転職活動の際、自分にその仕事が合っているかを確認するための適性検査を受けることがあります。

適性検査にはさまざまな種類があり、それに合った対策を取ることが高得点獲得のカギです。

この記事では、転職活動中に受ける可能性のある適性検査のうち、「eF-1G」について取り上げました。

「eF-1G」の概要や対策、問題例などを紹介しますので、転職活動中の人はぜひお読みください。

転職の適性検査「eF-1G」の対策方法を解説

無形商材

「eF-1G」はエフワンジーと読みます。

心理学や統計学、さらには比較文化学といった幅広い分野の第一人者が監修する適性検査です。

測定項目が194項目と業界最多で企業側としては求める人財を特定することに役立ちます。

また、「eF-1G」はイノベーションに関わる領域および環境変化への適応に関する領域の2つを測ることができます。

「eF-1G」は高度な思考力はもちろんひらめきも必要な試験であり、適性検査の中では難易度が高めといわれているものです。

ですが試験の特徴や問題例を事前に把握し対策を取っておけば安心して受けることができます。

スムーズに突破するためにも「eF-1G」について情報収集をしましょう。

 

ワンポイント

適切な情報収集が突破のカギです。

 

適性検査「eF-1G」を行う目的や難易度は?

悩む女性

「eF-1G」がなぜ行われるのか、また難易度はどのぐらいなのでしょうか。まずは「eF-1G」の目的や難易度を解説します。

「eF-1G」を行う目的

企業が「eF-1G」を行う目的として、取りたい人財を特定し、応募者がそれに適合しているかをチェックすることが挙げられます。

決して応募者のみしか受けられない試験ではありません。

社員に「eF-1G」を受検させることで、自社で活躍する人財の傾向を掴むことも可能です。

それから社員の回答データを用いることで自社はどんな人財を採用するべきかが明らかになります。

すなわち自社社員の傾向から必要な人財の特徴を把握し、応募者がそれに適合しているかをチェックするのです。

また「eF-1G」は受験者を8つのタイプに分ける検査です。

タイプの例として「バランスがとれる」「自己世界に生きる」「周りをサポート」などが挙げられます。

応募者がどのタイプに属するかを把握することで、相性の良い面接官を選ぶことができます

採用後にタイプにあった教育係をつけたりすることも可能です。

「eF-1G」は応募者が自社に合っているか、どんなタイプであるかを判断するために行われる適性検査です。

「eF-1G」の難易度

3374631_m

「eF-1G」の難易度ですが、世間で言われているほど特別難しいというものではありません

とはいえ対策方法があまりないのが現状なため、掴みづらい試験ではあります。

また一問一問に制限時間が課せられているため、心理的に焦ってしまう可能性が高いです。

他の適性検査と違いクセのある問題も多いので、難しく感じる人は少なくありません。

ですが最初に申し上げたとおり難易度自体が特別高いわけではないです。

適性検査の中ではやや難易度が高めとは言われていますが、「eF-1G」はあくまで企業との適正について測るものです。

学校で受ける実力試験のようなものとは違うため、あまり身構えずに受けるようにしましょう。

適性検査「eF-1G」はどんな問題が出る?

疑問

「eF-1G」では19ブロック114問の能力テストと251問の性格診断を受けます。

その中でどのような問題が出るかを紹介します。

能力検査「言語系」

能力検査の1つが言語系です。こちらはその名の通り言語関連の問題が出ます。具体的な内容は以下の通りです。

  • 語句の用法
  • 四字熟語
  • 漢字
  • 読解問題

「eF-1G」の言語系能力検査の内容については、国語の試験を想像してもらうのが一番近いでしょう。

語句や四字熟語の意味を問われたり漢字の読みを答えたり、長文読解をしたりします。

日本語力が求められる検査です。具体的な出題例については後述します。

能力検査「非言語系」

もう1つの能力検査は非言語系と呼ばれるものです。国語に絞られた言語系と違い、幅広い分野の問題が出ます。

具体的な内容は以下の通りです。

  • 四則計算(足し算、引き算、掛け算、割り算)
  • 地図の解読
  • 数字と記号を使用した問題
  • 記憶力の測定

算数から社会まで多様な問題が出ますが、それほど難易度の高いものではありません

。落ち着いて考えれば解けるレベルの試験です。

とはいえ能力検査は最大30分ですので短い時間で回答しなければなりません。

厳格な時間管理と迅速な処理能力が必要といえます。こちらも出題例は後述します。

性格検査

評価された女性

性格検査は正解がある検査ではなく、自身の性格を伝えるための検査です。所要時間は20分から40分です。

例えば質問文に対して近い回答を選んだり、特定の状況下においてどのような行動を取るかを答えたりします。

こちらは他の適性検査とあまり大きな違いはないでしょう。

自身について正直に答える検査ですので、特別な対策は必要ありません。

なお適正を検査するための試験ですので、求められているだろうと思われる回答は選ばないようにしましょう。

あくまで正直に自分の答えを選ぶ必要があることを忘れてはいけません。

適性検査「eF-1G」の特徴

適性検査を受ける際のポイントとして、事前に試験の特徴を掴んでおくことが挙げられます。

そこで、「eF-1G」の特徴について紹介します。

能力検査のブロックごとに時間が決まっている

「eF-1G」は厳密な時間管理が必要な試験です。

能力検査と性格検査に分かれていることはお話したとおりですが、能力検査はブロックごとにも時間が決まっています。

つまり19ブロック114問のうち得意なブロックをさっさと済ませて苦手なものに時間をかける、という戦法はとれません。

そのブロック内で時間をかけるべき問題を即座に把握し、それに合わせた時間配分をする必要があります。

問題の内容そのものよりも、ブロックにおける時間配分が大変な適性検査です。

問題の種類は多くない

オッケーサインを出す女性

「eF-1G」の特徴として、問題の種類自体はあまり多くないことが挙げられます。

どういうことかというと、問題制作会社が作成した問題が少ないのです。

そのため何度も受検していると見たことのある問題に遭遇する可能性がかなりあります。

似ている問題ではなく全く同じ問題ですので、当然答えも同じです。

もし転職活動中に複数社で「eF-1G」を受ける機会があれば、その過程で同じ問題が出るかもしれません。

一度見たことのある問題であれば回答が容易なため、安心して試験を受けることが可能です。

 

ワンポイント
時間配分に注意が必要ですが、複数回の受検で自然と慣れていきます。

適性検査「eF-1G」の出題例「言語系」

ノートパソコン、悩む女性

「eF-1G」ではさまざまな問題が出題されますが、事前に出題例を知っていれば気が楽になります。

まずは言語系の能力検査で出題される問題の例を紹介します。言語系は、わりと知識を問われる問題です。

基本的な漢字の読み

言語系能力検査で避けられない問題の1つが、漢字の読みです。

簡単な問題からあまり見ない単語まで出てきますので、語彙力が求められます。

漢字の読み問題については特別な対策方法がないため、日頃から本や文章をたくさん読むことが一番です。

四字熟語

四字熟語問題は、四字熟語の意味を答える問題というよりは、その意味に当てはまる四字熟語を選ぶ問題が出ます。

例えば「へりくだって恐縮するさま」という問題が出れば、複数ある選択肢から「平身低頭」を選びます。

四字熟語は日頃あまり使わないので、意識して勉強することが必要です。

読解問題

読解問題はいろいろな種類があります。最も一般的なのが、空欄補充です。

ちょっとした長文がありますが、一部が空欄になっています。

文脈からその空欄に当てはまる語句が何かを回答するというものです。

長文といっても数十秒程度で読める文章ですので慌てなければ問題ありません。

日頃から文章を読む習慣があると解きやすいでしょう。

 

ワンポイント
日頃から文章をよく読むようにしましょう。

適性検査「eF-1G」の出題例「非言語系」

仕事をする女性

続いて、非言語系の能力検査で出題される問題例を紹介します。

こちらは知識そのものよりもひらめきや思考力が問われる問題です。

四則計算

まず、電卓を使う必要がないレベルの簡単な四則計算が出題されます。

同じ式に足し算と掛け算が混在している場合は掛け算を先にするなど、基本的な知識で解ける問題です。

桁数は少なめで式も短いため、暗算でも問題なく解くことができます。簡単な問題だからこそ、計算ミスには注意が必要です。

積み木問題

積み木問題とは、立方体を積み上げたときの平面図がどのようになるかを答える問題です。

4つの選択肢からその立体の平面図として適さないものを選びます。

積み木を立体的に正しく思い浮かべたうえで平面に変換する必要があるので、思考力が問われます。

さまざまな方向から見た時の状態について明確にイメージできるようにしましょう。

想像力が必要となりますので、日頃から立体的なものをイメージするクセをつけておくと良いです。

特定の記号の数を数える

問題文の中に特定の記号や文字がいくつ使われているかを数えるという問題です。

こちらは知識やひらめきというよりも、集中力や冷静さ、正確性が求められます。

指定された記号や文字を正確に数えるというシンプルな問題ですが、制限時間がある中では想像以上に難しいものです。

とはいえ問題自体の難易度そのものは低いため、ここで間違えてしまっては勿体ないです。

とにかく落ち着いて問題を解くことが求められます。

 

ワンポイント
冷静さを保って解くことが何よりも大切です。

適性検査「eF-1G」の対策ポイント

2238366_m

「eF-1G」は時間制限があるなかで幅広い問題を解かなければなりません。

ですが問題の性質上、事前の対策を取ることが難しいというのが現状です。

実際対策本や対策サイトというものはほとんどありません。

「eF-1G」の対策としていえるのは、日頃から知識の収集に努め想像力を鍛えることです。

言語系の問題は日本語の知識を問われる問題です。そのため基本的な知識量で勝負する必要があります。

意識的に文章を読んで、語彙力の向上や知識の収集を図るようにしましょう。

非言語系については、思考力やひらめきが問われます。そのため日頃からいかに深く思考できるかがカギとなります。

短時間で深い思考をする必要があるので、普段あまり考えるクセのない人は少々苦戦するかもしれません。

「eF-1G」の対策は座学による勉強ではなく日頃の生活を送る中で進めるものといえます。

「eF-1G」の対策ポイントを押さえて早めの対策をしよう

パソコンを利用する女性

「eF-1G」は難しいと言われている適性検査ですが、問題の傾向さえ掴めればそれほど難易度は高くありません。

また、事前の勉強量というよりは日々の生活の仕方が結果に直結するものといえます。

そのため「eF-1G」を受けるとわかった時点から、少し意識して生活するようにするべきです。

意識して文章を読むようにする、普段よりじっくり思考をするといった積み重ねが高得点に繋がります。

事前の勉強だけが適性検査の対策法ではありません。日頃から意識するようにしましょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

解説

適性検査に関することを含め、転職活動は何かと悩みが多いものです。

悩みを抱えた状態ではスムーズな転職活動は難しいですが、とはいえ自分一人で解消することは難しいです。

そんなときには、ぜひ転職エージェントに相談しましょう。

転職エージェントは数多の転職者をサポートしてきた転職のプロです。

転職に関する悩み相談にもたくさん乗ってきたので、適切なアドバイスをします。

転職者は無料でサポートを受けることが可能です。

転職活動で発生した悩みはそのままにせず、転職エージェントに相談すると良いでしょう。

まとめ

腕を組むビジネスウーマン

「eF-1G」という適性検査は情報が少なく事前の勉強で対策を取ることも難しいため、難易度が高いイメージがあります。

ですが問題自体が特別難しいわけではありません。基礎知識や常識の範囲で十分回答可能です。

厳密な時間制限の中で進めなければならないことに焦りを感じてしまうかもしれませんが、冷静さが何よりも大切です。

日々の生活で少し「eF-1G」を意識するようにすれば、それだけで自然と対策になります。

もし困ったことがあれば転職エージェントも力になりますので、ぜひ相談してください。

「eF-1G」を受けることになっても後ろ向きにならず、自信を持って臨むことがカギの1つです。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら