SCOAはSPIなどと並んで多くの企業に採用されている適性検査の1つです。

適性検査にはそれぞれに特徴があり、対策もそのテストに合わせたものが必要となります。

今回の記事ではSCOAの対策方法について解説していきましょう。

テストの出題例も紹介するので、是非参考にしてください。

転職時に行われるSCOA試験の対策方法を解説

オッケー

SCOA試験というのは多くの企業に採用されている適性検査です。

適性検査は就職・転職活動の選考に用いられることの多い試験となっています。

SCOAは個人の能力を多面的に評価するもので、企業が自社の求める人材を選ぶ際の判断材料とする試験となっています。

もし転職したいと考える企業でSCOA試験が導入されている場合には対策が必要となるでしょう。

今回はSCOA試験では具体的にどのような対策が必要となるのかご紹介していきます。

 

無料転職相談をして自分に合った仕事を見つけよう

 

転職時に行われるSCOA試験の特徴を知ろう

笑顔

SCOAは「能力テスト」と「性格テスト」の2種類によって構成されている試験です。

転職活動では能力と同じだけ性格に関しても重視されています。

自社に入社する人物を能力だけで決めてしまうと、自社の価値観や考えに合わない人物を雇用してしまうかもしれません。

自社とミスマッチな人物を入社させてしまった場合、その人物は会社が求めるような仕事をしてくれない可能性があります。

そうしたことを事前に回避するために近年性格テストが重要視されているのです。

この性格テストに関しては思っていることを正直に答える必要があります。

そのため対策などをすることなく自分の価値観や考えをテストの回答にしっかりと反映させるようにしましょう。

能力テストではそれぞれの分野の基礎的な知識が問われます。

難易度は高くないですが内容がとても幅広いので、事前に十分に対策を行う必要があるでしょう。

今回の記事では能力テストの対策に重きを置いて解説をしていきます。

 

ワンポイント
SCOAは能力テストと性格テストの2種類で構成されている。

転職時に行われるSCOA試験のテスト方式

ポイント

SCOAのテスト方式はペーパーテスト方式テストセンター方式の2種類があります。

テストセンター方式というのは、テスト企業が用意した受験会場で試験を行うというものです。

テストセンター方式ではパソコンで回答をすることとなり回答方法もペーパーテストとは異なるため注意が必要となります。

もしSCOAをテストセンター方式で受験する場合には事前にテストの受け方を調べておく必要があるでしょう。

 

ワンポイント
SCOAにはペーパーテスト方式とテストセンター方式の2種類がある。
 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


転職時に行われるSCOA試験で出題される内容

笑顔

次はSCOAで出題される内容について解説していきましょう。

SCOAでは以下のように5つの分野別に問題が出題されます。

この試験は120問を60分で解くものとなっており、問題数が多いのが特徴です。

決して難易度が高いわけではありませんが、1問30秒程度しかかけられないためスムーズに回答しておく必要があります。

それぞれの出題内容を知っておけば、それに合わせた対策も行うことができるでしょう。

分野別に出題内容を詳細にご紹介していきます。

「言語」

言語分野では文章読解能力内容把握能力などといった国語能力が測られます。

出題内容としては、言葉の意味を問われるものと長文読解の2つに大きく分類することができるでしょう。

漢字の読みを答えたり、同意語・反意語を答えたり、四字熟語の誤字を指摘したりする問題もあります。

国語に対しての基本的な知識が求められるため、上記の問題について幅広く対策をしておく必要があるでしょう。

「数理」

働く女性

数理は、数学的な能力を測るための科目です。

ここでは数学的な基礎知識・演算・図形に関しての把握能力が求められます。

出題内容は四則計算・一次方程式・二次方程式・連立方程式・不等式などで専門性はそこまで高くはありません。

他にも年利や損益・魔法陣などといったものも出題される傾向にあるようです。

方程式や年利・損益の計算などは、事前に計算方法を思い出しておく必要があるでしょう。

また、SCOAは時間が限られており素早く計算をしていかなくてはなりません。

そのことを念頭に置き、練習の段階から素早く解く練習をしておくと良いでしょう。

「論理」

論理では論理的思考力や推察能力などが測定されます。

推論・場合の数・サイコロ問題などが出題されるためそれらの問題に対する対策を事前に行っておく必要があるでしょう。

時間をかけることができないため、どうすれば素早く答えを導き出せるのかを知る必要があります。

問題別の解法をしっかりと覚えておく必要があるでしょう。

問題を見てすぐに解法を思い出せるように何度も問題集などで例題を解くようにするなどの対策が必要です。

「常識」

考える女性

常識分野では一般教養・時事問題・社会問題といったものに関する知識が問われます。

社会・理科に含まれる常識的な知識が出題されるため広範囲な対策が必要となるでしょう。

中学・高校レベルの問題であるため難しくはありませんが、復習しておく必要があります。

時事問題に関しては現在の社会に関する知識が求められるためニュースなどをよく読むようにしておきましょう。

「英語」

英語では基礎的な英語の能力が問われます。

文法・穴埋め・類義語・アクセント・単語の意味など、基礎的な部分が網羅されているのが特徴です。

高校レベルの文法や単語が求められるため、事前に復習をしておく必要があるでしょう。

英語というのは言語であるため、なかなかすぐに知識が身につくわけではありません。

長期的に学習して高得点を狙っていきましょう。

 

無料転職相談をして理想のキャリアを実現しよう

 

SCOA試験で求められる能力は?

人間関係が複雑

次はSCOAで求められる能力について解説していきます。

この試験では以下の3つの観点から、受験者の特性がわかるようになっているのです。

この試験で求められる能力について詳しく知っておけば、試験への対策も立てやすいでしょう。

その3つがどのような能力なのかを具体的に解説していきます。

応募者の「基礎能力」

SCOAでは5分野で基礎的な能力を測定しているのです。

これらは2つのグループに分かれており、「言語」「数理」「倫理」では基礎的な知能が測定されています。

対して、残りの「常識」「英語」では応用力と学力が測定されているのです。

SCOAは受験者がどれだけ基礎能力を持っているのかが分かるような出題形式となっています。

満遍なく受験者の能力を知ることができるため、SCOAを導入する企業も多いのでしょう。

応募者の「パーソナリティ」

パソコンする女性

SCOAでは基礎的な能力と同時に受験者のパーソナリティについても測定されています。

その人の行動を分析することによって、このパーソナリティが分かるようになっているのです。

この試験では「意欲・態度」「気質類型」「性格特徴」の3つの観点から受験者の行動について診断を行います。

行動から応募者がどのようなパーソナリティを持っているのかが分かるのです。

そしてこのパーソナリティというのは企業が採用を検討したり部署決めをしたりする際に役立ちます。

その人の内面を知ることができるのがこのパーソナリティという観点です。

応募者の「事務能力」

SCOAでは事務業務をこなす速度や正確さを測ることができます。

事務作業というのは正確さと速度の両方が求められるものです。

この試験を通してその両方が備わっているか、どちらがより優れているかということが分かります。

事務業務に対しての適性が事前に分かるため、企業はこの結果を採用の基準の1つとすることもあるでしょう。

特に事務職への転職ではこの能力が重視されると考えられます。

 

ワンポイント
・テストの結果によって基礎的な能力を測定している
・応募者がどのようなパーソナリティを持っているのかが分かる
・事務業務をこなす際の速度や正確さを測ることができる

SCOA試験を受けるために意識しておくこと

振り返る女性

SCOA試験は基礎的な問題が多いため解法や出題範囲を知っていれば、対策も難しくはありません。

そのため事前に参考書などを購入して何度も解いておくと良いでしょう。

そうすることでSCOA試験の独特さに慣れることができます。

また、その際は実際の試験と同じ時間で参考書の問題を解いてみるようにすると良いでしょう。

本番は60分で120問を解かなければいけないので、1問30秒ペースで解けるように練習を行う必要があります。

これを事前に意識しておくことによって本番でも30秒という短い時間で最善の答えを出せるようになるでしょう。

SCOA試験の出題例をチェック

ファイルを持つ女性

次はSCOAの出題例をチェックしていきましょう。

具体的にSCOAでどのような問題が出題されるのかを知っておくことは対策を行っていく上でも重要です。

5つの分野それぞれ1つずつ、出題例をご紹介していきます。

「言語」の出題例

言語の出題例としては熟語の問題をご紹介します。

質問文が出され、その後に選択肢が提示される形です。

「次の熟語の読み方で誤っているのはどれか。」

  1. 姑息(こそく)
  2. 俸給(ぼうきゅう)
  3. 憮然(ぶぜん)
  4. 代替(だいたい)

「数理」の出題例

数理は幅広い範囲が出題されるので事前の対策が大切です。

数理の問題の例としては「年齢算」をご紹介しましょう。

「年齢算」は文章問題の中でも特にポピュラーなものですが、どうすれば素早く解けるのかを知っておく必要があります。

参考書などを買って対策をしておきましょう。

問題は以下のとおりです。

「現在、母の年齢が32歳、娘の年齢は2歳である。

母の年齢が娘の2倍になるのは何年後か。」

「論理」の出題例

論理分野からは「場合の数」の例題をご紹介していきます。

理論的に考えることが求められる分野です。

以下に例題を掲載します。

「さいころを2個同時に投げた時、目の和が9以上となる確率を求めよ。」

「常識」の出題例

常識の問題からは「理科」の問題をご紹介します。

一般教養の範囲内ですが、いざ解くとなると思い出さなければいけないことも多く、難しいと感じるかもしれません。

どのような問題が出題されるのか事前に知っておくと良いでしょう。

以下、例題と選択肢です。

「脊椎動物に該当しないものを以下の中から選びなさい。」

  1. ヒト
  2. イヌ
  3. ハチ
  4. ネコ
  5. イルカ

「英語」の出題例

英語の出題例として英文の穴埋め問題をご紹介します。

以下が問題と選択肢です。

I met a Woman (     ) I was Seventeen.

  1. what
  2. when
  3. which
  4. where
  5. who
 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために
以下のサポートを全て無料で実施いたします。

非公開求人紹介

面接のフィードバック

職務経歴書のフルオーダー作成

応募企業への推薦

模擬面接の実施

内定後の労働条件確認


SCOA試験を合格するために

相談

SCOAでは回答する時間が1問あたり30秒であるため、全ての問題を正確に解くことはなかなか難しいでしょう。

しかしそのような場合でも決して諦めずに回答欄を埋めるように心がけることが大切です。

もし問題が分からなくても、選択肢のある問題などは回答欄を埋めることで少しでも点数を稼ぐことができます。

また、SCOAでは5分野それぞれの基礎的な学力が求められます。

範囲が広いため、中学から高校までに習得した知識を幅広く復習しておくと効果的です。

SCOAで良い結果を出すために十分な対策を行うようにしましょう。

 

ワンポイント
・分からなくても回答欄を埋める
・中学から高校レベルの知識を復習しておく

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

面接

転職活動ではSCOAのように適性検査が行われることも多くあり、事前の対策が必要となります。

しかし対策が必要なのは適性検査だけではありません。

転職活動は面接や書類による選考もあり、適性検査だけでなくこれらについても十分に対策を行っていく必要があるのです。

SCOAだけに気を取られてしまうと、他の選考の対策がうまく進まない可能性もあります。

そんな時には転職エージェントへの相談を検討しましょう。

転職エージェントはあなたの転職活動を効率的にサポートしてくれます。

そのため転職エージェントを活用すれば、転職活動の対策も全てに満遍なく行っていけるはずです。

 

無料転職相談をして働きやすい職場を見つけよう

 

まとめ

仕事をする女性、横顔

今回はSCOAの対策方法や、試験で出題される内容などについて解説してきました。

幅広い基礎知識が求められる試験であるため、解法や出題範囲を確認して時間内に回答を導き出せるようにしていきましょう。

また、現在転職に関して不安を抱えている場合には是非転職エージェントへの相談を検討してみてください。

自分だけでは難しい対策もエージェントに相談に乗ってもらうことで可能となるでしょう。

この機会に是非、利用を検討していただければと思います。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!