転職の面接を控えているけれど、印象を悪くしないように転職理由を伝えるにはどうしたらよいのでしょうか。

前の会社の悪口だと捉えられたら、マイナスイメージなのではないかと悩んでしまっている人もいると思います。

この記事では、転職理由を聞かれた際にマイナスの印象を与えにくい対処法を解説していきます。

Contents

転職理由が思いつかない時の対処法を解説

解説する女性

必ずと言っていいほど面接では転職理由を聞かれますので、事前に回答を考えておきたい話題の1つです。

準備せずに面接に臨むと、転職理由を聞かれてもパッと答えられない場合があります。

また、慌ててマイナスな言い方をしてしまいイメージを悪くしてしまうかもしれません。

同じ転職理由であっても、伝え方次第で印象は良くも悪くもなります。

そのため印象良く面接を終えるには、転職理由を聞かれた時の対処法を知っておくことが非常に大事なのです。

転職理由は何を見られているの?

疑問を感じる女性

必ず聞かれる転職理由ですが、企業側はその質問の回答から何を読み取ろうとしているのでしょうか。

その真意を知れば、好印象を与える回答へと繋がります。この項目では企業側の意図を解説していきます。

応募者の人間性を知りたい

企業側は転職理由から応募者の人間性を知ろうとしています。

前の会社の転職理由というのは、応募者の仕事に対する価値観を映し出しているためです。

仕事に対して何をやりがいと感じるのか、何を優先するのかを読みとれます。

また、その考え方が自社に合っているかを確かめられるのです。

納得できる転職理由か知りたい

納得

企業側は、前の会社を辞めた理由が納得できるものなのか探りたいと思っています。

例えば残業が嫌という理由や、自分に合わないという理由ではそれに対する努力をしたのかが想像できません。

前の会社の不満や悪口ばかり並べては、単にやる気や意欲がないと捉えられるためマイナスイメージとなります。

そのため、企業側が納得できる転職理由にする必要があるのです。

早期退職しないか知りたい

企業側としては、採用した人がすぐに辞めてしまうのは大きな損失となります。

他の応募者を落としているため、また1から採用活動を始めなくてはなりません。

さらに、採用に費やした時間・人権費は馬鹿にならないでしょう。

特に転職回数が多い場合には、入社してもすぐに辞めてしまうのではないかと思われる可能性があります。

そのため、転職理由が真っ当なものであるかを確かめ、問題ないと確信して採用したいと考えているのです。

また、早期退職は応募者にとってもいい結果とは言えません。

1つの経験にはなるかもしれませんが、また転職活動をしなくてはいけなかったりと負担が付きまといます。

企業は、応募者のためにも早期退職しないかどうかを見極める必要があるのです。

 

ワンポイント
企業が転職理由を必ず聞くのは、応募者の価値観や仕事に対する責任感を確認するためです。

好印象を与える転職理由のポイント

ポイントを指す女性

転職理由ではさまざまな点が見られていることが分かりました。

この項目では、好印象を与える転職理由はどのような理由なのかをご説明します。

内的要因を理由にしよう

外的要因ではなく、内的要因を理由にしましょう。

残業が苦であり上司との関係が良くなかったとういい方では、責任感がないと思われ兼ねません。

そのため内的要因を理由にし、さらにポジティブな言い方に変換することをおすすめします。

上司や会社のせいにするのではなく、もっと責任のある仕事をしたいなど向上心を覗かせるのがベターです。

その方が採用担当者や面接官により好印象を与えられます。

内容は具体的にしよう

転職理由は具体的に話すと真実味が増します。

内容が薄いと上辺だけで話していると思われ、ウソの内容だと思われ兼ねません。

自身のキャリアアップが理由であれば具体的に話すと、本気度や入社する志望度の高さが伝わります。

そのため、具体的に話すのは非常に有効な手段なのです。

転職理由のなかに経験談を挟めるなどの工夫をしてみましょう。

ポジティブな転職理由を考える手順

人差し指を指す女性

転職理由がネガティブではマイナスイメージになりますので、ポジティブに変換して伝えることが大切です。

この項目ではポジティブな転職理由を考える手順を紹介します。

転職をしたい原因を書いてみよう

まずは、転職をすると決めた理由をノートなどに書きだしましょう。

どうして前の会社を辞めたのか、どのような理由でこの会社に入社したいのかを考えます。

この時、素直な気持ちで書いて問題ありません。

人間関係に悩んでいたり、思っていたよりも残業が多く辛かったりという理由でもいいのです。

転職理由は少なすぎると説得力がありませんので、ここではできるだけ多く書き出しましょう。

ポジティブな表現に書き換えよう

ポジティブ

先ほど挙げた理由でマイナスなものがあれば、ポジティブな表現に書き換えましょう。

マイナスな理由であっても、その裏にはポジティブな想いが隠されている場合があるのです。

例えば、前の会社では残業が多かった点が転職する理由の1つだったとします。

その場合には、効率的に業務をこなすのが大事だと考えているとアピールすればいいのです。

無駄な費用や時間が許せない性格なので、ダラダラと残業させる風潮が合わないという理由に変換できます。

また人間関係が転職理由であれば、自分は同僚と信頼関係を築きたい気持ちをアピールするのも手です。

円滑に仕事を回すためにコミュニケーションを積極的にとり、同僚と気分よく働いていきたい想いを伝えましょう。

転職先でやりたいことや目的を考えよう

今までの流れを踏まえて、転職先ではどのように働きたいのかを考えましょう。

例えば残業に悩んでいた場合には、効率的に業務をこなしスピード感を持って働きたいという目的でも構いません。

そして目的のために何が自分にできるかや、その先のキャリアについて考えるのは大切です。

それらをまとめれば、ポジティブな転職理由がおのずと見えてくるでしょう。

 

ワンポイント
思いつかない時はネガティブなものでもいいので、まずはできる限り多く書き出してみましょう。

転職理由と志望動機に一貫性を持たせて考えよう

電球

先ほど考えた転職理由と、転職先の志望動機に一貫性を持たせることが大切です。

なぜなら、転職動機の説得力がぐっと上がるためです。

その高い説得力を活かして、やる気や本気度をアピールしていきましょう。

逆に一貫性がないと、企業側に本当の転職理由は隠しているのではないかと思われてしまう恐れがあります。

そうなると印象が良くありませんので、十分に注意する必要があります。

好印象を与える転職理由の回答例

人差し指を出す女性

続いては、好印象を与える転職理由の回答例を3つほどご紹介しますので、是非参考にしてください。

残業が理由で転職する場合の例文

転職を決めた理由は、働き方に対する考えの不一致です。

前会社では残業が善であるという風潮があり、自分の考えと相違があったため転職を決めました。

私はダラダラ残業をせずに、効率よく業務を進めることに注力すべきだと考えております。

業務効率を上げるために無理無駄の削減など働きかけていましたが、前職場の雰囲気は改善されませんでした。

そのため、御社の最新の技術を柔軟に取り入れる企業方針に心惹かれました。

御社であれば、効率的にスピード感を持って業務に力を注げると想い、志望いたしました。

人間関係が理由で転職する場合の例文

悩みがある女性

転職を決めた理由は職場の体質との不一致です。

前会社では、目標に向かってチームで動くというよりは、同僚がライバルであるような雰囲気がありました。

それが原因で非効率となっている業務も多くあります。

しかし、私は皆で協力し合い目標を達成することが大切だと考えています。

それはチーム一体で協力して業務を進めると非常に業務効率がよくなるためです。

そんな想いもあり、同僚とは積極的にコミュニケーションを図り仲間意識を持てるように努力しました。

ですが、職場の雰囲気はあまり改善されなかったため、転職を決意したという経緯です。

そのため、御社のコミュニケーションを大切にしている企業理念に感銘を受け、志望いたしました。

キャリアアップが理由で転職する場合の例文

転職を決めた理由はキャリアアップが理由です。

私は常にスキル向上を意識しており、キャリアアップを望んでいます。

しかし、前会社は小規模な会社であったため、昇格システムは個人の実力というよりは年功序列でした。

さらに、人員に空きが出ることも昇格できる条件となっており、前会社ではキャリアアップに限界があります。

そのため、転職を決意しました。

御社は実力次第でキャリアアップを望める環境だと知り、是非そのような会社で働きたいと想い志望しました。

転職理由を考える上での注意点

注意

ここまで転職理由の考え方や、伝え方についてお伝えしてきました。

ですが、その転職理由を考える上で注意点があります。この項目で解説していきますので、確認しましょう。

ウソをつくのはNG

だれしも企業側に好印象を与えたい一心で面接に臨みますが、ウソをつくのはやめましょう。

応募者とその企業がマッチしているかを適切に企業側は判断しなくてはなりません。

それは企業のためだけではなく、応募者のためでもあるのです。

ウソで転職理由を固めてしまうと、また自分と会社が合わず退職という事態が起き兼ねません。

それでは本末転倒で会社にも迷惑を掛けますし、少なくとも自分自身に精神的なダメージが伴います。

そのため、ウソはつかずに本当の理由を伝えましょう。

ネガティブな理由をそのまま伝えない

転職理由を聞かれた時には、ネガティブな理由をそのまま伝えるのは控えましょう。

会社や同僚の悪口になり兼ねませんし、責任を人に押し付ける印象を持たれる可能性があります。

その対策法として、自分に合わないと感じた時にどう行動しどう改善したか等、自分の努力を伝えましょう。

それでも職場の環境が変わらなかったため、転職を決意したとなれば無責任なイメージはなくなります。

 

ワンポイント
ウソをつかずに、1つ1つのエピソードに対して言い回しを考えておくと、当日慌てずに面接に臨めるでしょう。

転職理由が思いつかない場合は?

困った女性

色々と想いを馳せても、転職理由が思いつかないという場合もあるでしょう。

でも何かしらの理由があるはずですので、ゆっくり自分と向き合うことが大切です。

ネガティブな理由でもポジティブな理由でも構いません。

まずは、自分がなぜ会社を辞めたかったのか、なぜ辞める必要があったのかを思い出してみましょう。

やりがいがなくて飽きてしまったという理由でも良いのです。

1つでも浮かんだら、先ほども述べたポジティブな転職理由を考える手順に沿ってポジティブに見つめ直してみましょう。

それでも全く浮かばずに悩んでしまう時には、転職のプロである転職エージェントに相談できます。

悩んだ時の駆け込み寺として検討してみてはいかがでしょうか。

転職相談は転職エージェントを活用しよう

笑顔の女性

転職活動をしているなかで、細かいところで不明点が出てきてつまずいている方もいるのではないでしょうか。

1人で転職活動をしていると時間もなく焦ってしまい、正常な判断ができないという悪循環に陥り兼ねません。

そのような時に頼れるのが、転職のプロである転職エージェントです。

転職エージェントはさまざまな企業に詳しく、非公開求人も扱っています。

そのため転職エージェントに相談するととても効率的に転職活動を行えるのです。

時間は無限ではありませんので、不安や分からない点があれば1人で悩まないでください。

自分に合う企業はどのような企業か、面接での対応はどうすれば良いのかなど、さまざまな場面で相談ができます。

 

ワンポイント
転職を成功させるためのノウハウや自分をアピールするコツなど、プロからのアドバイスをもらいましょう。

まとめ

パソコンとノートとペン

転職の際の面接では、必ずという程転職理由を聞かれます。

その場で思い浮かばず、しどろもどろにならないように事前に対処法を考えることが大切です。

企業側は転職理由を聞いて、応募者の人間性や考え方が会社とマッチしているかを見極めようとしています。

そのため本当の理由を隠さず、ポジティブな言い回しに変換するなどウソをつかないようにしましょう。

それでも納得いく転職理由を考えられなければ、転職エージェントを活用するのも1つの手です。

転職のプロに相談すれば、色々な角度からアドバイスがもらえます。

そうすると自分に自信が持てるようになります。自信にあふれた状態で転職活動を行ってみてはいかがでしょうか。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら