営業職の中でも中途採用が多い職種に人材営業があり、女性の担当者も少なくありません。

しかし未経験者でも人材営業の仕事を続けていけるのか、不安に思う女性もいることでしょう。

そこで今回は女性が人材営業に未経験で転職する方法について、有利な経験や応募書類の書き方も含めて解説します。

女性が人材営業に未経験で転職する方法を解説

162120_m

営業職未経験であっても転職しやすい職種なのですが、それは他職種と比べると教育体制が確立しているからです。

人材営業も同様で営業経験がない女性でも、転職できる可能性は高いといわれています。

人材営業といっても業態は複数にわたり、内容によって求められるスキルが異なるので、適性を見極めて応募することが大事です。

未経験者が人材営業として後悔のない転職を果たせる方法を、次章以降で詳述します。

 

ワンポイント

■人材業界における業態

・新卒採用支援業

・人材紹介業

・人材派遣業

・求人広告業

人材営業の主な仕事内容

992110_m

人材営業は業態によって仕事内容は異なりますが、共通するのは人材を採用したいと考えている法人に営業をすることです。

しかし人材採用を手掛ける会社は多数あるため、待っているだけで採用を考えている企業に出会えるわけではありません。

業態による仕事内容の違いは、以下の通りです。

・新卒採用支援業/企業の新卒採用をサポートする

・人材紹介業/企業の中途採用をサポートする。転職サイトや転職エージェントがこれにあたる

・人材派遣業/派遣社員として登録しているスタッフを、クライアントである企業に派遣する

・求人広告業/紙やWebの媒体の求人広告枠をクライアントである企業に販売する

また常に採用活動が行われている企業ばかりではないので、常に新規開拓を行う必要があります。具体的な仕事内容は以下の通りです。

 

ワンポイント

■人材営業の仕事内容

・テレアポ(電話営業)

・飛び込み営業

・求職者の紹介

・クライアントへのコンサルティング

人材営業に求められる素質

246345_m

未経験であっても人材営業に求められる資質があれば、採用される可能性は十分にあります。また適性があることも大事なポイントです。

ここでは人材営業に求められる素質を2つ紹介します。

業界知識を身につける努力ができる人

人材営業の仕事は企業にマッチする人材を紹介するのが仕事ですので、業界についての理解を深める必要があります。

業界によってビジネスの構造が違ううえ、社会情勢によってニーズも変わるため、常に業界について学び続けることを求められます。

日々のニュースをチェックするだけでなく、業界新聞を読むなど日頃から情報収集の努力を継続できる人が内定に近づきます。

コミュニケーション能力が高い人

3184109_m

コミュニケーション能力は営業職に不可欠なスキルではありますが、人材営業は特にその高さを求められます。

テレアポや飛び込みによって新規のクライアントに接する機会も多く、短時間で信頼関係を築きニーズを引き出す必要があるからです。

クライアントである企業の質問に的確に返答でき、自社のサービスを利用してもらうために交渉することが受注につながります。

つまりコミュニケーション能力とプレゼン能力を併せ持つ人材は、人材営業として採用される可能性が高まると考えられます。

 

ワンポイント

■人材営業に求められる資質

・業界知識を身につける努力を継続できる力

・コミュニケーション能力

・プレゼン能力

 

スマホだけでらくらく転職!
家から一歩も出ずに内定へ!

ウィメンズワークスではスマホだけで転職を成功させることができます。
以下のサービスで転職をサポートします。


人材営業への転職に有利な経験

1730868_m

未経験者が人材営業への転職をするにあたり、あると有利な経験があります。

それをアピールすることで、書類選考の通過率も上がると考えられます。ここでは人材営業への転職に有利な経験を2つ紹介します。

法人営業の経験

商材に関わらず法人営業の経験があることは、人材営業に異業種転職するアドバンテージになります。

法人営業はクライアントである企業の課題やニーズをしっかりとヒアリングし、それを解決するための提案を行う仕事だからです。

経営者と対面することも多い法人営業の経験や、商材に関わる業界についての知識は人材営業になっても生かすことができます。

人材採用の経験

1414117_m

人材営業の経験はなくても企業の総務部や人事部に在籍し、採用に関わった経歴は役立つと評価されます。

採用経験がある女性はクライアントである企業の課題を見つけやすく、それに対する具体的なアドバイスをしやすいからです。

そのため企業の採用担当者の方との信頼関係を築きやすく、仕事に大いに役立つはずです。

自分の経歴が有利になるのかどうかが不安な場合は、転職エージェントに相談してアドバイスをもらうことをおすすめします。

 

無料転職相談をして役立つ経歴がないかアドバイスをもらおう

 

人材営業への未経験転職を成功させる履歴書の書き方

3808393_m

異業種から人材営業に未経験転職するためには、まず書類選考を突破し面接まで進む必要があります。

そのためにはポイントを押さえて履歴書を書くことが大事です。

ここでは人材営業への未経験転職を成功させる履歴書の書き方を、例文を交えて紹介します。

履歴書を書くポイント

人材営業として未経験者を中途採用するにあたり、入社後の教育にかかる時間と応募者のポテンシャルを秤にかけるものです。

未経験者が書類選考を突破するためには、履歴書の志望動機欄の書き方が重要といえます。

採用担当者が志望動機を読んで自社が求める人物像だと思える内容であると共に、異業種転職ではあっても活用できる経歴は盛り込むのが基本です。

次章では人材紹介業に未経験者が応募する際の志望動機の例文を紹介します。

例文

私は企業の人事部に在籍し、新卒や中途社員の採用に関わってまいりました。

しかし採用人数は充足しても自社にマッチする人材が採用できたと感じられる機会は少なかった現実があります。

転職エージェントである御社は、企業のニーズにマッチする人材を紹介する仕事を手掛けているところに魅力を感じました。

また多種多様な業界の採用活動に関わり、企業も登録者の方も満足する仕事に携わりたいと考えたことが志望した理由です。

 

ワンポイント
■異業種転職の場合の志望動機のポイント・応募企業が求める人物像にマッチすることをアピールする・入社後の活用できる経歴を盛り込む・入社への意欲を伝える

人材営業への未経験転職を成功させる職務経歴書の書き方

2120407_m

中途採用の場合は履歴書より職務経歴書の内容を重視する企業も珍しくありません。

経歴として人材営業に関わるものがない場合には、必要な資質があることを自己PRに記載することが大事です。

ここでは未経験者が人材派遣業の営業職に応募する場合の職務経歴書の書き方を、例文を交えて紹介します。

職務経歴書を書くポイント

未経験者が人材営業に応募し書類選考を通過するためには、以下のポイントを押さえた職務経歴書を書くことをおすすめします。

・未経験者であっても本気で人材営業になりたい意欲を伝える

・人材営業として役立つスキルや経歴を明記する

・人材営業に求められる資質をアピールする

上記の3つを示すには自己PRの書き方に配慮が必要です。次章では人材派遣業に応募する際の自己PRの例文を紹介します。

例文

私は学生時代にボランティアサークルの部長を経験した際、夏季休暇を活用して児童会館で勉強を教えるボランティアを行った経験があります。

その際に児童会館で予定しているイベントと重なることなく、メンバー全員がボランティアを経験できるよう調整するのに苦労しました。

協力してくださっている職員の方々とサークルメンバーがぶつかることもあり、仲裁役を務めたこともあります。

その経験を通して双方によい結論を出すためには、どちらの話もしっかりと聞くことが大事だと学びました。

人材派遣業においても求人が欲しい企業と、仕事を求めている派遣社員双方の話を聞きマッチングすることが重要と考えます。

過去の経験を生かし人材営業として、クライアントにも登録者にも満足してらえるよう業務を推進する所存です。

人材営業への未経験転職の面接でよく聞かれる質問

715001_m

未経験者が人材営業に応募した際の面接で、共通で聞かれることの多い質問が3つあります。

ここでは人材営業への未経験転職の面接でよく聞かれる、3つの質問の意図を説明します。

「なぜ人材営業をやってみようと思いましたか?」

人材営業は電話営業や飛び込み営業も多い厳しい仕事です。未経験者も採用してはいますが、粘り強い人材であるかを見極めます。

それは前述した通り人材営業にも様々な業態があり、求められる人物像が異なるからです。

この質問の回答により業界研究をしっかり行っているのか、職種について理解しているのかが明らかとなります。

合わせて応募者が人材営業の仕事にどのような魅力を感じているのか、そこに意欲を感じられるかを見極めることが可能です。

そうした面接官の意図を踏まえて、自分が人材営業になることで何を成し遂げたいのかをアピールすることをおすすめします。

「あなたの強みや弱みはなんですか?」

1340967_m

人材営業に応募した未経験者に仕事に役立つ経歴がないと面接官が判断した場合、この質問の回答が採否に大きく関わると予想されます。

営業経験がなくても人材営業に就くことはできますが、必要な資質をもっていなければ働き続けることが難しいからです。

そのため強みをアピールする際には人材営業に不可欠な学ぶ姿勢とコミュニケーション能力をあげるとよいでしょう。

それをしっかり説明できれば、プレゼン能力はあるとアピールできます。

また弱みについて回答する際には、それが改善できる内容であることを合わせて伝えるのがポイントです。

例えば弱みがせっかちである場合、「スピード重視で物事を進めようとして相手が急かされていると感じることがある」と表現します。

そして「そうした指摘を受けてからは、相手の立場にたって考えながら行動するよう心がけています」と続けましょう。

「当社でどんな仕事をしたいですか?」

人材営業を募集している企業はたくさんあるため、自社への入社意欲を確かめる意図をもってこの質問をするケースが少なくありません。

業態が何であれ企業研究をすると、同業他社と差別化できるポイントが見えてくるはずです。

この質問に対する回答では、応募企業でなければできない仕事に携わりたいという意欲をアピールするのがおすすめです。

「クライアントと信頼関係を築き、長く非公開求人を依頼される営業の一人になれるよう努力したい」など具体的に述べましょう。

転職エージェントのサポートを受けると、人材営業でされやすい質問の回答例についてもアドバイスがもらえるのでおすすめです。

 

無料転職相談をして質疑応答のアドバイスをもらおう

 

 

スマホだけでらくらく転職!
家から一歩も出ずに内定へ!

ウィメンズワークスではスマホだけで転職を成功させることができます。
以下のサービスで転職をサポートします。


人材営業への未経験転職を成功させるポイント

4192885_m

未経験者が人材営業への異業種転職を成功させるためには、企業のニーズにあった人材であることをアピールできなければなりません。

求める資質やスキルがあることを伝えるだけでは説得力がないので、応募前にしっかり対策をたてておく必要があります。

ここでは人材営業への未経験転職を成功させるポイントを2つ紹介します。

自己分析をして強みを見つけよう

まずは自己分析をしっかりと行い、人材営業に応募するにあたって強みとなる部分を見つけることです。

具体的には「勉強が好き」「粘り強い」「コミュニケーション能力がある」「達成意欲が高い」ことがあげられます。

こうした人材営業に役立つ資質があることを伝える際には、それを証明できる自分なりのエピソードを添える必要があります。

自己分析とキャリアの棚卸しを行う中で、自分にしかないエピソードと合わせて強みを探してみましょう。

企業研究をして企業が求めている人物を把握しよう

4022476_m

書類選考や面接を突破して内定をつかむためには、企業が求める人物像であることをアピールし納得してもらうことが大事です。

そのためには企業研究をしっかり行うのが基本であり、単に応募企業の公式サイトを見る程度では太刀打ちできないと考えましょう。

応募企業の特徴を知るためには同業他社についても調べる必要がありますし、社員の口コミサイトなども貴重な情報源です。

集めた情報を取捨選択しながら、企業が求める人物像を把握しましょう。

転職エージェントに紹介してもらった求人であれば、企業のニーズを的確に把握したうえでアドバイスしてもらえるので安心です。

 

無料転職相談をして応募企業について教えてもらおう

 

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

715002_m

未経験者が人材営業に異業種転職するにあたっては、いろいろな悩みが生まれるものです。

自分に適性があるのか、これまでの経歴が役立つのか、自分にマッチする求人があるかなど悩みも千差万別です。

しかし転職エージェントに登録することで、キャリアの棚卸しから面接指導まで幅広いサポートを受けることができます。

転職エージェントを活用することで、在職期間中から効率よく活動ができるので登録することから始めましょう。

まとめ

3804437_m

今回は女性が人材営業に未経験で転職する方法について、有利な経験や応募書類の書き方も含めて解説しました。

営業経験がない女性であっても、ポイントを押さえれば人材営業へは転職可能です。

自分の資質や経歴を見極め転職エージェントのサポートを受けながら、後悔のない転職を実現しましょう。

スマホだけでらくらく転職!家から一歩も出ずに内定へ!

スマホで転職
ウィメンズワークスではスマホだけで転職を成功させることができます。
今までの面倒臭さを解消し通勤時間や仕事のスキマ時間で転職を成功させましょう。
 

ウィメンズワークスでは以下のサービスで転職をサポートします。

  • LINEでやりとりが簡単
  • 完全オンラインで転職をサポート
  • オンライン面談時の服装は自由
  • 履歴書や職務経歴書フルオーダー作成
  • データはクラウドにて徹底管理

 

スマホだけでらくらく転職!

 

LINEでやりとりは簡単

LINEをする人

ウィメンズワークスとのやり取りはLINEを使用します。(希望者にはメールでもご対応いたします。)

メールの文章や署名、宛先の確認など、今までの面倒な作業時間を削減してスキマ時間で転職を成功させましょう。

LINEではチャット感覚で転職相談ができるので、まずは気軽にご相談ください。

完全オンラインで転職をサポート

女性

ウィメンズワークスでは、転職相談から転職後まで完全オンラインでサポートいたします。

面談のときに来社する必要はありません。

現職が忙しくて時間が取れない…。わざわざ足を運びたくないと思う方も問題ありません。

応募先企業も完全オンライン面接の企業も多く、スマホひとつで転職できるでしょう。

オンライン面談時の服装は自由

服装自由
面談時にスーツは不要です。

リラックスした状態で本音をお聞かせください。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

 

スマホだけでらくらく転職!

履歴書や職務経歴書フルオーダー作成

男性と女性
いざ転職をしようと思っていてもPCで作成するのが面倒くさい。そもそもPCを持ち歩いていない。

履歴書・職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の履歴書・職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい履歴書・職務経歴書の作成を目指しています。

ご要望に沿った最適な求人を紹介

提案
ご要望があれば、キャリアアドバイザーに気軽にお申し付けください。

簡単な質問に答えるだけでご要望を把握し、最適な求人を完全オンラインでご紹介させていただきます。

また、ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。
面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

データはクラウドにて徹底管理

クラウド

 

ウィメンズワークスでは紙媒体は使用しません。

ペーパーレスでデータはすべてクラウド上で管理いたします。

紛失の心配が無いためセキュリティ面でも安心です。

また、応募先企業に送るデータももちろんウィメンズワークスで管理いたします。