仕事を探している女性の皆さんは、どんな職業に就きたいですか?

ウェイトレスの仕事は接客業の中でも王道の仕事といえます。

しかしながら、ウェイトレスの仕事は、料理を配膳したり、下膳したりするだけではありません。

この記事で、ウェイトレスの仕事内容、バイトの時給の相場、仕事中の服装についてチェックしていきましょう。

また、レストランやホテルなどの求人の傾向や働き方のコツも取り扱います。

ウェイトレスの仕事に興味のある方は、ぜひ参考にしてみてください!

ウェイトレスの仕事ってどんな仕事?

レストラン、労働者

誰もが知っている「ウェイトレス」という仕事。

では、実際の仕事内容はどのようなものでしょうか。

最初に、ウェイトレスの仕事の内容をチェックしていきましょう。

ウェイトレスの仕事には、大きく2つに分けることができます。

  • キッチン
  • ホール

それぞれ簡単に解説します。

キッチン

レストラン、キッチン

キッチンの仕事は、基本的にはキッチン担当の人が行います。

そのため、ウェイトレスはキッチン担当の人のサポート業務を行います。

お客さんに出すために作られた料理を整えるなどの業務です。

また、コース料理などであればご飯の用意や汁物、お漬物や小皿料理の用意も行うでしょう。

お店によっては、ウェイトレスがお漬物やサラダの下ごしらえをしたり、汁物の具材の用意をすることも。

簡単な調理補助の仕事を任される場合もあるということを認識しておきましょう。

ホール

ウェイトレスの仕事の中で最もイメージしやすいのが、ホールでしょう。

そのイメージに違わず、ホールこそウェイトレスがメインとなって働く場所です。

お客さんの案内にはじまり、お冷やおしぼりの用意、注文を取るなど、やることがたくさんあります。

お客さんが来店してからお店の接客を仕切るのはウェイトレスの仕事です。

その後も注文を取り、配膳・下膳・お会計・席の片づけまで、全てウェイトレスが行います。

まさに、接客のプロといえますね。

この膨大な仕事量を考えると、非常に難しい仕事のように思えてきます。

しかし、不安に思わないでください。

次第に慣れていく仕事なので、最初はできなくて当たり前です。

ウェイトレスの時給の相場は?

お金、コイン、投資

仕事探しで欠かせない要素が、給料面です。

ウェイトレスの時給の相場を認識しておきましょう。

首都圏と地方で差がある!

首都圏のウェイトレスの時給の相場は約1,000円~1,200円

対して、地方のウェイトレスの時給の相場は、800円~1,000円ほどです。

働くなら首都圏で働いたほうが得ということになるでしょう。

お金に飛びつく前に考えたい「忙しさ」

しかし、冷静に考えてみてください。

首都圏、特に東京は人も多いですし、レストランもいつも混雑しています。

仕事量が非常に多いため、いくら給料が良くても体力・精神的に苦しい状況に追い込まれる可能性もあります。

大変さでいえば、地方より首都圏でしょう。

まったりと働きたい気持ちがある人は、地方をチョイスするのも1つの選択肢です。

ウェイトレスの仕事中の服装は?

レストラン、人々、食事

ウェイトレスの仕事中の服装はどういったものが多いのでしょうか。

制服次第で仕事に対するモチベーションが変わる方もいるはずです。

各レストランの制服を確認しておきましょう。

デニーズやガストの制服は「可愛い」

ファミリーレストランとしてメジャーなデニーズやガスト。

制服は、シンプルながらもスカートを起用しており可愛らしいデザインになっています。

派手でもなく、バランスのとれた色合いになっているのも特徴。

着る人の年代を選ばない制服なので、何歳の方でも安心して袖を通すことができます。

サイゼリヤの制服は大人っぽいデザイン!

エプロンに黒のズボンスタイルの制服であるサイゼリヤ。

色合いが落ち着いていて、大人っぽい印象を受けます。

可愛さではなく、女性の美しさを引き出したい方にはおすすめの制服といえるでしょう。

レストランのウェイトレスの求人傾向

お金

レストランは、慢性的に人手不足に悩まされています。

ウェイトレスもその例に漏れず、慢性的に人手不足

飲食産業は時間の短縮をしたとしても、営業せずにはいられません。

ウェイトレスの仕事を探している方は、常にチャンスです。

思い立った時に比較的速やかに仕事を獲得することができるでしょう。

ホテルのウェイトレスの求人傾向

ホテル

では、ホテルのウェイトレスの求人傾向はどうでしょうか。

ホテルのウェイトレスもレストラン同様、比較的求人を見つけやすいです。

ここで、ホテルのウェイトレスを志している場合に1点把握しておきたいのが、忙しい時期

ホテルでのウェイトレスは、春休みが1番忙しいです。

なぜかというと、学生たちが卒業旅行であちこちのホテルを利用するため。

また、ゴールデンウィークも非常に忙しいです。

そして、ゴールデンウィークが過ぎた後はお盆休み…といった具合に、長期休みなどが来るとホテルは忙しくなります。

忙しい時期を予め想定できるので、もしホテルのウェイトレスに興味がある際はこの点を認識しておくと良いでしょう。

レストランのウェイトレスの働き方のコツとは?

ウェイトレス、テラス

レストランのウェイトレスの仕事の働き方にコツはあるのでしょうか?

コツさえつかめれば、仕事をスムーズにこなせるはずです。

ウェイトレスとして働くうえで、4つのコツがあります。

お客さんの顔を覚える

まず、お客さんの顔を覚えること。

お客さんの顔を覚えることで、接客の質を向上させることに繋がります。

注文を覚える

注文を覚えることも重要です。

ただし、ハンディPOSに入力すればいいケースが多いため、その場で覚える必要がない場合もあります。

とはいえ、注文を覚えなければ配膳などをスムーズに行うことができません。

やはり自分の頭で理解し、覚えておく必要があります。

質の高いサービスを提供する

キビキビと動き、お客さんを待たせないサービスを提供しましょう。

お客さんを待たせないために、自分がキビキビと動くことが大切です。

そしてお客さん目線で見た時に、キビキビと働いているウェイトレスを見て苛立つことはないでしょう。

活気のあるレストランだと認識してもらえるはずです。

気配りと配慮

最後に、デザートのタイミングなど気配りや配慮をします。

これも質の高いサービスと通ずる部分がありますが、ウェイトレスはお客さんに対して気配りをしなければなりません。

デザートのタイミングを、お客さんから声をかけて貰えば確かに楽です。

しかし、その手間をかけてしまっています。

ウェイトレスが気を配り、最適なタイミングでデザートなどを提供できれば。

満足度は必然的に上昇し「また来たい」と思ってくれるでしょう。

1つずつ確実に

全てを完璧にこなせるウェイトレスになるためには時間がかかります。

仕事は一気に覚えようとせず、一歩一歩前進していきましょう。

焦らずに、ゆっくりと仕事を覚えていくことが大切です。

ホテルのウェイトレスの働き方のコツとは?

バー

では、ホテルのウェイトレスの働き方のコツとはなんでしょうか?

ホテルのウェイトレスの働き方のコツは、基本的にはレストランのウェイトレスと同じです。

1番重要なのは、気配りや目配りといえるでしょう。

ウェイトレスに用事がありそうなお客さんがいるのに、それに気付かないようでは問題です。

きちんと、お客さんのことを見て回りましょう。

お冷が足らなければ注ぐなど、サービス精神をいかに発揮できるかがウェイトレスの仕事のキモになります。

気配りや配慮、目配りを意識してください。

あなたもウェイトレスの仕事にチャレンジしてみよう!

レストラン、カフェ

ここまでウェイトレスの仕事の内容や、賃金、制服や求人の状況、働き方のコツなどについてチェックしてきました。

ウェイトレスの仕事は、お客さんにいかに気配りができるかで決まってくるもの。

ウェイトレスの仕事に少しでも興味を持ったら、ぜひチャレンジしてみてください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら