転職活動をする上で避けられないのが面接です。通常、一回または複数回の面接をおこない、最終面接から数日後に採否の連絡がきます。

しかしごく稀にではありますが、面接時その場で採用を伝えられることもあります。

採用を伝えられるのは嬉しいかもしれませんが、その際少し注意が必要です。

この記事では、面接時その場で採用を言い渡された時の対応について解説します。

Contents

女性が面接時その場で採用を言い渡された時の対応法を解説

3702860_m

面接時にその場で採用を言い渡された場合、嬉しさと同時に戸惑うものです。

ですが慌てた様子を出すのはあまり得策ではなく、あくまで冷静さを保つことが大切です。

まずは落ち着いて返答をするようにしましょう。

また採用となったからといって即決で入社と答えるのもおすすめしません。

その理由については後述していきますが、とにかく短絡的にならないように注意する必要があります。

企業が面接時にその場で採用する理由は?

疑問

そもそも企業はなぜ面接時にその場で採用をするのでしょうか。

通常は面接結果を持ち帰り上部や社内で検討をおこないますが、そうしないのは理由があります。

それでは企業が面接時にその場で採用する理由として考えられるものをいくつか紹介します。

優秀な人材を確保したい

理由の1つは優秀な人材を確保したいというものです。

面接時点で優秀さが伝わるような人材であれば、ぜひ入社して欲しいと思うものです。

しかし転職活動は通常複数企業を並行して進めます。

そのため採否の連絡をする前に別企業へ就職が決まってしまうということもありえます。

それを避けるために面接時にその場で採用を言い渡すのです。

採否の決定権を持つ面接官だった

面接官の多くは人事が担当しますが、代表取締役や役員が担当することもあります。

そのような人達は採否の決定権を持ちます。よって、面接結果を持ち帰らずとも採否の判断が可能なのです。

採否の決定権を持つ人がが面接担当であれば社内でわざわざ検討をする必要がありません。

その場で採用を言い渡すことがあります。

人手不足で早く入社してほしい

3374631_m

とにかく人手不足で、一刻も早く入社してほしいときにもその場で採否を言い渡されることがあります。

人手不足で切羽詰まっている場合、入社が決まるまでの期間も惜しいものです。

少しでもタイムロスを減らすために、面接から採否連絡までの時間をカットしようとするのです。

このように人手不足の企業でもその場で採用を言い渡されることがあります。

 

ワンポイント
面接時にその場採用が決まるには何らかの理由があります。

面接時のその場採用を「承諾」する場合

スーツ女性

面接時にその場で採用を言い渡された場合、当然ですがその場で回答が必要です。

その際押さえておきたいポイントがあります。まずは承諾をする場合について解説します。

承諾する際のポイント

志望度の高い企業であれば、その場で採用を言い渡されるのはとても嬉しいことです。

企業としても志望度が高くやる気のある人に入社してもらえるのは喜ばしいと言えます。

そのため冷静な受け答えでありつつも、喜びを表すような答え方ができると良いです。

採用となり嬉しい・これから尽力します、ということをアピールしましょう。

承諾する際に確認しておくべきこと

採用を承諾する前に勤務条件について必ず確認するべきです。

面接時のその場採用ですと、書面やメールもしくは電話での採否連絡と違って回答までの時間が非常に短いです。

そのため少ない情報で判断をする必要があります。

また、面接時はどうしても冷静さが欠けてしまうものです。

そのため確認すべき条件を流したまま回答してしまう可能性があります。

それを防ぐため最低限確認するべきである勤務条件については再確認しておくべきです。

採用決定についてお礼を伝えたうえで「回答の前に確認なのですが…」というように、勤務条件を確認するようにします。

承諾する際の対応例

採用の承諾をする場合、まずはお礼を伝えます。そして、入社の意向が強いことを伝えるべきです。

しかしそこですぐに回答をするのではなく、先述したように勤務条件について確認します。

大切なことを確認せず入社してしまうとあとでギャップに苦しめられる可能性があるからです。

条件が合うことが確認できてから改めて入社の意思を伝えましょう。

このように採用を言い渡されたからといってすぐに内定を承諾するのは避けます。

確認事項等の必要なステップを踏むことが必要です。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

面接時のその場採用を「保留」する場合

疑問

面接時にその場採用を受けてもすぐには承諾できないこともあります。そのようなときは回答を保留にすることが必要です。

続いては採用を保留する場合の対応についても解説します。

保留する際のポイント

入社可否について保留にする場合であっても、採用という判断に対するお礼は必要です。

そのうえでなぜ保留にするのかを明確に伝えなければなりません。

企業からの誘いを一旦断るような形をとるのですから理由付けに悩むかもしれません。

しかし企業側に納得してもらえるよう、なるべく説得力のある理由を伝えるようにしましょう。

いつまでに答えが必要かも併せて聞いておくべきです。

保留する際の対応例

採否の回答を保留にする際は、曖昧にせずはっきりと保留の旨を伝えます。

とはいえすぐに保留と伝えるのは得策ではありません。

まず採用決定をもらったことに対するお礼を言うべきです。保留にして欲しい旨を伝えるのはそれからです。

また、企業としてはすぐにでも入社してほしいからその場で採用を言い渡しています。

そのため内定を一旦保留にするためには、企業側が納得する理由を伝える必要があります。

採用に対するお礼を伝え、それからはっきりと保留の旨を言い、理由を説明するというステップが必要です。

迷いがある場合は一度保留にしよう

だめ

企業への志望度が高く勤務条件も希望に合っている、断る理由がないのであればその場で承諾して問題ありません。

しかし少しでも迷いがあるのであれば一旦保留にするべきです。

面接中はどうしても冷静さを欠かしている部分があります。

そんな中でいきなり採用を言い渡されると、焦ってしまう可能性が高いです。

早く回答をしなければと思うあまり、懸念点がありつつも承諾してしまうことも考えられます。

しかし迷いがある状態で入社を決めるのは危険なことです。

加えて面接中という冷静な判断ができない状態で、曖昧なままに承諾してはいけません。

少しでも迷いがあれば保留にする・全く心配ない場合以外は入社しない、それぐらいの覚悟を決めておくと良いです。

 

ワンポイント
採用が決まったからといって即決で承諾しないようにするべきです。

その場採用の「保留中」に考えるべきポイント

面接時のその場採用を保留にしたら、それから数日の間で入社可否を決めることになります。

そこで保留中に考えるべきポイントを解説します。

仕事内容や条件は自分で納得できる内容か

まず仕事内容や条件について考えることが何よりも大切です。

採用を言い渡されたとはいえ、必ずしもそこで働かなければならないわけではありません。

むしろ仕事内容や条件に納得できていない会社で働くことは転職失敗を招きます。

面接が終わり落ち着いた状態で、改めて仕事内容や条件を振り返ります。

そのうえで本当に納得できる内容であるか、そこで働きたいかを考えることが必要です。

保留中の期間を使って仕事内容や条件について改めて考えましょう。

転職の目的を実現できる企業か

転職活動をしたのには何らかの理由があるはずです。

そのためその企業に入社をして転職活動をした目的を実現できるかを検討する必要があります。

採用されたからといえ、喜んで入社していいわけではありません。

大切なのはその企業で転職の目的が達成できそうかどうかです。

最もいけないことは早く転職活動を終えたいからといって深く考えずに内定承諾をすることです。

それでは転職活動が成功とは言えません。

転職活動をはじめた理由を忘れずに、目的を達成できそうかどうか考える必要があります。

そのうえで内定を承諾するか辞退するかを決めるべきです。

 

ワンポイント
保留の間に改めて企業のことを考えるようにしましょう。

面接時のその場採用の注意点

悩み

面接時にその場採用を伝えられるというのはあまり起こり得ないことです。だからこそ通常とは違う注意点があります。

面接時にその場採用を言い渡された際に気をつけたい注意点を紹介します。

内定保留をした場合は内定取り消しの可能性がある

まず、内定保留をした場合には内定を取り消される可能性があります。

先述したとおり、面接時にその場採用をする理由の1つが、人手不足のため素早く人材確保をしたいというものです。

そのためすぐに回答をもらえないというのは企業側としては困ることです。

そうなると内定を取り消して別の人材を採用しようという考えになってしまう場合があります。

また、内定保留は企業への志望度が低いととらえる可能性もあります。

よって企業側の印象が悪くなり内定取り消しにつながることがあるのです。

とはいえ内定取り消しを恐れるあまり、納得いかない状態で内定承諾をするのは良くないです。

このようなリスクがあることに注意はしつつも、必要なときははっきりと保留にしたい旨を伝えましょう。

雇用条件をしっかり確認しよう

その場採用を言い渡されたときこそ、雇用条件をしっかり確認する必要があります。

突然採用を伝えられ驚くあまり、確認すべきことを確認しないままに話を進めてしまうことが少なくありません。

ですが転職が成功したといえる要因の1つは、理想に合った条件の企業に入社することです。

そのため雇用条件については必ず確認をしなければなりません。

承諾であっても保留であっても、まずは雇用条件を改めて確認するべきです。

内定辞退をする場合も連絡しよう

電話

考えた結果、やっぱり内定辞退に決めることもあります。内定辞退の場合であっても、連絡は必要です。

せっかく内定をもらったから…と、辞退の連絡をためらう気持ちはあるでしょう。

ですが連絡しなければ内定辞退を察してもらえるかというとそうではありません。

むしろ企業としては意思が掴めずいつまで経っても手続きを進められないということになりかねません。

たとえ内定を辞退するのであっても連絡は必要です。

辞退を決めたのであればなるべく早いタイミングで連絡するようにします。

 

ワンポイント
その場採用の注意点をしっかり押さえておきましょう。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

ブラック企業を避けるために企業の評判を事前にチェックしよう

悩む女性

転職活動での不安の1つに、ブラック企業へ入社してしまわないかというのがあります。

実態がブラックであるか否かというのは、企業の公式ページや採用情報からは把握しにくいものです。

そのため体験談や口コミ情報といった生の声を調べる必要があります。

面接時にその場採用を言い渡された際はなおさら慎重に決める必要がありますので、これらの情報を集めるべきです。

企業の評判を正しく掴むことが、ブラック企業を避けることに繋がります。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

聞く

転職活動中は何かとイレギュラーが多いですし、それでなくても悩みが発生しやすいものです。

ですが一人ですとどうしても限界がありますので悩みが解消できないことも起こりえます。

かといって悩みを抱えたままの転職活動は上手くいかない可能性が高いといえます。

そこで必要なのが、転職エージェントの力を借りることです。

転職エージェントは数多くの転職者にサポートをしてきた転職のプロといえる存在です。

そのため転職に関するさまざまな悩みとその対策方法を熟知しています。

今回取り上げた、面接時にその場採用を受けた際の対策方法を聞くことも可能です。

さらに転職エージェントのサポートは無料で受けることができます。

転職活動で生まれた悩みを解決させるためには、ぜひ転職エージェントの力を借りましょう。

まとめ

営業経験がある

面接時のその場採用はあまり発生しないことのため、自分がその状況に遭遇したら混乱してしまう可能性が高いです。

しかし採用を伝えられるということは企業に認められたということでもあります。

戸惑いの気持ちはあるでしょうけれど、まずは喜んで良いのです。

そのうえで雇用条件や転職の目的などを考え、内定をすぐに承諾して良いか一旦保留にするべきかを判断します。

嬉しいこととはいえ感情に任せた行動は転職活動の失敗原因になりえます。しっかりと考えたうえで決断することが必要です。

もし困ったことがあれば転職エージェントの力を使ってください。

最後になりますが、貴女の転職活動が上手くいくことを願っています。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら