営業職の中でも専門性を求められる職種に、金融営業があります。

商材も多岐にわたりますが実力が報酬に反映されるので、キャリアアップしたい女性にはおすすめです。

そこで今回は未経験者が金融営業へ転職する方法を、仕事内容や有利な資格も含めて解説します。

Contents

金融営業への転職を未経験でも成功させる方法を解説

3374631_m

未経験者が金融営業への転職を考えているなら、まずどの分野を目指すかを考える必要があります。

金融業界分野が細分化されており、扱う商品が異なります。

個人または法人に商品を営業することは変わりませんが、難易度は大きく違うのです。

未経験者が金融営業として転職したいと考えているなら、採用されやすい分野を選ぶのがおすすめです。

未経験者の女性でも採用されやすいのは、保険会社といわれています。しかしそれ以外の分野に転職できないわけではありません。

とはいえ保険業界以外の金融営業は、営業の実務経験がないと難しい傾向があることは念頭において転職活動をしましょう。

ワンポイント

■金融営業の分野と商材

・銀行:預金やローン

・証券会社:投資信託や株式、債券

・保険会社:生命保険や傷害保険

・クレジットカード会社:自社のクレジットカード

金融営業の主な仕事内容

1972382_m

金融営業を目指すうえで、その仕事内容を理解しておくことは重要です。

分野が何であれ個人または法人に対し、金融商品を提案・販売することは共通しています。

しかし営業する対象が個人なのか法人なのかで、提案するものが異なります。

個人営業は教育や住宅などの各種ローンや保険、投資信託など個人向けの金融商品を取り扱います。

一方の法人営業は資金を調達したい企業に対し、現金の融資や株式並びに社債の融資を提案します。

必要となる知識やスキルが異なりますので、どちらを目指すのかで準備も変わります。

ワンポイント

■金融営業の仕事内容の違い

・個人営業:個人向けの金融商品を提案・販売する

・法人営業:企業や団体に対し資金調達のための金融商品を提案・販売する

未経験の金融営業に求められる人材

4353669_m

金融営業は未経験であっても転職は可能ですが、ニーズに合った人材であることが前提です。

ここでは未経験者が求められる、金融営業に不可欠な人材像を2つ紹介します。

コミュニケーション能力の高い人材

コミュニケーション能力の高い人材は、未経験者であっても金融営業として採用される確率が高いです。

金融商品を販売するにあたり、相手のニーズをつかむことが欠かせません。

自分の顧客と積極的にコミュニケーションをはかり、そのニーズを引き出す力があれば、金融に関する知識は後からついてくるからです。

営業経験がなくても接客業などに就き、コミュニケーション能力を磨いた経歴があれば十分にアピールできます。

精神力がある人材

1733729_m

金融商品は短いスパンで入れ替わり、社会情勢によって売れるものも変化します。また金融に関わる法律の改正も頻繁です。

そうした金融商品や法律に関して常に学び続けなければ、栄養として成果をあげることはできません。

さらに金融営業には月・四半期・半期・通期と、細かく営業ノルマがかけられるのが一般的です。

ノルマ達成をストレスに感じる人は、金融営業には不向きです。

また個人や法人など担当するクライアントとの人間関係に悩む人も珍しくないため、強い精神力がある人材が求められます。

自分に金融営業への適性があるかどうかがわからない時には、転職エージェントに相談してみることをおすすめします。

金融営業の仕事で身につくスキル

715002_m (1)

金融営業の仕事は決して楽とはいえませんが、自分を成長させる意味では得られるものがたくさんあります。

ここでは金融営業の仕事で身につけることができる、2つのスキルを紹介します。

金融知識が身につく

金融営業を経験することで、金融に関する知識が身につきます。

個人営業であれば商品の違いだけでなく、資産運用や税金、相続など資産形成に関わる知識も同時に身についていきます。

一方の法人営業の場合は決算書の読み方やM&Aといった、会社経営に関する知識がつくのです。

個人向けの金融商品は景気動向が、法人向けの場合は業界や他社の動向が影響しますので、状況を読む目も鍛えられます。

金融知識が身につけばコンサルタントなど、別な業界に転職するうえでも役立ちそうです。

どの業界でも通用する営業力

715480_m

金融営業を経験するとどのような業界でも通用できる、営業力が身につくといわれています。

個人や法人に金融商品を提案・販売するにあたって大事なのは、差別化しにくい商品でも売れる営業力で、個人の人間性が大きく影響します。

クライアントに自分を売り込める営業マンは、商材が変わっても成果を上げるのは難しくありません。

以下に金融営業を経験して磨かれる営業スキルをまとめておきます。

ワンポイント

■営業スキルとは

・見込み客へのアプローチ力

・見込み客へのセールス力

・受注につなげるクロージング力

金融営業の仕事のやりがいは?

3702860_m

金融営業は簡単な仕事とはいえませんが、他の営業職では味わえないやりがいがあることも事実です。

金融サービスは社会インフラの一つなので、世の中に不可欠な仕事でもあります。

ここでは金融営業の仕事のやりがいとは何かについて説明します。

成果が給料に反映される

金融営業は業績によって歩合がつく、給与体系になっているのが一般的です。そのため成果が給料に反映されます。

つまり自分の営業努力が報酬という形で戻ってくるので、大変さを上回るやりがいを感じやすいといえます。

成果が可視化され達成感を得やすい

3374472_m

金融営業にはノルマが課せられますが、自分の成果が達成率という形で可視化されます。

営業努力をしてノルマを達成することで成果が可視化され、達成感が得やすいこともやりがいにつながるようです。

また達成という成功体験を重ねることで、自己肯定感を得やすいことをモチベーションにしている金融営業の人も多いです。

ワンポイント

■金融営業のやりがい

・成果が給料に反映される

・成果を可視化できるので達成感を得やすい

・成功体験の積み重ねが自己肯定感につながる

金融営業に未経験で転職するための応募書類

1730868_m

未経験者が金融営業職に応募し面接まで進むためには、足りないスキルを補う内容になっていることが大切です。

ここでは書類選考を通過できる、金融営業未経験者による応募書類の作成ポイントを2つ紹介します。

履歴書の書き方

未経験者が金融営業に応募する際、履歴書の志望動機欄に何を書くかが重要なポイントとなります。

営業職の中でも金融営業は厳しいといわれており、育成に時間がかかる人材を積極的に中途採用しようとは思わないものです。

そのため金融営業に求められる人材像に自分がマッチしていること、必要な金融知識を積極的に学ぼうとする姿勢を表現する必要があります。

さらに可能であれば金融営業に役立つ資格を、資格欄に記載できるとベターです。資格について後述します。

職務経歴書を書き方

2327543_m

未経験者が金融営業に応募してきた場合、企業の採用担当者は職務経歴書を必ずチェックします。

他の業界で営業経験があれば、足りない金融知識は入社後でも補えると考えるからです。

しかし営業経験がないまま金融営業を目指す際には、職務経歴書の自己PRの書き方を工夫することで書類選考を通過できる可能性は残ります。

金融営業として必要な資質だけでなく、応募企業が求める人材像に自分がマッチしていることをしっかりアピールするのです。

人と接するのが得意である、金融知識を身につけるためにどんな努力をしているなど、自分の長所を積極的に盛り込みましょう。

金融営業に役立ちそうな経験や自分のポテンシャルを具体的なエピソードと共に記載すると伝わりやすくなるはずです。

転職エージェントを活用すると応募書類の添削も依頼できるので、相談してみることをおすすめします。

金融営業への未経験転職を有利にする資格をご紹介

4163968_m

未経験者が金融営業に応募するにあたって、スキルや努力の証明として資格名を記載するのはおすすめです。

ここでは金融営業への未経験転職を有利にするとされる資格を3つ紹介します。

「プライベートバンカー資格」

プライベートバンカーとは企業の事業や資産承継を支援するために、金融サービスを包括的に提案・実行支援をする専門家をさします。

プライベートバンカー資格はその役割を担うために不可欠な税金や不動産など、様々な知識を身につけていることを証明してくれます。

法人営業もしくは富裕層の個人客を対象にする金融営業を目指すなら、おすすめの資格です。

「ファイナンシャルプランナー」

390867_m

ファイナンシャルプランナーとは個人の資産運用や不動産、相続や事業承継などをサポートするお金のエキスパートです。

資格取得によって節約やローンの組み方、税金対策、教育や老後の資金づくりなどに関わる知識を身につけていることの証明となります。

どのような金融商品を扱ううえでも、持っていると有利となるのがファイナンシャルプランナーです。

「証券外務員」

証券外務員は証券や株式、信用取引の提案や勧誘活動を行ううえで必要な金融知識並びに取引業務を理解していることを証明する資格です。

この資格を取得することで日本証券業協会から、金融取引業務の代理人として許可を受けられます。

一種と二種に分かれていますが証券会社銀行に金融営業として転職したい女性は、取得しておきたい資格です。

金融営業の将来性やキャリアプランは

3800699_m

近年は銀行が斜陽産業に数えられる傾向が強まり、金融営業の将来性を不安視する女性もいそうです。

確かに金融業界へのAI導入は今後も進行しますが、だからといって金融営業の仕事がすべてなくなるとは考えにくいです。

ここでは金融営業の将来性や転職後のキャリアプランについて説明します。

金融営業の将来性

金融営業の将来性を考えるうえで、業界が推進するIT化の状況を無視することはできません。

2015年以降「FinTech」と呼ばれる金融とIT技術を組み合わせた動きが加速しました。

その結果、個人投資家が証券会社を介さずに取引を行う、運用ソフトを使ってコンピュータが資産運用することも増えました。

近年は融資審査をAIに行わせる研究も進んでおり、個人を対象にした金融営業の仕事が縮小する可能性を否定できません。

しかしオーダーメイドの要素が強い法人営業の場合は、コンピュータが担うのが難しいと考えられます。

IT技術は活用しつつも個人でしかできないことをいかに提供できるかによって、金融営業としての将来性には違いが出そうです。

金融営業のキャリアプラン

2666285_m

金融営業への異業種転職を目指すにあたっては、自分なりのキャリアプランを立てて準備する方がよりよい選択ができます。

金融営業は日本企業に転職するか、外資系企業に行くかでキャリアの積み方が異なります。

日本企業の場合は入社後に会社でキャリアを積むのが基本ですが、外資系企業は自分のスキルアップによって転職することが前提です。

また金融営業の経験を生かして、コンサルタントに転身する人も少なくありません。

金融営業として未経験転職を目指すなら、転職エージェントに相談して自分のキャリアプランを明確にすることをおすすめします。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

1340979_m

金融営業に限らず未経験職種への転職を検討する際には、不安や悩みが大きくなるものです。

自分の適性やこれまでの経歴が役立つのかどうか、一人では判断できないこともあるでしょう。

また金融業界の転職市場や未経験者が異業種転職に成功するためのノウハウを、個人でリサーチするのは難しいものです。

だからこそ転職エージェントに相談し、前向きな気持ちで転職活動を行える環境をつくることが大切なのです。

転職エージェントは企業の依頼で採用活動をサポートしているため、応募企業の様々な情報を提供してくれます。

転職サイトでは見られない優良求人も多く、金融営業を実現するためのノウハウも提供してくれるはずです。

登録も相談も無料の転職エージェントを活用し、自分に合った金融営業への転職を目指しましょう。

まとめ

4246964_m

今回は未経験者が金融営業へ転職する方法を、仕事内容や有利な資格も含めて解説しました。

営業経験がない女性であっても資格を取得することで、書類選考を通過して面接まで進める可能性は十分にあります。

転職エージェントのサポートを受けることで、未経験者でもチャレンジできる準備を的確に進めることが可能です。

金融営業が求められる人材像や必要なスキルがあることをしっかりアピールできるよう、プロのアドバイスを受けて活動しましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら