メディカルクラークは医師や看護師が専門業務に集中できるように的確なサポートをする仕事です。

国家資格などは不要で基本的なPCスキルがあればできる仕事ですが、コミュニケーション能力や細やかな気配りが求められます。

高い対人スキルを活かしたキャリアアップの選択肢も幅広く、病院内での存在感が今後大きくなる職種として注目されています。

Contents

メディカルクラークの仕事内容を解説

メディカルクラークは医師・看護師が専門の業務に集中できるようサポートする仕事です。

各診療科のナースステーションに勤務し患者さんが医療サービスを受けるために必要な事務作業を行います。

病棟で働いているため病棟クラークと呼ばれることもあります。

「患者対応」

女性,看護師,患者
メディカルクラークは病院内でも患者さんとコミュニケーションをとる機会が多く、患者対応はメイン業務の1つです。

  • 入院など病院で提供するサービスの受付窓口
  • 問診表の記入対応
  • 検温・血圧測定結果のチェック
  • 入院・退院に関する注意事項説明
  • 病院内設備の案内
  • 所属しているナースステーションでの電話対応全般
  • 面会希望者の受付、病室案内 など

病棟内で患者さんが心身ともに快適に過ごせるようにするのがメディカルクラークです。

「データ管理」

患者さんが適切な医療サービスを受けられるように必要な情報の管理もメディカルクラークが担当します。

  • 入院している患者さんの名簿作成
  • 患者さんのカルテ管理
  • 患者さんが病院で受けたサービスに関するデータ管理
  • 患者さんの検査スケジュール管理
  • 医師のスケジュール管理、診察・手術・検査
  • 診察伝票、検査伝票、食事伝票、入院台帳の管理 など

メディカルクラークが管理する情報は所属する診療科でどのような診察が行われたか、どのような診断結果が出たか、などです。

また、診察だけでなく投薬、点滴、実施した検査内容や入院中の食事などについてもメディカルクラークが管理します。

「事務作業」

女性,看護師,電話
事務作業もメディカルクラークが担当する業務の1つでかなり広い範囲をカバーします。

  • 各関係診療科との連携、報連相
  • 医師・看護師が診察・検査・点滴を行うための準備
  • 診察・検査した後の片付け補佐
  • 入院する患者さんを受け入れるための病室手配、管理
  • 患者さんの食事管理
  • 退院する患者さんを送り出すための事務作業
  • 担当診療科で必要な医療用備品、医療用消耗品の手配、管理
  • 入院・退院の際に必要な手続き書類、伝票の作成 など

医薬品の取り扱いなどはもちろん法律上認められる範囲で行います。

メディカルクラークの1日の流れ

タイムスケジュール
病棟勤務するメディカルクラークの勤務時間は基本的に勤務先のシフトに合わせます。

下記は8:30出勤の場合にメディカルクラークがどのような1日を過ごすかの事例です。

  • 8:30…出勤
  • 9:00…所属している診療科の1日のスケジュール確認、検査・手術などの打ち合わせ、深夜勤スタッフからの引き継ぎ
  • 9:30…当日のスケジュールにあわせ、カルテ、診療器具の準備、備品などのチェック
  • 10:00…退院する患者さんの対応
  • 13:30…休憩
  • 14:30…入院予定の患者対応、手続き、案内 病棟内の部屋割りなど管理
  • 16:30…カルテ、書類整理、翌日対応する手術・検査のスケジュール確認、必要機器準備、シフト交代するスタッフへの引き継ぎ
  • 18:30…退勤

時には深夜シフトが入ることもありますが、基本的には8時~9時の出勤が多いです。

 

ワンポイント
診療科によっては一刻を争う患者さんの手術や検査準備など緊急のイレギュラー対応なども珍しくありません。

メディカルクラークの医療事務や外来クラークとの関連性は?

メディカルクラークと間違えやすいのが医療事務と外来クラークです。

いずれも対応業務範囲が似ていて一部重複している点もあります。

メディカルクラークと医療事務の違い

メディカルクラークと医療事務の大きな違いは医療事務が病院内の事務全般に対応する点です。

例えば、総合病院であれば総合受付窓口で事務作業をメインに行うのが医療事務です。

初診の場合の診察券発行やカルテ作成、医療保険の点数計算、提供した医療サービスの清算などを行います。

つまり、医療事務の仕事は外来患者さん向けの事務作業に比重が置かれています。

対してメディカルクラークは各診療科での患者対応、医師・看護師サポートの方に比重が置かれています。

メディカルクラークと外来クラークの違い

女性,医療,事務,電話
メディカルクラークと外来クラークの違いはどのような患者さんに対応するかです。

外来クラークは外来患者さんをメインに対応する仕事です。

対してメディカルクラークは入院患者など病棟を利用する人をメインに対応します。

つまり、対応する患者さんの種類が最も大きな違いで仕事内容自体は共通点も多いです。

メディカルクラークに向いている女性の特徴

メディカルクラークに向いている人の特徴としてコミュニケーション力と細やかな気配りをできる力が挙げられます。

コミュニケーション能力が高い

女性,看護師,患者
メディカルクラークは病院内の様々な人とかかわる機会が多い仕事です。そのためコミュニケーション能力が高い人が向いています。

例えば、メディカルクラークは健康診断で再検査になった人や近々手術を控えている人と接することも多いです。

普段はポジティブな人でも弱気になったり不安な気持ちになっている場面に良く遭遇します。

その際に患者さんと接する機会が多いメディカルクラークが気持ちをぶつける相手になれることも少なくありません。

メディカルクラークが話を聞くだけでも患者さんが冷静さを取り戻しポジティブな気持ちで治療に向き合ってくれることもあります。

時には医師や看護師よりも近い距離で患者さんを支えるためにメディカルクラークには高いコミュニケーション力が求められます。

細かい気配りができる

細かい気配りや気づかいができる人もメディカルクラークとして医療現場で活躍できる可能性が高いです。

例えば、病室へ患者さんのネームプレートを設置するのもメディカルクラークの仕事の1つです。

しかし、個々の患者さんの事情によってはネームプレートを大々的に掲げてほしくないということもあり得ます。

わかりやすい例が芸能人のような仕事をしている患者さんが騒がれたくない場合です。

また、ストーカー被害を受けている人が何らかの事情で入院する場合、DV被害を受けている人が入院する場合なども想定できます。

その際に個々の事情にあわせた柔軟な対応ができる気配りはメディカルクラークとして大きな武器になります。

 

ワンポイント
メディカルクラークは相手のことを思いやる力や共感力が強みになる仕事です。

メディカルクラークの仕事で身につくスキルは

女性,看護師,患者,子ども
メディカルクラークの仕事にはコミュニケーション能力が欠かせません。

特にTPOにあわせたコミュニケーションスキルが身につくのが大きなメリットです。

メディカルクラークは業務中、様々なコミュニケーションが求められます。

  • ネガティブな気持ちになっている患者さんに寄り添う
  • 緊急対応が必要な医師・看護師にできるだけ短時間で的確に情報を伝える
  • 患者さんと医療サービスを提供する側の間に立って調整を行う

その時々によって最適な声のトーンやワードチョイスは異なり、シーンにあわせたコミュニケーションの仕方ができるようになります。

伝える能力は業界や職種を問わず必要なので将来未経験の業界にチャレンジする時にも役立つ力を養えます。

また、実は医療分野には様々な法律が関係していて、例えば医師法・看護師法・薬機法などが挙げられます。

業務を通じてそうした医療に関わる法律の知見を深められることも身につけられるスキルの1つです。

例えば、メディカルクラークは医師法で定められている「医療行為」を行うことができません。

しかし、実際の現場ではできることとできないことの判断に迷う場面も多々あります。

その時に都度メディカルクラークができる仕事の範囲を明確にすることで適切な医師・看護師のサポートが可能になります。

メディカルクラークで活かせる能力

女性,看護師
メディカルクラークの仕事は患者さんの対応と事務作業がメインです。

業務の中で患者さんとコミュニケーションをとる能力やPC操作スキルは役立つ能力です。

コミュニケーション能力

メディカルクラークは病院内で関わる人が多いため、対人スキル、コミュニケーション能力は絶対に欠かせません。

もちろん患者さんとのかかわりも見逃せませんが、病院の運営は医師・看護師をはじめ様々な人が支えています。

  • 薬剤師
  • 臨床心理士
  • 理学療法士
  • 作業療法士
  • 言語聴覚士
  • 放射線技師
  • あんまマッサージ指圧師
  • 鍼灸師
  • 柔道整復師 など

時にはそれぞれの意見がぶつかることもあり、そのインターフェースとしてメディカルクラークが活躍できます。

また、業務範囲が重なる部分も多い医療事務や外来クラークとの連携も当然必要です。

基本的なPC操作スキル

女性,医療,パソコン
メディカルクラークの仕事にはPC操作スキルが必要ですが特に重視されるのが正確さです。

メディカルクラークはカルテ管理など事務業務を通して患者さんの健康にかかわる情報を取り扱います。

例えばどのような薬をどのくらい使用したか、など数字が1つ違っただけでも重大な事故につながる情報を扱う仕事です。

もちろんある程度のスピードも必要ですが、メディカルクラークの仕事では何よりも確実性が重要です。

メディカルクラークのメリットとデメリット

メディカルクラークは転職しやすい職種で、業務を通じてやりがいを感じられるシーンに多く出会います。

ただし、収入面で期待するのが難しいこともあり、将来のキャリアアップを見すえたファーストステップとしての転職がおすすめです。

メディカルクラークのメリット

女性,医療従事者
メディカルクラークという仕事のメリットは医師や看護師レベルの専門性がなくてもできることです。

医療事務技能審査試験という民間の資格はありますが、医師・看護師のような国家資格は必要ではありません。

また、患者さんから直接感謝される機会が多く仕事に対する達成感や満足感も魅力です。

何よりも目の前にいる患者さんの役に立てた瞬間に立ち会えるため、やりがいを実感するシーンに多々遭遇します。

メディカルクラークのデメリット

女性,電卓,悩み
メディカルクラークの仕事に医師や看護師のような国家資格が必要でないことはデメリットにもなります。

占有業務がない仕事のため医療系職種の中では比較的収入が見込めない職種です。

ただし、メディカルクラークの仕事を通じて病院内でのおおよその流れや業務範囲がつかめます。

将来、医師や看護師など病院内で専門性を持って働きたいという人のファーストステップとして働いている人もいます。

 

ワンポイント
比較的特殊な業界である医療業界の仕事の中でも転職しやすいのがメディカルクラークです。

メディカルクラークの需要や将来性は?

メディカルクラークの仕事は多くの病院で注目されていて将来的に需要の高まりが予想されます。

メディカルクラークの需要

女性,看護師,受付
医師や看護師などがそれぞれの専門領域に集中できるようサポートする存在としてメディカルクラークの需要が高まっています。

内閣府発表の統計によると日本は2017年時点で65才以上の人口が全体の28%程度を占めています。

人間は年を重ねるにつれ健康面の問題が出てきやすくなるものです。

特に新型コロナウイルスの影響もあり健康に対する意識が高まっています。

病院に期待されていること、病院が求められることの範囲はこれからもっと広がっていくでしょう。

メディカルクラークの業務に必要なスキルを磨くことで、病院内で大きな存在感を発揮することも期待されています。

メディカルクラークの将来性

女性,医療,看護師
メディカルクラークは将来、職業としての認知度病院内での存在感がより高まっていくと考えられます。

日本は現在高齢化社会ですが、2036年には日本の全人口中33%程度が65才以上になる超高齢化社会が予想されています。

また、国民1人あたりの「国民医療費※」も右肩上がりの状態です。

つまり病院を利用する人が増える一方、病院で働く人は減っていく懸念があるのです。

社会の変化にともない新しい医療サービスも登場する中で、個々のスタッフの専門性がより高まっていくでしょう。

医療に携わる人材不足の懸念もある中で、医療を適切かつ効率的に提供するためのサポートができるメディカルクラークが注目されています。

<引用>国民医療費とは

「当該年度内の医療機関等における保険診療の対象となり得る傷病の治療に要した費用を推計したものである。」

参照元:国民医療費の範囲と推計方法の概要|厚生労働省

 

ワンポイント
無料転職相談をして将来性がある業界に転職しよう

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

女性,スーツ,ビジネス
メディカルクラークに転職するなら転職エージェントの利用も検討してみてください。

実はメディカルクラークは一般的な仕事としての認知度が低く仕事内容や勤務場所についてよくわからないという人も多いです。

そこで転職エージェントを利用してみてください。

転職エージェントは「こういう仕事をやってみたい」という希望を叶えるお手伝いができるパートナーです。

  • なり方がわからない仕事にどうやったらなれるのか
  • どこの病院が募集しているのか
  • メディカルクラークになるために何をしたらいいのか

メディカルクラークとして活躍するための情報を提供できます。

もし、メディカルクラークへ転職するために何から始めればいいのかわからない人は転職エージェントに相談してみるのもおすすめです。

まとめ

ステップアップ,積み木
メディカルクラークはキャリアアップの方向性が数多く考えられる魅力的な仕事です。

例えば、業務範囲が重なるところが多い医療事務や医師や看護師など、病院内で専門性を持って働きたいという人におすすめです。

さらに、コミュニケーションスキルを活かせるカウンセラーの道や病院経営をしてみたいという方にも役立つ知識を得られます。

現状、有効な資格はないけれど将来医療分野で活躍したい人におすすめの仕事です。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら