女性の営業職として代表的なのが保険営業です。

保険営業の仕事内容はどのようなものなのかについて解説していきます。

また保険営業をする上であると役立つスキルや、仕事をより円滑にしやりがいを生かせる資格も紹介していきます。

保険営業の仕事内容を解説

コーヒーの画像

生命保険などの商品サービスを通じながら、顧客に推奨して加入してもらうのが保険営業の業務です。

どの保険会社でも女性を中心にしながら営業展開しているパターンが目立ちます。

人生において必要な将来設計にかかわる保険を、顧客目線に落とし込んで分かりやすく説明してくれるのが役目です。

ただし保険営業の場合は、加入してもらったらそれで終わりということではありません。

契約更新・見直などの相談を受けながらアフターフォローも続けていくことになります。

今回は、保険営業の仕事内容を中心に解説していく特集です。

保険営業は大きく2つに分類される

書類の画像

保険営業とは、自社が取り扱う保険商品を顧客へ提案し、契約手続きを行うことから始まる仕事です。

保険にはいくつかの種類がありそれぞれに特徴があります。

将来的にどのようなことへ備えようとするのかで、その特徴を生かした保険に加入するような仕組みです。

現在の主流となっている各種保険の中でも生命保険・損害保険の各営業内容について解説していきましょう。

「生命保険営業」の仕事内容

生命保険営業は、保険対象者が死亡や障害状態になった場合に保険金が出る「死亡保険」がメインの商品です。

何が起こるか分からない人生で、生活基盤を支えるために生命保険加入を考えている顧客をターゲットにします。

他にも、老後の年金を準備する「個人年金保険」もあります。

顧客に最適なプランなどを提案し加入してもらうことが主な仕事です。

また、病気やケガで入院した際の給付金が支払われる「医療保険・がん保険」などもあります。

ケースバイケースで顧客が求めるスタイルを提案していきます。

「損害保険営業」の仕事内容

 

相談を受ける女性の画像

損害保険営業は、主に自動車事故などに備えて加入する任意保険を取り扱う仕事です。

「自動車保険」以外にも、火災を中心に日常生活のトラブルを補償する「火災保険」も取り扱います。

また、旅行時のトラブルを補てんする「国内旅行傷害保険」「海外旅行傷害保険」の加入も勧めます。

中には医療保険・がん保険を扱っているところもあります。

無料転職相談をして転職を成功させよう

保険会社が取り扱う商品を知ろう

パソコンの画像

保険会社が取り扱う商品は、大きく第1分野・第2分野・第3分野に区分されています。

主に第1分野は生命保険会社が対象となり、第2分野は損害保険会社が対象です。

またそのどちらにも該当するのが第3分野として併用されています。

では具体的に、各保険会社の取扱商品について解説しましょう。

生命保険会社が取り扱う商品

生命保険営業とは、生命保険会社が取り扱う保険商品の総称です。

一般的に保険と聞かされれば、病気やけがなどのために備える死亡保険を中心に考えます。

他にも養老保険・学資保険・個人年金保険なども揃えている企業がほとんどです。

これらは第1分野に含まれた保険商品です。

損害保険会社が取り扱う商品

 

商談、女性

損害保険会社によるものが損害保険営業です。

主に自動車保険や火災保険、地震保険を取り扱う、第2分野と呼ばれる部分に該当します。

損害保険の役目は、交通事故や災害などの予期せぬ被害や損害・損失について補償をするために加入する保険です。

契約期間が10年以上の長期になる生命保険と比較すると、損害保険での契約期間は1年から数年といった短期間となります。

両方の保険会社が取り扱う商品

生命保険会社と損害保険会社の両方が取り扱えるのが第3分野に属する保険です。

主なものとしては、医療保険・がん保険・介護保険などが該当します。

今まで存在した生命保険や損害保険へ、さらに上乗せするような内容が多く含まれています。

ただし、むやみに取り扱っているわけではなく、法的にも定められて公認された会社が請け負っています。

詳細は各保険会社に聞いて確認することが必要です。

ワンポイント
保険営業では第1分野から第3分野までの取り扱う商品がある

保険営業に向いている女性の特徴

ノートの画像

保険営業を仕事にするのに向いている性格は、人と会って話をすることが好きな女性は適任といえるでしょう。

あまり他人とかかわりたがらない性格の人には不向きです。

自分の能力だけでコツコツ作り上げるような性格の人には、プレッシャーばかりが気になってしまうでしょう。

人と会話を交わしながら、相手の悩みや困りごとを聞き出せる傾聴力のある人物がより相応しいです。

また、顧客に対して論理的に説明できるスキルも必要となります。

保険はデータに基づくことや規約も多いので、それらを理解してプレゼンができなくては意味がありません。

保険商品は人生に関わり長く契約することもあるので、説明をして納得してもらわなければならないからです。

無料転職相談をして新しい自分を見つけよう

保険営業の仕事のやりがい

スマホを視る女性の画像

保険営業の仕事とは、保険商品の提案から推奨し販売をして成立します。

顧客の人生に長く寄り添っていくことが業務の一貫といえるでしょう。

その渦中にいる営業社員にとって、保険業務にはどのようなやりがいがあるのでしょうか?

ここでは、保険営業の意義ややりがいについて解説していきましょう。

顧客の暮らしをサポートできる

保険営業に携わると、顧客の人生設計についてサポートできることが醍醐味です。

保険の仕事を通しながら、顧客が安心できる将来に向けての手助けができます。

それこそが、保険営業としてのやりがいの1つといえます。

保険商品は長く拘わる商品を提案するので、責任もあり顧客からの信頼も寄せられます。

それを重く受け取るか、やりがいとして自覚するのかは個人差が生じることでしょう。

幅広い知識が身につく

 

相談

保険営業の業務を通じて、生活に役立つような知識を身につけることができます。

保険営業の中で顧客サポートを行うためには、保険商品の知識だけでは不十分です。

実は自社の保険ノウハウに付随した公的支援制度・年金制度などが関係しています。

つまり、税金や行政の制度に関する知識も持っていなくてはなりません。

それらは一朝一夕に身につくことではないのです。

保険営業の業務を積み重ねながら、自身実直に勉強をしてノウハウとして役立てるしかありません。

成果が給料に反映されやすい

保険営業は自分の働いた成果がそのままダイレクトに給与へ反映されるという特徴があります。

成績次第によっては多額の給与を得られるのが魅力です。

それは言い換えると、保険会社の営業とは実力主義そのものということでしょう。

その方式を辛いと感じる人は長続きせず辞めていきます。

一方で、やりがいを感じることができれば一生続けられる仕事でもあるのです。

ワンポイント
誰かの暮らしに長くかかわってサポートできるのが保険営業の魅力

保険営業に求められるスキルは?

パソコンを視る女性の画像

さまざまな顧客のニーズに応えて保険のスタイルを提案するのが保険営業の役割です。

円滑に成果を上げていくためには、いくつかの必要なスキルがあります。

まずは、コミュニケーション能力の高さです。

保険営業の特徴として、全く初対面の人物に対応する機会が多いことがあげられます。

今までに見ず知らずの人物へも営業をしなくてはならない業務です。

誰に対しても臆さずに会話ができるほどのたくましさが欠かせません。

さらには、長い目で顧客と付き合うことになるので、根気の良さが必要です。

一度契約をした顧客もさまざまな性格をしています。

その人たちと長いスパンで付き合っていかなくてはならないので、精神的にも強くなくては務まりません。

  無料転職相談をして悩みを解消しよう

保険営業で成功するためのポイント

花とスマホの画像

保険営業をうまくこなしていくためには、ある程度のやり方を自分なりに確立していくことです。

それは経験を重ねながら少しずつ確立させていきます。長い時間をかけて信頼を勝ち取ることが重要です。

では、保険営業で成功するためのコツについて解説していきましょう。

人脈を大切にしよう

保険営業で成功するコツとして、まずは人脈を常に大切に扱うことがあげられます。

肩書きなどが優秀な人物は世の中にいることでしょう。

できれば肩書きのある人に接近したほうが、営業としては有利になると思われています。

しかし肩書きへ必要以上にこだわっても意味がありません。

些細な周囲の人々とのコミュニケーションを怠っていると、保険営業では良い成果があげられないからです。

むしろ対象となる顧客は、何気ない日常生活を送る一般の人々のほうでしょう。

どのような立場の人とも、常にフラットに付きあえて人脈を広げていけることが望ましいといえます。

常に最新の知識を身につけよう

保険営業で成功するには、いつも最新情報やいろいろな知識を身につける貪欲さが必要です。

保険業界での関連法令は変化してアップデートされています。

保常についての最新情報を必ずチェックしながら顧客へ提案を行うことです。

また、保険以外のことにも敏感になっておく必要があります。

社会的な動きやトレンドも知っていれば、顧客との会話などでの話題作りになります。

契約を急がないこと

もし保険営業を無事に成約させたいと思うのなら、顧客へ無理に契約を急がせないようにしましょう。

商品をすすめたら、家族でしっかり考えてもらう時間を取ってもらうことです。

その場で焦ってはいけません。

顧客と対面する際は、2度目までは相手の話を聞く立場になり適切なアドバイスをするのみにとどめることです。

その上でさらに保険について詳しく聞きたいと連絡が来たら、3度目以降に具体的な提案をするようにしましょう。

保険は長い目で付き合う高い買い物でもあります。顧客の立場も考慮しなくてはならないからです。

ワンポイント
人との接点を大切にする人物が保険営業に相応しい

保険営業に活かせる資格

女性がパソコンを触る画像

保険会社に転職する際に、必須となる資格は基本的にありません

新卒採用であれば、金融とは関係のない学部や専攻の出身者でも、意欲と適性があれば就職できます。

入社後でも社内研修を通じ少しずつ専門知識を身につけていくことで、実戦的な業務はできるはずです。

しかし、所持していればそれなりに役立ってくれる資格も存在します。

そこで保険営業をする上で、できれば取っておきたい資格について紹介しましょう。

生命保険講座

生命保険講座とは主に生命保険会社に所属する総合職が受ける試験です。

生命保険会社の総合職にとっては生命保険講座に合格するかどうかで出世が決まるともいわれています。

全8科目がありすべてに合格しなければなりません。

しかも各科目も難易度が高くて、生命保険の資格の中では最大難関とされています。

ある程度の保険営業にて実績をあげて、その先を目指している人がチャレンジすると良いでしょう。

ファイナンシャルプランナー

保険営業をする上で所持していると、自分に箔がつくのがファイナンシャルプランナー資格です。

ファイナンシャルプランニング技能士は、弁護士・税理士など国家資格や士業のように独占業務は成立しません。

ただしファイナンシャルプランナー資格の良い点はその知名度の高さです。

多くの人にその名称が認知されていることもあり、この資格を所持していれば通用する場面も多くあります。

ワンポイント
生命保険講座やファイナンシャルプランナーなど所持すると役立つ資格もある

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

オフィスの画像

転職についての悩みや不明点があると、なかなか転職活動が思うように進まなくなります。

1つでもクリアして前向きに対処していくようにしたいものです。

そこでおすすめするのが転職エージェントへ登録することです。

転職エージェントは転職に関する専門家です。

些細な転職上での悩みに担当アドバイザーが対応し、適切なアドバイスをしてくれることでしょう。

まとめ

デスクの画像

保険営業は顧客へ将来的安心を与えるための仕事です。ただ商品を売って終わるのではありません。

既存の契約者とのその後の相談を受けることやアフターフォローなども続いていきます。

やりがいを感じれば生涯続けていける仕事だといえるでしょう。

成果を問う部分も多いので厳しい側面もあります。

しかし、人と接するのが好きな人は、チャレンジする価値が十分あります。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!