ようやく漕ぎ着けた面接の自己PRで持ち前の「サポート力」を伝えるためにはどうすれば良いでしょうか。

聞くからに地味な印象を与えそうなサポート力。しかしその力を持つ人はどんな仕事をする時にも大いに歓迎されます。

しかるべき伝え方さえできれば、面接官に対してかなりの好印象を与えられるでしょう。

今回の記事ではサポート力の魅力的なアピールの仕方について解説します。

好印象を与える自己PRの例とNG例を3つずつ挙げて紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

Contents

転職時の自己PRで「サポート力」を伝える方法を解説

指

転職の際、自己PRでサポート力が豊かなことを伝える時には、押さえておくべきポイントがいくつかあるので注意しましょう。

まず過去に自分のサポート力がどのような場面で役に立ったか、具体例を挙げながら分かりやすく説明してください。

次にそのサポート力が今後どのような場面で活かせるかを相手企業の業務に絡めてアピールしましょう。

またサポートに回ってこそ真価を発揮するからといって、前に出ないことや受動的な面を強調しすぎるのは止めてください。

自分を卑下しすぎたり謙虚になりすぎたりすると、行動力に乏しい指示待ちタイプの若者だ、などと思われかねません。

面接官の心証を損なわないように気を付けながら、できるだけ効果的なアピールをしたいものです。

サポート力をアピールすべき人は?

面接

転職時の自己PRでサポート力をアピールすべきなのはどのような人でしょうか。

自分の長所として売り込む場合がまず考えられます。サポート力豊かな人員を歓迎しない企業はないので自信を持ちましょう。

続いて考えられるのは、業務そのものが豊かなサポート力を必要としている場合です。マッチングの面からのアプローチになります。

これら2つのポイントについて、それぞれ詳しく見ていくことにしましょう。

控えめな性格の人

面接

  • 控えめで引っ込み思案
  • 自分からは前に出ないタイプ

上記のような特徴を持つ人は、それを一概に悪いと決めつけるのは止めましょう。

控えめな人の多くは相手の気持ちに敏感で、状況の変化にも落ち着いて対処できる柔軟さを併せ持っているものです。

同時にとても献身的で、目配りや気配りがよくできる人である場合も多いでしょう。

それらはすべて長所です。高いサポート力を有するメンバーとしてチームを下支えすることが期待できます。

こうした控え目ゆえの強みを上手くアピールすれば、面接官の気持ちを動かすことも難しくはありません。

サポート中心の仕事に応募する人

一般事務の女性

豊かなサポート力があって始めて上手く行く仕事が世の中にはあります。

事務職の多くやセールスアシスタント、コールセンターなどに所属するユーザーサポート・ヘルプデスクなどです。

こうした仕事をスムーズにこなすには、相手のニーズに的確に応える強さや柔軟さ、そつのなさや心配りが求められます。

これらの職種への転職を考えている場合も、面接の場では自分のサポート力の高さを強くアピールした方が良いでしょう。

 

ワンポイント
サポート力は様々な職種で必要とされている。

サポート力を別の言葉に言い換えると?

疑問

サポート力を別の言葉に言い換えるなら「下支えする力」が相応しいでしょう。業務の安定に深く関わる重要な力です。

サポート力のある人に期待される仕事の多くは派手なものや目立つものではありません。日頃は気にされないこともしばしばです。

ただそれでいて不可欠な場合も多いでしょう。不在になってやっとありがたみが分かった、などのエピソードがよく聞かれます。

サポート力のある人を別の言葉で表わすなら「縁の下の力持ち」でしょう。日常の当たり前を当たり前たらしめている存在です。

「サポート力」の短所もチェック

ミスマッチ

「サポート力」には短所と呼ぶべき部分もあります。

言葉そのものが「一歩さがった立ち位置」や「裏方の仕事」をイメージさせがちな所です。

そのためサポート力をアピールポイントにしたい人は、自分が消極的な受け身人間ではないことを同時に示すことも不可欠です。

効果的にアピールできれば強い魅力となる反面、一歩間違えると大きなマイナスになりかねないのもサポート力の特徴でしょう。

自己PRで「サポート力」で好印象を与えるコツ

ポイント

「私にはサポート力があります」とただ主張するだけでは何も伝わりません。

ポイントは面接官の身になって言葉を選び、話をすることです。共感を呼ぶストーリーテリングで面接官を味方にしましょう。

この項目では、自己PRで「サポート力」をアピールして好印象を与えるための具体的な方法について3つ紹介します。

具体的なエピソードと併せて伝えよう

自己PRで「サポート力」をアピールして好印象を与えるコツの1つ目は、具体的なエピソードと併せて伝えることです。

効果的なのは学生時代に文化祭などで高いサポート力を発揮したというものです。活発さやひたむきさもアピールできます。

よくあるパターンなのは確かですが、学校行事に参加した経験があるのは面接官も同じなのでそれなりに強い共感が得られます。

またこの時、皆で行事に取り組んだ結果として自分が何を感じ、そこから何を学んだかに重点を置いて話すようにしましょう。

サポート力がどう活かせたか伝えよう

自己PRで「サポート力」をアピールして好印象を与えるコツの2つ目は、サポート力がどう活かせたかを伝えることです。

転職にあたって受ける面接の場でのことなので、前職でサポート力がどう活かせたかを具体的に伝えると効果的でしょう。

仕事の成否に自分のサポート力が深く関わったエピソードを、自信を持って、ただし偉ぶらない態度で披露するのです。

面接官に対して実績を語る時は、謙虚さを忘れるとただの自慢と受け取られて逆効果にもなりかねないので注意しましょう。

仕事にどう活かせていくかアピールしよう

自己PRで「サポート力」をアピールして好印象を与えるコツの3つ目は、今後の仕事にどう活かせそうか伝えることです。

この時にできるだけ具体的な業務を挙げて話ができるよう、業界や会社の仕事に関するリサーチを徹底して行っておきましょう。

自分の存在がいかに即戦力で価値が高いかをアピールできれば、転職の道はきっとすんなりと開けます。

 

ワンポイント
サポート力を今後にどう活かせるかを語ることも重要。

自己PRで「サポート力」を伝える時の注意点

ペンを持って座る笑顔の女性

この項目では自己PRで「サポート力」を伝える時の注意点について解説します。

間違ったアピールの仕方をすると面接官の興味を引けないどころか、心証を悪くしてしまうことさえあるので気を付けましょう。

最大のポイントは、裏方向きな自分の性格を卑屈に捉えたり、自嘲したりしないことです。

組織におけるサポート力の重要さを前提に、自信を持って堂々と話すよう心がけたいものです。

積極性がないと思われないようにしよう

ダメ

自己PRで「サポート力」を伝える時の注意点、1つ目は面接官から積極性がないと思われないようにすることです。

「サポート力」から裏方や縁の下の力持ちといった言葉が連想されがちなことは改めていうまでもありません。

ただこのとき重要なのは、裏方にも縁の下の力持ちにも、常に受動的であることが求められているわけではないということです。

会社はむしろ、サポート役も含めたすべての社員が積極的に意見を出し、より良い仕事のために知恵を絞ることを求めています。

裏方ですから自分の意見は言いません、などの消極的な態度は歓迎されませんので気を付けましょう。

控えめな性格だと思われないようにしよう

相談を受ける女性

自己PRで「サポート力」を伝える時の注意点、2つ目は面接官から控えめな性格だと思われないようにすることです。

主体性がなくて常に受け身な社員はどんな企業でも歓迎されません。持続的な発展の妨げともなりかねないからです。

指示には応えるけれど言いなりではなく、自分で判断して、疑問や意見があればすぐに手を上げるのが理想的な社員です。

サポートに回るのが得意なことと控えめで従順なことはイコールではありません。後者は時にマイナスイメージを与えもするのです。

 
【無料】パソナキャリアに転職相談する  

自己PRで「サポート力」で好印象を与える自己PR例

自己紹介する女性

「サポート力」をアピールして面接官に好印象を与える自己PRの具体的な例を紹介します。

いずれの例文も、まずは端的に結論を述べ、その根拠を分かりやすいエピソードでもって示すというセオリーに従っています。

文の最後、就職した後の働き方のイメージを伝えて、意欲や自分の価値を念押しすることも忘れていません。

非常に効果的な自己PRの仕方なので、ぜひこのような書き方を身に付けてください。

危機回避能力をアピール

「私の強みは、一歩さがって物事の全体を見る能力があることです。お陰で危機的状況を回避できたことが何度もありました。

印象深かったのは、高校2年の文化祭の時のことです。美術部だった私は正門に掲げる大看板の制作にも携わっていました。

準備期間中、時間がなくて、みんな夢中で作業していました。屋外作業です。空模様の変化に気付いたのは私だけでした。

雲行きがおかしいと思った私は作業場所を屋内に移そうと提案し、結果的に大事な看板が雨に濡れるのを防ぐことができました。

トラブルの種を見落とさないこの力をフル活用して、御社の安定的な業務をサポートしていきたいと考えています」

積極性とサポート力

「私は、学生時代にバレー部の副キャプテンを務めてサポート力を培いました。

チームを引っ張るキャプテンを一番近い場所から支えて、一緒に部をまとめていたという自負があります。

練習の準備や片付けを私が率先して行うことで、自然と後輩たちも動いてくれて、部活中に無駄な時間はほぼありませんでした。

そのお陰か、県下でも強豪校の一つと目されるまでになれたことは、とても良い思い出です。

御社でもこの積極性とサポート力を発揮して、チームの力をより高められるようがんばる所存です」

潤滑剤として緩衝剤として

「私は印刷会社の営業事務として働いた経験があり、何よりもサポート力に自信があります。

外を動き回る営業部員の業務がより円滑になるよう、見積書の作成から用紙の手配、発送作業まで広く請け負っていました。

印刷は各部署の連携が重要な一種の流れ作業です。その中で私は時に潤滑剤として、時に緩衝剤として幅広く活躍してきました。

御社でも、このサポートに特化した能力を活かして売り上げアップに貢献したいと考えています」

 

ワンポイント
具体的で分かりやすいエピソードを交えて自己PRをしよう。

自己PRで「サポート力」を伝えるNG例

うっかりしてた女性

  • 消極的だというイメージを与えること
  • 指示された業務しかしないと思わせること
  • 抽象的なエピソードに終始すること

上記の3点は、面接の自己PRでサポート力の高さを伝えたい時に避けた方が良いポイントです。

これらをよく理解して、実際の自己PRでこれらが出ないよう十分に気をつけておきましょう。それぞれ例文を紹介します。

消極的性格

「私は学生の頃から人のサポートが得意な人間でした。後方支援に特化したタイプです。

自分が脚光を浴びなくても何の不満もないので、できれば仕事の面でも地味な作業に徹したい考えです。

注目が集まると逆に本来のパフォーマンスを発揮できません。その辺りに留意して使っていただければと思います」

自己PRとは思えないほど消極的な文章です。一緒に会社を良くして行こうという気概が感じられません。

やる気や積極性を見せることなしに採用されることはありえないと心得ましょう。

指示待ち人間

「私はそもそも表に出るのが得意なタイプではないため、学生の頃からずっとサポート力を磨いてきました。

いわゆる縁の下の力持ちとして、これまで務めたどの会社でも活躍してきたと自負しています。

ご指示いただきさえすれば、事務系の大抵の作業はスピーディーにこなせます」

指示待ち人間という印象を与えてしまう、非常に良くない例です。

どんな企業も意欲的な仲間を欲していることを忘れないようにしましょう。

具体性に乏しい

「私は、大学時代に3つのサークルを掛け持ちして、それぞれで幹部を務めました。

軽音楽部、美術部、落語研究会でした。人をまとめるのに一番苦労したのは軽音楽部です。部員が多かったからです。

落語研究会と軽音楽部はそうでもありませんでした。

周りの仲間も巻き込んで、いつも円滑なサークル活動ができるように環境を整えていました。

御社でも、誰もがスムーズに仕事できるようサポートしていくつもりです」

内容が曖昧で冗長な自己PRの例です。もっと具体的で端的な文章に改めましょう。

 

ワンポイント
消極的なイメージを与える抽象的な自己PRはNG。

何を自己PRするか悩んだら転職エージェントに相談しよう

エージェント

自己PRには理想的な書き方があり、多くの求職者はそれを踏まえて自分なりの文章を練り上げます。

ただそうした型があることによって、どれも似たり寄ったりな文章構成と内容になりがちなことも確かです。

自己PRで、他の人とは一味違った、それでいて過不足のない文章を書くことはなかなか容易ではありません。

あれこれ考えすぎて、自分の何をPRすべきかを見失うことさえ時にはあるでしょう。

そんな時はぜひ転職エージェントに相談してください。

転職エージェントは、数多くの自己PR文に触れてきた転職のプロです。

あなたらしさを活かした、より理想的な自己PR文を書くための力になってくれることでしょう。

 
【無料】パソナキャリアに転職相談する  

まとめ

良い報せ

いかがだったでしょうか。

今回の記事では自己PRで「サポート力」をアピールする時の伝え方やポイントについて紹介しました。

自己PRの内容は面接の結果に大きく影響するものです。今回の記事が少しでも参考になれば幸いです。

どうしても自己PRの文章が上手くまとまらないという人は、ぜひ転職エージェントに相談してみてください。

数多くの自己PRを添削してきた経験を元に、より良い文章を提案してくれることでしょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する