転職は人生における重要な分岐点となり得る一大イベントです。

転職次第で、その後の人生に大きな影響を与える可能性も非常に高いといえるでしょう。

この記事では特に20代女性に層を絞り、転職・正社員を目指す方法を解説いたします。

Contents

20代女性が転職して正社員を目指す方法を解説

タブレットを使う女性

本記事は、正社員を目指している方や、未経験からでも転職できる職種についての記事となっています。

転職したいけれど経験がない、そんな未経験の自分でも受け入れてくれる職場なんてあるのだろうか。

そういった不安を抱えている方向けの内容です。

ぜひこの記事を見て、転職や正社員雇用をまた違う視点から見て、より良い人生を生きるための足掛かりとしてください。

20代女性が正社員として転職するメリット

疑問

まずは、20代女性が正社員として転職するメリットを確認していきましょう。

主に3つのメリットがあります。1つずつチェックしましょう。

収入が安定している

お金を手に持つ女性

正社員はアルバイト・パートと異なり月給制を取り入れている会社が多いです。

毎月アルバイトやパトよりも高い金額が支払われます。

また、会社が指定している手当などが充実していると、毎月の給与にその手当分が加算されて支払われます。

福利厚生が充実している

正社員には、会社が定めている福利厚生すべてを受けられる権利があります。

求人などを見る際には、「待遇・福利厚生」の欄を確認するのも重要でしょう。

老後を考えるのであれば、退職金共済・企業型確定拠出年金・扶養配偶者の健康診断費用負担・再雇用制度。

お金の部分を気にするのであれば、賞与年2回・昇給年2回・交通費規定支給・財形貯蓄制度などを確認しましょう。

日々の健康管理を考えるのであれば、ビル内全面禁煙・住宅手当など。

リフレッシュに特化するのであれば、リゾートトラスト会員ホテル利用可・整体月2回無料・美容院月1回無料。

上記のように、正社員だからこそ得られる福利厚生が豊富に存在しています。

もちろん会社によって大きく異なる部分になるため、転職前によく確認しておくのをお忘れなく。

会社によってはユニークな福利厚生があることも。安心して楽しく仕事ができる環境かということを意識すると良いでしょう。

社会的信用度が高い

正社員は、固定した給与が毎月得られるという法に基づいた信頼を得られます。

そのため、銀行側も安心して住宅ローンやクレジットの審査などを通すことができます。

 

ワンポイント
正社員以外でも収入が安定している場合はありますが、社会信用度の高さは正社員に勝ることはありません。

転職活動を始める前に確認しておきたいこと

パソコン

実際に転職をしようと決意しても、いざ転職活動となるとイメージがつきにくいかもしれません。

転職活動を始める前に確認しておきたいことが2点あるので、こちらも1つずつチェックしておきましょう。

転職活動を成功させるためにも、ぜひ確認しておくべきポイントになります。

転職の条件に優先順位をつけよう

転職において、条件に優先順位をつけるのは大切です。

先ほど触れた福利厚生、職種別の給与など、まずは自分が何を改善したくて転職するのかを定めてみましょう。

漠然としたイメージではなく、明確な理由や目標・条件を定めれば、楽しく働ける会社や良い会社に巡り合う確率が上がります。

適当に転職して適当な仕事をこなしていると、突如として空虚感や虚しさを感じる可能性も考えられます。

自分の人生を妥協したり自分の心に嘘をついて、自分で自分を窮屈にさせて生き続けることになってしまうでしょう。

転職した意味がなくなってしまうのはもちろん、無駄な時間を使ったことになってしまいます。

そのため、転職する際には明確な優先順位や理由を定めましょう。

どんな仕事があるのか調べよう

自分の得意不得意ではなく、どういった業種・仕事内容があるのかを幅広く見てみましょう。

道路を作っていくにも、必ず複数の業者が関わっています。

採石場から石を持ってくる業者・石をコンクリートへ変換する会社・その会社の事務・道路を実際に作る従業員などが必要です。

一口に「○○業界」といっても、その仕事は多岐にわたることが分かります。

自分の目指したい業界や分野を考えた時、更に深く「どういった仕事があるのか」まで調べることは大切です。

今まで見えていなかった世界を知り、そのうえで職場を選んでください。

 

ワンポイント
 新しい自分を探す意味でも、転職活動は役に立ちます。

 
【無料】正社員への転職相談はこちら  

20代女性が正社員を未経験でも目指せる職種は?

働く女性

さて、転職したい業種が見つかったとはいっても未経験というのはどうしても躊躇ってしまうもの。

しかし、未経験でも正社員を目指しやすい職種が存在しています。

「事務職」

まず、事務職です。事務職は、会社を根本から支えるという役割を担います。

未経験でも応募可能な求人も多いため、比較的転職しやすい職種だといえるでしょう。

とはいえ、一般的なビジネススキルなどは求められるので注意が必要です。

また、単調な入力作業を繰り返すことも多いので、集中力や根気を持っている人が求められる傾向にあります。

作業自体は簡単な入力業務でも、大量のデータを処理・管理する能力が必要な場合もあるので注意しましょう。

数字をたくさん扱う経理部のサポートなど、職種や部署によって求められる能力が様々です。

単調作業をミスなく正確に、素早く行えると重宝されるでしょう。

そういった背景もあり、パソコンを使用するシチュエーションが非常に多く、日常的に使います。

業務に役立つ可能性も高いので、転職準備期間や活動中にタイピングの練習をしておくと転職後に役立つかもしれません。

「営業職」

営業職は体力と精神力、その精神力を補うためのコミュニケーション能力が求められます。

経験がないとかなり不利そうにも思える営業職ですが、実は未経験でも転職しやすい業種です。

というのも、そもそも営業することになる「モノや商品」は、どちらにせよ入社後に詳しく知る必要があるからです。

どれほどの歴戦の営業マンであっても、入社直後の商品知識はほとんど無いといえるでしょう。

そのため、未経験可の求人を出している会社も少なくないのです。

20代女性が正社員として転職するためにアピールポイントは

笑顔

さて、20代の女性が転職活動をする際には一体何をアピールすればいいのでしょうか。

下手すればマイナスなイメージを抱かれかねない転職という行為。

あくまで積極的な気持ちであることを伝える必要があります。

アピールするべきポイントを幾つかチェックしていきましょう。

20代前半の女性は「意欲とビジネスマナー」をアピール

実は、会社は人としてのモラルやコミュニケーション能力、職場を乱す性格かどうかなどの「人間性」を積極的に見ていきます。

それは、ずっとあなたと一緒に働き続けられる未来を期待しているからです。

学ぶ意欲というのは、誰しもが持ち合わせている能力ではありません。

その場限り・適当・この場だけくぐり抜けられればいいといった無責任な人が増えてきているのが現状です。

そのため、意欲やビジネスマナーをアピールすれば、応募した企業からの信頼を得やすくなります。

ただノリで転職しているわけではないということを伝えるためにも、仕事に対する意欲や熱意をアピールしてください。

会社にどう貢献できるか、どんな熱意を持っているのかを伝えましょう。

また、ビジネスマナーを心得ていることもアピールできれば、安心感を抱いてもらえる可能性も高まるはずです。

20代後半は「経験や実績」をアピール

将来性

高校生~大学生の間、就職やアルバイトを含め様々な経験をしている方は多いでしょう。

会社はあなたの人柄と、今現在持っている能力を育てるためのお金を用意しています。

両親の介護や・弟や妹への学費提供・奨学金を得るために費やした時間・精神的強さや良心など、転職希望者が今まで培ってきた様々な経験や実績を求めています。

資格を取得していれば当然アピールできます。業務とつながりの深いものであればなおさらです。

些細なことでも構いません。

これまで自分が何をしてきたか、何を学んできたか、そして何を成し遂げてきたのかを伝えましょう。

 

ワンポイント
経験や実績をアピールすることで、自分が会社にとって有用な人材であることをアピールできます。

 
【無料】正社員への転職相談はこちら  

20代女性が転職で意識したいこと

転職相談

実際に転職をする際、何を意識しながら転職活動をしていけばいいのでしょうか。

もちろん、なにも意識しないで行動するのは避けましょう。

転職先企業が決まってから、もしくは働き始めてから後悔する可能性が高くなってしまいます。

ここからは、転職する際に何を意識すればいいのかを確認していきます。

応募企業や職種を絞りすぎない

パソコンを視る女性の画像

まず、応募企業や職種を絞り過ぎないよう意識しましょう。

誰しも能力や適性というものはありますが、加えて隠れた才能というのがあります。

苦手な分野に飛び込んでみたら、意外と自分が根性があってよりよい業績が出て会社の主力になることも珍しくはありません。

事務しかできないと思っていた方も、案外販売が楽しかったと感じるケースがあるようです。

事務の経験が活かされて店舗の経理や在庫管理を任されることになり、店長と同等に話ができた、というように経験が別業種で活かせるということもあるのです。

転職というのはより安全な道を確立するために行うものですが、新しい自分を見つけに行くチャンスでもあります。

たとえその会社で苦労したとしても、その経験もあなたの財産になるでしょう。

もし次にまた転職をしたいとなった場合、その時の苦労や辛さをどのように乗り越えたかなど面接で伝えることができます。

点と点が徐々に線となって繋がっていき、より魅力的な人材と進化・成長していくことができるはずです。

ライフプランをしっかり立てよう

女性であれば、結婚・妊娠・子育てなど、人生にこえる一大イベント、大切な変化が起こります。

昨今は男性でも取れる会社が増えてきている育休や、そのあとの再就職が可能かなどもチェックしましょう。

女性社員特有のやむをえない状況に、会社がどのような手当や処置を行っているのかも聞いた方が良いです。

待遇の有無は、会社によって大きく異なります。だからこそ、制度環境が整っている会社を選ぶとよいでしょう。

20代女性が正社員への転職を成功させるコツ

転職

転職活動で意識することについて注目してきました。

ここからは更に深く、どうすれば「転職を成功させられるか」に注目いたします。

女性の正社員比率が高い会社を探そう

女性の正社員雇用率が高さを確認するのは重要です。

女性比率が高いということは、女性の能力や人柄を理解してくれやすい職場、という判断ができます。

また、女性同士でしか理解できないことや、ビジネスにおけるよりよい女性の仕事の仕方など環境面でも期待できます。

そのため、男女比福利厚生手当てなどを確認し、総合的な判断をしてみるのもオススメです。

転職エージェントを活用しよう

転職を成功させるために頼れる味方になってくれる存在となるのが転職エージェントです。

IT業界やベンチャー企業、広告業など、相談者にマッチする求人などを紹介してくれます。

20代女性はライフプランを考慮して早めに転職しよう

女性,医療,看護師

女性に対して任せる仕事に差が出てしまうと考える会社が多いのも事実です。

だからこそ、先ほどお伝えした妊娠や結婚、子育てなどライフプランについてしっかり考慮しておくことが大切です。

自分のライフプランが明確になっていれば、会社としても雇いやすく、働かせやすくなります。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

女性,スーツ,ビジネス

転職についてもっと知りたい・転職したいと少しでも感じられている方は、まずは転職エージェントに相談することをおすすめします。

転職エージェントは、転職のプロです。

悩みや条件を基に、あなたにピッタリの求人や企業を紹介してくれます。

 

ワンポイント
ぜひ転職エージェントを活用して、転職活動を成功させてください。

 
【無料】正社員への転職相談はこちら  

まとめ

職場

正社員雇用は、アルバイトやパートよりも長い目を見て育ててくれる温かい待遇があります。

今回の記事では、20代女性が転職して正社員を目指すために重要なことや方法を紹介してきました。

今回の記事で紹介してきたことを踏まえ、ぜひ転職活動を成功させてくださいね。

企業研究や自己分析を怠ることなく、ライフプランを明確にして転職に取り組んでください。

人生をより豊かにしていくために、ぜひ後悔しない転職活動を行っていきましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら