女性の転職理由はさまざまです。結婚を機に退職して数年たち転職する場合、子育てが一段落して転職する場合もあります。

その他今まで企業でスキルを磨きキャリアを積んできたけれど、もっと自分に合う企業に勤めたいと考える人もいるでしょう。

こちらではキャリア採用での転職のメリットと、転職を成功させるための方法をさまざまな角度から解説しています。

Contents

キャリア採用で転職するメリットを解説

メリット

キャリア採用で転職した場合どのようなメリットがあるのでしょうか。企業側のメリットとしては即戦力となることです。

他企業でキャリアを積んでいることで、企業に転職後もすぐに仕事を任せることができるのも大きなメリットです。

また転職する側もまたキャリアがあることで、早い時期から責任のある仕事を任せてもらえる場合もあるでしょう。

自分の力を発揮する為に早い時点でキャリアを認めてもらえるのは、キャリア採用での転職の最大のメリットとなります。

そもそもキャリア採用とは

CAREERの文字

キャリア採用というのは文字通り、すでに専門的な技能を要する職業の経歴を持つ人を採用することです。

採用した時点で、すでに今まで培った技能があるので簡単な研修のみで即戦力になるという訳です。

中途採用という言葉が変ったものと思われがちですが、中途採用は通常4月の入社を控えての新卒採用以外の採用という意味です。

キャリア採用も中途採用の一つですが、確実に専門的技能を持っている人の採用という意味で特化されています。

 

ワンポイント
キャリア採用とは専門的技能を持った人を採用することです。

キャリア採用で転職するいい点

オフィスにいる女性

キャリア採用での転職には、企業にとっても転職者にとっても良い点が多くあります。転職する側のメリットも多いのです。

まず自分が希望する職種がはっきりとしていることは、多くの企業から的を絞って転職先を選べるということです。

入社してはじめて自分の思っていた仕事と違っていると気付く、などということが少ないのです。

採用後すぐからでもキャリアを活かして働くことができるのも、キャリア採用では珍しくありません。

企業とのミスマッチが少ない

企業が求めている人材と転職を希望する人とのミスマッチが少ないのもキャリア採用ならではです。

もともとこういう技能に長けた人が欲しいと希望する所へ、希望する技能を持つ人が転職するのですから失敗がありません。

転職希望者は自分のキャリアを求めている企業を探して応募すればよいのですから、マッチする企業を見つけやすいのです。

入社後すぐに本格的な業務ができる

新卒採用も転職採用も数か月間研修を受けて、本格的な業務を行います。キャリア採用ではその企業のやり方を確認する程度です。

それだけでほぼ理解できるので、入社後すぐに業務に移ることが可能になるのです。

これは企業にとっても大きなメリットとなります。じっくり育てるという期間を省けるのはコスト削減にも繋がります。

転職者にとっても、すぐにキャリアを発揮できて新しい会社にも馴染み易くなる利点となります。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

キャリア採用を積極的に行う職種

通信営業

キャリア採用のメリットについてお話ししましたが、キャリアにもさまざまな分野があります。

キャリア採用を積極的に行っているのは、どのような職種なのかを解説していきましょう。

一番にキャリアを重視するのはメーカーの技術職などが多いのですが、女性の場合多いのはやはり事務職もしくは営業職でしょう。

事務職といってもさまざまですが、中でもキャリアが必要な秘書課や経理などがキャリア採用としては一般的です。

経営手腕が問われる人事・財務も各企業では重要なポジションを担っています。これらの部署もキャリア採用を行っています。

その他にもキャリア採用では男女の差なく、IT企業や自動車会社・保険会社などがキャリア採用を積極的です。

これらの企業では、女性の管理職も多く入社後もキャリアを広げられるように、働き易い環境となっています。

営業

男性が多いと思われる営業職ですが、実は女性の営業も多くなっています。また営業と一口にいってもその職種はいろいろです。

営業職の中には個人の顧客に対するものと法人に対して行うもの、また店舗での営業や電話を使っての営業などがあります。

営業職で必要な資格は特にないのですが、貿易実務検定や英会話・TOEICなどの資格があると有利です。

英語や外国語が得意で日常会話が難なくできるのなら、世界各国に進出拠点がある企業では海外営業の道も選べます。

人事

選ぶ

人事部の仕事も多肢にわたります。人事評価の他に採用から研修、人材養成から人事管理や労務管理まで行う場合もあります。

たとえば採用した新人に対して研修を行い、各部署への配属や人事評価を行います。給与計算などの処理を行うこともあります。

人事部で必要なキャリアやスキルは、研修や養成に必要な知識と人間性、基本的にパソコンを使えることが必須です。

財務

財務

財務の場合経理と仕事内容が同じと取られがちですが、内容は少し違います。経理は企業のお金の出入りを帳簿に纏める仕事です。

経理ではパソコンスキルや簿記の資格があると有利です。

領収書を確認し請求書を作成発行して収支をきちんと管理し纏めるのが、経理の主な仕事となります。

財務はもう少し広い意味で企業のお金の流れを管理する仕事となります。金額的な面から経営を設計し提案するのも財務の仕事です。

財務は幅広く企業のお金の流れを把握し、企業全体の経営状態や経営設計を把握する必要もあるのです。

財務で求められるキャリアやスキルは、パソコン・簿記と経理とほぼ同様ですが、加えて経営に関する豊富な知識が必要となります。

 

ワンポイント
女性のキャリア採用は事務職をはじめ様々な分野で行われています。

キャリア採用で未経験者を募集する場合

スタート

一口にキャリア採用というと、前職で一定の経歴がある人のみの募集と考えがちですが、意外と未経験者の募集もあるのです。

キャリア採用でも未経験者を募集というのはどういう事なのでしょうか。

たとえば求めるキャリアとは違っていても、前職の経験を活かし取り組む姿勢のある未経験者も積極的に採用するということです。

未経験者を募集することのメリットは、前職での拘りが少ない新鮮な気持ちで仕事に向き合ってもらえるなどがあります。

キャリアがある事で他の従業員とギクシャクしがちな感情が、未経験者の場合は圧倒的に少ないこともメリットといえるでしょう。

キャリア採用では今すぐ戦力となって欲しい場合がほとんどなのですが、未経験者募集では即戦力というわけにいきません。

ただ、未経験者がキャリア採用に応募するにはそれなりの覚悟を持って臨みます。キャリア以上に優秀な人材も期待できるのです。

キャリア採用でよくある問題

注意

キャリアでの採用で企業が困ってしまう問題もいくつかあります。どのような点か解説していきましょう。

キャリアのある人はそれだけ自信を持って仕事をしています。それだけに培ってきた技能ややり方に誇りを持っています。

これが問題点となってしまうことがあるのです。本人も気づかないうちに周りとの壁を作るもとにもなってしまいます。

前のやり方に固執してしまう

前職でのやり方が一番だと思いがちですし、慣れていることもあってそれに固執してしまう傾向があります。

キャリア採用での転職の場合には、このことには充分注意する必要があるのです。

企業の方針ややり方は企業ごとに違います。前職のやり方を一度白紙にもどして、転職先のやり方に従う必要があります。

充分に会社に慣れた上で、改善点として前職のやり方を取り上げるのはよいのです。最初からやり方を変えようとしないことです。

過度な自信は企業側にはあまりよく取られません。もちろん自信を持って仕事をする必要はありますが謙虚さも必要です。

社員と上手くコミュニケーションが取れない

コミュニケーション

過度な自信に繋がるのですが、自分にはこういうキャリアがあるという態度は他の社員との間に壁を作るもとになります。

あくまでも新人であるという気持ちを持って社員に接しましょう。キャリア採用であっても中途採用の新人なのですから。

分からないことは謙虚に聞くようにすれば、社員とのコミュニケーションが取れやすくなります。

社員との壁がもとで退職に追い込まれることのないように、楽しい環境で仕事ができるようになるのも自分の心掛けしだいです。

すぐやめるのではないかと企業に思われる

キャリア採用の場合すでに充分な知識を蓄えた人を迎え入れるので、企業側はその後の計画設計をしています。

日々の仕事への取組み方によっては、社運を任せるような案件にもキャリアを発揮してもらいたいと考えているのです。

それと同時に、もっと良い環境が見つかれば辞めてそちらへ行ってしまうのではないかという不安もあります。

そういった不安を払拭するためには、自分が描くキャリアパスを明確に伝えるのもひとつの方法です。

女性ならではの細やかな気配りで、キャリア採用の転職を実りあるものにしていきましょう。

キャリア採用での転職を成功させるコツは?

ガッツポーズ

キャリア採用の多い職種やキャリア採用での問題点などを解説しましたが、転職を成功させるには何が必要なのでしょうか。

キャリア採用の転職ならではの、成功のためのコツについてお話ししましょう。

まず自分にはどのようなキャリアがあり、どのくらいの期間それを積んできたのかをしっかり話す必要があります。

キャリアの内容は具体的に、実績なども具体例を挙げて話すようにするとよいでしょう。

キャリア面だけでなく人間性もしっかりと伝えるようにしてください。それぞれもう少し詳しく解説していきましょう。

即戦力であることをちゃんとアピールする

まず第一に企業の求めるキャリアがあり、即戦力として使ってもらえることをしっかりアピールしましょう。

キャリアの内容と実績についても、具体的にどういう分野でどのような実績をあげたのかできるだけ詳しく話すようにしてください。

企業側は今すぐにでも戦力になる人材を求めています。期待してもらって大丈夫だとわかってもらうことが大切です。

コミュニケーションスキルがあるとわかってもらう

キャリアが充分にあっても人とのコミュニケーションがうまく取れない人もいます。

円滑に仕事をする上でコミュニケーション能力は大きな要点です。コミュニケーションスキルがあることもアピールしましょう。

キャリアがあることで、他の社員との間がうまくいかないのではと心配されることもあります。その不安を払拭します。

その仕事に対する熱意をアピールする

前職でも仕事内容に不足は無く、その仕事に対しては思い入れが強いことやその為にキャリアを活かしたいことを伝えましょう。

今後も長くその仕事に従事したいこと、最終目標を定めてそれに向かってしっかりとやっていきたいとアピールします。

これで企業側は、安易に入社しすぐに辞めてしまうのではないかという不安を安心に変えるでしょう。

女性であってもキャリアを持って臨む仕事には、それだけの覚悟で向き合っていることをアピールすることも必要です。

 

ワンポイント
キャリア採用を成功させるには自分のキャリアをしっかりアピールすることです。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

キャリア採用の面接でよく聞かれることと回答例

笑顔のビジネスウーマン

キャリア採用の面接では通常の転職とは違う質問をされる場合があります。どのような質問にも応えられるよう準備しましょう。

通常の面接と同様に志望動機や転職理由はもちろん質問されるでしょう。わかりやすく具体的に答えることが大切です。

どのような質問をされてもよいように、いろいろな質問を想定して答えを纏めておくとよいでしょう。

特にキャリア採用で聞かれやすいのは、どのような成果をあげたかと今後どうしたいかということです。回答例を挙げてみます。

今までどのような業績をあげましたか?

どのような方法でどのような成果をあげたのか、具体的に話すと効果的です。

何年前に、その成果によって会社にどのようなメリットをもたらすことができたのかを、順序立てて話せるよう準備しておきましょう。

企業側は会社に対する貢献度を確認し、今後も期待が持てると判断します。

入社後自社で達成したい目標は?

漠然をこうしたいではなく、何年後を目標にこうなりたいと具体的に伝えることが大切です。

キャリアパスを示して最終目標はこれですとはっきり言えるように準備しましょう。

目標を具体的に伝えることで企業側は長く勤めてくれるだろうと考えます。これは採用への大きな鍵です。

 

ワンポイント
面接では質問を想定して答えを具体的にまとめておきましょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

案内する女性

キャリア採用での転職について解説しました。多くの企業が女性のキャリア採用を検討しています。

せっかくのキャリアを充分に活かせるように、有意義な採用活動をして下さい。

キャリア採用での転職に悩んだら、気軽に転職エージェントに相談して下さい。さまざまな角度からサポートしてもらえます。

キャリアを活かした転職を成功させ、新しい企業でよりキャリアを磨くことも夢ではありません。

まとめ

まとめ

女性のキャリア採用での転職は、キャリアを活かして即戦力となる強みがあります。

求める職種もはっきりとしているので、多くの企業から転職先を明確に選ぶことができ、転職後のミスマッチがないのが利点です。

ただ、キャリア採用で転職した場合には前職でのやり方に固執しない、他の社員との関係に気を付けるなど注意が必要です。

キャリアを活かし転職先で充分に活躍できるように、転職エージェントがしっかりとサポートします。

キャリア採用の転職を成功させて、新しい職場で充分に力を発揮できる日も近いことでしょう。

 

 

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら