今回ご紹介するのは転職活動で行われることがある適性検査、TG-WEBの対策についてです。

このテストは難易度が高いとされており、対策をしなければ高得点を出すのは難しいと考えられます。

これから転職活動をして行こうと考えている方は、TG-WEBについても知っておく必要があるでしょう。

もし今、選考を受けている会社でTG-WEBによるテストがあるという場合にもこの記事が役立つと考えられます。

この記事で紹介する対策によってTG-WEBの選考を通過し、転職を成功させましょう。

転職活動のテスト「TG-WEB」の対策方法を解説

オフィスでパソコン使用

TG-WEBは転職活動における適性検査の中でも、SPIなどと同じくらい一般的なテストです。

このWebテストは他の適性検査とは違う独特さを持っています。

そのため、TG-WEB向けに十分な対策が必要となるのです。

今回の記事ではそのTG-WEB向けの対策方法について具体的に解説していきます。

これから転職活動を本格化していこうと考えている方は是非最後までご覧ください。

「TG-WEB」の出題形式を知ろう

女性

TG-WEBの出題形式には「追従型」と「新型」の2種類があり、それぞれ言語・計数・英語の3つの科目が出題されます。

種類によって問題の難易度や出題数が異なるため、形式ごとの特徴についても知っておく必要があるでしょう。

もし選考でTG-WEBのテストがある場合には、自分が受けることとなるのはどちらかを事前に調べておく必要があります。

ここでは出題形式ごとの試験内容を解説していきましょう。

出題形式「従来型」

従来型には独特の問題が多く、難しい問題が多いのが特徴です。

言語では12の設問に対して12分で答えることとなり、1分で1問を解かなければなりません。

長文読解・空欄補充・並べ替えなど、難易度が高いため十分な対策が必要です。

また、計数では9問を18分で答えるため、1問あたり2分で解く必要があります。

ここには暗号・展開図・推論などが含まれ、難易度が高いとされているようです。

英語では2つの長文に対してそれぞれ5問ずつ出題される設問を15分で解くこととなります。

どれも時間が短く、難易度が高いため事前に勉強をしておく必要があるでしょう。

出題形式「新型」

新型では問題数が多い代わりに、1問1問が簡単な傾向にあるようです。

言語では34の設問を7分で答えます。

対義語・同義語・ことわざなどに関して一問一答形式で答える問題です。

計数は36の質問を8分で回答します。

出題内容は方程式・図表などが大部分を占めるため、基本的な数学の知識が求められることとなります。

英語は従来型と同じ形で出題されることとなるため、従来型と同じ対策を流用することが可能です。

 

ワンポイント
・従来型は難易度が高い問題が多い
・新型は問題数が従来型よりも多いが簡単

TG-WEBの主な出題分野は?

振り返る女性

先述したようにTG-WEBには計数・言語・英語という3つの分野が出題されます。

また、それに加えて企業が人材の性格が自社に合うかどうかを確かめる性格テストが実施される場合もあるようです。

企業によってはこれらの中からさらに絞って選考を行う場合もあるため求人で確認が必要となります。

この項目では計数・言語・英語・性格テストの4つの出題内容について解説していきましょう。

「計数」

計数では展開図・暗号・推論といったものが出題されます。

従来型と新型で内容にも差があり、従来型の方が難易度の高い問題が出題されると考えて良いでしょう。

高校までの数学では習わない範囲の問題も出題されるため、TG-WEB向けの対策が必要となるのです。

他の適性検査とは異なる独特な問題が多いため、解き方のテクニックが存在しています。

そうしたテクニックを習得することができれば計数分野で高得点を取ることができるはずです。

計数は特に難易度が高いため、力を入れて勉強をするようにしましょう。

「言語」

ノートを開き考える女性

言語では空欄補充・文字の並べ替え・長文読解などが出題されます。

1問あたりにかけられる時間が少ないため、時間をかけて1問ずつを解くのではなくテンポよく解いていく必要があるでしょう。

そのためには事前にTG-WEBの出題形式に慣れておく必要があります。

「英語」

英語では2つの長文を読んで設問に答えていくという形式となるためSPIなどに向けた対策も通用するでしょう。

空所補充・語句入れ替え・内容一致などといった比較的オーソドックスな設問内容となっています。

英語に関してはTG-WEBに特化した対策というのは必要ないと考えて良いでしょう。

辞書を引くことは可能ですが制限時間があるため、なるべく辞書は引かず重要な単語のみに絞るなど工夫が必要となります。

「性格テスト」

ビジネスウーマン

性格テストでは7種類のテストを行うこととなります。

その7種類というのは「A8」「CAM」「CP」「G9」「T4」「Vision」「W8」と呼ばれるものです。

A8ではあなたのコンピテンシーを測定されます。

コンピテンシーとは仕事に必要となる行動特性で、これまでにどのような行動をしてきたかを問われるものです。

「CAM」では社会的な場面で自身の能力を発揮できるかどうかを対人と大組織という2つの指標で測定されます。

CPはキャリアパーソナリティという仕事の成果に繋がる性格かどうかを調べるためのテストです。

このテストでは回答に嘘が含まれていないかを確認する項目があるので注意しましょう。

G9はストレスに対して問われるテストです。

自身のストレス状態と対処法が問われます。

T4はエンゲージメントと呼ばれる、仕事に対してのめり込む力を調べられます。

物事に対してのめり込みやすいか、仕事に対してのめり込みやすいかどうかが分かるテストです。

Visionでは企業と応募者の考えがどれだけ合致しているかどうかが分かります。

仕事をどのように進めていきたいかが問われるテストです。

W8は社会性を自尊と共感という2つの指標で評価するものとなっています。

この2つの指標が高ければ、それだけ社会性があると判断されるというものです。

このようにTG-WEBの性格テストは様々な角度からあなたの性格が評価されるものとなっています。

 

ワンポイント
TG-WEBは計数・言語・英語という3分野のテストと、性格テストによって構成される。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

TG-WEB「計数」の問題例

笑顔の女性

次はTG-WEBの計数の問題の具体例をご紹介していきます。

以下のような問題が出されることを事前に知っておくことで対策にも役立てることができるでしょう。

追従型と新型で違いもあるため、それぞれの問題の違いも知っておくと役立ちます。

早速見ていきましょう。

従来型の問題例

ここでは従来型で出題される暗号問題の例を解説していきます。

この問題ではまず暗号が出題され、その後に選択肢が提示されるという形です。

『「海岸」を暗号で表すと「きるうるがるある」となるが、「そるうるきるうる」は表されるのは何か。』

  1. 大陸
  2. 再会
  3. おおかみ
  4. 正解
  5. 飛行機

新型の問題例

新型の問題に含まれている四則逆算では以下のような問題が出題されます。

「36÷4=10-□」

選択肢が以下のように提示され、その中から選ぶ形となっています。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

TG-WEB「言語」の問題例

相談

次はTG-WEBの言語分野の問題例を解説していきます。

言語分野は国語力や読解力が求められるため、事前に対策を行っておきましょう。

従来型の問題例

並べ替えの問題では以下のような問題が出題されます。

「以下のA〜Eの正しい順序を①〜⑤の中から選択せよ。」

A:まず、朝食を準備します。

B:今日は雨なので早めに家を出たいと思いました。

C:これで準備は完了です。

D:メニューは目玉焼きと味噌汁とご飯です。

E:次にカバンを用意しました。

  1. B→E→C→A→D
  2. A→B→C→D→E
  3. B→A→D→E→C
  4. B→A→E→C→D
  5. A→E→C→D→B

新型の問題例

仕事をする女性

新型の問題には語彙に関する簡単な問題が含まれています。

以下がその問題例です。

『「結実」の類義語として最適なのはどれか。』

  1. 成功
  2. 成果
  3. 完成
  4. 開花
  5. 理解

TG-WEB「英語」「性格テスト」の問題例

パソコンする女性

次は英語と性格テストの問題例を解説していきましょう。

英語と性格テストに関しては従来型と新型に大きな差はないため、1つにまとめて紹介していきます。

英語の問題例

空欄補充では以下のような問題が出題され、選択肢の中から答えを選ぶような形となっています。

I’m glad you () that——-.

  1. say
  2. says
  3. said
  4. saying
  5. told

性格テストの問題例

ここでは性格テストからCAMという社会的な場面で能力を発揮できるかどうかを調べる項目について解説していきましょう。

このCAMでは前半・後半で異なる形式で質問がされる形となっています。

前半では「そう思う」と「そう思わない」の答えられる質問が出されるのでどちらかを選択するという問題です。

後半では反対の内容の質問がそれぞれ示されるので、自分の考えに近い方を選ぶというものになっています。

具体的な問題は公開されていませんが、あなたの性格を調べるための問題なので嘘の無いように答えていきましょう。

TG-WEBの対策のポイント

面接官

TG-WEBの対策をする上で重要となるポイントを解説していきます。

TG-WEBは適性検査の中でも独特であるといわれる試験です。

以下のポイントに気をつけることで対策もスムーズに進められることでしょう。

出題問題の解法パターンを身につけよう

TG-WEBで出題される問題は独特であるとされています。

特に従来型は独特である上に難解です。

そのため、事前に解法パターンを身に付けておく必要があるでしょう。

解法パターンは特に計数の問題で重要となります。

限られた時間の中で計算をしたり解き方を見つけたりしなければいけないため十分な対策が必要となるのです。

解き方を知らなければ正解に辿り着くのに時間がかかってしまう可能性もあります。

対策をする際には問題ごとの解放パターンを調べて実際に使えるようにしておく必要があるでしょう。

回答時間がなくても回答しておくこと

スーツ女性

TG-WEBは問題数に対して時間が少ないのが大きな特徴です。

そのため1問にかけられる時間が極めて少なく、回答時間には全く余裕がありません。

もし回答するために考える時間がなくても空欄は作らずに必ず何かしらの答えを書いておくようにしましょう。

この適性検査では選択肢の中から選ぶ形で回答を行います。

そのためわからなくてもどれかしら回答をしておけば当たる可能性もあるのです。

分からなくても諦めて空欄で提出するのではなく、必ず何かしらの回答をするように心がけましょう。

 

ワンポイント
・問題の解法パターンを身に付けると問題がスムーズに解ける
・回答時間がなくても何かしら回答をすることが重要

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

TG-WEBの対策をして面接や転職の対策に時間を使おう

人差し指を出す女性

TG-WEBの対策をする際にまず最初に考えるべきなのが、問題集を購入して独学で勉強することです。

どの適性検査でも同じですが、これが対策を行う上で1番効果がある方法だといえます。

特に計数分野では独特な問題が多いため、問題集を積極的に活用していきましょう。

TG-WEBのような適性検査は選考において大変重要となります。

十分に対策を行うことができれば、転職活動をスムーズに進めていくことができるようになるはずです。

もし対策が十分であると感じたら、今度は面接などへの対策に時間を使うようにすると良いでしょう。

入社までには様々な選考を通過しなければなりません。

時間を有意義に活用することで、理想の会社への転職を実現していきましょう。

 

ワンポイント
問題集を購入して勉強するのが1番効果があると考えられます。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

笑顔で悩む女性

現在転職活動に関して悩みを抱えている場合には転職エージェントに相談してみてはいかがでしょうか。

転職というのは人生において大きな転機となるものです。

もし転職が失敗してしまうとその後のキャリアに響いてしまう可能性もあるでしょう。

理想の転職を実現したいと考えている方は、この機会に転職エージェントの活用を検討してみてください。

自分だけでは気がつくことのできない客観的な意見を貰うことができるでしょう。

プロの視点から転職へのアドバイスを行ってもらうことができれば、転職活動を安心して進めていくことができるはずです。

まとめ

ファイルと女性

今回はTG-WEBの対策方法について解説してきました。

適性検査の中でも比較的難易度が高い試験であるため、試験に合わせた対策が必要となります。

この記事を参考にして、試験に有効な対策を行っていただければ嬉しいです。

また、転職で何か悩みがある場合には是非転職エージェントを活用してください。

エージェントへ相談すれば適切なアドバイスをもらって転職活動を効率的に進めていくことができるでしょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら