事務職をはじめ多くの求人で見かける資格の1つが「ビジネスキャリア検定」ではないでしょうか。

通称‟ビジキャリ”とも呼ばれるこの資格はさまざまな分野の企業で歓迎条件になっています。

そこで、女性にも人気資格のビジネスキャリア検定について詳しく解説。

女性の転職活動でビジネスキャリア検定を取得する‟メリット”とは?

また検定資格を活かせる求人や検定合格者のリアルな声もご紹介しましょう。

Contents

ビジネス・キャリア検定を活かせる求人情報を解説

資料を持つ女性

「ビジネスキャリア検定」は中央職業能力開発協会(JAVADA)による民間資格です。

厚生労働省の規定する特別民間団体であることから国家資格ではないものの「公的資格」とされています。

このビジネスキャリア検定は主に事務系業務についての専門知識が習得・評価できる検定です。

分野が8つに区分されていることから検定資格を活かせる求人範囲もそれだけ広がります。

製造系事務職や総務事務の求人でも「ビジネスキャリア検定〇科目〇級」と条件の記載があるほどです。

また企業によっては人材開発の‟実践的な学習法”として社員教育に用いることもあります。

このことから一定の企業ニーズと検定資格を活かせる環境があるといえるでしょう。

ビジネス・キャリア検定の各級の概要を知ろう

ビジネスキャリア検定試験には全部で8つの試験分野があります。

またそれぞれの分野には複数の等級が存在しているのです。

こちらではそんなビジネスキャリア検定の概要をご紹介しましょう。

「ビジネスキャリア検定BASIC級」

初心者マークを持つ女子

ビジネスキャリア検定の中でも初級レベルにあたるのが「BASIC級」です。

主に学生や就職希望者のほか新入社員の人などが対象となっています。

ビジネスキャリア検定のBASIC級は8つの分野の内、2分野にしかありません。

1つ目は販売や生産など会社の生産活動を総合的に管理する「生産管理」。

2つ目は生産に使う原材料の調達から販売までの物流を管理する「ロジスティクス」になります。

BASIC級の試験の出題は真偽法の70問を1時間以内に解くという形式です。

出題数に対して70%以上の正解でBASIC級の合格となります。

「ビジネスキャリア検定3級」

 

電卓を使う女性

ビジネスキャリア検定の「3級」は全ての試験分野に存在します。

そこから各分野を更に細分化して、それぞれの専門知識を習得・評価できるシステムです。

たとえば「経理・財務管理」は経理の簿記・財務諸表と原価計算、財務管理の3つに区分されます。

そのため3級は全部で15種類の試験区分に分けられているです。

この3級はおよそ3年程度の実務経者を持つリーダーや課長レベルの試験内容になります。

出題形式は4つの選択肢から1つを選ぶもので出題数は全部で40問。

110分の試験時間内で合格ラインである60%以上の正解率を目指します。

「ビジネスキャリア検定2級」

腕組みをする女性

3級と同様にビジネスキャリア検定の「2級」も全試験分野にあります。

2級では3級よりもさらに細かい試験区分がされておりその総数は19区分です。

こちらは実務経験が5年以上の課長やマネージャーレベルの問題が出題されます。

2級の出題数や試験時間、また合格基準も3級とほぼ同じです。

しかし、出題形式が4肢択一から5肢択一へと増えているため注意してください。

「ビジネスキャリア検定1級」

女上司

検定内で最も難関といわれるのがこのビジネスキャリア検定「1級」です。

2016年の前期試験から新たな試験分野が追加され、その数は全部で8分野。

試験レベルは実務経験10年以上の部長・ディレクター相当の内容になります。

出題形式は文章で答案を書きこむという「論述式」が全2問です。

しかし、出題数に反してその試験時間は2時間半と長時間に及び難易度の高さが伺えます。

合格ラインは各問題の正解率が30%を越え、なおかつトータルでも60%以上で合格です。

 

ワンポイント
1~3の等級と初心者レベルのBASIC級の計4つの等級があり、8つの試験分野ごとに異なる。

ビジネス・キャリア検定の資格取得のメリット

まるの札を持つ女性

ビジネスキャリア検定の資格取得で得られるメリットにあなたも興味があることでしょう。

公的資格ですがどなたでも受験できるため比較的、資格取得のハードルも低めです。

そのためまずは働きながら「資格」を取得したい人、いずれ国家資格を目指したい人に最適でしょう。

また企業によっては検定試験で1科目合格するごとに手当が支給されるケースもあります。

転職時では自分の能力を明確に把握して企業アピールにつなげることも可能です。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

ビジネス・キャリア検定が活かせる職種は?

もともとは「ホワイトカラー」向けに始まった検定資格であるビジネスキャリア検定。

その資格を活かせる具体的な職種について以下で詳しくご紹介しましょう。

「人事」

面接の質問

就活でも採用担当者として知られるのが「人事」です。

しかし、人事のお仕事は何も従業員の採用だけではありません。

人材の育成や人員計画のほか安全と労務管理など就労に関する全てを日々サポートしています。

ビジネスキャリア検定ではこれを「労務管理」と「人材開発・人事」の2つに区分。

最終的には1級で全ての専門分野をマスターし総合的なマネジメントが身につく仕組みです。

経営資源とリスク管理などその知識は人事の仕事で最大限に活かされます。

「経理」

電卓を見せる女性

企業の大切な経営資源である資金管理を行う「経理」も資格を活かせる職種です。

経理では資金管理を行う上で必要になる会計伝票処理や納税申告など法的な知識も使います。

ビジネスキャリア検定ではこの基本的な「経理」の実践的な知識が身につくのです。

また同分野には資金調達など経営に関わる「財務管理」もあります。

そのため経理を経て将来的には経営分析に関わる業務がしたい人にも人気がある資格です。

「営業」

営業

ビジネスキャリア検定には「営業・マーケティング」という試験分野があります。

2・3級では特に営業部やマーケティング部を対象としたより実践的な試験内容です。

営業分野では顧客の訪問から商談、アフターセールスまでの基本的な接客テクニックが身につきます。

そのため営業職は未経験という人が転職を有利にする資格として受験することもあるのです。

女性の求人では接客を伴うことが多いため営業のお仕事なら検定資格を十分に活かせることでしょう。

 

ワンポイント
ビジネスキャリア検定が活かせるのは「人事」「経理」「営業」の3つ。

ビジネス・キャリア検定を取得のための対策と資格の活かし方

ビジネスキャリア検定に合格するための学習対策の方法と資格の活かし方を解説します。

資格取得のための対策方法

試験勉強

まずビジネスキャリア検定の資格取得対策には「過去問」のおさらいをお勧めします。

なぜなら試験内容のおよそ4割が過去の問題から出題されているからです。

2級や3級では複数の選択肢から答えを選ぶ形式でその問題数は全40問になります。

つまり合格ラインは60%以上ですのでおよそ22問正解できれば合格です。

このように過去問を重点的に学習すれば独学でも合格ラインには十分届くことでしょう。

なお中央職業能力開発協会(JAVADA)が発売するテキストや過去問集なら学習教材として最適です。

資格取得後の活かし方

資格を取得した後、それをどう活かしていくかはあなたの描くキャリアパスで変わります。

ビジネスキャリア検定は大まかな8分野から更に細かい各専門分野へと分かれていくのです。

つまり目的に合った分野の資格を取得することで差別化と専門性を「強み」として活かせます。

まずは自分がどんなキャリアを築きたいのかをしっかりと考えましょう。

またビジネスキャリア検定を人材開発などで活用している企業なら資格を活かした仕事が可能です。

 

ワンポイント
自分のキャリアパスを考慮して資格取得には過去問を活用、転職では検定を活用している企業を選ぶ。

ビジネス・キャリア検定を履歴書に書こう

企業アピールのファーストステップといえるのが「履歴書」です。
ビジネスキャリア検定を履歴書でアピールするポイントを解説します。

履歴書に書けるのは何級から?

疑問

ビジネスキャリア検定にはたくさんの分野と等級があります。

資格の全てを書きたいところですが、企業アピールに使うなら難易度の高い等級ほど有効です。

初級レベルのBASIC級は限られた分野にしかないため実質3級が‟初級”扱いになるでしょう。

そのためビジネスキャリア検定で企業にアピールできるのは「2級」以上からになります。

履歴書に書く資格の正式名称をチェック

履歴書と四葉のクローバー

履歴書記入ではどんなに長い名称でも省略せずに「正式名称」で記入するのが基本ルールです。

もちろんビジネスキャリア検定の資格について書く時もこのルールを守ります。

ビジネスキャリア検定は分野や区分、等級もたくさんあるため混同しないよう注意しましょう。

またネット上では「・」を「、」とするなど資格名称の表示が異なる場合があります。

さらに資格名称自体が取得後に変更されることもあり得るでしょう。

履歴書に書く資格の正式名称とは、すなわちあなたが‟取得した時点”での正式名称です。

中央職業能力開発協会(JAVADA)から発行される合格証で正式名称をチェックしておきましょう。

 

ワンポイント
企業にアピールするのは2級以上から、履歴書には正式名称で記入する。

ビジネス・キャリア検定の合格者の声

ビジネスキャリア検定に合格した人ならではの‟リアルな意見”は大変参考になります。

実際、どのように仕事に活かせたのか合格者の声をまとめてみましょう。

人事担当の方の声

ファイルを持つ女性

「漠然と業務をこなしていたのが試験勉強で体系的な知識を学び仕事への姿勢が変わりました」

「実務だけでは得られない知識の習得で対応できることが増えたと実感できます」

「合格後は個人だけではなく企業目線で考えられるようになったのが大きなメリットです」

「人事において基礎知識やスキルの習得領域を把握する助けになっています」

経理担当の方の声

ポイント

「会社の昇格要件で受験し漠然とした法的根拠や原則の解釈がはっきりと理解できました」

「分野は細かいですがそれぞれ深い知識が身につくため業務レベルの向上と自信もつきます」

「自分の判断の根拠を自信を持って提言できるようになり経営の意思決定時に役立っている」

「能力値を客観的に測る指標として活用、自分の能力アピールが的確にできるようになりました」

営業の方の声

資料を見せる女性

「仕事上数字を扱うことが多いですが資格取得で「考え方」を学びその必要性を実感できました」

「検定の出題範囲が業務的な内容なのでテキスト自体も実用書として役立っています」

「本資格の勉強を通してエリアを絞った営業活動計画の策定ができるようになりました」

「顧客との接し方や考え方、法務などの基本的な知識が身につき日々の業務に役立っています」

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

ビジネス・キャリア検定が活かせる求人の探し方は?

社員教育、指導

ビジネスキャリア検定を受験するのは現職や転職で‟キャリアアップ”を目指す人達です。

キャリアパスに合わせた知識をピンポイントで習得できるのがビジネスキャリア検定の魅力でしょう。

もし転職活動で検定を活かせる求人を探すならビジネスキャリア検定を積極活用する企業を選びます。

たとえばOJTなどの人材育成をはじめ、昇格要件にビジネスキャリア検定の資格取得を推奨する会社。

また、それぞれの分野で取得した資格に応じて「手当」を支給する企業などです。

このように検定を積極活用している企業ならあなたの資格も最大限に活用できるでしょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

,転職エージェント

とはいえ数ある企業の中から「ビジネスキャリア検定」に重きを置く企業を探すのは大変です。

全ての求人応募要項に「ビジネスキャリア検定〇級求む」と書いてあるとは限りません。

また気になる企業を見つけても資格が活かせるかわからないと転職にも踏み切れないでしょう。

そんな時は転職情報に精通した「転職エージェント」の活用がおすすめです。

なかなか表に出ない企業情報も転職エージェントならわかります。

また多くの転職者をサポートしてきた経験からあなたの最適な転職先を見つけることも可能です。

まとめ

ファイルを持つスーツの女性

公的資格のビジネスキャリア検定は国家資格ほどの認知度はないかもしれません。

企業や採用担当者によってはビジネスキャリア検定を‟知らない”こともあるでしょう。

そうなれば転職面接であなたの実務能力やスキルを正確に判断できないこともあり得るのです。

あなたの実力をきちんと判断できる企業への転職こそが検定資格を活かせる「天職」になります。

自信を持って働けるそんなあなたの天職をぜひ見つけてください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら