「今の仕事は自分には合っていない」、「会社に行きたくない」、「先輩や上司が怖い」こんな風に思ったことはありませんか?

ネガティブな事がいつも頭から離れない、そんな状況は辛いですよね。

そこで今回は、逃げの転職でも成功させる方法や転職してもいい女性の特徴について注目していきます。

注意点や転職成功のポイントなどを確認していきましょう。

Contents

逃げの転職でも成功させる方法を解説

ポイント

逃げの転職でも成功させるにはどうしたら良いのでしょうか?

まず、 退職したい理由を明確にしましょう。

なぜ会社を辞めたいのか、仕事を辞めたいのかを明確しましょう。

この時、頭で考えるだけでなく、ノートなどに書き出してみることをお勧めします。

文字にして見ると、新たに発見や気づきがあります。

例えば「上司や先輩が怖い」、「給料が少ない」、「残業が多い」、「自分だけ評価されていない」などの不満を書き出してみてください。

すると、転職する上で自分が何を大切にしているか?どういう基準で会社を選べば良いか?が見えてきます。

そして、仕事関係以外の人に相談するのも大切。

まったく別の仕事をしている友人・知人などに自分の現状の不満などを相談してみてください。

自分の転職理由を客観的に見てもらうことで、解決することもあります。

残業が多いのは、自分の仕事の進め方を変えるだけで減らせる場合などもあります。

ここで一度整理してみると、自分の置かれている状況を客観的に把握できます。

是非、こちらも紙に書き出してみることをお勧めします。

また、 転職する目的ややりたいことを明確にしてください。

今の会社や仕事を辞めて、次にどこに行きたいか?何がしたいか?を考えてみてください。

そして重要なのが、在職中に仕事探しをすること。

なかなか難しいかもしれませんが、できるだけ仕事をしている間に次の仕事先を見つけておくことをお勧めします。

転職エージェントに相談しておくだけでも構わないので、必ず行動を起こしておきましょう。

退職した後、すぐに転職できれば良いですが、時間がかかると経済的にも精神的にも追い込まれます。

そうすると安易に転職先を決めてしまい、失敗する可能性が高くなります。

また時間的に余裕があれば、次にやりたい仕事に役立つ資格を取得しておくと良いでしょう。

 

ワンポイント
 武器となる資格があれば、転職をスムーズに進めることができます。

逃げの転職の判断基準は?

パソコン

では、逃げの転職をしてもよいのはどういう状況の時でしょうか。

判断基準として挙げられるのは、まず「ブラック企業である」というケースです。

無理な残業や残業代の支給がない、有給が使えない、過酷な労働をさせられる場合などは自分の身を守るためにも早く退職した方がよいでしょう。

また、身体に影響を及ぼす場合も転職したほうがいいといえます。

仕事を頑張りすぎて、体を壊しても会社が責任を取ってくれる保証はありません。

ブラック企業に通ずる部分ですが、むしろ自己管理ができていないと評価を下げられる場合もあります。

体調が悪い中で働いても効率が下がり、悪循環になりかねません。

しっかり自分の体と向き合って逃げることで解決するなら体を壊す前に転職した方がよいでしょう。

また、会社の価値観が合わない場合も転職を検討するに値します。

就職前には会社の理念や考え方なども見てから決めていると思いますが、実際に働いてみると違っている場合もあります。

また上司や先輩との距離感や考え方の違いに悩むことも多いでしょう。

どうしても自分が合わせることができない場合は、転職しても良いでしょう。

そして、退職理由が明確で次のビジョンが形成されている場合もあるでしょう。

現在の会社や仕事への不満が明確で解決できそうもない、次にやりたい事が明確であるという場合は転職し、実現していくことをお勧めします。

この場合は、逃げの転職というよりは前向きな転職になるので、成功する可能性が高くなります。

逃げの転職をしてもいい女性の特徴は?

スーツ女性

では逃げの転職をしてもいい女性にはどんな特徴があるのでしょうか?

ブラック企業

先程の転職の判断基準でも述べましたが、いわゆるブラック企業の場合は、早めに転職することをお勧めします。

無理をしても良いことはありません。自分自身を守るためにも早めに決断しましょう。

パワハラやセクハラ

特に女性の場合は、日常的にパワハラやセクハラを受けている場合は逃げても良いケースです。

我慢する必要はありません。もし辞めさせてくれない会社であれば、今は退職代行の会社もあります。全力で逃げてください。

こちらもブラック企業とは違った意味で「自分を守る」ために転職し、逃げましょう。

人間関係が悪化している

困る女性スタッフ

どんな仕事でも、人間関係というものは少なからずあります。

特に女性の場合は、男性に比べて人との関わりが多い傾向にあるのが事実です。

勘違いや食い違いで関係が修復される問題であれば良いですが、こじれてしまった場合は、なかなか難しいケースもあります。

仕事とは違う部分で労力を使うため、業務に支障をきたすケースもあります。

特にいじめや嫌がらせを受けている場合は、転職して新しい職場を選択しても悪いことではありません。

やりがいがない

自分の強みが活かせない場合、転職して解決できることがあります。

仕事は人生の中で多くの時間を割いていることの一つです。

その中で、やりがいを見いだせないとなると毎日苦痛でしかありません。

業務の効率も悪くなり、評価されないため給料も上がらない、大事な仕事も与えられないと悪循環に陥るだけです。

やりがいもなく、ただただ無心もしくは苦しみながら働くぐらいであれば、モチベーションアップのためにも転職しましょう。

逃げの転職を決断できない理由

疑問

では、逃げの転職を決断できない理由はなぜでしょうか?

誰しもが躊躇う理由というものがあるはずです。

逃げグセがつくかもしれないという不安

一度逃げの転職を選択すると、また転職することへのハードルが下がります。

「嫌なことがあれば、また転職すればいい」、「なんとなくこの仕事向いてないから転職しよう」と思い、その結果、何度も転職を繰り返す可能性があります。

いわゆる「逃げグセ」がつくかもしれないという不安を意識し過ぎて、転職を決断できないケースがあるかもしれません。

辛抱が足りないだけ?と思い込みがち

ノートパソコンを操作する女性

もしかしたら、自分は辛抱が足らないのではないかと思うことがあります。

「他の人は我慢できるのに、自分だけ…」という思いに駆られることがあります。

「私はダメだ」と思い込んでいる人は、次の職場でも同じように感じてしまうケースがあります。

 

ワンポイント

転職後も同じマインドに陥ってしまう可能性があるので、気にし過ぎないようにしましょう。

 

逃げの転職を成功させるポイントをチェック

人差し指を立てる女性

では、逃げの転職を成功させるにはどんなことに注意しておけば良いでしょうか?

そのポイントをご紹介します。

退職理由を前向きに言い換えよう

どんなに嫌な事があって退職したとしても、次の会社では新しい仕事や職場が待っています。

例えば「人間関係に不満があった」場合なら、「チームワークを重視し、なんでも話して協力できる仕事がしたい」と言い換えられます。

「サービス残業が多い」場合なら、「しっかりとオンとオフを分けてメリハリのある働き方たしたい」など前向きな表現で話すことが大切です。

決してネガティブではなく、ポジティブな表現に言い換えて前向きな気持ちを抱くことが大切です。

同じ理由の転職はしないようにしよう

女性

転職後、また同じ理由で転職をしないことも大切です。

退職理由をはっきりさせずになんとなく辞めるとまた新しい職場でも同じことを繰り返してしまう傾向にあります。

そのため、しっかりと退職する理由を明確にしておくことが大切です。

自己分析をしよう

初めて就職した時にも行うことが多いですが、しっかりと自己分析することも大切です。

自分はどんな仕事がしたいのか?どんな職場で働きたいのか?自分に合っている仕事は何か?など客観的な視点で考えてみてください。

この時も是非、紙に書き出してみると良いでしょう。今まで自分では気づいていない部分が見えてくる可能性があります。

 

ワンポイント
自己分析することで、『向いている仕事や業務』、『自分に合う職場環境』などが分かってきます。

逃げの転職で意識すべきこと

物思いにふける女性

では、逃げの転職ではどんなことを意識していけばよいでしょうか?

不満の解消ができる転職先か

まずは転職することで今までの不満が解消できるかがポイントになります。

不満があって退職したのに、また転職先で同じ不満があったら、転職した意味がありません。

しっかりと転職先の会社内容や業務の内容などを把握しておきましょう。

事前に職場見学ができれば良いですが、できない場合は転職・退職した人の口コミなどを参考にしてみてください。

将来どうなっていたいかを考えよう

ビーチの新婚

また転職した後、どういう自分になっていたいかを思い描くことも大切です。

特にここではポジティブな空想を思い描きましょう。

新しい職場では髪形を変えておしゃれにしてみるとか、挨拶はいつも笑顔で隣の席の先輩と談笑している姿を思い浮かべてみてください。

些細なイメージかもしれませんが、それだけで気持ちが楽になるかもしれませんよ。

そして更に飛躍し、将来の理想の自分の姿を考えてみてください。

 

 

ワンポイント
キャリアパスを思い描くことが大切です。

 

逃げの転職の注意点

プレゼン

ここでは逃げの転職で注意して欲しいポイントを紹介します。

問題が改善しない可能性もある

新しい職場に転職したとしても同じような問題が起こらないとは限りません

特に人間関係はどこの職場でも少なからずある問題です。

そのため退職することだけを考えるのではなく、どうして辞めたいのかをしっかりと考えましょう。

本当に解決策がないのかをはっきりさせておくということです。

転職回数の多さは市場価値の低下に繋がる

会社によっては、何度も転職している人に対してマイナスなイメージを抱くことが少なからずあるようです。

「入社してもすぐに辞めるのではないか」、「忍耐力がないのではないか」、「人間関係を上手く築けない人ではないか」といった風に思われるかもしれません。

そのため、転職回数をカバーできるスキルや資格を身につけておくことも重要です。

女性の場合は、結婚や出産などに伴う退職や転職もあります。

必ずしもネガティブなイメージだけではありませんが、やはり何か“強み”があると転職が成功する可能性が高くなります。

逃げの転職を繰り返さないために転職を成功させよう

簡単

逃げの転職を繰り返さない成功のカギは、まずは「本当に辞めないと解決できないかどうか」を考えてみることです。

もし誰かに相談することで解決できる、会社内での職種や場所を変えるだけで辞めなくても良い方法があるかもしれません。

それでも解決策が見つからない場合は、なるべく円満退職ができるように努力していきましょう。

退職の意思を伝えるのは、辞める2カ月前を目安にするとベストです。

次の人材を探す時間や引継ぎなどもあるからです。なるべく今の職場には迷惑をかけないのも社会人としてのマナーとなります。

どうせ辞めるからいいやという気持ちがあると次の職場でも良い関係が築けなくなる可能性もあります。

少なからず給料を貰い、自分を育ててくれた会社への最後の恩返しと思ってみてください。

円満に退社し、後腐れの無い新鮮な気持ちで次の職場で働きましょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

転職エージェント

最近、テレビCMなどでも見かけますが、転職エージェントに相談することもお勧めです。

自己分析して自分の事を客観的に見ていたとしても、他の人からは全く違った印象を持たれていることは少なくありません。

自分に合った職場や環境をプロの方に見てもらうことで転職が成功することも多いです。

また新しい職場の事も転職エージェントで情報があり、「本当にこの人に合う職場かどうか」、「この人に合う仕事かどうか」のアドバイスをもらえます。

転職エージェントは企業から謝礼(紹介料)を受け取るので、転職希望者は無料で利用できる所が多いです。

また通常、掲載されていない非公開の求人もあるので、自分だけで探すよりも良い職場が見つかる可能性があります。

その他にも履歴書の書き方や面接でのアピール方法などアドバイスやサポートをしてくれる所もありますので、是非活用してみてください。

まとめ

売る女性

「逃げの転職」というとネガティブな印象があるかもしれません。

しかし、転職の動機や環境によっては、自分の生活が一転してポジティブなものになる可能性があります。

たとえ転職した理由が「逃げ」であっても、自分のビジョンに近づくのであれば決して悪いことではありません。

今は昔と違って終身雇用ではなくなりつつあります。結婚しても、子供ができても働く時代といえるでしょう。

限りある人生、無駄な時間を費やさないためにもしっかりと自分のキャリアプランを考えてみてください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら