転職に応募する時には履歴書を書かなければなりません。

職歴などはほとんど考えなくてもいいのですが、志望動機を記入するところで文章が書けずに悩んでしまう人が少なくありません。

何度転職しても履歴書を書き慣れることはありせん。文字数に合わせて、バランスよく文章をまとめることが大切です。

文字数が多すぎて悩む人よりも足りなくて悩む人がほとんどです。何を書けばいいのかわからないからです。

手本となる文章はインターネットなどで検索できますが、それをそのまま書き写してしまうと、意味のない志望動機になります。

志望動機は試験問題の解答とは違って、正解はありません。

自分の考えや転職後に自分が期待していること、会社に期待してもらいたいことが読む人に伝わる内容を心がけてください。

また、ある程度の文字数を確保する工夫は大切ですが、同時に日本語の文章として内容も充実させておかなければなりません。

具体的な注意点を示して、志望動機の適切な文字数の確保方法を解説しましょう。

Contents

転職の志望動機の文字数の目安を解説

ファイルを持つ女性

転職の際の志望動機は文章を書き慣れている人でも、難しく感じるものです。

文字数は少なすぎても多すぎても印象を悪くしてしまうでしょう。具体的な文字数はどれくらいあればいいでしょうか。

 

ワンポイント
 志望動機に何を記入するかを意識しましょう。

志望動機を記入する上で意識すべきこと

紙とペン

ただ、志望動機は文字数も重要ですが、記入する内容を明確に意識しておかなければなりません。

読みやすい文章で伝える内容を明確にします。難しい言葉を使う必要はなく、できるだけ平易な言葉遣いが好印象を与えます。

もちろん、業界用語となっている専門用語の使用は問題ありませんが、意味を取り違えないように注意しておきましょう。

履歴書にはいろいろな項目の記入欄があり、経歴など事実の部分は考えなくても書けます。

しかし、志望動機の欄は自分の考えをまとめることが求められます。そのために悩む人が多いのでしょう。

市販されている一般的な履歴書では志望動機に200文字から300文字程度の文章スペースがあります。

もちろん、手書きする場合には文字のサイズや間隔には個人差がありますから、明確な文字数は規定されません。

記入欄の8割以上書くことを意識しよう

履歴書

志望動機の記入欄のスペースに対して、8割程度を埋めるように心がけてください。

8割程度にすれば、あまり余白が多くならず、文字を詰めすぎないため、読みやすい文章になります。

書きたいことがたくさんあって小さな文字でびっしりと書かれた志望動機は、読みにくさが前面に出てしまうでしょう。

テクニックとしては文字のサイズや間隔を調整することで、実際の文字数を変えることができます。

字数制限がある場合は注意しよう

指

企業から履歴書の書式があらかじめ配布されて、志望動機の欄に各文字数が制限されている場合があります。

この場合には字数制限は必ず守らなければなりません。

初めての仕事ととらえて、与えられた仕事を確実にこなすことができるかの判断材料となります。

文字数制限では、文字数を超えて悩む人も少なくありません。自分の考えを文章としてうまくまとめきれていないからです。

同じ意味の言葉を長い文章ではなく、短く簡潔に書く練習をしなければなりません。

同様に文字数が足りなくて悩んでいる人は、文章を膨らませることが求められます。

文章を膨らませる時の注意としては、あいまいな表現ではなく具体的な表現を意識することです。

転職先の仕事内容もわかる範囲なら記載してかまいませんが、知らないことまで書くと面接で質問されるかもしれません。

文字数ばかりに気を取られないようにしましょう。

 

ワンポイント
 文字数は文字サイズと余白が重要である。

志望動機を適切な文字数で記入するポイント

書類をチェック

履歴書で志望動機を目標としている文字数で完成させるためのポイントを解説しましょう。

文字の大きさを意識しよう

選ぶ

手書きの場合は文字の大きさが重要です。もちろん、スペースに対して極端に小さすぎたり大きすぎたりしてはいけません。

違和感がない程度に文字の大きさを変えて、全体での余白と文字のバランスを調整することが可能です。

市販されている手書き用の履歴書では文字数が規定されているわけではなく、余白と文字のバランスが重要となります。

文字の大きさや余白に違和感がある文章は印象を悪くしてしまう原因となります。

文章を読んでもらう前に印象が悪くならないように見た目ために配慮することが重要となります。

適度な余白をとろう

文章の内容が変わるところで、余白をとることも重要なポイントです。

また、改行を入れると後半に空白ができますが、気にする必要はありません。余白や改行を入れることで読みやすくなります。

重要なのは、適切な文章なのかを自分で判断することです。

文章の中身ではなく履歴書全体を見て、余白のバランスが取れているかをチェックしてください。

左側に片寄っていないか、下半分が空白になっていないかなどを確認しましょう。

適度な余白は明確な決まりがあるわけではないため、個人的な視点で大きく異なります。

自分が書いた履歴書を誰かに見てもらうことをおすすめします。客観的な視点で判断してもらえるでしょう。

 

ワンポイント
 手書きとパソコンの違いを意識

パソコンで志望動機を書く場合は?

書類作成

最近は手書きの履歴書ではなく、パソコンを使って作成する場合も少なくありません。

この場合は志望動機の文字数ははっきりしますから、文字の大きさや意味のない余白は利用できません。

字が下手だと悩んでいた人は安心するのではなく、文章力が問われることになりますから、注意しておかなければなりません。

きれいな字を書けば自分の熱意が採用担当者に伝わると考えるかもしれませんが、パソコンが主流となった現代では通用しません。

自分が何を伝えたいのかを意識した文章を構成してください。漠然とした希望よりも具体的な仕事内容を記述しましょう。

注意しておかなければならないのは、応募した時点では配属や職種が明確に決まっていないことです。

企業内の仕事上の細かい問題点を指摘したり、具体的な改善提案を記載したりすることは控えた方がいいでしょう。

職場には向き不向きがありますが、自分の得意分野を活かすために転職を希望している気持ちを記載しましょう。

志望動機の文字数が足りなくなってしまう理由

書くことが多すぎて文章がまとまらなくなる人もいますが、書くことが思い浮かばずに悩んでしまう人も少なくありません。

なぜ志望動機の文字数が足りなくなってしまうのでしょうか。くどくどとした説明よりも簡潔な文章の方がすっきりします。

しかし、言葉足らずであれば、自分の考えを相手に伝えられません。

志望動機の文字数が足りなくなるのは伝えたいことを明確にイメージできていないからです。

何を伝えなければならないかではなく、自分が伝えたいことを文章にしましょう。

自己分析ができていない

悩む女性

自分の気持ちや職種へのやりがいをアピールすることは転職において重要です。

しかし、自己分析ができていない人は、自分の得意なところをうまく文章に表すことができません。

志望動機に書く文章ですから、自分の悪いところは書く必要はありません。

自分のいいところを仕事にどう役立てるかを明確にしましょう。自分の可能性を文章にすれば、文字数で悩むこともありません。

企業研究が足りていない

転職先の企業について研究しておくことは大切です。ただ、企業のパンフレットを見ても具体的な仕事内容はよくわかりません。

例えば製造業であれば、応募する企業が実際に作っている製品や活用されている技術について調べてみましょう。

全体的な仕事内容が見えてくるはずです。

すべてがわかる必要はなく、自分の能力を役立てられる状況を文章で説明すればいいだけです。

志望動機の文字数が足りない時の対処法

人差し指を指す女性

いろいろ考えても、どうしても志望動機の文字数が足りない時には、どのような対処法があるでしょうか。

ちょっとしたことですが対処法を知っておけば、文字数を増やすことは難しくありません。

一番悪いのは文字数が足りないまま提出することです。採用担当者が読めば、転職の意欲がないと判断されるでしょう。

応募企業への興味を追記しよう

企業のパンフレットに書かれている内容に言及してみてはどうでしょうか。

企業のパンフレットは自分たちの会社が社会にどれだけ貢献しているかを熱く語っている文章が少なくありません。

それに対して自分がどう感じたかを文章にするのです。

そのためにはパンフレットを読むだけではなく、同業他社との違いを調べてみることも大切です。

どれくらい会社に興味を持っているかを示すことが自分のアピールになるでしょう。

自分のスキルを追記しよう

自分のスキルについて述べることも好感度アップになります。

履歴書には資格や特技を記載する欄が志望動機と別にありますが、自分のスキルを積極的にアピールしてください。

単に資格を持っているだけではなく、その資格を活用できる理由を強調しましょう。

実際の会社では上司からで与えられる仕事は違うかもしれませんが、その気持ちを伝えることはできます。

自分が募集職種に向いている理由を書こう

自分で企業を志望しているのですから、自分が募集職種に向いていると考えているはずです。

その理由を志望動機に書いてみてください。

自分が選んだ職種の経験があるとか、資格を持っている、好きな分野、得意業務と言ったことをわかりやすい文章にします。

漠然とした内容ではなく少し具体的な記述にした方がいいでしょう。

志望動機の文字数が足りない時の注意点

丸を持つ女性

志望動機の文字数が少なすぎると印象がよくありませんが、無理に文字数を増やそうとして逆効果になるケースもあります。

いくつか注意点を紹介しましょう。

文字数を意識し過ぎて不自然にならないように

文字数を意識し過ぎて不自然な日本語になってしまう場合があります。まず、志望動機を下書きして、それを読んでみてください。

誤字脱字は問題外ですが、日本語の文章として違和感なく読めなければなりません。

同じフレーズを何度も繰り返したり、句読点が多すぎたりするのは文字数稼ぎと判断されてしまいます。

内容の重複や無駄な情報はNG

よくあるケースとしては言い回しを変えて同じ内容を述べている文章です。全体を見てみれば、内容が重複しているとわかります。

それから、志望動機の説明と関係ない情報を記述することも避けなければなりません。

あなたが何を伝えたいのかを明確にできていないために、無駄な部分が多くなってしまうのです。

自分では一生懸命考えた文章だとしても、読み手には伝わらないでしょう。

 

ワンポイント
 文字数に合わせて考えましょう。

字数別志望動機の例文をチェック

書類

履歴書の様式によって具体的な文字数は変わってきますが、一般的には200字から300字程度と考えておけばいいでしょう。

200字と300字で具体的な記述について説明しましょう。

200文字の例

まずは現職について簡単に説明します。

現職とは会社の名前ではなく、どのような職種でどの程度の経験を積んでいるかを記載しましょう。

その経験が転職後に役立つと伝えることが重要です。

それから転職する理由です。自分のステップアップを目指すことが志望動機でしょう。

ただ、それが同時に企業のためになるのだという意味の文章にしなければなりません。

300文字の例

300文字の場合は、自分が現職で培った経験をどのように新しい職場で活用したいと思っているかを伝えてください。

また、企業を取り巻く現状や理念に対して自分が思っていることを述べてもいいでしょう。

採用担当者から見ると、あなたはまだ部外者ですから、わかっている範囲にとどめておくことがポイントです。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

案内する女性

志望動機の文字数が不足することで、履歴書作成が思うように作成できないとストレスになってしまいます。

まずは、転職エージェントに相談してみてはどうでしょうか。

インターネットにはたくさんの情報がありますが、表面的なことばかりを記載しているサイトが少なくありません。

また、自分が書いた志望動機が妥当なのかどうかは実際に見てもらわなければ判断できません。

本当にあなたの悩みを解決してくれる転職エージェントなら、履歴書の書き方などの具体的なサポートも可能です。

転職の検討段階から、転職がまとまるまで、転職エージェントにきめ細かいサポートが期待できます。

まとめ

合格

転職する時の履歴書には志望動機は必ず書かなければなりません。

文章の内容は重要ですが、全体のスペースと文字数の配分も印象良くしておくことが大切です。

適切な文字数にするために、どのような点に注意すればいいかを知り、悩まずに志望動機が書けるようにしておきましょう。

いくつかのポイントを押さえておけば、文字数で悩むこともなくなります。

志望動機は転職先の採用担当者に自分をアピールするための文章ですから、非常に重要であると認識しなければなりません。

単に文字数を確保することに力を入れるのではなく、自分が伝えたいことが相手にわかるような文章作成を心がけましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら