皆さんは「情報商材」という言葉をどこかで聞いたことがありませんか?

特にお金稼ぎや転職のノウハウがネット上でも簡単に出回るようになりました。

そんなネット上に出回る情報商材は多くの場合「無形商材」を指しています。

この無形商材は「風の時代」において需要が高まるものと推測されます。

今回はその無形商材の営業に女性が転職する方法を具体的に解説しましょう。

面接で聞かれることや向いている人の特徴も併せて紹介しますので是非参考にしてください。

無形商材の営業に転職する方法を解説

情報商材

無形商材の営業に転職する方法ですが、その前にまず説明すべきことがあります。

勘のいい人ならおわかりでしょうが、無形商材とは「有形商材」の対義語です。

無形商材とは読んで字のごとく「物質的ではない商材」を意味します。

後述するIT・広告・人材をはじめとする「情報価値」がそのまま商品となるもののことです。

これとは反対に明確な輪郭や形を持った商品が「有形商材」に相当します。

我々が使っている日用品・家電・衣類・不動産などの具体的な形のあるものです。

転職を考える際はその業界がどちらの商材を扱っているのかを意識してください。

無形商材の主な種類

それでは無形商材の主な種類を解説していきましょう。

IT

IT

最もわかりやすい無形商材がいわゆるIT系の商材です。

プログラミングやシステムエンジニア・ITコンサルタントなどが該当するでしょう。

歴史がまだ浅い発展途上の分野ということもあり非常に需要が高い無形商材といえます。

特にここ数年は「テック化」、すなわちITによって事業を効率化する動きがめざましいです。

物販のECサイトや電子書籍などの有形商材を無形商材と組み合わせて更なる利益を生み出します。

こうした仕組みの大元を作る最先端の技術を担っているのがこのIT業界の無形商材です。

広告

2つ目が動画やブログに付いている広告費であり、こちらも無形商材の1つです。

有名なところだとアフィリエイトやYouTuberなどがそうではないでしょうか。

こういう人たちは動画の再生数やブログのアクセス数で収益化を図ります。

その収益化を成立させるための広告を考えるのが広告業界の仕事です。

お仕事を通してインフルエンサーや有名人と関わることもあります。

人材

人材

そして3つ目が転職サイトや転職エージェントのような人材系の仕事です。

人材とは「人財」ともいえるほど最大の利益となる普遍的なビジネスではないでしょうか。

埋もれている人材と企業をつないだり、あるいは企業同士をつないだりします。

人間が生きていく上で一生なくなることのないものは人間関係です。

有形商材は形あるものであり、形あるものはいつか無くなります。

しかし人間関係だけは仕事をしていく上で決してなくなることはありません。

だからこそ企業は1番「人」に対して投資を行うのではないでしょうか。

 

ワンポイント
・無形商材は明確な輪郭のないビジネスである
・人同士をつなげる仕事がなくなることはない

無形商材営業の特徴

無形商材営業

このように無形商材営業の特徴は「形がないものを扱う」ことにつきます。

そのため無形商材を扱う企業は個人が広く裁量を持つことが多いです。

そういう意味では有形商材以上に求められるスキルや能力が高くなります。

有形商材の場合は形ある商品の魅力を説明しお客様に提案できればいいのです。

企業の方で商品の宣伝なども行うので個人の裁量や意思は大きく影響しません。

それに対して無形商材営業は自ら考え宣伝し行動に移す必要があるのです。

つまるところ「自己プロデュース」をどれだけ魅力的に行えるかではないでしょうか。

無形商材営業に必要なスキル

それでは無形商材営業に必要なスキルをこれから紹介しますので参考にしてください。

ヒアリング力

ヒアリング

まず基本的な能力としてヒアリング力は無形商材営業に必須のスキルです。

特にコンサルタント業の場合この能力がなければ始まりません。

まずは徹底して顧客の悩みに耳を傾けて問題や課題の原因を引き出します。

全ての悩みを聞き終えるまではこちらから勝負を仕掛けないことが大切です。

営業力において最も大事なものは「話す力」ではなく「聞く力」にあります。

お客様の意思を無視しての営業は単なる押し売りでしかありません。

悩みや問題点を引き出して現状分析を行うことが最初の段階で求められます。

問題解決力

問題解決

ヒアリングによる現状分析が出来たら次は問題解決の提案を行うことです。

もちろん問題解決のスキルは有形商材のビジネスにおいても求められます。

有形商材の営業では具体的な商品の魅力でその問題を解決できることがほとんどでしょう。

しかし無形商材の場合は形がない分有形商材以上に厳しくこの解決力・提案力が求められます。

例えば経営難に陥っている企業の再生や再生数が伸び悩むインフエンサーへの解決策などがそうです。

有形商材では解決できない高度な悩みをどう解決するのかが求められます。

上記の「自己プロデュース」はまさにこの問題解決の部分で強く問われるのです。

 

ワンポイント
・無形商材は有形商材以上にシビアなヒアリング力と問題解決力が求められる
・その理由は有形商材営業では解決できない高度かつ抽象的な悩みを解決する仕事だからである

無形商材営業に向いている人の特徴

このように無形商材営業には非常に高度なスキルが求められることがわかりました。

それでは無形商材営業に向いている人の特徴を解説します。

想像力がある人

想像

まず1つ目が様々なところに想像力を発揮することができる人です。

世の中にある全てのものに「なぜ?」と問うことができる人には向いています。

上記のヒアリングはまさにこの「想像力」が根底にあるからできることです。

相手がどこに悩んでいて、何が原因かを探るためには本質を察する力が求められます。

問題の本質が理解できなければ相手に必要な答えを返すことはできません。

だからこそ常に世の中にあるものに対して「なぜ?」を問う習慣を作ってください。

そしてその「なぜ?」に対する根拠づけを行うようにしていきましょう。

多角的にものを考えられる人

チームワーク

2つ目に様々な角度からものを考えられる人もまた無形商材営業には向いています。

無形商材の営業で難しいことの1つが形のないものにお金を支払うことへの抵抗です。

馴染みのないものだと「何のメリットがあるのか?」と不安に思う顧客もいるでしょう。

そういう顧客に対して情報商材の魅力やメリットだけアピールしても押し売りにしかなりません。

大事なことはデメリットや他の解決策などもしっかり提示することです。

そのためには普段から様々な分野の知識や方法論を勉強する必要があります。

その知識や方法論を顧客の悩みや問題に調整して提供することで初めて成立するのです。

 

ワンポイント
・常に「なぜ?」を問い問題の本質に迫る想像力が必要である
・問題に対して様々なアプローチで解決策を提案する人が向いている

無形商材営業が難しいといわれる理由

情報商材

無形商材営業が難しい理由を上記してきたことの中から2点に絞ってまとめます。

  • 個人の営業力が問われる
  • 既存顧客との関係性を維持する必要がある

1つ目に関してはこれまで説明してきた通り個人の裁量が大きく影響する仕事です。

目に見えない商材を販売しなければならないのでハードルがどうしても高くなります。

場合によってはお客様から「詐欺」扱いされかねないリスクを伴う営業です。

だからこそ顧客に「信頼できる商品」であると納得してもらう必要があります。

そして2点目に関しては、ただ顧客に解決策を提案して終わりではありません。

その提案を顧客が実行に移して改善が可視化されなければ意味がないのです。

それで無理だった場合顧客は離れていき縁を切られてしまうこともあります。

提案した後のアフターフォローこそが無形商材営業で最も大切なところです。

無形商材営業が女性におすすめな理由

このように無形商材営業は非常に高度でテクニカルなお仕事です。

これらが若い女性におすすめである理由を解説しましょう。

育休や時短の制度が整っている

育児

1つ目に育休や時短の制度が整っている環境で仕事ができることです。

特にIT業界や人材紹介の会社は「人」を大切にしなければ成り立ちません。

だからこそ結婚・育休などのライフイベントがある女性向けの制度があるのです。

また会社によっては定時よりも早めに仕事を終える日があるところもあります。

メリハリをしっかりつけることで生産性の向上にも大きく貢献するのです。

そうした風通しの良さがこの無形商材営業のメリットでしょう。

勤務地のアクセスがいい

2つ目に無形商材営業の会社は勤務地のアクセスがとてもいいことが挙げられます。

特に東京や大阪のような都心部では駅からとても近いところに勤務地があるのです。

これはお客様の元に素早く営業できるようにアクセス面が配慮されています。

その為わざわざ通勤に車を購入しなくてもいいというメリットがあるのです。

有形商材とはそこが大きく違うので非常に柔軟かつ自由闊達な営業が可能になります。

また今ではリモートや在宅ワークを導入する企業は増えているのも大きな利点です。

キャリアアップにつながりやすい

キャリアアップ

そして3つ目に大きなキャリアアップにつながりやすことです。

現在の転職市場では多くの求人において無形商材の営業経験者が優遇されます。

それだけ需要が多いので未経験に比べて一気に選択肢の幅が広がるのです。

特に目に見えないものが重要な価値を持つこれからの時代にはうってつけでしょう。

そして何よりも上記の営業スキルがそのまま成果として反映されやすいのです。

稼ごうと思えば高年収も夢ではなく、成果がそのまま報酬となります。

リスクが大きい分得られるリターンも大きいのが最大の魅力です。

 

ワンポイント
・時代に即した柔軟な勤務形態が整っている
・とても立地条件の良いところで仕事ができる
・キャリアの選択肢が広がるので転職活動に有利である

無形商材営業の面接で聞かれることとその回答例

面接

それでは無形商材営業の転職面接ではどのようなことを聞かれるのでしょうか?

ここではその回答例とともに3つほど紹介します。

「前職は不動産業界だったのに、なぜIT業界へ転職しようと思ったのですか?」

「御社の提唱する〇〇というプログラムに非常に強い興味を持ったからです。

前職の不動産営業では家という商品を売ることが目的だと思っていました。

しかし本当に大事なのは家の販売を通したお客様の「幸せ」であることに気づいたのです。

そこに気づき始めてお客様の悩みに向き合い始めると昨年売上が120%アップしました。

そして現在不動産業界もより無形のものを重視した不動産テックを構築し始めています。

そのプログラムの大元を作り様々な人に豊かな暮らしを提供する形で貢献いたします。」

まずは有形商材の不動産業界から無形商材のIT業界へ転職する際の志望動機です。

不動産営業を通して本当に大切なものが形のないものであるというのは納得できます。

また120%アップや不動産テックなど最新のトレンドを押さえているのも好印象です。

「今うちの広告のアクセス数が1000なんだけど、これを100万まで伸ばすにはどうすれば良いと思う?」

「1番強く伸びるのはやはり影響力を持ったインフルエンサーに営業して宣伝してもらうことです。

また単に広告を出すだけではなく、どの層に向けてアピールするのかも大事だと考えます。

その年齢層に合致する方となると〇〇さんが宣伝の広告塔としておすすめではないでしょうか。

顧客単価も非常に高いですし年齢層もこの広告と一致しているので、この方にアピールしてもらいましょう。」

情報商材をどのように宣伝するかという提案力営業スキルを問う質問です。

ややイレギュラーな形となりますが、入社後に力のある営業マンになれるかを試しています。

市場分析や業界の問題点を踏まえて集客やターゲットなど具体的な方法を提示した模範回答です。

「あなたにとってのリーダーシップとは何でしょうか?」

「私にとってのリーダーシップとは「周囲が自発的に動く仕組みを作ること」です

そのためにはまず目標数値を設定し、全員にどれくらいできそうかを聞いて回ります。

その上でヒアリングした結果を元にスケジュールを組み立てて動くことです。

大事なのは数字で目標を可視化すること近いところからゴールを組み立てることにあります。

前職でリーダーを務めた際にはそのようにして毎月の目標を達成していました。」

管理職を目指すことを前提にした「リーダーシップ」に関する質問と回答です。

世間一般にありがちなリーダーシップではなく具体的な言葉で説明しています。

経験談に基づいている方法論であるため非常に説得力がある回答です。

転職の悩みは転職エージェントを活用しよう

転職エージェント

無形商材の営業はこのように見ていくと、とても難度の高い仕事であることが伺えます。

はたして無形商材の営業職に転職するためにはどうすれば良いのでしょうか?

そんな悩みや疑問をお持ちの方は是非転職エージェントに相談してみてください。

転職に関する様々なアドバイスのみならず非公開求人も紹介してもらえます。

転職のプロの力を積極的に活用して素敵な転職活動にしましょう。

まとめ

無形商材

いかがでしたか?

今回は女性が無形商材の営業に転職する方法を解説してきました。

非常に高いスキルを求められる分やりがいもあり将来性が高い仕事です。

だからこそ自由な働き方を求める女性の方には最適だといえます。

本稿が少しでも無形商材営業を目指す人のお役に立てば幸いです。

素敵なキャリアパスを築いていってください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら