シングルマザーにとって時間がかかる転職活動というのはハードルが高いものです。

そのため転職が上手くいかず、転職活動を諦めてしまうという方も一定数いることでしょう。

今回はシングルマザーの方が転職を効率的に進めていくのに役立つ資格をご紹介します。

参考にしていただければ嬉しいです。

Contents

シングルマザーの転職に役立つ資格を解説

面接官

シングルマザーは自分1人の手で子供を育てるため多忙になりやすいと考えられます。

そのため転職もなるべくスムーズに行っていきたいと考える方が多いことでしょう。

転職活動は選考から内定まで時間がかかるものです。

内定がなかなか取れなければ、それだけ転職活動に時間を割かなければいけない期間も伸びてしまいます。

素早く理想の転職先への内定を決めたいという方にとって、資格を取得するというのはとても有効な手段です。

もしシングルマザーで転職を考えているという方は今回ご紹介する資格の取得を検討してみてはいかがでしょうか。

今回の記事では転職に役立つという観点からシングルマザーが取得すると良い資格を具体的に解説していきます。

転職における資格の重要性を知ろう

応接室

まずは転職で資格がどれだけ重要かを解説していこうと思います。

資格というのは年収にも関わってくるものです。

資格を持っている場合と持っていない場合ではどれだけ差があるのでしょうか。

その差について具体的にご紹介していきます。

資格を持っている人の年収

資格というのは年収にも良い影響を与えます。

国家資格であれば、ある職種における知識や技術が一定水準を超えていると国から認めてもらうことが可能です。

そのような場合には民間の資格よりもその信頼性が高いため、年収にも大きく影響すると考えられるでしょう。

また、民間の資格であっても難易度や専門性によっては大きな影響力を持ちます。

そのような資格を取得できれば、自身のその分野における専門性を証明することができるため企業からの評価も高くなるでしょう。

他にも資格の取得によって会社から資格手当がもらえる場合もあります。

このような場合には資格が直接的に給与に関係することとなります。

資格を持っていると転職が有利になるだけでなく年収アップも可能となるのです。

しかし取得が簡単であったり、評価が低い資格であったりすると資格を持っていてもメリットを感じることはできないでしょう。

資格を持っていない人の年収

オフィスで使うパソコン

資格を持っていない場合には先述したような資格の恩恵を受けることができません。

そのため年収も資格を持っている人よりも低くなると考えられるでしょう。

また、転職活動においては資格を持っていないことでスキルの証明がしにくいというデメリットもあります。

そのため資格を持っていない人は資格を持っている人に比べて転職で苦戦しやすいと考えられるでしょう。

同じだけの能力がある2人の人材がいた場合、企業はその職種に有効な資格を持っている側を選びます。

選考を進んでいくためにも資格は重要なのです。

 

ワンポイント
資格を持っていると資格手当を受けられたり専門性を証明できたりするため、年収アップを期待できます。

シングルマザーにおすすめの資格「医療事務技能審査試験」

面接に向かう女性

次からは具体的にシングルマザーにおすすめの資格を1つずつ解説していきます。

まずは「医療事務技能審査試験」です。

この資格を取得することができれば、医療事務への転職に大きく役立つことでしょう。

キャリアチェンジを考えている人にもうってつけの資格です。

医療事務技能審査試験の取得難易度は?

「医療事務技能審査試験」は毎月実施されている試験です。

合格率は約60%のため、そこまで試験が難しいわけではありません。

しかしながら医療事務の仕事ではクラーク業務などを中心に医療の現場で通用する知識が求められます。

そうした専門知識をしっかりと学ぶ期間が3ヶ月〜6ヶ月程度は必要となるでしょう。

しっかりと勉強を行えば取得するのは難しくない資格です。

どんな仕事に役立つ?

未経験から医療事務への転職を考えている方はこの資格を取得することでスキルを証明することができます。

医療事務の現場では事務職で求められるようなPCスキル以外に医療への専門知識が必須です。

「医療事務技能審査試験」を取得すればその知識と現場で使えるだけの技術を備えていることをアピールできるでしょう。

医療事務として働くための実践的な知識を学ぶことができるため、シングルマザーの医療事務への転職に最適な資格です。

シングルマザーにおすすめの資格「日商簿記検定」

指差し

次は様々な職種で大きな効果を発揮する資格である「日商簿記検定」について解説していきます。

この資格を取得することができれば様々な職種で役立つことでしょう。

日商簿記検定の取得難易度は?

「日商簿記検定」は3級から1級までレベルが分かれています。

これらの合格率は平均して3級が約45%、2級が約25%、1級が約10%となっているようです。

3級は半分程度の人が合格しますが、1級は1割程度の人しか合格しないため難関資格だといえるでしょう。

もし未経験から日商簿記検定を勉強するのであれば3級の取得から目指すのが無難です。

3級では主に商品売買業に関してを取り扱う商業簿記が試験範囲となります。

2級では中小企業から大手企業まで、財政や経営の状態を知ることができる経理の知識が求められるでしょう。

1級は経営分析やコンサルティングに携わる方に最適な資格です。

自分の就く職種に合ったものを取得するようにしましょう。

どんな仕事に役立つ?

この資格は主にお金に関する業務を行うこととなる職種で効果を発揮します。

例えば経理職や営業職などではこの資格で学習したことを直接的に業務に活かすことができるでしょう。

比較的時間の融通がきく事務職の中から経理事務や営業事務への転職を考えている方はこの資格の取得が最適です。

何級から転職に役立つの?

笑顔で悩む女性

この資格は3級から転職に役立ちますが、経理や営業といった仕事に携わる場合には2級以上を目指すと良いでしょう。

2級以上であれば中小企業から大企業までの財政や経営に関する知識を持っていることを証明できます。

企業から会社のお金に関することを任せても大丈夫な人材だと思ってもらうことができるでしょう。

 

ワンポイント
・日商簿記検定はお金に携わる仕事で大きな効果を発揮する資格
・2級以上だと転職の幅が広がる

シングルマザーにおすすめの資格「MOS」

笑顔

MOS」は日本語ではマイクロソフト オフィススペシャリストと呼ばれる資格です。

この資格ではMicrosoftにより認定されるExcel・Word・PowerPointなどのオフィスソフトの知識が問われます。

オフィスワークでは必ず使うこととなるソフトのため、MOSはオフィス職であれば何でも役立つ資格だといえるでしょう。

ここではMOSの難易度や特に役立つ仕事について解説していきます。

MOSの取得難易度は?

MOSの合格率は8〜9割といわれているため、取得が簡単な資格だといえるでしょう。

試験に向けての勉強でオフィスソフトに対しての実践的な知識を身につけられため業務にも役立ちます。

MOSはMicrosoftの公式資格であり履歴書にも書けるため、転職にあたって取得する資格として最適だといえます。

どんな仕事に役立つ?

MOSはMicrosoft Officeに対しての知識が求められる事務職などへの転職に役立ちます。

書類やデータの作成能力を証明できるため転職を有利に進めることができるでしょう。

事務職に未経験で転職するという方はこの資格を所持していると企業から事務職への適性を認めてもらうことができます。

MOSは事務職への転職を考えているシングルマザーにおすすめの資格だといえるでしょう。

シングルマザーにおすすめの資格「ファイナンシャルプランナー」

相談を受ける女性の画像

ファイナンシャルプランナー」という職種は「FP」とも呼ばれ、金融に関する専門知識が必要となります。

その専門知識を資格として証明することができるのがファイナンシャルプランナー(FP)試験です。

シングルマザーにおすすめであるこの資格について詳しく解説していきます。

ファイナンシャルプランナーの取得難易度は?

FP試験には1級から3級まで種類がありますが、合格率は3級が約45%、2級が約40%、1級が約10%となっています。

3級は受験者の半数が受かるため、そこまで難しくないといえるでしょう。

2級もそこまで難易度が高いわけではありません。

しかし1級になると合格者1割程度となっており、試験が大幅に難しくなることが窺えます。

もしFP試験の資格を取得したいのであれば、3級か2級を取得すると良いでしょう。

どんな仕事に役立つ?

面接

この職種はその名の通り、ファイナンシャルプランナーへの転職を考えている方に最適です。

家計に関する相談に応えるファイナンシャルプランナーにはお金に関しての専門知識が求められます。

もし未経験から転職を考えている方はこの職種を取得すればそのスキルや能力を証明することができるでしょう。

子育て女性の資格支援の制度をチェック

パソコンする女性

シングルマザーが資格を取得する際、ネックとなるのが取得するまでにかかる費用です。

実は日本にはシングルマザーの資格取得を支援してくれる制度があります。

それが「自立支援教育訓練給付金」です。

この給付金制度は就職に役立つ資格がないというシングルマザーの資格取得を支援するものとなっています。

シングルマザーが資格取得する際にかかった費用の60%を負担してくれるという制度です。

他にも「高等職業訓練促進給付金」という制度もあります。

これは看護師や介護福祉士といった専門的な職種に必要となる資格の取得にかかる費用を給付してくれるというものです。

どちらも金銭的なネックを解消してくれる制度となっています。

もし今から資格取得を考えているという方はこれらの制度を利用してみてはいかがでしょうか。

 

ワンポイント
シングルマザーの資格取得を支援する制度には「自立支援教育訓練給付金」と「高等職業訓練促進給付金」の2つがあります。

資格を活かした転職の進め方のポイント

面接、女性

資格を活かして転職をする際には、以下のような進め方のポイントを押さえることが大切です。

ポイントに気をつけることができれば、更にスムーズな転職活動が可能となるでしょう。

ここではそのポイントについて具体的に解説していきます。

資格取得までの期間を決めて勉強しよう

資格を活かして転職をしたいという方はまず資格取得までにかかる期間を計算しておく必要があります。

資格取得時期に合わせて転職活動を始めることで無駄なく転職活動を行っていくことができるためです。

事前に勉強の日程といつ試験を受験するかを決めておくことで時間ばかりが過ぎるということも無くなるでしょう。

具体的なスケジュールを立てながら勉強して、資格を転職に効果的に活用していく必要があります。

なりたい職種に必要な資格を取得しよう

資格を取得しようと思い立った際に考える必要があるのは、その資格がなりたい職種に通用するかどうかです。

もしなりたい職種に通用しない資格を取得した場合、転職に役立てることはできません。

事前に自分が転職を考えている職種でどの資格が必要とされているのかを調べておきましょう。

そうすることで無駄なく転職活動を進めていくことができます。

限られた時間の中で理想に近い転職を実現できるように資格取得を目指していきましょう。

 

ワンポイント
・資格取得までにかかる時間を具体的に計算することでスムーズに転職に繋げていくことができる
・なりたい職種に通用する資格かどうかを資格勉強を始める前に確認しておく必要がある

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

仕事をする女性

転職に対して悩みを抱えている方は転職エージェントへの相談を考えてみてはいかがでしょうか。

シングルマザーの方は時間を捻出して転職活動を行っているという方も多いでしょう。

そうした方は転職エージェントに有効な対策を聞くことで転職活動を効率化することもできるはずです。

また、エージェントは転職のプロとして選考書類の作成や模擬面接の実施などもしてくれます。

自分だけでは気がつけない点もアドバイスしてもらうことができるでしょう。

転職活動を効率的に進めていくために転職エージェントを活用していただければと思います。

まとめ

ガッツポーズの女性の画像

今回はシングルマザーが転職する際に役立つ資格について解説してきました。

今回ご紹介した資格を取得したり、ポイントを押さえたりすることでより理想に近い転職を目指していきましょう。

もし現在転職活動に不安を抱えている場合には、転職エージェントへの相談を検討してみてはいかがでしょうか。

転職エージェントはプロの視点からあなたの転職活動をサポートしてくれます。

限られた時間の中で転職活動を進めたい方にはおすすめです。

この機会に是非検討してみてください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら