仕事を変えたい、キャリア形成のために転職したいと考えている女性は少なくないでしょう。

転職活動を有利に進め、スムーズに転職を成功させるために重要な要素は様々です。

自己分析や企業研究など非常に多くの要素が絡み合うことになりますが、やはり「資格」は大きな武器になります。

今回の記事では、今後将来性があり長く働くためにおすすめの5つの資格と資格取得までのポイントに注目。

どうしておすすめなのかまでを確認し、転職を成功させましょう。

Contents

女性が長く働くために取得したい資格を解説

女性

世の中はどんどん変化しています。以前はLINEはもちろん、スマホすらありませんでした。

IT技術の発展と共に私たちの暮らしは劇的に変化を遂げてきたといえるでしょう。

その勢いは増し、変化が早くなってきたほか働き方までもが変化しつつあります。

そんな変化する世の中に対して順応に対応し、女性でも長く働くことができる資格を確認していきましょう。

今回の記事では下記の5資格に注目いたします。

  • 医療事務実務認定検定
  • ファイナンシャルプランナー
  • MOS
  • ITパスポート
  • 秘書検定

 

ワンポイント
上記資格を活かせる仕事は比較的安定しており、長く働くことができる資格です。

女性が長く働くための条件は?

オフィスで使うパソコン

資格について確認する前に、まずは女性が長く働くための条件を確認しておきましょう。

女性が長く働くための条件とはそもそも何でしょうか。

女性は、結婚して苗字が変わることもあります。

出産して産休を取ることもあります。男性が中心の世の中に対して不利なこともあります。

女性が長く働くための条件として下記の2つが挙げられるでしょう。

  • 安定的であること
  • 女性が有利なこと

安定的であることは、将来性があり辞める理由が少ないことになります。

業界が不安定だと年収と業務内容が合わなくなるのでストレスがたまりやすいのは明白です。

また別の仕事に就きたいと思ってしまいます。

そして、女性ならではの良い部分を利用することが大事。

女性は一般的に男性よりも共感力・母性があり、気遣いができるなどの長所を持っています。

 

ワンポイント
これらを活かすことが大事であり、女性が長く働くための重要な条件です。

役立つ資格のポイントは?

笑顔で悩む女性

紹介した5つの資格は、どれも重要なポイントがあります。

それでは、役立つ資格といえるポイントを押さえていきましょう。

転職時に自己PRで武器になる

転職時、ハードルが高い履歴書

特に「私の長所は何か」、「何を自己PRできるだろう」と悩みがちです。

資格を取得していれば、自己PRにおいて大きな武器になることは間違いありません。

また、資格取得を転職エージェントと相談したのであれば、長所と結びついた資格になり美しい履歴書になります。

独学で取得可能

パソコンを使う笑顔の女性

独学で取得可能な資格というのは非常に魅力的です。

独学で取得できるということは、時間にも場所にも拘束されないということになります。

もちろん、時間や場所を選ばないという意味では通信講座などを利用するのも賢明な選択でしょう。

ただし、今の時代は補助的にYouTube等動画配信サイトを利用した独学で取れる資格も多いです。

また、独学で取得できる資格であれば育児の隙間時間などを活用して勉強することもできます。

そして、独学で集中して取り組めれば資格取得までの時間が短くなるというのも重要です。

取得までに要する時間が短ければ、資格につぎ込む時間も短くなり立ち上がりが早くなります。

その分、新しい仕事を獲得して長く仕事をすることができます。

学校などに通えば学習時間だけでなく移動時間なども費やすことになり、案外多くの時間を資格取得に奪われることになってしまうのです。

受験資格に制限がなく費用があまりかからない

数多ある資格の中には、受験資格として前提条件、必須条件が定められているものも少なくありません。

また、IT系のベンダー資格などで受験料として数万円が設定されている資格などもあります。

費用が高かったり、受験資格が定められているとその資格に気軽に挑戦・取得することが難しくなってしまいます。

ぜひ資格取得に挑戦する前に、受験資格や費用についても調査しておきましょう。

 

ワンポイント
なお、今回の記事で紹介する5つの資格は、費用が最も高くて1万円ほどなのでご安心ください。

長く働くために取得したい資格「医療事務認定実務者試験」

女性,医療従事者

計算が得意で仕事を数学のように答えを導いていくことが得意な方は「医療事務認定実務者試験」の資格が向いているかもしれません。

医療業界という安定した業界における武器となり、簿記等の数字の計算が重要な資格になっています。

医療事務認定実務者試験のポイント

一番の特徴は、在宅受験可で持ち込みOKな試験であるということ。

これは合格率が高い要因ともいえます。

参考資料やノートなどを持ち込めるので、落ち着きながら試験を解いていくことができます。

資格取得までに、最短で1カ月で取得することが可能です。

さらに、合格率も60〜80%ほど。とても高い合格率がデータとして存在している資格になります。

民間資格ではありますが、医療に関する資格ですから、履歴書に書けば十分アピールできる資格だといえるでしょう。

どのような職種で役立つ?

白衣の女性

医療事務認定実務者試験を取得すれば、主に医療業界の事務として役立つでしょう。

医療に関わる知識として、医療機器のエンジニアとしても役立つ可能性も秘めている資格です。

医療関係に転職したいという思いが少しでもある方、挑戦したいという気持ちをお持ちの方はぜひ挑戦してみてください。

長く働くために取得したい資格「ファイナンシャルプランナー」

資料を確認する女性

「ファイナンシャルプランナー」は、お金について幅広く学び、お金に関する計画を立てることが身につく資格です。

ファイナンシャルプランナーは、国家資格と民間資格とあり、目的別に内容が異なります。

まずは「3級FP技能士」から取得してみましょう。

ファイナンシャルプランナーのポイント

お金に対して体系的に学ぶことができ、ゆくゆくは資産運用につながることがポイントになります。

この資格はお金を把握し、計画を立て、お金がどのように動いているのか理解する必要があります。

お金に対して理解できたあなたは、将来資産運用をしたいときに大きなポイントになってくることになります。

ちなみに先ほど紹介した「3級FP技能士」であれば、合格率は約70%

資格取得まで約100時間の学習が必要とされています。

100時間は長いと感じられるかもしれません。

動画等を用いて効率よく学習すると2〜3カ月で100時間勉強できるはずです。

どのような職種で役立つ?

不動産業界、投資業界の経理としての転職に役立ちます。

また、極めることができれば独立するという将来も見据えられるでしょう。

つまり、将来的にはフリーランスとしても活躍ができる可能性を持っている資格だといえるのです。

長く働くために取得したい資格「MOS」

パソコンの画像

「MOS」ことMicrosoft Office Specialistは、ビジネスの現場に欠かせないものになっているOffice製品の資格です。

ビジネスシーンのあらゆる場面で活躍するでしょう。

Word、Excelはもちろん、PowerPoint、Access、Outlookといったようにソフトウェアごとに分かれています。

この資格は、操作スピードはもちろん、丁寧に、そして正確に仕事をする力も必要です。

MOSのポイント

MOSは、Officeのスペシャリストになれることが最大のポイントでしょう。

ビジネスの現場で欠かせないツールになっている、Office。

この資格を取得すれば、転職時に使い方を聞いてくる人の手助けにもなることは間違いありません。

「WordやExcelは使えるか」という質問に対し「MOSを取得している」という客観的な根拠を示すことができます。

民間資格であり、合格率は約80%。取得までの学習時間はおよそ40時間必要だといわれています。

どのような職種で役立つ?

今やOffice製品を利用している企業は非常に多いため、MOSは様々な職種に役立ちます。

特に事務職には大きな武器になるでしょう。

また商品開発のマーケティング、ECサイトの分析、ディープラーニングの基礎データをまとめる仕事にも向いています。

長く働くために取得したい資格「ITパスポート」

ノートパソコンで仕事する女性

ますます世の中で存在感を増し、目覚ましい速度で普及している「IT」という分野。

仕事などもAIに任せたり、ますますIT化は進んでいます。

そんな時代の流れの中でも戦力となれる人材である証明として「ITパスポート」という資格が武器になります。

ITパスポートのポイント

ITに関する知識を、幅広く体系的に学べることがポイントです。

ITに関する知識、戦略、法令など様々なことを学び、保守力が高まる人材になることができます。

そして何よりも国家資格というのが大きな特徴。

合格率は約50%で、資格取得にはおよそ150時間の学習が必要だといわれています。

どのような職種で役立つ?

ノートパソコンを操作する女性

ITパスポートは、IT業界はもちろん各企業の情報セキュリティ部門などでも活躍ができます。

また「社内SE」といった職種を手に掴める可能性もあるでしょう。

IT業界に興味がある方や、普段からパソコンなどに慣れ親しんでいる方はぜひ取得にトライしたい資格です。

長く働くために取得したい資格「秘書検定」

秘書

転職後の職種について「自分で考えて仕事がしたい」の意識が強い方には「秘書検定」が相応しいかもしれません。

多種多様なビジネスシチュエーションにおいて、上司や先輩は細かい部分まで中々教えてくれません。

そのため、本資格を通じてビジネスマンとしての基本を学びましょう。

ビジネススキルの高い人材になることで、一つ抜けた存在になることができます。

さらに、マネジメントのことも理解できます。

また、AIではコントロールが難しい部分である柔軟性が求められる場合も多くある仕事です。

そのため、将来AIに仕事を奪われるような懸念を持つ必要もありません。

秘書検定のポイント

秘書検定について勉強すれば、ビジネススキルを大幅に上げられるでしょう。

ビジネススキルを養うことで、他の人たちより一歩、二歩リードした人材になれるはずです。

そんな秘書検定は民間資格。

秘書検定2級ですと合格率は60%前後になり、元々ビジネススキルの高い方だと20時間ほどで取得できる資格になります。

どのような職種で役立つ?

秘書検定という名の通り、秘書としてはもちろん商品を紹介する営業としても活躍することができるでしょう。

ビジネススキルが高ければ、BtoBでの活躍も期待できます。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

ガッツポーズする女性

さて、今回は女性が長く働くために役立つ資格について注目しつつ、特に5つの資格にフォーカスを当てて紹介してきました。

とはいえ、実際に「自分に合う資格はコレ」と即座に判断できる方はそう多くないかもしれません。

そんな方におすすめなのが、まずは転職エージェントに相談するという選択です。

転職エージェントは、転職活動のプロです。

親身に相談に乗ってくれるのはもちろん、相談者の転職活動が成功するよう精一杯サポートしてくれます。

転職活動をスムーズに行えるでしょう。そして、上手く活用すれば間違いなく「成功」に導いてくれる心強い存在です。

ぜひ、まずは相談だけでも転職エージェントにしてみてください。

悩みを少し話すだけで、自分の将来やキャリアが明確になるかもしれません。

漠然としていた転職後の希望職種なども明らかになるはずです。

 

ワンポイント
自分が長く働くためにはどんな資格を取得したらいいのかも、自ずと明らかになっていくことでしょう。

まとめ

外を歩く女性

転職の悩みを持っている方は非常に多いです。

人生の分岐点ともいえる重要な決定だといえるのは明白でしょう。

だからこそ、ノリと勢いだけで転職を決意・実行するのは危険だといえます。

退職後・転職後に「辞めなければよかった」と後悔しても既に遅いからです。

そして何よりも、自分の人生を豊かにして満足のいく生活をするために、エージェントに相談しましょう。

少しでも転職に関する悩みがあるのならば、軽い気持ちで相談してみてください。

いざ転職活動をする際には今回紹介してきた資格などを含め「長く働くために役立つ」、武器になる資格取得を検討してみてくださいね。

転職活動を成功へと導くために、自分とその武器を磨き、後悔しない転職を実現しましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら