「転職をするからには自分が理想とする会社に入りたい」そんな強い思いで始めた転職活動を始められる方も多いでしょう。

とはいえ、理想的な会社を求め続けていると、時間だけが過ぎてしまいます。

そのため、転職をするときに適度な妥協は必要です。

しかし、全てを妥協してしまうと転職を繰り返すジョブホッパーとなってしまうでしょう。

将来やりたいことから遠ざかってしまいます。

今回の記事では、女性が転職活動において妥協するときに注意するべきことを解説しています。

後悔のない転職活動を行えるよう、ぜひ最後までお読みください。

Contents

女性が転職で妥協してはいけないことを解説

ポイント

転職で妥協してはいけないことは数多くありますが、

中でも、『仕事内容』と『社風』は妥協しないほうがよいでしょう。

1つずつ理由を含め確認していきましょう。

仕事内容

仕事は毎日のことなので、最初は良くてもずっと続けていくうちにじわじわ自分を苦しめていきます。

こんなはずじゃなかった、妥協しなければよかったなどと後悔する原因になります。

自分のキャリアは自分で作る時代です。

昔の日本は終身雇用制をとっていたため、「辛くても頑張れば定年まで安定して働き続けられる」という考え方が根付いていました。

しかしここ近年、大規模なリストラ・大企業の倒産など、安定した会社は今やどこにもありません。

だからこそ、他に頼るのではなく、自分で力をつけていく必要があります。

自分がどんな仕事をしてどんなキャリアをつみたいのか。

将来どんな生き方をしたいのかを逆算して今どんな仕事をするべきか考えておきましょう。

毎日することになる仕事内容を妥協してしまえば、転職を後悔する可能性は非常に高くなります。

社風

職場のルール

社風は個人で変えることは非常に難しい上、合わないことで仕事が辛くなってしまう人がとても多いです。

ここで重要なのは自分の好みと「合うか合わないか」で考えること。

例えば、体育会系の社風でノルマ達成することにやりがいを感じられる方もいらっしゃるでしょう。

先輩後輩が仲良くアットホームな環境を好む方もいれば、ノルマがプレッシャーとなり本来の力を発揮できないケースもあります。

プライベートと仕事をきっぱりと分けたいという方もいるでしょう。

全ての人が好む社風はありません。

だからこそ、社風を妥協してしまうと後々自分の精神を蝕んでいく可能性が高いです。

 

ワンポイント
ぜひ希望する会社の社員に会ってみて、雰囲気を感じ取りましょう。

転職で妥協してはいけない理由は?

頭を覆う女性

転職先を妥協した結果、後悔をする人はとても多いです。

例えば、仕事内容に見合った給料を得られないことが原因で退職したにもかかわらず、給料が高い代わりに拘束時間の長い会社を選んでしまうのは本末転倒です。

最悪の場合、転職を繰り返すことにも繋がりかねません。

自分はなぜ会社を辞めたいのか、転職したいのかを明確にしましょう。

新しくチャレンジをしたい、以前の不満を解決できる会社を選びたいなど、自分の求めることを見失わないようにしてください。

 

ワンポイント
そうすれば、自ずと満足度の高い転職ができるでしょう。

転職活動で後悔しないためのこだわり条件を決めよう

勉強、女性、パソコン

妥協しないからと言って、突然年収1,000万円の会社に入社したいというのはなかなか難しいことも現実です。

理想と思える会社は5社に満たないという話もよく耳にします。

転職には、良い妥協と悪い妥協があります。

後悔しないためにもこだわりの条件を決め、自分の求めるラインを明確にしたうえで妥協をしていきましょう。

「仕事内容」のこだわり

一言に同じ職種のでも、仕事内容は全く異なるケースもあります。

例えば、事務職。

書類の処理・データ入力がメインの仕事もあれば、営業事務のように電話対応をしながら営業資料の作成・日程調整がメインの場合もあります。

同じ職種でもこれだけ業務内容が異なるわけですから、自分の「やりたい仕事の内容」まで明確にしておくことが大切です。

また、自分の将来設計を実現するために身に着けておきたいスキルを考えておくのも大切です。

上記の例であれば、書類処理メインの仕事からは、より効率的な思考や、エクセル・ワードなどのスキルが身に着きます。

営業事務の場合は、日程調整や電話対応などのスキルが身に着くでしょう。

どんなスキルを身に着けたいかよく考えておきましょう。そのうえで「こだわり」を持ってください。

「収入」のこだわり

お金を見せる女性

可能な限り多く収入を得たい。誰でもそう考えますが、実はこの考え方は非常に危険です。

なぜなら、収入に注目していると他のこだわりを忘れてしまうケースがよくあるからです。

収入を重視することが悪いわけではありません。

どうして収入がほしいのか、それにはどの程度の収入が必要なのか逆算しておきましょう。

その上で、最低年収〇〇万円以上など、具体的な数字で条件を設定するとより良いでしょう。

「雇用形態や働き方」のこだわり

働き方は雇用形態によって大きく変わります。

正社員は常勤で業務にあたることが前提なので責任のある仕事を任せてもらいやすく、スキルをつけやすいです。

雇用期間の定めもないので、収入・雇用を維持しやすいというメリットもあります。

パート・アルバイトのように自分の働きたい時間だけ働くというのも一つの魅力です。

自分のキャリアを今後どうするのか、価値観によっても大きく変わるでしょう。

「勤務時間や休暇」のこだわり

料理をする夫婦

勤務時間や休暇も企業によって、大きく変わります。

朝9時〜17時が定時の会社もあれば、フレックス制度があり自由に勤務時間を選べる企業もあります。

ほかにも24時間体制で働く警備のお仕事などは三交代で勤務をすることも。

休暇は、完全週休2日がいいのか、休日出社はあるのか、平日休みの会社もありますね。

特に、女性は家庭の仕事もしなければならない方も多いはず。

家族とよく話し会っておきましょう。

「福利厚生」のこだわり

福利厚生は法律で定められているものと、会社が独自に設けている制度があります。

例えば、雇用保険・健康保険・介護保険・労災保険・厚生年金保険・住宅手当・家賃補助・家族手当・時短制度・昼食代支給・ジム代支給など。

重要なのは、収入と合算で考えること。

たとえば、収入が低くても住宅手当・昼食代を貰えるので支給総額は高くなるというケースもあります。

こうした制度もしっかりと見ておくと良いでしょう。

妥協してもいいことはある?

ノートパソコンを操作する女性

結論からいえば、妥協してもいいことはあります。

ただし、妥協するポイント・その理由を明確にし、優先順位をつけることが大切です。

あれもこれも妥協してしまうのは悪い妥協です。

それこそ、収入を意識し過ぎる余り超ブラックな企業に転職し、身体を壊してしまっては元も子もありません。

大切なのは優先順位を基に判断し、バランスの取れた見方・判断をすることです。

転職で妥協するべきことを明確にするポイント

ガッツポーズする女性

後悔しないために、考えるべきポイントは全部で3つあります。

今の不満は何か考えよう

今の会社を辞めたいと思った理由はなんでしょうか?

理由が無ければ仕事は続けているはずです。

仕事を辞めるということは人生の中でもかなり大きな決断です。

なにかを変えたくて決断に踏み切ったのではないでしょうか。何かしら大きな理由があるのは明白です。

それだけ、自分にとって「絶対に妥協できない点」という訳です。

例えば「仕事内容は楽しかったけれど、毎日残業があり家族や大切な人との時間を取れない」という不満を持っていたとしましょう。

この不満から「ワークライフバランス」が絶対に妥協できない条件だと導き出せるでしょう。

反対に「家族と大切な人との時間がたくさん取れていたけど、仕事内容が面白くなかった」なら、「仕事の面白さ・やりがい」を妥協できないと考えているのかもしれません。

転職に失敗しないためにも、飾らずに自分の気持に正直になって考えてみましょう。

将来実現したいことを考えよう

考える女性

転職活動をしていると、つい目先の内定・不満に飛びついてしまい、将来・長期的な視点を忘れがちです。

大切なのは、将来どうしたいかを明確にすることです。

例えば、将来は田舎でゆっくり住みたいと考えていたとしましょう。

その場合、パソコン1つでどこでも働けるスキルを身に着けるために、一時的に残業が多い会社に入社することも選択できるはずです。

この場合、労働時間を妥協することができていることになりますね。

代わりに、確かなスキルを身に着けて将来の目標を実現できる可能性が高まります。

要するに、5年後・10年後、自分はどんな生き方をしていたいか次第で妥協できるポイントが変わってくるということです。

もちろん、残業が絶対に必要というわけではありません。むしろ生産性を考えると残業はできるだけしないほうが良いです。

ただ将来のやりたいことを考えると、今は実践の場を多く持ちバリバリ働きまくることが近道、というケースもあります。

一時的な視野ではなく将来実現したいことを考え、そのために必要な条件を満たしている会社に転職しましょう。

それぞれの条件の優先順位を決めよう

リモートワークする女性

「給料」、「仕事内容」、「残業時間」、「職場の雰囲気」、「自宅からの距離・通勤時間」など様々な条件を一律で扱うことは避けましょう。

「給料もいい、残業時間も問題ない」など、複数の条件を満たす求人に出会った際、迷ってしまうからです。

おすすめは、全ての条件を最も妥協できない条件から順位付けをすること。

そして「第1位だけは絶対妥協しない」ことです。

1位を妥協したら、転職する意味がなくなってしまいます。

全て順位付けすることが難しい場合は、各5点満点で点数をつけるのもいいでしょう。

転職活動で妥協する注意点

面接

転職活動における妥協について紹介してきていますが、妥協とは自分の感情を見てみぬふりをすることでもあります。

自分にあった仕事を探したいという目的から外れ、いつの間にか内定がゴールに変わっていることもあります。

厄介なのはその事実に自分ではなかなか気付けないことです。

妥協が悪いことではありません。妥協は必要になる方もいます。

しかし、妥協したことを後悔しないよう自分の感情と向き合ってから決断するようにしましょう。

 

ワンポイント
後悔しないためにも、先ほどお伝えしたような条件の順位付けなどをしておくことが大切なのです。

転職で妥協して失敗した事例をチェック

女性,悩み,自信がない

なぜここまで強めに妥協をしないことをおすすめをするのか。

それは、妥協をして失敗した事例がいくつもあるからです。

実際妥協がどんな悲劇を生むのか例を見てみましょう。

例① 仕事内容を妥協して後悔したケース

激務な仕事と給料が見合わないので、もっと給料の良い会社を求めて転職活動を開始した方の例です。

給料がいい営業職に転職成功しましたが、ノルマに追われる毎日で業務が苦痛に。

給料を意識し過ぎるあまり、仕事内容をないがしろにして転職をしてしまったのです。

例② 給料を妥協して後悔したケース

マネージャー候補のスタッフとして人材の営業職に入社したケースも見てみましょう。

マネージャーになれば給料がアップするからと、給料を妥協して転職しました。

結果、実績を上げられずにマネージャーにはなれませんでした。

給料が前より低くて仕事も激務だと何のために転職をしたのか分からないと後悔してしまいます。

例③ 職場の雰囲気を妥協して後悔したケース

会社に実際に足を運ぶことなく、条件面だけを見て転職した方もいらっしゃいます。

実際、給料や休日などの条件面は良く、ライフワークバランスがいいと思って入社。

しかし、その実態は残業当たり前のブラック企業。

職場の雰囲気を確認しなかった、つまり妥協してしまうと、条件と実態のギャップに後悔することもあるのです。

転職活動での希望や条件を整理して納得のいく転職をしよう

女性

先程もお伝えしたように転職活動が長期化すると目的がいつの間にか内定に変わっていることがあります。

それを防ぐには、希望や条件を明確にしていくことが重要です。

転職活動が進むと、自分の求める条件がより明確になっていく瞬間があります。

条件は変わって当たり前です。どんどんアップデートしていきましょう。

ただし、その変化が妥協によるものなのか、前向きな気持ちからくるものなのかは注意する必要があります。

自分に問いただしましょう。

また自分の求める条件は、紙に書き起こす、データにしてまとめるなどして都度明文化しておきましょう。

頭の中だけで考えていると、自分の都合の良いように認識を歪めてしまうことがあります。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

スーツの女性

転職活動中は、妥協していいポイントと妥協しないポイントを明確にし優先順位を立てましょう。

しかし、「それができればすでにやっている」と感じられた方もいらっしゃるかもしれません。

そのように感じた方は、転職エージェントに相談することがおすすめです。

1対1でカウンセリングを受ける中で、自分が求めている将来像が明確になるかもしれません。

その将来像とずれた転職活動をしていれば、具体的なアドバイスをしてくれます。

なんと言ってもキャリアアドバイザーは、たくさんの求職者を転職に導いています。

陥りやすい危険な考えや、つまづきやすいポイントを熟知しています。

妥協するポイントも一緒に考えてくれるはずです。

 

ワンポイント

転職を成功させるためにも、キャリアアドバイザーには本音で話すようにしましょう。

まとめ

ビジネスウーマン

転職活動とは自分と向き合い続けることです。

自分の心の声を聞きながら、辛抱強く活動を続けることです。

ときには妥協したくなるときもありますが、ぐっとこらえて「今この妥協をしてもいいのか?」と踏みとどまりましょう。

今回紹介してきた優先順位をつけるなどのポイントを意識しながら転職活動に取り組んでください。

後悔のない転職をできるよう、妥協点を明確にしておきましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら