ファッション誌をめくると読者モデルの写真が掲載されています。

SNS上で活動している読者モデルも多く、親しみやすい存在として人気です。

沢山の人に注目される仕事ですので憧れている方も多いのではないでしょうか。

この記事では読者モデルの仕事内容や募集の傾向・給料相場などの情報をまとめています。

オーディションに受かるためのコツもありますので参考にしてください。

プロモデルとは違う等身大の読者モデルとは

女性

読者モデルとは、ファッション誌の誌面に写真が掲載されている一般人のモデルのことです。

プロのモデルとは違いモデル業で生計を立てているわけではありません。

「学生やOLをしながら土日の撮影だけモデルに」といったケースが多いようです。

ファッション誌の顔として容姿やスタイルが求められるプロとは違い、読者から親しみを感じる存在・読者の代表といえます。

プロとして活躍するモデルの中には読者モデル出身も多く、読者モデルに憧れている女子も多いです。

撮影やWEB上での活躍!読モの仕事内容

花と女性

読者モデルの一番の仕事はファッション誌に写真が掲載されることです。撮影日に集合し、写真撮影を行います。

メイクや衣装が自前の撮影というケースも多いため、日ごろからファッションに気を使っておきましょう。

その他雑誌によって企画は様々です。コラムを執筆したり読者モデル同士の対談企画をする雑誌もあります。

WEB上に活動を広げ、YouTubeへの動画出演をすることもあるようです。

撮影は主に首都圏で行われるので、撮影のある日は首都圏への往復が必須になります。

応募やスカウトも!読者モデルになるためには?

ギターと女性

読者モデルになるには雑誌が開催しているオーディションに参加することです。

街中でのスカウトから読者モデルに登用されることもあります。

SNSの発信力が重視され、SNS経由で編集者からスカウトされるケースもあるようです。

読者モデルオーディション

笑顔の女性

ファッション誌の誌面には読者モデル募集欄があります。

WEBサイト上に募集用のフォームを設置している雑誌もあるので、気になる雑誌のサイトはチェックしておきましょう。

書類を送付すれば書類審査が行われます。返信が来るまで結果を待ちましょう。

その後面接などがあり、合格できたら応募した雑誌の読者モデルとして活動を始めます。

街中でのスカウト

街中

芸能人のエピソードとして「原宿を歩いていたらスカウトされた」というような話を聞いたことがある方も多いでしょう。

読者モデルも同じようにスカウトされることがあります。

スカウトされやすい服装やメイクの傾向もあるようです。気になる方は研究してください。

髪やメイクを盛りすぎるより自然体の美しさや可愛らしさが重要のようです。

SNSからスカウト

カメラと女性

読者モデルの活動は誌面からインターネットへと広がっています。

InstagramなどSNSを見た編集から声がかかることもあるようです。

SNS発信は自分を表現する最大の見せ場になります。日ごろから自然体の自分を見てもらえる場として活用しましょう。

年齢やSNSなど募集傾向は?

花と女性

読者モデルに応募する際の確認事項は年齢や身長・趣味など、どの雑誌もあまり変わりません。

インターネット活動に力を入れている雑誌はSNSを重視する傾向にあります。

ただしその中から選ばれるのは雑誌の雰囲気に合致する応募者です。

年齢制限も雑誌によりさまざまですから、応募したい雑誌の項目をきちんと確認しましょう。

応募する雑誌の適齢を確認する

数多くあるファッション誌の読者年齢層はさまざまです。

読者モデルは雑誌の購買層から選ばれるため、募集はその雑誌に適した年齢が指定されています。

募集要項に年齢の制限が記載されていますので確認しましょう。

SNSアカウントは必須の雑誌も

スマホ

読者モデルは特にSNSアカウントの有無も重要です。

常にプロの手が入るモデルとは違い、読者モデルはメイクやコーデを自分で行う必要があります。

自分を魅力的に表現できるのかどうかフォロワー数や動画の再生数も判断材料です。

日頃から興味があることなどにアンテナを張り、SNSアカウントを充実させておきましょう。

興味のあることは積極的に

寄せ植え

SNSアカウントの充実とも関係ありますが、興味のあることやってみたいことも重要です。

読者モデルになり情報を発信し始めると読者に親しみを持たれることはとても大切になってきます。

雑誌の読者層が共感できるような趣味があると強みになるでしょう。積極的なアピール材料にできます。

読モの給料相場はプロのモデルほど高額ではない

コイン

読者モデルの報酬は高額とは言い難いです。プロのモデルのように、モデルの仕事だけで生活はできません。

そのためアルバイトと掛け持ちしたり副業として割り切っている読者モデルも多くいます。

報酬は日給や雑誌の掲載ページ数で金額を決めるケースが多いようです。

読者モデルの給料相場は1日数千円

1日2000円から5000円ほどの相場です。

日給ではなく掲載1ページにつき数千円の支給と決まっている雑誌もあります。

読者モデルの報酬は人気に左右されるものです。

人気が出てイベントなどに頻繁に呼ばれるようになると報酬も上がります。

イベントに呼ばれる・掲載ページを増やすなど目標を持つのも良いかもしれません。

ごくまれに現金ではなく報酬が商品券といったこともあるようです。

メイク道具や衣装は自腹のところも

メイク道具

読者モデルの多くはメイクを自分で行いますし衣装も自前のものが多いです。当然メイク道具の費用は出ません。

自分のセンスが人気を左右するので日頃からメイクや衣装の研究をしておきましょう。

好きなことを仕事に活かせると割り切る気持ちも大切なようです。

交通費は出ない

電車

メイク道具と同様ほとんどの場合交通費の支給はありません。

地方から撮影のために上京すれば赤字になってしまうこともあるようです。

撮影のための交通費用をアルバイト代で賄っているという読者モデルもいます。

多少の赤字でも読者モデルを続けるという熱意を傾けることができる仕事のようです。

オーディションに受かるためのコツ

女性

読者モデルはプロのモデルとは違った採用基準があります。

厳しいスタイルチェックやウォーキングチェックはありません。

SNSでの発信力親しみやすさなどが重要になるようです。

SNSでの発信力は重要

SNSでの発信力は採用の判断材料になります。読者により近い存在として共感を得る力は必須であるからです。

メイクのことやコーデのこと・気になる遊びなど日頃から発信しておきましょう。

日頃の発信に対するSNSでの反応は重要視されます。

フォロワーを増やせばファンも増え後押しになるため、普段から気を付けてSNSを活用してください。

等身大の親しみやすさを大切に

電話する女性

読者モデルは親しみやすさが大切です。

読者の代表のような位置付けですので、あまりにも読者とかけ離れた感性の人は選ばれません。

メイクやコーデも等身大の自分を見てもらいましょう。

雑誌のカラーにあった人

多数あるファッション誌はターゲット層も多様です。

どんなに美しくても雑誌のカラーに合わない人は読者モデルには選ばれません。

年齢層やファッションの傾向・紙面のノリなどを良く確認して応募しましょう。

まとめ

女性

読者モデルになるとファッション誌面、インターネットなど幅広く活躍できます。

多くの人に注目されるので読者モデルになりたいという方も多いのではないでしょうか。

その反面、報酬はプロのモデルと比べると低いようです。

活躍できる場所と報酬を見極め、自分の納得できる仕事にしていきましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら