転職活動を進めていく上で気になることの1つは職場における男女比です。

男性が多い職場と女性が多い職場のどちらかはその企業に入社してみなければわかりません。

この辺りは会社訪問・見学を行わない限り応募者には分からないことではないでしょうか。

面接官にはその質問をぶつけることはなかなか難しいし、答えてもらえないことが大半です。

今回は男女比が逆の職場に転職したときの注意点を具体的に解説していきます。

男性が多い職場と女性が多い職場の特徴はそれぞれどのように違うのでしょうか?

また転職時に若い女性が意識すべきことを併せて紹介しますので参考にしてください。

男女比が逆の職場に転職したときの注意点を解説

悩む女性

仕事において男女比は結構重要な要素となります。

多くの人は男性の多い職場と女性が多い職場のイメージは大体以下の通りです。

  • 女性が多い職場は華やかで楽しそう
  • 男性が多い職場だと話が早く進みそう
  • 女性が多い職場は人間関係が複雑そう
  • 男性が多い職場は体育会系で上下関係にうるさそう

果たしてこうした性別による職場の雰囲気の印象は正しいのでしょうか?

あくまでも表向きであって実態は違うということもあるかもしれません。

女性が転職する場合はどちらの方がいいかは一概に定義できるものではないでしょう。

しかし男女比によって職場の雰囲気や空気が変わることは間違いありません。

男性が多い職場に転職した場合

それではまず男性が多い職場に女性が転職した場合はどうでしょうか?

女性という理由で優しくされる

女性に優しい男性

全ての職場がそうだというわけではないですが、女性というだけで優しくしてもらえます

男性同士の場合はどうしても口調や立ち居振る舞いが大雑把になりがちです。

良くも悪くも同性同士なので気を遣わないで仕事ができるのではないでしょうか。

そこに女性が紅一点として入ると、それだけで男性社員は無条件に優しくしてくれます。

数少ない女性社員は職場にとって「」の象徴なので潤いも生まれるでしょう。

秘書などのポジションに女性が就任することが多いのもこうした理由によるものです。

女性特有の悩みが理解されない

女性の悩み

2つ目に女性特有の悩みが共有されず理解してもらえないという短所があります。

特に多いのが生理や出産・育児で男性職員との壁や温度差ができてしまうことです。

たとえば生理中の女性は仕事の生産性が大幅に下がることも珍しくありません。

また、育児に関しても子どもが熱を出した時にうんざりした顔をされることもあります。

酷い場合は寿退社になると「女性は結婚に逃げられるから楽だ」と批判されるのです。

こうしたセクハラまがいの言動行動は未だになくならず存在しています。

女性が社会進出を果たしても男女の性差の壁はそう簡単になくならないものです。

女性用の設備が整っていない

特に力仕事が多い企業がそうですが、女性用の設備が整っていないことが多いです。

たとえばトイレ・ロッカー・更衣室・休憩室など男女共用の場合は面倒でしょう。

男性と女性が同じタイミングに同じ部屋で着替えるわけにはいきません。

その他生理・結婚・出産・育児など女性に対する労りや配慮が欠けていることが多いのです。

しかし、わざわざ女性用施設を増加することになると余分なコストがかかってしまいます。

こうした問題点は男性が多い職場だと常に抱える問題ではないでしょうか。

 

ワンポイント
・女性という理由で優しくされるものの、理解されないことも多い
・わざわざ女性用の設備を作るために余分なコストを割かなければならない

女性が多い職場に転職した場合

それでは次に女性が多い職場に転職した場合はどうなのでしょうか?

飲み会が少ない

女性が多い

まず1つ目に男性が多い職場に比べて飲み会が少ないということです。

男性が多い職場は上下関係にうるさく、体育会系の空気が強く残っています。

そのため毎週飲み会や接待があることは珍しくありません。

一方で女性が多い職場の場合は飲み会が少なく自分のことに時間を使えます。

既婚者の場合は育児に時間を割くことになりますから早く帰ることができるのです。

ここは男性が多い職場に比べて女性が多い職場の利点ではないでしょうか。

人間関係が複雑なことが多い

人間関係が複雑

2つ目に人間関係が複雑で余計なことに気を遣う必要が多いことが挙げられます。

上下関係の縦社会である男性に比べて、女性は横のつながりが大事です。

そのため社内で複雑な派閥や利権争いも珍しくはないという噂が絶えません。

いわゆる「お局様」という非常に悪質な女性上司がいる職場がそうでしょう。

しかし、人間関係の複雑さに関しては男性が多い職場であっても大差はありません。

理不尽な体育会系の押し付けや無言の圧力なども男性の多い職場には付き物です。

人間関係に関しては性差による違いはあまりないのではないでしょうか。

持ち物に気を使う

3つ目に持ち物に気を遣うことが多いということが挙げられます。

特に私服やファッションのセンスを厳しくチェックされることが多いのだそうです。

男性に比べて良くも悪くも「見られる」ことを強く意識しているのではないでしょうか。

酷いパターンになると独自の美容論を押し付けてくる女性社員もいるといいます。

またバッグやポーチなどの小物まで難癖つけられることも珍しくありません。

仕事と関係ないところにまで気を遣わないといけないのは女性ならではの悩みですね。

独自のルールがある

そして4つ目に男性が多い職場にはない特徴が「独自のルール」があるということです。

具体駅には以下のような要素が挙げられます。

  • 食べる場所の指定はないのに「女性は別室でお弁当」という謎のルールがある
  • 休憩時間に他の女性社員と世間話をしないと社会性がないと批判される
  • トイレを行くときには1人ではなく別の女性社員と行く
  • かっこいい男性社員と絡んだだけでいじめの標的にされる

2つ目の人間関係とかぶりますが、こうした妙な決まりごとが存在しています。

特に「トイレに一緒に行く」などは男性には理解しにくい女性ならではの文化でしょう。

しかしこれらの場合多くは自分の存在を認めて欲しいという承認欲求に基づいています。

 

ワンポイント
・女性の場合男性とは違う形の人間関係での苦労が多い
・仕事以外の関係ないところにまで気を使わないといけない
・男性の職場にはない独自のルールが形成されている

男性が多い職種

男性が多い職場

それではまず男性が多い職場での実際の例を2つ紹介しましょう。

まず1つ目が建築業界や製造業のような力仕事がメインの業界職種です。

これらの業界は男性の比率が圧倒的に多く、女性はとても少ないでしょう。

付き合いも非常に明るいので余計な気を遣う必要がありません。

デメリットを挙げるとすれば、やや男性の迫力に押されることがあります。

とても上下関係に厳しい業界なので女性の発言権が少ないのではないでしょうか。

気を使わなくていいのは楽ですが仕事で主導権を握るのは難しいと思われます。

2つ目が警察・自衛隊・消防署などの国家公務員も女性が少ない職場だといえます。

理由は建築業界同様に体力がものをいう業界なので女性にはあまり向きません。

もちろん全くいないわけではありませんが、異性として扱われることはないでしょう。

しかし、人間関係で余計な気を使わなくていいのが最大の美点です。

また職務の内容がはっきりしているので、強い責任感と使命感があれば昇進も可能になります。

仕事一筋で極めたいという女性のはうってつけの職種ではないでしょうか。

 

ワンポイント
・男性が多い職場はさっぱりしていて気を使わなくていい
・仕事一筋で行きたい場合は国家公務員などがおすすめ

女性が多い職種

女性が多い職場

それでは次に女性が多い職種の例を2つ紹介しましょう。

まず圧倒的に女性が多い職種は事務職ではないでしょうか。

事務職は女性人気が高く未経験でも可能なので、女性向きの仕事です。

事務経理や事務営業など職種も幅広いので転職先としてもおすすめでしょう。

特に経理などの収支管理においては男性よりもきめ細やかな仕事ができます。

反面苦労が付きまとうのは職場内の人間関係でありましょう。

距離が近いだけならまだしも仕事中の無駄な私語が多くなりがちです。

上手く距離を取って立ち回ることが課題となります。

また競争倍率も多いので何か明確な資格を取っておくといいでしょう。

2つ目に女性が多い職種が保育士や教師のような「教える仕事」です。

特に保育士に関しては昔から男性よりも女性の方が圧倒的に多い職業の筆頭でしょう。

この仕事の場合は「教えること」に集中すればいいので職場内の人間関係には苦労しません。

しかし「」の人間関係、すなわち子供たちやその親との人間関係が大変です。

わんぱくな子供が多いので大人しく寝かしつけたりいうことを聞かせたりするのに時間がかかります。

また親に関してもここ数年モンスターペアレンツが多くなっているのが問題です。

更に勤務時間外の雑務も多いなど労働環境としてもかなり疲弊しがちではないでしょうか。

 

ワンポイント
・事務職の場合だと人気である分人間関係の摩擦が多く競争倍率も高い
・保育士や教師の場合人間関係よりも職場の労働環境が激務である

男女比が半々の職場

男女比が半々

それでは次に男女比が半々の職場の場合はどうなのかを解説します。

男女比が半々の職場だと偏りすぎずバランスが取れるのがメリットです。

特に経理・財政に関しては女性に任せるのがベストではないでしょうか。

ビジネスの議論に関しても女性の目線があると成功率が上がります。

反面デメリットとしては意思決定までに時間がかかってしまうことです。

数々の異なる視点の意見を吸い上げて総意を打ち出すまでが難航します。

男性と女性は根本が違うので、この辺りはどうしても支障が出てしまうでしょう。

しかし人間関係も含めたトータルバランスは1番取れているといえます。

男女比が逆の職場に転職した時に意識すべきこと

これまでの解説を踏まえて、男女比が逆の職場に転職した場合を考えてみます。

この場合は何を意識すればいいのでしょうか?

その職場のルールを知ろう

職場のルール

まずはその職場のルールを理解して立ち居振る舞いを考えてください。

また就業規則や人間関係はしっかり確認しておいた方がいいでしょう。

つまり女性らしい振る舞いで行くのか、中性的な振る舞いで行くのかということです。

職場内で自分がどのように振る舞えばいいかという適応力を身につけておきましょう。

この辺りの立ち回りに失敗すると後々大きく苦労することになります。

職場は決して仲良くなるためにあるのではなく「利益を生み出す」ための場所です。

そのことを念頭に置いて余計な人間関係で神経をすり減らさないように立ち回りましょう。

頼れる人を一人作ろう

頼れる男性

そして2つ目に職場内で1人でもいいので頼れる人、つまり「味方」を作ってください。

直属の上司でもいいですし、役員や上の方でもいいのでその人と信頼関係を構築しましょう。

そういう人と仲良くなっておくと、いずれ人間関係での軋轢があった時に守ってくれます。

またそういう頼れる人は職場の人間関係が築きやすいように他の社員に紹介もしてくれるのです。

自分1人で仲良くなろうとすると大変ですが、先輩の紹介を通して仲良くなるとスムーズに行きます。

そのためにも普段から人に紹介してもらえるだけの人間性を磨いて信用残高を高めてください。

そういう普段の信頼の積み重ねこそが土壇場で生きる可能性があります。

面接で男女比を聞くのはやめよう

職場の男女比

そして3つ目に、これが最も大切なことですが面接で男女比を聞くのはやめてください

万が一「御社はどのくらいの男女比でしょうか?」と聞いてしまうと、非常に打算的な人だと思われます。

確かに人間関係はとても大事ですが、それは最低でも入社してから聞けばいいことではないでしょうか。

人間関係が気になるのであれば、1度アポイントを取って社内訪問見学をしてみるという手もあります。

職場で大事なのはあくまでも「利益を出すこと」であり自分がどう活躍し会社に貢献するかです。

その本質をしっかり理解し身の振り方をわきまえていれば、多少の人間関係で動じることは少ないでしょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

転職エージェント

このように転職しても男女比や人間関係は一生つきまとう問題です。

そういう問題も含めて転職についての悩みは是非転職エージェントに相談してください。

転職のノウハウだけではなくこうした人間関係のあり方についても教えてくれます。

プロの視点のアドバイスなので、大きな支えとなるのではないでしょうか。

1人で進めるよりも遥かに少ないミスで転職活動を成功させることができます。

まとめ

職場

いかがでしたか?

今回の記事では男女比が逆の職場に転職したときの注意点を解説してきました。

男性が多い職場と女性が多い職場、そして半々の職場とそれぞれの形があります。

どの職場に転職するにしてもそれぞれの長所と短所があるので理想郷となる職場はありません。

大事なのはその組織の中でのルールを把握して上手に自分の立ち位置を見極めることです。

そして信頼できる味方を作って信頼関係を構築していけば、自然と上手く行くでしょう。

本稿が少しでも職場の人間関係の改善に役立てられれば幸いです。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら