女性の転職で心掛けたいのは「円満に前の会社を辞めること」です。

前の会社と今後どのような形で関わるかは分かりません。

円満退職できなければもし関わりが再開した時に気まずい思いをしてしまうでしょう。

トラブルを起こしてから辞めてしまうと転職活動のモチベーションにも影響します。

退職届の書き方には慎重になりましょう。

履歴書や職務経歴書においても退職理由の書き方は重要です。

この記事では退職理由の「一身上の都合」の意味を解説していきます。

「一身上の都合」を使用する注意点や上手な退職理由の書き方もチェックしましょう。

退職理由の一身上の都合の意味

パソコン

退職理由は「一身上の都合」と書くものだと考える方もいらっしゃるかもしれません。

退職理由としてよく耳にする言葉ではあります。

「一身上の都合」は「自分の都合」だという意味合いです。

自分の身に起こった都合で退職する際に「一身上の都合」を使用します。

そのため会社側からの勧告で退職する場合は「一身上の都合」ではありません。

退職する会社に本当の退職理由をぼかして「一身上の都合」と伝える方も多いです。

退職する会社に思うところがあったとしても理由をぼかすことで円満退社できることもあります。

 

ワンポイント
円満退社をするために退職理由の言葉を選ぼう。

「一身上の都合」ってどんな都合?

ポイント

「一身上の都合」とは「会社の都合ではなく自分自身の都合で辞めます」と説明する言葉です。

結婚や引っ越しなど個人的な理由で退社する場合に使用する汎用的な言葉になります。

経営不振による会社からの解雇や早期退職者募集による退職などは「会社都合」の退職です。

「会社都合」で退職する場合は「一身上の都合」は使用できません。

 

ワンポイント
「一身上の都合」は会社都合退職では使用しない!

退職理由は大きく2つに分けられる

ポイント

会社を退職する理由は「自己都合」と「会社都合」の2種類に分けることができます。

それぞれメリットデメリットが異なりますので正しく使い分けてください。

「自己都合退職」

引っ越し

転職先が決まったり引っ越したり自分の個人的な都合や問題で退職する場合「自己都合退職」になります。

自己都合で退職するメリットは会社とわだかまりなく退職できることです。

あくまでも「自分の都合で辞めます」と言っているため会社を不快にさせることはあまりないでしょう。

そのかわり失業給付金をもらえるまでの期間が長くなります。給付額自体も低くなる可能性があるでしょう。

また国民健康保険についても納付の義務が続きます。

仕事がなくなった状態で通常納付し続けることを苦しく感じる方がいらっしゃるかもしれません。

「会社都合退職」

考える女性

会社側の理由によって退職する場合は「会社都合退職」になります。

解雇や早期退職者の対象になったなどの理由が考えられるでしょう。

ハラスメント問題によって退職した場合、会社都合退職とされることもあるようです。

「会社都合退職」のメリットは失業保険の給付までに期間が短いということが挙げられます。

退職後の生活費が確保できるため転職活動に集中することができるでしょう。

「会社都合退職」のデメリットは転職先の企業で「前の会社で問題があったのかな?」と
思われることです。

すべての企業がそう感じるのではありませんが、可能性はあるでしょう。

退職理由で一身上の都合が使われる理由

笑顔

退職する会社に提出する退社届では「一身上の都合により退職いたします」とする場合が多いです。

本当の理由を詳細に伝えることはあまりありません。

この章では「一身上の都合」が使われる3つの理由を解説します。

幅広い事情を表せるから

パソコン

会社を辞めるときの理由は人それぞれです。

転職や引っ越しなど自分の身に起こったことで現在の会社に就業し続けるのが難しくなることもあります。

同僚との人間関係が悪くなり退職せざるを得ないこともあるでしょう。

このような事情を退職時に会社へ細かく伝えることは必ずしも良いこととはいえません。

無用なトラブルに発展してしまうこともあります。

せっかく新しい道に進もうとしている退職者にとっては思わぬ負担になりかねません。

そんな時はいろいろな意味を持たせられる「一身上の都合」と書くことで終わりにする方が多いです。

会社側もそう書いてあることで事情を察し過度の追及を行いません。

円満退職するため

笑顔

会社に不満を抱いて退職する方もいらっしゃるのではないでしょうか。

人間関係や給与・待遇など不満に繋がる要素は多いです。

こうしたネガティブな理由を退職届に書くことは社会人として良いこととはいえないでしょう。

退職する会社にわだかまりを残しますし、後々関わることがあれば気まずい思いをすることになります。

退職時には会社に手続きをお願いしなければなりません。

退職届にあからさまな本音が書かれていると、手続きをする人にも悪い印象を与えてしまいます。

退職理由を「一身上の都合」とすることで円満退職しようとする人が多いのです。

印象を悪くしないため

笑顔

「一身上の都合」は退職届の文言としては定番なものです。

そのため「一身上の都合」という言葉を読んでも特別な感想を抱く人はあまり多くないでしょう。

悪印象を残さずに退社したいのであれば無難な文言を選ぶことが大切です。

「一身上の都合」は印象を悪くしないためにも適切な言葉になります。

一身上の都合が使える時と使えない時

パソコン

「一身上の都合」は退職届に使える汎用的なフレーズです。

しかし全てのケースで「一身上の都合」が使えるわけではありません。

退社届を提出する際には以下の点をチェックしてから記載内容を考えましょう。

「一身上の都合」が使える時・使えない時について解説します。

使える時

オッケー

自己都合退社の退職届には問題なく「一身上の都合」と記載できます。

退職届とは本来辞める意志を伝えるための書面です。退職の理由まで記す義務はありません。

詳細を知られたくない場合は「一身上の都合」とだけ記述すれば良いでしょう。

たとえ会社に思うところがあったとしてもわざわざ会社と揉め事を起こす必要はありません。

これから転職活動をしようという女性にとって退職する会社とのトラブルは余計な苦労になります。

退職理由を「一身上の都合」とすることで円満に退職ができるでしょう。

使えない時

会社の都合で退職する場合には「一身上の都合」を理由にはできません。

「一身上の都合」としてしまえば自分の都合で辞めたと認めることにもなりかねません。

退職届では自分の都合で辞めたとなっていたと言われても反論できなくなります。

会社の倒産による解雇やハラスメント問題での退職は「一身上の都合」が理由ではありません。

ただしこの場合も詳しい内容を書いてしまえば無用なトラブルに発展する可能性もあります。

退職理由をどのように書けば良いのか不安に思ったら転職エージェントにご相談ください。

 

ワンポイント
・自己都合退社の退職届には「一身上の都合」が使える
・会社の都合で退職する場合には「一身上の都合」を理由にはできない

履歴書や職務経歴書に退職理由を書くべき?

履歴書

法律によって履歴書や職務経歴書の内容が決められているわけではありません。

だからこそ詳しい退職理由を書くかどうかは本人の判断に任せられています。

退職理由を書く必要があるときとそうでないときについて解説しますので参考にしてください。

退職理由を書く必要がある時

笑顔

「自分にとってプラスになる理由がある場合」は退職理由を書く必要があります。

「ずっと御社に憧れていました。
前の会社で十分なスキルが身につき御社で活躍できる準備が整ったと思ったので退職した」

例えばこのような理由であれば採用担当者の記憶に残りやすいといえるでしょう。

自分のやる気をアピールすることにつながるので書いたほうが良いといえます。

また「転職を繰り返している」ときも退職理由を書く必要があります。

どの退職についても「一身上の都合により」と書かれていれば印象は良くありません。

採用担当者は「次もすぐ辞めるのではないか」と不安になります。

それぞれに正当な理由があり今回も本気で転職活動をしているのだと担当者に分かってもらうことが大切です。

退職理由を書く必要がない時

バツ

自分のアピールにならない場合は退職理由を書かないようにしましょう。

会社から解雇されたとき・同僚と揉めて辞めたときなどはプラスの材料にはなりません。

偽の理由を書いて誤魔化しても、嘘がばれてしまうと採用担当者に悪い印象を与えてしまいます。

この場合は「一身上の都合により」と書くだけでいいでしょう。

退職の理由が複雑で説明できないときも詳しく書かないようにします。

上手く説明できずに誤解をされてしまったらマイナスな印象を与えてしまうかもしれません。

退職理由を説明するよりも履歴書の他の部分でアピールをしましょう。

 

ワンポイント
・自分にとってプラスになる場合は退職理由を書く
・自分のアピールにならない場合は退職理由を書かない

退職理由で一身上の都合を使う時の注意点

疑問

履歴書には嘘を書かないようにしましょう。誠実な対応は採用担当者の印象に関わってきます。

退職理由に「一身上の都合」と書かれている件について面接官に質問された場合は正直に話してください。

「あくまで一身上の都合です」といって理由を言わなければ「言えない理由がある」と勘ぐられてしまいます。

嘘をついて転職をしても、嘘が発覚すると非常に印象が悪くなるでしょう。

ただし言いにくいような事情であれば表現を工夫して伝える努力をします。

不安であれば転職エージェントを頼ってください。

退職理由に合わせた書き方をチェック

注意

退職理由を記載書く時には採用担当者がどう思うか予想しながら文章を考えましょう。

この章では退職理由を書くときのコツや例文を紹介します。是非参考にしてください。

退職理由は「テンプレート」で書こう

履歴書

原則として退職理由は詳細に書く必要はありません。

採用担当者がチェックしたいのはあくまで本人の能力やる気です。

うまい表現が分からなければテンプレートに頼るのもひとつの方法でしょう。

採用担当者に正しく理由を伝えるためには定型文を記載するだけで充分です。

「自分都合」で退職

メモ

自分都合で退職したのであれば「一身上の都合により退職しました」という言葉だけで伝わります。

ただし面接になってから退職理由を詳しく質問する採用担当者もいます。

その場合は質問されてから詳しい話を伝えてください。

履歴書ではなるべく自分をアピールできることを書くように心がけましょう。

「会社都合」で退職

基本的には「会社都合」の退職理由を履歴書・職務経歴書に載せる必要はありません。

ただしどうしても理由を求められているときはポジティブな文言を付け足しましょう。

「前の会社が大幅なリストラを行ったため退職いたしました。

そこで以前から挑戦したいと思っていた業界に目を向けてみました」

というようなポジティブな表現を心がけてください。

「契約満了」で退職

話し合い

派遣社員や契約社員が契約満了で退社した場合について解説します。

転職時の履歴書には正直に「契約満了により退社」と記しましょう。

契約満了後に更新が無いという人は多くいます。この理由は必ずしも転職活動で不利にはなりません。

履歴書では正確な情報を伝えてください。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

相談

退職理由の書き方について迷っているなら転職エージェントに相談してみるのがおすすめです。

転職エージェントはこれまでのキャリアを見ながら的確なアドバイスを送ってくれます。

特に履歴書や職務経歴書を記述するときには第三者の目があると冷静になりやすいです。

転職のプロに相談しながら転職に成功できるような履歴書を完成させましょう。

他にも転職で悩んでいることがありましたらエージェントを頼ってみてください。

まとめ

ポイント

退職理由は会社を円満に退職するためにも非常に大切な文言です。

履歴書や職務経歴書に記載する場合は採用担当者の心象に影響することもあります。

転職活動をスムーズに進めていくにも良い印象を持ってもらえるような理由を書きましょう。

もし転職について不安な点がありましたら転職エージェントにご相談ください。

悩みを解決して転職を成功させましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら