な現場事務に求められるスキルについてご紹介しましょう。

コミュニケーション能力

作業服の女性、接客、説明
現場事務には一般事務と同じく「コミュニケーション能力」が必要です。

建設場と職場も近いため現場監督や作業員と関わることも多くなります。

業務遂行のためにも日々の円滑なコミュニケーションが求められるのです。

また電話やメールの応対を始め工事の見学者など、外部からの来客対応も現場事務の仕事になります。

ときには建設側を代表して近隣住民への挨拶や説明をすることもあるでしょう。

直接お客様と接する現場事務にはコミュニケーション能力が必須スキルなのです。

PCスキル

デスクトップPCで作業する人

工事に関わる書類を扱う以外は一般事務とさほど変わらないのが現場事務のお仕事です。

そのため法的な届け出や工事に関わる書類作成にはやはり「PCスキル」が必要になります。

建設現場には書類仕事が多いためタイピングにも正確性とスピードが求められるでしょう。

またExcel(エクセル)やWord(ワード)などのオフィスツールに慣れていると仕事もはかどります。

基本的には準備されたシートに入力するだけという簡単な作業がほとんどです。

しかし、幅広い業務をこなさなければならない現場事務にとってPCスキルの熟練度は成果にも影響します。

 

ワンポイント
現場事務に必要なスキルは「PCスキル」と「コミュニケーション能力」の2つ。

現場事務への未経験転職を有利にする資格

たとえ未経験の転職であってもどんな「資格」を持っているかはやはり採用担当者も興味があります。

そこで現場事務の転職活動を有利にする3つの資格について下記でご紹介します。

「簿記」

簿記、そろばん、女性

現場事務の仕事を行う上でも役立つ資格が通称「簿記」です。

商工会議所による検定試験で「簿記検定試験」や「日商簿記」ともいわれています。

簿記は日々の企業活動を記録し整理するために必要です。

企業の経営業績や財政状況を把握し「決算書」の作成にも役立てられます。

簿記は実務的な処理を行う事務職には必須といえる資格のため現場事務の転職にも有利です。

「建設業経理士」

建設業の事務職であることから専門知識を証明する「建設業経理士」の資格も良いアピールになります。

この資格取得のメリットは基本的な簿記のみならず建設業に関わる専門知識も学べることです。

たとえば通常の簿記の“売上”は建設業経理では“完成工事高”となります。

建設業経理士の資格はまさに現場事務のための資格といえるでしょう。

「CAD」

コピー機 女性

建設現場で業務上必要になるのが設計支援ソフトの「CAD(キャド)」です。

これまで手書きで行われていた手書きの設計図もCADシステムで効率的に作図できます。

ちなみにCADには2Dと3Dがありますが建築の間取り図などは「2次元CAD」を活用します。

また建築に特化した「建築CAD」や「機械CAD」など業種によってCAD資格も多彩です。

しかし、現場事務のお仕事では高度なCADスキルを求めているわけではありません。

ただしサポート業務としてCADの製図画面の日付変更や拡大や縮小して印刷することもあります。

日々の業務で触る機会も多いためCAD経験のある人の方がやはり有利なのです。

 

ワンポイント
実務経験がなくても「簿記」や「建設業経理士」、「CAD」などの資格でカバーできる!

現場事務への転職成功のための応募書類

現場事務への第一歩で大切なのが「応募書類」です。

転職を成功させるためにもそれぞれの応募書類の書き方をしっかりチェックしましょう。

履歴書を書くポイント

履歴書と四葉のクローバー

自己アピールに欠かせない「履歴書」ですが、未経験の場合はどう書くべきかで悩む人が多いようです。

事務系のお仕事ではアピールのやり方次第で未経験者であっても比較的採用されています。

履歴書を書く際はまず現場事務として求められることは何かをきちんと把握しましょう。

また未経験をカバーするには現場事務で「活用できるスキル」をアピールをすることも大切です。

PCスキルをアピールできるMOSや簿記などの資格もどんどん記入しましょう。

またその際は資格名称を省略しないように注意してください。

職務経歴書を書くポイント

ペンで書き込んでいる人

事務職の経験がない場合「職務経歴書」の必要性に疑問を感じるかもしれません。

しかし、未経験だからこそこれまでの職務経歴が面接時のポイントになります。

たとえば事務でなくても接客などのサービス業に従事した経験はありませんか?

接客で培われるコミュニケーション能力は現場事務で最も必要とされるスキルです。

またクレーム対応やシフト調整の経験、備品管理なども現場事務の業務に通じるものがあります。

つまり自分のヒューマンスキルや柔軟性、調整能力のアピールにつなげることもできるのです。

未経験者やアピールできる資格がない場合はより職務経歴書のアピールが大切になります。

職務経歴書を書く前にまずは経験から活かせる自分の「強み」を明確にしておきましょう。

 

ワンポイント
現場事務として求められる「人物像」と経験から活かせる「強み」を明確に把握する。

 
【無料】テンプスタッフに転職相談する  

現場事務の将来性やキャリアパス

一般事務職との共通点も多い現場事務ですが将来性やキャリアはどうでしょうか?

以下で現場事務のキャリアパスについてご紹介します。

将来性

指を指す作業服の女性

求人でも「建設現場での一般事務」と表されるほど一般事務との類似点が多い現場事務。

しかし、一般事務より多くの経験を積むことができることからその将来性は更に高くなります。

たとえば建築業界やCADなどの知識とスキルが仕事を通して身につけることができるでしょう。

また経理や庶務に加え職場の安全や臨機応変な管理能力といった総務スキルも身につきます。

このように総合的な事務職のスキルを身につけることができる現場事務は将来性の高い仕事です。

キャリアパス

女性,スーツ,選択肢,プラン

総合的な事務スキルを身につけられる現場事務のお仕事はキャリアパスも豊富です。

まず上記でご紹介したような経理事務や総務事務などの事務職があります。

さらにCADスキルを身につければCADオペレーターとしての選択肢も開けるでしょう。

現場事務の実務経験はさまざまな仕事で通用するため建築分野以外のキャリアパスもあります。

たとえば現場事務で培ったスケジュール管理能力で秘書を目指すのも良いでしょう。

また普遍的なスキルであるコミュニケーション能力は接客業全般で求められています。

現場事務の未経験求人の探し方は?

多くのキャリアパスへの可能性を秘めた現場事務ですが、まずは実務経験を積むことが大切です。

そこで未経験の求人の探し方についてご紹介しましょう。

求人サイトをチェック

ノートPCと女性

現場事務の求人募集はアルバイトやパートのほか派遣社員、正社員などがあります。

正社員では実務経験者やCADオペレーターが要件になることが多くその分給与も高めです。

また建設工事ごとの契約が多いことから派遣社員などの募集が圧倒的に多いといえるでしょう。

しかし、未経験者でも補助業務で経験を積めばOKという正社員募集も少なからず存在します。

まずは求人サイトなどを比較して現場事務について情報収集してみると良いでしょう。

転職エージェントを活用しよう

ルーペ、虫眼鏡、悩む女性

発注者から施工を一括で請け負う建設業者を「ゼネコン」といいます。

大手ゼネコンは比較的安定した現場事務の仕事を得られるため人気です。

このように人気の仕事ほど求人サイトで独自に探し出すのは困難になるでしょう。

しかし、未経験者に最適な現場事務の仕事探しにはもう1つ‟とっておきの手段”があります。

それは「転職エージェント」を活用することです。

転職エージェントは仕事柄、転職に関わるあらゆる最新情報をキャッチしています。

つまり通常、個人では入手できないような企業情報も入手できるのです。

この転職エージェントの優れた情報網を活用すれば仕事探しもスムーズに進みます。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

女性の転職エージェント

上記のように転職エージェントはあなたの希望に沿った求人を紹介をしてくれます。

しかし、転職エージェントの仕事はそれだけではありません。

企業研究や応募書類の書き方、面接時の対策など転職に関する悩みは山積みです。

ときには法的な専門知識が求められることもあるでしょう。

そのような転職の悩みは是非「転職エージェント」に相談してください。

専門家の転職エージェントなら、それぞれのケースに応じた適切な対処法を心得ています。

あなたの転職に必要なあらゆるサポートを約束してくれるでしょう。

まとめ

OKサイン、作業服の女性

人手不足に悩む建設業界では「現場事務」を求める声も大きくなっています。

また女性に向いていることから近年急激に注目され人気職となりました。

幅広いサポートで建設現場を支える現場事務は充実感や仕事のやり甲斐も得られます。

そして自分が関わってきた建物が完成した時の感動はあなたにとって大きな自信になるでしょう。

もし次の仕事で迷っているならキャリアパスが広がる現場事務のお仕事がおすすめです。
 
【無料】テンプスタッフに転職相談する  

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら