子供が小学校に入学すると生活スタイルが大きく変わります。

そのため、子供の小学校入学のタイミングに合わせて転職をするママは多くなるでしょう。

今回は、小学校入学をきっかけに転職するポイントと、小1の壁の乗り越え方について解説していきます。

小学校入学を控えているお子さんがいる人はぜひチェックしてみてください。

Contents

小学校入学をきっかけに転職する時のポイント

小学校

子供が小学校に入学することによって、朝や夕方の時間の使い方は変化します。

出勤時間の早い職場に勤めている人の中には、保育園の早朝保育を利用している人も多いでしょう。

しかし、小学校は集団登校で基本的に家を出る時間が決められてしまいます。

そのため、子供を送り出してからでは仕事に間に合わないといった人もいるでしょう。

そういった生活の変化によって転職を考える人は増えるのです。

では、子供の小学校入学をきっかけに転職する時は何に気を付ければいいのでしょうか。細かく分析していきましょう。

小1の壁の乗り越え方

壁

小1の壁と言われるくらい、小学1年生の子供のいるワーママは大変な日々を送っています。

保育園時代よりも小学校に入学してからの方が、子育てと仕事の両立はしづらくなってしまうのです。

学童などを利用してなんとか乗り越える方もいますが、体力的にもしんどくなってしまうでしょう。

また、勤務時間も今まで以上に気にしなければならなくなるため、転職という選択肢が小1の壁によって出てくるのです。

 

ワンポイント
小1の壁によって転職を考える。

小学校から親のやることが一気に増える

やること

子供の下校時間が早くなるだけであれば、学童を利用することで対処することはできるでしょう。

しかし、小学校に上がると親にかかる負担は今まで以上に大きくなるのです。

学童を利用して勤務時間を変えて一度乗り越えたとしても、次に待ち構えているのはたくさんのやらなければいけないことです。

では、小学校から増える親のやることを紹介していきます。

洗い物

子供が小学生になることによって洗い物は増えてしまいます。

保育園の頃はお着換えを保育園に預けておくスタイルで、汚れなければ毎日の洗濯物は増えません。

また、コップなどの食器類も保育園側で用意してくれるため、持っていく必要はなかったでしょう。

しかし、小学生には体育の時間があり、体操服が必要となります。また、水分補給のための水筒も必要となるでしょう。

給食当番の時にはエプロンを持って帰るなど、洗い物は自然と増えてしまいます。毎日の作業となると大変になるのは当然です。

提出物などの持ち物

持ち物

小学生になると提出物などの持ち物が増えます。保育園の頃は毎日同じ荷物でしたが、小学校はそうではありません。

その日の時間割によって持っていく物は異なります。また、親に向けての書類も増えていくため毎日のチェックは欠かせません。

前日に時間割を見ながらきちんと用意していないと、当日の朝バタつくこともあるでしょう。

毎日の準備に加えて親が用意する提出物、行事の時などの特別な準備物と気を抜いていると忘れ物をしてしまいます。

勉強のサポート

勉強のサポートも小学生の子供を持つ親の悩みの1つです。

「小学生の勉強なんて簡単だ」と最初はイメージしていますが、思わぬ壁にぶつかることとなります。それは、子供に勉強を教えるということです。

小学生になったといってもつい最近までは保育園・幼稚園に通っていた子供です。勉強する習慣はついておらず、遊びたがることでしょう。

遊びたいという子供に対して勉強を教えるということが大変です。子供のやる気を引き出す方法に悩んでしまうことでしょう。

 

ワンポイント
小学生の親はやることがたくさんある。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

小学生を育てるのが大変な点

大変

働くママが子供が小学校入学をきっかけに転職を考えるのには、たくさんの理由がありました。

しかし、小学校入学のタイミングで転職を考える理由は、保育園・幼稚園から小学校という環境の変化だけではありません。

子供が未就学児から小学生へと変化することによって、大変になることがあります。

では、小学生を育てるのが大変な点について解説していきます。

子供同士のトラブルが増える

小学生になると子供の世界ができてきます。小学校には先生という大人がいますが、多くの活動は子供同士で行われているでしょう。

そうなってくると、子供同士のトラブルが増えてしまいます。

「クラスメイトと喧嘩をした」「仲間外れにされた」など何かしらのトラブルが発生します。

また、大人が見ていない時のトラブルのため子供からその状況を聞く必要があるのでしょう。

しかし、中には話をするのが苦手な子もいて、大人が状況を把握できず子供が学校に行きたくないと言い出すこともあります。

子供同士のトラブルが多いと学校に呼ばれたりなど、仕事と育児の両立をすることがしんどくなってしまうでしょう。

学力の基礎となる大事な時期である

宿題

小学校低学年は、これからの学力の基礎となる大事な時期です。

この時期に勉強する習慣をつけることができるかどうかが、今度の学習にも影響してくることでしょう。

また、最初に勉強につまずいてしまうと、子供が勉強を楽しくないものだと思ってしまいます。

子供が勉強でつまずいていないか聞いてあげるのも、小学1年生の子供を持つ親の役割りです。

しかし、仕事が終わった後家事をしながら子供の勉強を見てあげるのは大変なのです。

学童を利用するという選択肢

学童

保育園と小学1年生で大きく違うのは、子供が家に帰ってくる時間です。

多くの保育園は夕方6時頃まで通常保育で預かってくれて、さらに延長保育が可能でした。

しかし、小学校は早ければ14時頃に終わって放課後となります。小学生に一人で家で留守番させるのは不安だ思う親は多いことでしょう。

子供が放課後の時間を過ごす時間は学童となります。

では、学童を利用することのメリットやデメリットは何なのでしょうか。詳しく紹介していきます。

メリット

メリット

学童を利用するメリットは親が安心できることです。

学童には必ず指導員がいて子供のことを見ていてくれます。子供が事故にあうこともないでしょう。

一人で留守番をさせていると、危ないことをして怪我をしていないか、登下校中に事件に巻き込まれていないか。などたくさんの心配事があります。

学童に預けることでそういった心配から解放されるのです。

また、学童は学年問わず利用できるので、年上のお兄さんお姉さんと遊んでコミュニケーション能力を高めることができるでしょう。

デメリット

デメリット

学童のデメリットは、利用料金が必要なことです。保育園に公立と私立があるように学童にも公立と民間があります。

公立の方が利用料金は安いですが、家庭の状況によって利用できない場合があります。

民間の学童は空きがあれば入れますが、その分利用料金が高くなっています。どちらの学童も利用料金が必要となるでしょう。

また、学童では遊びに制限がかかってしまいます。限られた物で遊ぶ学童では、学童を利用している子供と比べるとどうしても遊びの幅が狭くなってしまうのです。

 

ワンポイント
・メリット①親が安心できる
・メリット②コミュニケーション能力が高くなる
・デメリット①利用料金が必要
・デメリット②遊びの幅が狭くなる

転職するときのポイント

ポイント

小1の壁について詳しく知ることで、転職に対する意識が高まった人は多いでしょう。しかし、闇雲に転職先を探すのはよくありません。

小1の壁を乗り越えるためにもポイントを押さえて転職活動をしていきましょう。

では、子供の小学校入学をきっかけに転職するときのポイントを紹介していきます。

勤務時間と休みの取りやすさを確かめよう

勤務時間を確認することはとても重要です。保育園と小学校では始まる時間も終わる時間も違います。

朝は子供を送り出してから出勤しなければなりませんし、放課後は子供が帰宅する前に家にいるか、学童に迎えにいかなくてはなりません。

保育園と比べると学童の時間は短くなるため、チェックしておく必要があります。

また、参観日などの学校行事なども増えるため休みが取りやすいかどうかも確認しましょう。

同じ子育て女性がいるかどうかを確かめよう

働く女性

職場内に同じ子育て女性がいるかどうかも転職をする際にチェックするポイントです。

子供が小学校に上がるという大きな変化によって、悩みが増えることは多いです。

そんな時に職場に同じ経験をしたママがいれば、相談したりお互いの情報を交換することができます。

また、学校や学年が違えば行事のタイミングなども異なります。

そのため、休みを変わってあげたり変わってもらえたりとお互いに助け合うことができるのです。

焦って転職するのは失敗のもと

子供が小学校に上がるからと焦って転職することはおすすめできません。

転職を成功させるためには、自分が置かれている状況を客観的に見て分析しなくてはなりません。

また、どういった転職先を探すのかよく考える必要があるでしょう。

安易な気持ちで転職をすると、かえって大変になるので焦って転職することは控えてください。

また、転職時期が迫っているけど自分ではどうしようもないという時は、転職のプロである転職エージェントを頼ってみましょう。

実際の転職事例をご紹介

転職相談

子供が小学生になることによって転職を考えるワーママは多いです。そして、それを実行している人もたくさんいます。

ここからは、実際の転職事例を紹介していきます。ぜひチェックしてみてください。

例①残業の多い職場からの転職

子供が小学校に入学するタイミングで転職をしました。前職は、残業が多く定時で帰れることはほとんどありません。

延長保育の終了時間になんとか迎えに行っていましたが、近所のママさんから学童の終了時間が短いことを聞いて転職を決意しました。

時期も迫っていたので、転職エージェントに相談して自分に合っている職場を紹介してもらいました。

無事に転職することができ、残業もなりで学童終了の18時までには余裕を持って迎えに行けるため気持ちにも余裕ができて助かっています。

例②休みを取りずらい職場からの転職

転職

学童を利用することで小1の壁を乗り切れそうだと判断し、小学校入学のタイミングて転職をしませんでした。

しかし、思い描いていた生活とは違い小学校は行事が平日で仕事を休まないといけないことばかりです。

職場の人は年齢が離れていて、仕事を休むことに対して理解してもらえません。

子供の成長を見ることのできる行事なのに、仕事を休むことが嫌で心から楽しめませんでした。

そういった状況をエージェントに相談したところ、転職をしてみることを提案されました。

紹介してもらった会社は同年代のママが多く、行事の時は交替で休みを取っています。会社自体の理解も深く、転職して良かったです。

例③学童に入ることができず時短勤務にした後に転職を決意

小学校入学のタイミングで学童に入ろうと考えていたのですが、申し込みに落ちてしまい時短勤務で学童に空きが出るのを待つことにしました。

しかし、中々学童に入ることができず気づけば夏休み目前となり、転職を決意することになったのです。

急いでいたこともあり転職エージェントに相談し、学童の運営も行っている企業を紹介していただきました。

学童と会社の距離も近く送り迎えの手間もありません。

また、私の持っているスキルを活かせる職場だったため給料も前よりもアップして家計も助かっています。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

子育て女性が転職面接で聞いておきたいこと

チェックポイント

転職してから、思っていたのと違うといったことにならないために転職面接で聞いておくといいことがあります。

それは、早出・残業があるかどうかです。会社によっては就業時間よりも前に会議を行う場合があります。

また、就業時間と実際に出社する時間が異なることは多いため、事前にチェックしておきましょう。

質問をする際は「皆さん何時ごろに出社されていますか?」と表現を柔らかくするといいでしょう。

 

ワンポイント
出社・退社時間はチェックしておこう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

転職エージェント

小学校入学のタイミングでの転職は、通常の転職と比べて悩むことが多くなってしまいます。

また、時間が迫っていることも多く早く結果を残したいという人もいるでしょう。しかし、一人で焦って転職をすることは失敗へと繋がりがちです。

転職の悩みは、転職のプロである転職エージェントに相談してみてください。

転職の悩みを聞いてくれるだけでなく、転職のサポートもしてくれるでしょう。

まとめ

ジャンプ

子供の成長によって生活リズムが変わっていくのは仕方がないことです。転職をせずに小1の壁を乗り切ろうと頑張る人もいるでしょう。

しかし、転職することによって解決できる問題もあります。

悩みを一人で抱え込まず転職エージェントを活用していくことによって、ママが働くことを諦めなくてもよくなります。

転職エージェントに相談して育児と仕事を両立していきましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら