転職にあたって気になることはたくさんあるでしょう。

給与や仕事内容はもちろんですが、福利厚生・昇給・残業代はきちんと支払われるかなども気になります。

その中で今回は営業事務という仕事について解説していきましょう。

給料の相場や年収を上げるコツ・営業事務に役立つ資格などについて話をしていきます。

営業事務の給料や平均年収を調査

面接

仕事選びで1番といっていいほど重要になってくるのはやはり給料です。

では、今回紹介する営業事務の給料とはどれほどなのでしょうか。

平均年収はどれくらいになるのか、それは一般事務等の他の事務職と比較した場合にどうなのかを説明していきます。

年代別の給料相場

まずは年代別で見ていきます。

求人情報サイトの求人情報などを基に算出された各年代の給料は20代が約18万円、30代が約21万円、40代が約25万円のようです。

50代以降は転職の対象にならないケースが多いため情報を得られませんでした。

実際にその他の職種と比較した場合はどうなのでしょうか。

サラリーマンの平均月収は35万円といわれています。

しかしこれは全ての年代を対象にした場合の平均です。

20代全体の平均月収は22万円となっており、ここだけ見ると営業事務は月収が平均よりもかなり落ちていると思うかもしれません。

しかし男女別の月収で見ると20代男性の平均月収が23.2万円、女性の平均月収が20.7万円です。

そして営業事務の男女比は男性が1割、女性が9割といわれているため、全体的な給料の相場で考えるとそこまで悪くはないでしょう。

地域別の給料相場

キャリアアップ

では次に地域別の給料相場です。

各地域の給料の相場を年収ベースで記載すると関東が355万円、北海道・東北が310万円。

甲信越・北陸が314万円、東海が350万円、関西が337万円、四国が320万円、中国が320万円、九州・沖縄が311万円となっています。

県ごとで違いはありますが、概ねこのような感じです。

見てみると分かる通り、関東・東海・関西が高く他が安いというのは一般的な職種と変わりありません。

ここまで年代別・地域別の給料相場をご紹介してきました。

では実際の営業職との給与の差はどうなのでしょうか。
 
わがままな条件も叶えられる
派遣のお仕事【テンプスタッフ】はこちら
 

営業と営業事務の年収は違う?

ヒアリング

さて、一般的な営業職の給料をご紹介します。

いわゆる法人営業といわれる職業ですが、給与は平均で394万円といわれています。

ここで先ほどの営業事務と給与を比較してみましょう。

営業事務の関東での平均給与が355万円で、法人営業の全体の平均給与が394万円です。

営業の方が給料は高い傾向にありますが、これには営業事務が営業職のサポート的な役割であることも関係しています。

営業がメインで営業事務がサポートなのですから、給料が安くなってしまうのは仕方がありません。

 

ワンポイント
営業事務の関東での平均年収は355万円。

営業事務の年収の構成

ビジネスウーマン

では次に営業事務の年収の構成を見ていきます。

基本給はもちろんですが、残業代が出るのか、各種手当はどうなっているのか説明していきます。

基本給

給料を語る上で外してはならないのが基本給です。

大学卒業後に営業事務として入社後すぐにもらえる基本給は月収にして19万円ほどだといわれています。

ここに次から説明する残業代や各種手当が加わった結果が給与となるのです。

残業代

スマホを使う女性

残業代はどうでしょうか。

営業事務というのは一般的に残業代がきちんと出る職種です。

それもそのはずで事務職は常に一定量の仕事があるため、いわゆる「みなし」といわれるものがありません。

そのため勤務時間外で働いた分の賃金が支払われないということはありません。

残業代は一般的に時給換算されるため、各地方の最低時給を下回らない金額は支給されると考えて良いでしょう。

各種手当はある?

各種手当が出るかどうかに関しては会社によって様々であるため一概にはいえないでしょう。

転職を考える際には果たしてその会社にはどのような手当てがあるのか、ということを調べることが大切です。

ホームページなどで確認できるため、参考にしてみてはいかがでしょうか。

代表的な手当てで行くと一人暮らしで賃貸をした際につく住宅手当や会社までにかかる交通費を出してくれる通勤手当などがあります。

これらは上限が決まっていたりしますので、転職をする際に調べておくといいでしょう。

営業事務で給料が高い人の特徴は

仕事をする女性

営業事務で高い給料をもらっている人というのはどのような特徴があるのでしょうか。

勿論、会社によって求められる人物像には違いがあります。

しかしながら営業事務という職種で求められる特徴というのは存在すると考えて良いでしょう。

ここでは給料が高い人はどのような人なのか、ということを解説していきます。

スキルや経験がある

その特徴の1つが、スキル経験が十分にあることです。

経験は業務に携わって積んでいくしかありません。

長い年月が必要となりますが努力していくことで培われていきます。

これは営業事務に限った話ではありませんが、余計な仕事をたくさんしたからといってそれは経験にはなりません。

それでも給料は上がるかもしれませんが、効率的に仕事ができる方に比べると劣ってしまうでしょう。

ではどういった努力をすれば良いのか。

ここで関わってくるのがスキルですが、具体的にどのようなスキルを身につけると良いのでしょうか。

スキルを証明するものとして重宝されるのが資格ですが、営業事務において資格というのは必須ではありません。

もちろんMOSや日商PC検定、秘書検定などは持っていると強みにはなります。しかしこれらが必ずしも給与アップに繋がるとは限りません。

ではどのようなスキルが必要なのでしょうか。

まず、営業事務は営業担当者の仕事をサポートする事務職です。

そのため最低限のコミュニケーションスキルは必要となります。

事務作業においては資料作成などの業務も担当することになるでしょう。

そのため最低限のPCスキルも必須となります。

ここでいうPCスキルにはExcel・Word・PowerPointといったオフィスソフトを扱える能力も含まれています。

これらが扱えない場合、仕事がスムーズに進まなくなる恐れがあるでしょう。

その他のスキルとして必要なのは作業の正確性、作業のスピード、スケジュールの管理能力です。

事務の仕事では作業は正確でないといけません。

それに加えてスピードが求められることもあるので、仕事が正確で尚且つスピードが速い人の給料はアップするでしょう。

そしてスケジュールの管理能力も必要になります。

営業事務にとって自身のスケジュールだけではなく営業担当者のスケジュールを把握しておくことも重要です。

スケジュールの管理能力には誰の仕事を優先的に行うかということも含まれます。

スケジュールを適切にこなすことができるようになれば、仕事を効率化する能力も上がるでしょう。

役職に就いている

外回りする女性

次に考えるべきは役職です。

しかし職に就くからには達成しなければならないことがあります。

まずは前述したスキルについてです。

役職に就くということは当然ですが、自身の仕事が会社に認められる必要があります。

会社に認められるためにはどうするかというと、それは素晴らしい仕事をする以外にありません。

そうやって成功体験を積んでいくことで会社から認められ、結果として役職に就けるのです。

勤続年数が長い

先述した中で営業事務にはコミュニケーションスキルが必要だということを話しました。

しかし勤続年数が浅い場合には、同じ仕事をしても若いというだけで猜疑心を持たれる可能性があります。

勤続年数に関しては会社に長期間勤めるしか解決方法がありません。

大きな問題もなく着実に仕事をこなしていって、結果会社のためになったと判断されれば会社は給料を上げてくれるでしょう。

昇給のタイミングを年に1回としている会社が多いため数年、数十年単位で会社に居続けることで給料は少しずつ上がっていきます。

この時の上がり幅がどれくらいかを決めるのが前述のスキルや役職なのです。

 

ワンポイント
・スキルや経験が豊富だと高評価に繋がる
・役職は給与に大きく反映される
・勤続年数が長ければそれだけ給与も高くなる

 
わがままな条件も叶えられる
派遣のお仕事【テンプスタッフ】はこちら
 

営業事務で年収を上げるためのコツ

パソコンと女性

ここまで年収が高い人の特徴をご紹介してきました。

次は実際に自分が年収を上げるためにはどうすれば良いのかを解説していきます。

スキルや勤続年数は一朝一夕でどうにかなる問題ではないため、それ以外の方法がないかを考えていきましょう。

給料交渉をしてみよう

まず会社側に対して給料交渉をしてみるという方法があります。

しかし日本ではお金に対しての話というのを避ける傾向にあるため、交渉は難しいと考えられるでしょう。

そのため単に給料を上げてほしいと上司に頼むだけではいい結果に繋がりません。

周囲との人間関係も考えると逆効果かもしれません。

ではどうするか。大事なことはやはり客観的事実です。

ここで使える事実というのがまず、自身のスキルでしょう。

自身の仕事内容が会社にどの程度の利益をもたらしているのかを数字で証明できれば上司も検討してくれるかもしれません。

次に、同業他社との比較です。

他社の営業事務がどの程度の給料をもらっているかを調べて、自分よりも高い給料をもらっているのであればそのことは交渉材料になりえます。

最初にお金に対しての話は好まれないと話しましたが、自分からいわなければ気付いてもらえないということもあります。

もし給料を上げたいのであれば、会社側としっかり話してみましょう。

資格を取得しよう

給料を上げるためにはやはりスキルを身につけるしかありません。

そのスキルが目に見えて分かるのが資格です。

では、どんな資格が良いのでしょうか。

営業事務に関係のない資格を取っても年収に影響を与えることはありません。

営業事務の仕事に関係のある資格を取得するようにしましょう。

どのような資格を取るべきかについては会社が認めている資格が存在する場合もあります。

事前に会社の就業規則について調べておくと良いでしょう。

思い切って転職してみよう

ファイル

これは最終手段ではありますが、どうしても年収を上げたければ思い切って転職をしましょう。

会社が求めているスキルとあなたが持っているスキルがミスマッチなために年収が低いという可能性もあります。

そう感じた場合には転職して、年収アップを狙いましょう。

もし年収アップを狙って転職をする場合には、労働条件に気をつける必要があります。

極端な例になりますが今よりも1日辺り5時間長く働いて年収が数万円しか変わらない場合は今よりも仕事量が増え、大変になってしまいます。

そういったことも踏まえて、自分が働きやすい会社へ転職するようにしましょう。

 

ワンポイント
・給料交渉することで給料が上がる可能性がある
・資格の取得でスキルが証明できる
・転職で年収アップすることがある

営業事務に役立つ資格は?

疑問

転職をするという方法も含めて考えた場合、より良い企業へ転職するのに役立つのが資格です。

資格を持つことで自身のスキルの証明にもなり、実務でもその知識が役立つことでしょう。

ではどんな資格が良いのかを解説していきます。

まずはMOSです。

MOSの資格を所持していることでオフィスソフトに詳しい人であるという証明ができます。

自身の仕事でもWordやExcelを使用する機会は多いので、その知識が役立つことでしょう。

次に秘書検定です。秘書の仕事は他者のスケジュール管理が必須になります。

そのため、秘書ではなく営業事務の実務においても役立つことは間違いないでしょう。

給料を上げるための求人の選び方

ポイント

ここまで給料の上げ方について説明をしてきました。

しかし新卒の場合でも転職をする場合でも同様に給料を上げるための求人の選び方があります。

次はどういった求人を選べば良いのかを見ていきましょう。

賞与や昇給の制度をチェックしよう

転職先を選ぶ際には、賞与・昇給の制度はきちんとチェックしましょう。

賞与が必ず出されているのか、一体どの程度の金額なのかは明確にしている企業が多いのでしっかりと見ておきましょう。

次に昇給です。

年に一回、必ず昇給があるところなのか、何か実績を残さないと昇給されないのか等が求人情報に書かれているケースもあります。

そのためその辺りもしっかりと確認をしておきましょう。

福利厚生はちゃんとしているか

資料を見る女性

次に確認すべきは福利厚生です。

福利厚生と一言でいうとどんなものがあるのか分からないという方もいると思いますが、代表的なものでいうと交通費や住宅手当です。

他にも、育児手当などというものもあります。

また、資格取得手当がある会社もあるため、それらをしっかりと調べることで給料アップに繋げることができるでしょう。

 

ワンポイント
求人を見る際は賞与や昇給・福利厚生について確認しましょう。

営業事務の給料相場やポイントをチェックして年収を上げよう

強い女性

ここまでに説明してきた内容を実践していくことで年収アップを目指しましょう。

まずチェックするべきは営業事務の給料相場です。

また、給料を上げるポイントについてもしっかりと押さえていきましょう。

会社に認められるためには資格を取るのが1番の近道です。

これらを守ることで年収アップを目指していきましょう。
 
わがままな条件も叶えられる
派遣のお仕事【テンプスタッフ】はこちら
 

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

スマホを持つ女性

実際に営業事務に転職しよう、と思った際には様々な悩みが出てくることでしょう。

給料だけの問題ではなく悩みは様々です。

もしも悩みが出てきた時には転職エージェントに相談をすると良いでしょう。

転職上での悩みであれば、プロフェッショナルの立場から様々なアドバイスを行ってくれます。

安心して転職活動を行っていくためにも、転職エージェントを活用することを検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

笑顔のビジネスウーマン

今回は営業事務の給料相場、年代別の給料相場を紹介しました。

年収アップのコツについても記載したので、これから営業事務を目指す方の参考になれば幸いです。

また、今後転職活動を行っていくにあたって不安点を解消していきたいという方は転職エージェントに相談してみてはいかがでしょうか。

エージェントを活用することで万全の対策を行って転職活動を進めていくことができるでしょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら