ホスピタリティは女性が自己PRしやすい能力の1つです。

また女性に人気の接客や事務、営業職ではホスピタリティが求められる職種でもあります。

今回は自己PRでホスピタリティを伝える方法について女性ならではの視点から紹介します。

Contents

自己PRで「ホスピタリティ」を伝える方法を解説

ハートを作る女性

自己PRで「私にはホスピタリティがあります」とだけ伝えても面接官にはどのようなホスピタリティなのか伝わりません。

ホスピタリティをアピールする際は必ず具体的なエピソードや例を用いて説明するようにしましょう。

例えば以下のように表現するだけで面接官にホスピタリティを伝えることが出来ます。

  • 「前職では自分の担当業務だけでなく他のスタッフの業務サポートも積極的に行いました」
  • 「相手の要望に答えるだけでなく、相手の立場を考えてその他サポートできることを常に考えて行動しています」

 

ワンポイント

面接官が知りたいのは具体的にホスピタリティを活かしてどのような行動や考え方ができる人なのかです。

具体的な例を活用して自分なりのホスピタリティを自己PRできるようにしましょう。

ホスピタリティを活かせる職種は?

ホスピタリティを活かせる職種はたくさんあります。

ここでは女性に人気な職種でホスピタリティを求められる仕事について紹介します。

お客様へのホスピタリティが重要な「営業職」

ポイント

営業職ではお客さまへのホスピタリティが非常に重要です。

営業の仕事は契約を取ったり売り上げを上げたりすることだけが仕事ではありません。

お客さまに最初から最後まで気持ちよく取引をしてもらうことが非常に大切です。

そのためには以下のようなホスピタリティが求められます。

  • 顧客を常に気遣う姿勢
  • 顧客の話や要望に耳を傾け、希望に沿った商品を提案する姿勢
  • 契約からアフターフォローまでしっかりと行う姿勢
  • 仕事以外の話でも顧客が喜ぶ話題を把握し楽しいコミュニケーションを提供する姿勢

社内へのホスピタリティが重要な「事務職」

パソコンと電話を使う女性

事務職の仕事もホスピタリティがあると非常に重宝される仕事の1つです。

事務作業は社内でのコミュニケーションが必要不可欠な業務でもあります。

依頼されたデータ集計や資料作成の業務を期日までに終わらせ担当者へ提出する時もコミュニケーションが必要です。

資料作成1つをとっても「人が読みやすいフォーマット」を意識するなどホスピタリティを持って作業することが求められます。

社内でのコミュニケーションにおいても、常に相手の立場を考えて発言したり行動したりできる人は事務職に向いているでしょう。

ホスピタリティのアピールは他の人より印象を残せるかが重要

ポイント

ホスピタリティは比較的多くの人が面接でアピールする内容でもあります。

自己PRでホスピタリティを面接官に印象づけるためには少し内容を工夫して作成するようにしましょう。

「前職で人をサポートしながらホスピタリティを培いました」などのありふれた内容だと面接官の印象には残りません。

面接官に覚えてもらうためにも、自分にしか語れない具体的なホスピタリティエピソードを準備することがポイントです。

「職場での懇親会などの幹事を積極的に担当し、自ら企画したり人に喜んでもらうことがやりがいとなりました。」

上記のように担当業務とは別の業務へ積極的に携わった経験などはホスピタリティをアピールしやすいポイントとなります。

 

ワンポイント
ホスピタリティを自己PRするときは具体的なエピソードを添えて話に信憑性を持たせることが大切です。

ホスピタリティを効果的にアピールできるポイント

ではホスピタリティを効果的にアピールするためのポイントを紹介します。

結論から簡潔に伝えることを意識しよう

笑顔の女性

どんな自己PRでも同様ですが、結論から伝えることで面接官に伝わりやすい自己PRができます。

ホスピタリティを自己PRで伝える際は「私の強みはホスピタリティです。何故なら~」と続くように要点から伝えましょう。

また簡潔に伝えることも意識するようにしましょう。

発言内容がまとまっていなかったり支離滅裂だったりすると面接官にマイナスのイメージを持たれてしまいます。

伝えたい内容は簡潔に分かりやすく伝えることを心がけましょう。

実際のエピソードを具体的に伝えよう

お辞儀する女性

ホスピタリティを自己PRする上で実際のエピソードを具体的に伝えることが重要です。

面接官が知りたいのはホスピタリティをどのように活かせる人物かというポイントです。

面接官の知りたい内容を想定して、印象にのこる自己PRを作成することを心がけましょう。

ホスピタリティにも様々な要素がありますので、具体的にどのようなホスピタリティかを伝えるのは大切です。

人を積極的にサポートできることや相手の目線から行動できるなど自分なりのホスピタリティを具体的に表現しましょう。

 

ワンポイント

結論から簡潔に話すスキルは面接以外でも役立ちます。

人に興味を持ってもらえる文章作成や話し方を常日頃から意識するようにしましょう。

ホスピタリティをアピールする時の注意点

ホスピタリティをアピールする際に注意すべきことがいくつかあります。

以下の項目を参考に、誤ったホスピタリティの解釈をしないよう気をつけましょう。

「自己満足」はホスピタリティではない

物思いにふける女性

稀に相手に喜んでもらえていないホスピタリティを発揮する人がいます。

その場合は自己満足のホスピタリティとなってしまい自己PRにはつながりません。

「ボランティア活動をしています」などは自己満足のホスピタリティになりやすいケースです。

ホスピタリティを自己PRする際は、自分の活動が相手や周囲に良い影響をもたらしていることがわかる内容にしましょう。

「マニュアル通り」ではアピールできない

面接

マニュアルからコピーしたような自己PRも面接官の印象に残りません。

求職者が大勢いる中で自分の存在をしっかりアピールできるよう、マニュアルは参考程度に使用して自分なりの自己PRをしてください。

誰でもできるような内容よりも「自分だからこれが達成できた」という内容の方が面接官に印象が残りやすいです。

ホスピタリティの具体例が上手く見つけられない人はまずは自分の生活を具体的に振りかえることから始めましょう。

自分の生活のどの場面でホスピタリティを発揮できているのかをしっかり分析して自己PRを作ってみてください。

ホスピタリティを効果的にアピールできる例文

では実際にホスピタリティを効果的にアピールできる例文を紹介します。

以下のような例文を参考に自分なりの自己PRを考えましょう。

営業職で活かせる自己PR例

面接に向かう女性

私の強みは相手の要望に臨機応変に対応するホスピタリティです。

前職ではお客様が何を求めているのかを1番に考え行動することを心掛けた結果、個人営業成績で店舗No.1になりました。

お客さまの発言だけでなく、仕草や表情まで気にかけて対応することで柔軟なホスピタリティを持つことが出来ました。

営業職は顧客に満足してもらい売上を立てることが求められるので、ホスピタリティを使って顧客満足度100%を目指します。

事務職で活かせる自己PR例

仕事をする女性

私は相手の立場を考えながら作業することが得意です。

前職では書類の見やすさを考えた書類作成を実践したことで、上司から高い評価を得ました。

また業務をする上で常に周囲の状況を把握し、職場で求められることを自ら考え臨機応変に対応することを心がけておりました。

事務職では些細な気配りが業務を円滑に進めることに役立ちます。

御社でも持前のホスピタリティを活かして活躍したいと思います。

面接官の印象に残る自己PR例

指差し

私はお客さまの要望をしっかりと受け止めたホスピタリティのある接客が得意です。

現職のアパレルではお客さまとの会話を詳細に記憶し、1人1人のお客さまの好みや傾向を把握した接客を心がけています。

その結果お客さまに喜んでいただけただけでなく、お客さまの求めるものを素早く提案することができ店舗売上に貢献もできました。

1人1人のお客さまを大切にすることでリピーターも増え、中には私と話すことを楽しみに来店下さる人もいます。

御社でもお客さま1人1人にホスピタリティをもって対応したいです。

ホスピタリティをアピールしたNG例

ホスピタリティを面接官に自己PRする際に注意すべきことがあります。

あいまいな表現が多く信憑性のない自己PRや自分自慢で終わってしまうような自己PRはNGです。

以下の例を把握して良い自己PRをつくれるようにしましょう。

自己満足な自己PRのNG例

注意

「私をひとことで表すとホスピタリティの塊です。

以前より電車で高齢の方をみかけたら席を譲ったり、地域のボランティアに所属して町のゴミ拾いなどをしています。」

上記のような自己PRは面接官に好まれません。

応募先企業でどのようにホスピタリティを活かした行動ができるのかが伝わらないからです。

ボランティア活動や高齢者に優しいというのは印象は良いですが、少し自己満足に感じられる部分もあります。

面接でホスピタリティを自己PRする場合は実際の業務に役立つ内容を選ぶようにしましょう。

印象に残らない自己PRのNG例

頭を覆う女性

「私にはホスピタリティがあります。

日頃から人をサポートすることが好きで毎日実践しています。

御社でもホスピタリティを活かして人の役に立つしごとをしたいです。」

上記のような自己PRでは具体的にどのようなホスピタリティを発揮できるのかが全くつかめません。

このような自己PRは面接官の印象に全く残りません。

面接官の印象に残るためには具体的なエピソードを盛り込むようにしましょう。

 

ワンポイント

自己PRは前のめりで自己中心的な内容にならないよう気をつけましょう。

相手がどんな人材を欲しているかを考えた自己PRであることが理想的です。

ホスピタリティを言い換えると?

ホスピタリティは様々な要素を併せ持っているため他の言葉に代用することも可能です。

例えば以下の項目のように気配りや臨機応変な対応もホスピタリティに含まれます。

気配りが得意な人や臨機応変に対応することが得意な人はホスピタリティの自己PRを考えてみましょう。

気配り上手

女性,スーツ,ビジネス

相手の求めていることを予測して事前に対応できる人は気配り上手な人です。

女性には常にアンテナを張って、自分のことだけでなく周囲の状況を把握することが得意な人が多いです。

例えば、事務書類を誰がみても分かりやすくまとめるのも気配りの1つです。

書類提出の際に担当がデスクに不在の場合は付箋などで分かりやすくメモを残すのも気配りです。

営業の際に顧客に負担をかけないよう顧客の都合に合わせたアポイントメントを取るコミュニケーションも気配りでしょう。

気配り上手な人は、自分が普段から意識している気配りを例にホスピタリティの自己PRを考えてみてください。

臨機応変に対応できる

仕事をする女性達

臨機応変に対応できる人もホスピタリティがある人です。

臨機応変に対応する人は他人が困っている時に自分より相手を優先してサポートをしたり、急な仕事にも柔軟に対応できる人です。

自分の手が空いた時に「今できること」を積極的に考えて行動できる人も臨機応変といえるでしょう。

臨機応変に対応できる人は柔軟に対応できる人でもあります。

人のために柔軟に自分の行動を変えられる人は臨機応変さをホスピタリティとして自己PRすることをおすすめします。

 

ワンポイント

自分では意識していなくても実はホスピタリティを発揮していることはよくあります。

自分の生活を具体的に振り返って応募先企業にあったホスピタリティを探しましょう。

何を自己PRするか悩んだら転職エージェントに相談しよう

スーツの女性

転職の悩みや相談は転職エージェントを活用することをおすすめします。

転職エージェントは様々な求職者をサポートしているので、自分では気づけないポイントなども教えてもらえます。

応募先企業だとどのような自己PRが採用されやすいのか等、プロの力を借りて情報収集してみましょう。

転職エージェントに登録すると自己PRだけでなく書類の添削や面接対策まで幅広いサポートを受けることが可能です。

転職を効率よくするためにも転職エージェントに登録し成功をつかみ取りましょう。

まとめ

スーツの女性

ホスピタリティの自己PRの方法は明確になりましたか。

自己PRの見つけ方のコツをつかむとホスピタリティだけでなく他の強みでも自己PRしやすくなります。

1番大切なのは自己PRから面接官に良い印象を与えることです。

面接官に採用されるためにも具体的で自分らしい自己PRを考えるよう心がけてください。

特に女性はホスピタリティを見せることが得意な人が多いので、持前のホスピタリティで転職を成功させましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら