就職試験では書類審査を通ると集団面接を行うこともあります。

集団面接と個人面接では面接官の注目するポイントが異なることを把握しましょう。

個人面接と同じような気持ちで集団面接に取り組むと、思いのほか評価を得られないことがあります。

ここでは集団面接で特に気を付けておきたいことや面接官の視点、集団面接でのマナーについてご紹介します。

集団面接で回答時間が短くてもアピールする方法を解説

指をさすスーツ女性

集団面接はライバルの同席となるため面接官から他応募者と比較されやすくなります。

複数の応募者がいるとどのように自分を印象付けたら良いかを知ることが大切なポイントです。

集団面接では自己PRをしようとして逆に悪目立ちする人もいるため周りの空気を読みながら自己PRをしましょう。

面接での発言内容も大切ですが身だしなみや立ち振る舞いにも気を使い、行動で自己PRができるようにしてください。

短い時間でもアピールできること全てを意識することが大切です。

 

ワンポイント

身だしなみや髪型、歩き方や姿勢など目に見えるもの全てが第1印象を決めます。

集団の中で輝けるよう努力をしてみましょう。

集団面接の特徴は?

集団面接は就職試験の初期段階で利用されることの多い形式で、5~6人のグループでの面談が一般的です。

企業にとっては一度に多数の応募者の選考ができるので効率のよい選考方法となります。

集団面接では個人面接とは雰囲気が異なり、他の応募者の視線も気になり苦手とする人が多いのも特徴の一つです。

他の応募者の影響を受けやすい

悩む女性

集団面接は他の応募者に良くも悪くも影響されやすい面接です。

「他応募者よりも良い印象を残したい」という気持ちが強く出てしまい普段通りの実力が発揮できない人もいます。

前の発言者と発言したい内容が重なってしまうとどのように対応すればよいか困る人も多いでしょう。

面接で印象的なPRをしている人がいると焦りや劣等感が芽生え上手く発言ができなくなる人もいます。

集団面接では複数人の発言がその他応募者に影響を及ぼすため臨機応変に対応することが得意な人には向いています。

突然回答の順番が変わったりする

落ち込む女性

集団面接では面接官が同じ質問を応募者全員にする場合もあります。

質問が同じ場合は前の人が話している間に自分の回答を考えることが出来るのでメリットです。

しかし右から順番に質問をされていたのに、急に1個飛ばしで自分が質問されるというイレギュラーなことも起こります。

準備中だっただけに、不意を突かれて上手く答えられないなども、集団面接で起こりやすい出来事です。

 

ワンポイント
集団面接ではその特徴をしっかりと理解した上で、様々な事態を想定した面接準備が大切です。

集団面接で面接官が見ていることは

集団面接で面接官はどのようなところに注目して面接しているのでしょうか。

面接官の視線を知ることで気を付けるべきポイントが明確になります。

以下項目を確認して面接へ臨むようにしましょう。

マナーや身だしなみ

挨拶

面接では皆同じような服装をしていますが、集団面接では応募者の比較がしやすいという特徴があります。

スーツに皴が多かったりメイクが必要以上に濃かったりすると、試験官に悪印象を与える要因になりかねません。

職種や企業によって多少違いはありますが、清潔感がありビジネスの場面にふさわしい恰好をすることが大切です。

挨拶や言葉遣いのマナー、そひて姿勢などについても同様です。

1人だけ姿勢の悪い人や貧乏ゆすりをする人はとても悪目立ちします。

集団面接では応募者を並べることで、良い所も悪い所も明白になるのです。

マナーや身だしなみでは悪目立ちしないよう意識して面接へ臨みましょう。

企業によってマニキュアはNGでメイクも薄めなど決まりがある場合もあるため事前にリサーチしておくことが大切です。

緊張で貧乏ゆすりをしたりや目が泳ぎやすいなどの癖がある人は、練習をして癖を出さない訓練をしておきましょう。

コミュニケーション能力

ポイント

面接官は集団面接でのコミュニケーション能力も測っています。

面接のような緊張を強いられる状態でも人の話をきちんと聞いて落ち着いた対応ができるかが大きなポイントです。

面接によっては前の応募者の意見についてどう考えるかという質問をされることもあります。

この質問によって面接官は応募者が前の人の話をきちんと聞いていたかや臨機応変な対応ができるのかを判断するのです。

コミュニケーションに自信がない人は普段から人の話を聞き自分の考えを述べる言葉のキャッチボールを意識しましょう。

柔軟な対応ができるか

聞く

集団面接では質問の内容を変えたり、質問の順番を変えたりすることもあります。

応募者からすると緊張してしまう嫌な状態でありますが、面接官は急な変更でも柔軟な対応ができるかを見ています。

想定外の事態にも落ち着いて取り組むよう心がけましょう。

集団面接で気をつけるべきポイント

個人面談と大きく異なる集団面接では気を付けるべきポイントも大きく異なります。

以下の項目を意識して集団面接で失敗しないようにしましょう。

簡潔に話そう

面接、女性

集団面接は複数人いる分1人が発言する機会は多くないのも特徴です。

限られた面接時間で他の応募者の発言時間を考慮して発言することが求められます。

自分の発言する順番になったら簡潔に分かりやすい受け答えをすることを心がけましょう。

面接官にアピールするために1人で長々と時間を使うことは悪印象につながります。

他人のことまで考えられない自己中心的な人物と判断されてしまう可能性が高いので注意が必要です。

要旨を捕らえ簡潔に話すことは、面接だけでなく社会人として重要なスキルです。

普段から簡潔に分かりやすく話すことを意識してみましょう。

第一印象が重要

面接をする女性

面接官といえども人間です。第一印象が良いと知らず知らずのうちに応答なども好意的にとらえる傾向があります。

第一印象を作る情報の半分は視覚情報と言われています。

笑顔や身だしなみ、そして人に好感を与える立ち振る舞いを心が蹴ることが大切です。

会社は無愛想な美人よりも、受け答えのしっかりでき好感を与える人を求めています。

面接官に好感を与えるよう良い第一印象をつくれるように準備しましょう。

例えば、話すときに相手の目を見ることは印象を良くするのに効果的です。

相手の目を見てきちんと話すことで、誠意ある人物と印象付けることができます。

人の目を見て話すのが苦手な人は相手の襟やネクタイなどを見て話しても良いでしょう。

他の応募者の意見に流されない

合格

他の応募者の意見を先に聞いてしまうと、そちらの方が正解に思えてしまうことがあります。

また準備していた回答や自己PRが他の応募者と被ると、同じような回答は面接官の印象に残らないのではと心配になります。

集団面接では良くも悪くもライバルを意識させられるので、焦りと無縁でいることは難しいでしょう。

回答が被った場合でも焦らずに対応できるよう準備しておくことが大切です。

十分に対策ができていると他の応募者の言動に一喜一憂せず落ち着いて面接を受けることができます。

多くの応募者が集められた集団面接では、他人と意見が重なることは珍しいことではありません。

むしろ、回答が被ってしまった時にどう対応できるかが見られていると思っても良いでしょう。

「○○さんと同じ意見ですが」と始めることで人の話をきちんと聞いているというアピールができます。

コミュニケーション能力を発揮するチャンスととらえて、落ち着いた対応がおすすめです。

 

ワンポイント

複数応募者の中で堂々と落ち着いた対応ができると面接官に好印象を与えます。

自分を見失わずに対応できるようにしましょう。

集団面接でよくある質問を紹介

集団面接ではどのような質問が出題されるのかは気になるポイントです。

予め質問に対する回答を用意しておくことで、自分の意見がより明確になることもあります。

ここではよく出る質問を紹介しますので自分なりの回答を考えてみましょう。

自己紹介

人差し指の女性

自己紹介は定番の質問の1つです。

自己紹介では名前と職歴、そして特技などを盛り込むのが一般的です。

転職の場合は前職場での実績や仕事に対する考え方そして志望動機なども含めると面接官に自己PRがしやすいです。

面接官へアピールしたいことは沢山あると思いますが要点を絞って簡潔にまとめることで印象付けることもできます。

志望動機

女性とアイデア

志望動機もとても重要で面接で聞かれる機会が多い質問です。

他の応募者と同じような内容になってしまうと印象に残りません。

何故この会社で働きたいのかを明確にして自分なりの志望動機を考えましょう。

応募先企業で活かせるスキルや企業に惹かれた具体的なエピソードを交えて志望動機を作ると好印象につながります。

まずは企業研究をしっかり行い面接官の求める人物像を明確にしてみましょう。

強みと弱み

転職

「あなたの強みは何ですか」という質問も頻出質問の1つです。

回答するときは面接官の目線でどんな強みが自己PRにつながるかを考えましょう。

その強みを使って入社後にどんな活躍ができるかを面接官にイメージさせる自分なりの強みを準備しておくことが大切です。

応募先企業にて活用できるスキル人物的な長所などについて回答することをおすすめします。

いくつもの長所やスキルがあるからといって、並べ立てるのはNGです。

いくつも強みがあるとどれも曖昧で明確な印象を残せない結果となってしまいます。

どのような強みがあるのかをまず発言し、その強みを証明する具体的なエピソードを添えることが効果的です。

集団面接の入室や退室のマナー

集団面接の際は他の応募者がいるため、面接での入退室の際のマナーが若干異なります。

大きくは変わりませんがとっさに焦ってしまわないように確認しておきましょう。

入室時のマナー

体をかがめる女性

入室はドアに1番近い人、もしくは最初に名前を呼ばれた人からとなります。

自分が先頭で入室する際はドアを3回ノックしてから開けます。

入室したら一旦動きを留めて「失礼します」とあいさつと一礼をしてから入室です。

入室する際には後ろの人にドアノブを譲ります。

ドアノブを譲る際には後ろの人に目礼をしておくと、他者に気を配れる人として印象付けることができます。

真ん中の人はドアノブを譲られたら前の人に目礼、そして前の人同様に次の人にドアノブを譲ります。

入室の際は必ず「失礼します」とあいさつをし一礼しましょう。

最後の人は目礼してドアノブを譲り受けた後「失礼します」とあいさつ、そして一礼をして静かにドアを閉めて入室します。

退室時のマナー

エレベーターのボタンを押す女性

退室時はドアに1番近い人から退出します。

「本日はありがとうございました」と一礼してから出入口のドアへ向かいます。

ドアの前まで行ったら再度面接官に向かい「失礼いたします」とあいさつをしてから退出です。

入室の際と同じようにドアノブは目礼とともに次の人に譲ります。

真ん中の人は隣の人の動きに習ってドア前まで進み、退室前に面接官へ「失礼いたします」のあいさつと一礼をして退出します。

先頭の人と同じように目礼とともにドアノブを次の人に譲ることも忘れないでください。

最後の人も同様に続き、あいさつと一礼を済ませて部屋から出たところで静かにドアを閉めて終了です。

集団面接の注意点

オフィスで面談する女性

集団面接での注意点は落ち着いて行動することです。

他の候補者の言動や動向が気になってしまうと、動きや発言に集中できなくなってしまいます。

過度に反応せず全員同じ応募者という立場なことをよく肝に銘じておきましょう。

ずば抜けて印象の強い人がいると「この人が合格するのではないか」と考え自分に対してネガティブになりがちです。

しかし会社が必要とする人物は必ずしもずば抜けている人とは限りません。

個性の強い人だらけでは、会社がまとまらないためです。

目立たなくとも落ち着いて縁の下の力持ちタイプの人を欲している場合もあります。

失敗をしてしまった場合も慌てずに最後まで取り組む姿勢が大切です。

他の応募者はライバルとなりますが、集団面接では他者と協調する力を計られていることも意識しましょう。

自分だけアピールしたい人やライバルを蹴落としたい人は会社に入っても円滑な人間関係が築けないと判断されます。

同じ立場の同士の気持ちで接する気持ちも大切です。

集団面接での逆質問のポイント

はてな女性

集団面接の最後に「何か質問がありますか」と質問されることが良くあります。

この質問は数少ない積極的にアピールするチャンスです。

とはいっても何でも質問すればいいということではありません。

HPや会社案内をすぐ見ればわかるような質問や給与や休日など待遇面ばかりにスポットが当たった質問は避けましょう。

会社の業務に積極的に取り組もうという姿勢が感じられる質問がおすすめです。

 

ワンポイント

・入社までになにを準備しておくとスムーズに業務に携われますか?

・御社では将来的にどのような展望を考えていらっしゃいますか?

上記のような質問で面接官にアピールしましょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

案内する

転職に関する様々な情報を得るには、転職エージェントを利用するのもおすすめです。

膨大な数の求人情報から受けるべき企業のデーターを取捨選択するのは、とても時間のかかる作業です。

転職エージェントを利用すると自分に合った転職先をピックアップして紹介してくれるので時間の短縮にもなります。

転職エージェントでは実際に応募した人からのデータなど非公開の情報も入手することができます。

企業の人事担当者とパイプがあるなど思いがけないメリットも受けられることがあるのでぜひ活用してください。

転職をしたい場合には、現職の同僚などに相談しづらいこともあるでしょう。

そんな時にも、転職に関することを相談できる先があることは心強いという一面もあります。

まとめ

外回りする女性

集団面接では、個人面接とは違い、他者とのかかわり方やコミュニケーション能力をみられています。

しかし集団面接においても個人面接においても真摯な姿勢で転職に取り組む姿勢が大切です。

しっかり準備しておくと、自信をもって面接を受けることが出来ます。

是非、この記事を参考に素敵な転職先を見つけて下さい。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら