教育現場に関わりたい方・人と接することが好きな方にとって、学校事務は魅力的な職種です。

しかし、学校事務の具体的な実情をご存じの方は少ないのではないでしょうか。

職場である学校の規模によって、その業務内容は異なります。

また、日々のスケジュールや必要な能力・活かせる資格などは、転職を考えるにあたって知っておきたいポイントです。

今回は学校事務の仕事内容を解説しながら、適性やメリット・やりがいについても詳しくご紹介していきます。

学校事務の仕事内容を解説

女性、指し棒

小中学校・高校・大学・専門学校などの学校法人や、予備校・塾などの教育機関が、学校事務の職場です。

そこで学校事務が担う仕事は、多岐にわたります。

ルーチンワークだけでなく、窓口での柔軟な対応も求められます。

まさに「縁の下の力持ち」として、より良い学び場を築いていく立場です。

ここから先は、その仕事内容について見ていきましょう。

学生対応や学籍管理

学生対応は、窓口業務を始めとして、幅広い分野で学生・生徒をサポートするお仕事です。

単位の取得状況を確認したり、学費・奨学金の相談や証明書の発行を受け付けたり、それぞれの依頼に適した手続きを行います。

時には学生だけでなく、保護者の来校や問い合わせ案件が発生します。

そのため、臨機応変に対応できるスキルが重要です。

また、入退学や転校といった、在校生の学籍に関する事項も管理します。

生徒一人一人に対し、丁寧に接する姿勢が問われる業務です。

書類作成

学生・保護者に向けたプリントや、試験の問題用紙・授業の時間割など作成を任される書類は様々です。

学校の内外を問わず、情報を発信する立場となります。

読み手に応じて文面や形式を整えるスキルがあると、取り組みやすいでしょう。

教材の管理と発注

授業で使う教材管理は、学校事務ならではの業務です。

日頃から在庫をチェックし、不足のない状態を常に維持しておきます。

さらに、教職員から発注を頼まれた場合の対応も必要です。

業務を通して、学生と教職員にとって学びやすく教えやすい環境を整えていくことができます。

人事や経理を担当することも

電卓、女性

職場環境や配属された部署の関係で、人事総務・経理の仕事に携わることもあり得ます。

人事では、教職員の給与計算や勤怠管理・採用関連の業務を担当します。

また経理としては、経費精算・入出金の伝票処理・決算資料の作成などが業務の一例です。

学校事務の人事経理は一般企業と比べて仕事内容に大きな差異はない、といえるでしょう。

 

ワンポイント
 学校事務の主な仕事内容は
・書類作成や教材管理といったデスクワーク
・学生へのサポートメインの窓口業務
・人事・経理関連

 
【無料】テンプスタッフに転職相談する  

学校の規模で業務内容は全く違う

デスク周り

ここまで、学校事務の主な業務内容について解説しました。

事務職といっても、デスクワークのみではありませんでしたね。

コミュニケーション能力が問われる仕事も多々あることがわかります。

注意したいのは、働く学校の規模によっては担当する業務の内容や範囲が変わるということです。

この点について、2つのパターンを説明していきます。

規模の大きな学校の場合

小中高一貫の学校や大学は、生徒と教職員の人数が多いです。

学校を経営する組織も大きくなります。

そのため、それぞれの業務が細分化されています。

わかりやすい例が大学事務です。

大学事務では担当業務ごとに部署を設置しており、配属先に応じた仕事を任されます。

学生課・教務課といった部署であれば、学生生活全般のサポートに深く携わることとなります。

人事課・経理課については、一般事務の要素が強いお仕事です。

一つの業務に特化した部門を置き、組織としてまとめあげることで、円滑な運営管理を可能としているのです。

小中規模の学校の場合

単独で運営されている小中学校・高校や専門学校などはどうなのでしょうか。

このような比較的規模の小さい環境では、一人で担当する業務が広範囲に及びます。

教材・備品の管理や書類作成などのオフィスワークから、窓口業務を含めた学生への各種対応・サポート業務まで、幅広く任されます。

さらに、人事・経理関係の仕事を振り分けられる時もあるでしょう。

個々の力を結集し、学校を管理していくスタイルといえます。

必然的にオールラウンダーとしての活躍が期待されます。

 

ワンポイント
 スペシャリストとなるかオールラウンダーとなるか、職場環境によって働くスタイルが変わります。

学校事務の1日のスケジュール

時計、カレンダー

具体的な学校事務の業務内容がわかったところで、1日の流れはどうなっているのでしょうか。

大学の学生課で働く場合のスケジュールを、一つのサンプルとして取り上げてみます。

朝9時から業務を開始し、まずはデスクワーク中心に進めていきます。

朝の早い時間帯は学生が少ない分、集中して取り組みやすいようです。

お昼が近づくにつれ、窓口に訪れる学生が増えるため、そちらの対応にシフトすることとなります。

気持ちを切り替えて学生とのコミュニケーションを図ることが大切です。

お昼の休憩時間では、学食を利用する方もいます。

午後になると、学生対応がメインとなる傾向です。

特に申請や相談が多い時には、素早い判断と的確な処理が求められます。

合間に行う作業としては、書類作成などシンプルなものがいいでしょう。

また担当業務に関連して、他部署との打ち合わせに参加することもあります。

夕方の業務終了時刻には窓口を閉めます。

学生への対応業務は、ここで一旦終わりです。

やるべきことが残っている場合は、事務作業を済ませてから退勤します。

このように、学校事務の1日では学生への対応業務が大きな割合を占めています。

よって、朝や比較的手の空いている合間に自分の仕事を進めておくことが重要です。

スムーズに業務を行うためには、自らきっちりとタスク管理をしておく必要があるでしょう。

学校事務の平均年収や給料は?

給料

仕事で得られる年収や給料といった金銭面の実態は、気になるところです。

そこで、学校事務の平均的な年収・給料はどのくらいなのか、詳しくお話していきます。

求人サービス会社が保有するデータを参考としました。

学校事務の平均年収は、300万円から400万円の層が多いようです。

また、月収の平均としては20万円から30万円の間となっています。

学校事務の年収・月収については一般事務とあまり変わりません。

実際に働き始めてからは、スキルに応じて評価が上がったり、昇進したりすることが想定されます。

そのため、給与が上がるケースも十分にあり得ると考えていいでしょう。

自身のキャリア形成を視野に入れた上で転職活動を進めていけば、更なる収入の向上も見込めるのです。

学校事務に向いている女性の特徴は?

適性

誰しも、自分に適した仕事に就きたいと考えるものです。

では、学校事務に向いているのは一体どんなタイプなのでしょうか。

仕事内容を踏まえながら、2つの特徴について解説していきます。

人と接するのが好き

人と接するのが好きということは、学校事務として働く上で重要な適性です。

学校事務は、学生や保護者・来校者に対し、その時々に応じて細やかな配慮と対応が求められます。

しっかりと相手の思いを汲み取り、コミュニケーションを取るように心がけなければなりません。

気持ちよく対応してくれる職員として、自然と頼られる存在になるでしょう。

正確な仕事ができる

学校事務が担当する仕事では、学生の個人情報や重要な書類を扱うことがあります。

また、場合によっては金銭処理も行います。

紛失やミスが許されない業務だからこそ、正確性が大きく問われるところです。

何事にもこつこつと丁寧に取り組める力が、学校事務としての適性に当てはまってきます。

学校事務のメリットややりがい

やりがい

転職を検討するにあたり、その仕事の持つメリット・やりがいは見逃せない要素です。

学校事務に転職する場合、考えられるメリットと仕事のやりがいについて見ていきましょう。

特別な資格が必要ない

初心者、女性

学校事務は教職員と異なり、必須となる資格がありません。

このため、未経験でも働くことができます。

派遣社員・アルバイト・パートとしてなら、特に経験を問われない傾向にあります。

これから一般事務の経験を積んでいきたいと考えているならば、挑戦しやすい職種でしょう。

また、小中規模の学校事務ではオールマイティに仕事を任されます。

豊富な経験を積みながら、様々な分野への知識・経験を育てていくことができます。

大規模な学校の場合、それぞれの部署で専門的なスキルを習得し、磨いていくことも可能です。

資格と経験の有無に関わらず求人の門戸が広いところが、学校事務のメリットといえますね。

学生と関わり教育サポートができる

学校事務の役割とは、学生の教育をサポートすることです。

毎日の生活から留学・就職に至るまで、学生たちの人生に大きく関わることができます。

一人一人異なる問題に対し、親身に相談に乗りながら解決していきましょう。

学生の成長を間近で感じられる、素晴らしい機会です。

生徒に寄り添い、支えるというやりがいが、学校事務の魅力のひとつとなっています。

 

ワンポイント
 未経験でもチャレンジでき、若者の成長を支えられるやりがいが魅力的です。
 
【無料】テンプスタッフに転職相談する  

学校事務の仕事に求められる能力

パズル

続いて、学校事務を目指すにあたって必要とされるスキルをご紹介します。

オフィスワークに役立つパソコンスキルや処理の正確さ以外にも、学校事務への適性を高める能力です。

ぜひ転職の参考にしてください。

コミュニケーション能力

コミュニケーション、女性

これまでお話してきたように、学校事務は人と接する機会が多い仕事だといえます。

学生や保護者から様々な依頼・要望を受けるため、対応の仕方を都度考えなければなりません。

また、教職員や他の職員とも業務に支障が出ないように連携していくことが大事です。

相手が何を求めているのか、素早く読み取って円滑なコミュニケーションを取る能力が非常に重視されます。

スケジュール管理能力

学校事務の仕事では、スケジュールを管理する力がカギとなります。

特に、規模の小さい学校に勤めると担当業務の幅が広がります。

人事経理を含めた一般事務と窓口業務に、並行して取り組まなければなりません。

このため、きっちり計画を立てているかどうかが仕事の出来に大きく影響します。

業務ごとに進捗状況や締め切りを把握し、取りこぼしのないように意識しましょう。

 

ワンポイント
 周囲とコミュニケーションを取りながら、自分のタスクを管理しましょう。

学校事務の仕事に活かせる資格

ステップアップ

先述した通り、学校事務のメリットの一つは、特別な資格が必要とされないところです。

一方、多様な業務に関わる上でプラスの効果をもたらしてくれる資格もあります。

こうした資格は、事前に持っていれば面接等で有利に働きます。

さらに、転職後に取得してスキルアップすることも可能です。

代表的なものとして、3つの例を挙げていきましょう。

MOS

パソコン、女性

MOSの資格を持っていれば、Officeを活用して書類・資料等の作成に役立てることができます。

一般事務はもちろん、プレゼンテーションや広報などの業務にも活かせるでしょう。

自身の仕事レベルをより高めるために、取得しておいて損はない資格です。

秘書検定

学校事務では、生徒・保護者・訪問者への適切な対応が求められます。

そのため、来客応対やビジネスマナーを熟知していることは大きな強みになります。

TPOに応じた振る舞いができるよう、正しい礼儀作法を学んでおきましょう。

簿記

大規模な学校で経理課への配属を希望する場合には、簿記を取得していると有利に働くでしょう。

また小中規模の学校でも、業務の一環として経理処理を行う際に活かせる資格です。

実用的かつ即戦力のスキルとして、おすすめできます。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

ビジネスウーマン

さて、学校事務のお仕事がどういったものか、イメージしやすくなったでしょうか。

転職を考えている人にとって、仕事の内容や就職条件はまず把握したい情報です。

しかし、業務への理解を深める一方で、新しい疑問や不安が沸いてくる方もいるでしょう。

特に自分の能力や適性がマッチするのかという点については、判断の難しいところでもあります。

転職に関する様々な悩みを解消するために、一つアドバイスをさせてください。

それは、転職エージェントに相談するということです。

転職エージェントは、豊富な業界知識に基づいて就職活動をサポートしてくれます。

自分だけでは気付けない長所や、より一層のキャリアアップを図る手段などは、知っておきたいですよね。

エージェントとのやり取りを通じ、個々のニーズに応じたフィードバックを受けることができます。

2人でゴールを目指せるからこそ、自分らしい働き方を発見できるのです。

迷っているならぜひ、転職の相談を検討してみてください。
 
【無料】テンプスタッフに転職相談する  

まとめ

仕事、女性

学校事務の仕事に関して、その内容を解説してきました。

転職にあたってポイントとなる適性・必須スキル・やりがいについても、詳細をお伝えしました。

学校事務の特色は、事務職でありながら人とのコミュニケーション能力が欠かせないという点です。

学生はもちろん、保護者・教職員など立場の違う相手であっても、適切に対応できる能力が求められます。

また、勤める学校の規模によって担当する仕事の幅は異なってきます。

何でもこなせる存在となるのか、スペシャリストとして活躍するのか。

学校事務として働くスタイルもそれぞれ違うのです。

このため、自身が希望する働き方に応じて、職場を選ぶ必要性があります。

一方で、特別な資格や経験がなくても働けるというメリットは注目すべきポイントです。

転職を機に、事務仕事のスキルアップを図り、自身の成長に繋げていくことができるでしょう。

もしも接客業の経験があれば、窓口対応に活かすことも可能です。

学校事務は、学生生活に密接に関与しています。

だからこそ、生徒の人生を支えていることに責任感とやりがいを感じ、モチベーションも高まるのです。

ひと・もの・あらゆる面において、学校を裏からサポートする大切なお仕事。

それが学校事務の本質といえます。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら