「お金のことを扱う仕事って細かそう…」「営業は大変そう…」と敬遠してしまいがちなのが銀行員の営業職です。

数字を扱う以上細かさは必要ですが、大きなお金を使って「経済」という大きな規模での貢献が出来るのでとてもやりがいある仕事です。

ドラマで取り上げられることも増えて就職の人気ランキングで上位に来るようになった銀行員は、どんな人に向いているでしょうか。

本記事では銀行員営業に求められるスキルや向いている人の特性、転職する方法をご紹介します。

銀行営業に女性が転職する方法を解説!

資料を見せる女性

普段の生活において窓口でしか見かけることのない銀行員ですが、具体的にどのような仕事をしているのでしょうか。

営業職というと男性のイメージが強いですが、顧客のことを深く理解した細かい気配りが必要な銀行員営業において実は女性も多く活躍しています。

お金のプロである銀行員に転職したらどのような業務内容になるのか、どのような手順で転職したら良いのか一緒に確認していきましょう。

銀行営業の仕事内容とは

お金を差し出す女性

銀行営業は融資や保険・預金取引など、お金に関するサービスを用いて顧客の問題を解決する「金融のスペシャリスト」です。

この営業職を大きく分けると、個人に対して金融サービスを提案する「個人営業」と企業相手に行う「法人営業」があります。

大変というイメージの強い「営業職」ですが、キャリアアップを目指す人の登竜門でもあり、銀行員としての醍醐味を感じやすい職種です。

ここでは、そんな銀行営業の具体的な仕事内容をご紹介します。

個人営業

個人営業はリテール営業とも呼ばれ、一般個人に対して金融サービスを提案する仕事です。

具体的な内容は、「お金を預かること(受信営業)」「お金を貸し付けること(与信営業)」の二つです。

口座開設や定期預金の作成などが「お金を預かる仕事」ですが、普段の生活で利用することも多いのでイメージしやすいでしょう。

受信営業では、投資信託や保険などのサービスを提案し、預かったお金の運用手数料をもらうことで利益が発生するシステムになっています。

それに対し与信営業は住宅ローンなど個人への貸し付けを行うもので、これも普段から馴染みがありますね。

また営業の仕方で分けると、銀行の受付に立つ内勤がイメージしやすいですが、直接顧客のところへ出向く外勤(外回り)もあります。

外勤の方がより大きな資産を持つ個人を相手にするため、扱うお金の規模が大きくなるのが特徴です。

法人営業

パソコン画面を見せる女性

法人営業は、相手が企業になりますが基本的には個人営業と同じで「お金を預かること」と、「お金を貸し付けること」の2つが主な業務です。

企業相手になる分、個人営業と大きく異なるのはやはり金額の規模でしょう。

貸し付けは「融資」という言い方もしますが、様々な情報を集めて適切な貸し付け金額や金利を提案し、大きなお金を動かします。

融資で顧客の経営的な問題を解決していく中で、「企業を育てていく喜び」を感じられれば、仕事のやりがいにつながるでしょう。

企業の成長は業界の活発化や経済を動かすことにも繋がっていますので、社会に大きく貢献出来ることも法人営業の醍醐味です。

 

ワンポイント
銀行員営業の仕事は「お金を預かること」と「お金を貸すこと」の二つです。

銀行営業は楽?

打ち合わせ中悩む男性

結論から述べると、銀行員の営業職は「楽」とは言いづらいです。しかしその分、仕事の中に大きなやりがいを感じられるのは大きな特徴でしょう。

一般に銀行営業では厳しいノルマが設定されており、どうしたら売り上げを増加させられるかを常に考えなければなりません。

また多くの資格取得が必要であったり、金融業界に関する専門知識を常に勉強してアップデートさせる必要もあります。

簡単にへこたれない図太い心を持っていないと、中々数字に繋がらず苦労することもあるでしょう。

しかし、その分自分のスキルとして得られるものが大きいのも事実です。

専門知識や資格は自分の武器として備わり、問題の解決策を探るコンサルティングの経験はどんな職種でも必ず役に立つ力となるでしょう。

何より自分が提案した解決策で顧客が夢を実現し、それを一緒に喜べることが仕事への大きな原動力となります。

 

ワンポイント
銀行員営業は、辛い毎日を乗り越えた先に大きな達成感とスキルを得られる職種です。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

銀行営業に必要なスキルは

営業する男女

様々な力が求められる銀行営業職ですが、仕事をするには具体的にどのようなスキルが必要になるでしょうか。

下記からは具体的なスキルをご紹介しましょう。

銀行員の営業職として求められる力ですが、仕事の中で身に付くスキルでもありますので現時点で持っていなくても勿論大丈夫です。

銀行員として転職した際にはどのような力が重要になるのか、一緒に確認していきましょう。

経営や金融に関する知識

金融商品を扱う銀行営業職は、お金の課題を解決するスペシャリストです。

そのため「証券外務員」「日商簿記検定」など、業務を行うに際して取得しなければならない金融関係の資格が多く存在します。

さらに金融業界は法律による影響も受けやすいので、民法などの内容をしっかりと頭に入れておくことも重要です。

また一般的な企業の営業と異なり、銀行営業はあらゆる業界の経営者と話をする中で課題を探っていきます。

適切に提案するためには、その顧客が属する業界の情報や傾向などを常に最新の状態で把握出来るように勉強する必要があるでしょう。

さらに企業の経営者に対して助言する立場ですので、経営自体に関する知識も求められます。

冷静な判断力

特に法人営業においては、大きなお金の貸し借りが発生します。

利益を得るためには顧客の状況をしっかり調査した上で、「融資がちゃんと回収出来るのか」を常に考え冷静に判断していくことが重要です。

時には自分が融資しなければ倒産してしまうという、危機に瀕している顧客を相手にする状況もあるでしょう。

そんな場面においても、返済の見込みがないのであれば感情に流されずに厳しい判断をしなければなりません。

大きなお金を扱う分、得られる利益もしくは損益も大きくなります。常に冷静な判断を必要とするのも銀行営業の特徴です。

対人関係能力

打ち合わせ 笑顔の女性

銀行という業界において「信用」は命です。

営業職においても「自分の資産運用を任せても良い」と思われるためには、人の懐に入って信用される人柄であることが大切です。

相手のセンシティブなお金の悩みを聞き出し、「押しつけがましさ」を感じさせず自分の提案を伝える力がとても重要になります。

仕事以外の話でも良いので、顧客との会話を楽しめるようなコミュニケーションスキルがあると良いでしょう。

特に顧客との関係性を作る際に、女性の持つ繊細さや柔らかさは武器になることが多いです。

相手の心にやさしく寄り添い細部に気配りが出来れば、相手に安心感と信頼を与えられることでしょう。

 

ワンポイント
女性の持っている柔軟な思考や繊細さが、銀行員営業にとっては大きな武器になります。

銀行営業に向いている人

電話する女性

ここまでで、銀行営業に必要なスキルをご紹介してきました。

大きなお金を動かす実感とやりがいを持って仕事が出来る銀行員ですが、「自分は向いているのか」判断するためのポイントを詳しく解説します。

前職での経験を思い浮かべながら、転職した場合に能力を活かせそうか考えていきましょう。

コンプライアンス意識がある人

銀行員としては、法律や法令を守るという高いコンプライアンス意識や正義感が必要です。

銀行員の営業職、特に法人営業においては顧客と長い時間を掛けて関係を作り、懐に入っていくことが求められます。

そのような深い関係になってしまうと、融資を通すために賄賂を受け取るなど不正のリスクを高めてしまいます。

法律についても網羅している銀行営業職員だからこそ、抜け穴を利用した不正が出来てしまうのです。

銀行には広く経済に貢献していくという使命があり、高い「公共性」が求められています。

そういった不正を見逃さないコンプライアンス意識や、正しいことをしたいという正義感の強い人にはとても向いている仕事といえるでしょう。

身も心もタフな人

疲れた女性

大きなお金を扱うようになると外勤、つまり外回りの営業が増えます。

顧客との関係性が重要な銀行営業では、毎日のように外を歩いて顧客を訪ねることもあるでしょう。

そこでどうしても必要になってくるのが体力です。机に向かって悶々と仕事をするより外を歩く方が気分転換になる人には向いているといえます。

また、精神面でもタフさが必要です。

部署によっては新規顧客への営業も必要ですが、飛び込み営業やテレアポで何十件も断られることはしばしば起こるでしょう。

既存の顧客であっても大きな融資や預金などの判断を簡単にもらえることは少なく、数字に結びつかないこともあります。

しかしその分、本当に相性の良い顧客と巡り会って大きな仕事が出来た時の喜びは何十倍も大きくなることでしょう。

そのような大きな喜びのために日々の業務を耐えることが出来る「タフな」人であれば、毎日にやりがいを感じられるはずです。

人付き合いが好きな人

銀行の営業職で求められる一つには「対人関係能力」がありました。

勿論、全ての営業がおしゃべりという訳ではありませんが、人付き合いが特に苦手な人は顧客を訪問する足取りも重くなってしまうでしょう。

ただし、コミュニケーション力というものは確かに先天的な特性でもありますが、身に着けられる技術でもあります。

話すのが得意でないとしても、「人が好き」であればきっと顧客と良い関係が作れることでしょう。

逆に、人が好きという気持ちが心の中に無ければ、意外と顧客に見破られて心を閉ざされてしまう可能性もあります。

前職で接客など経験した人は勿論、会話の技術は無くても人との付き合いを楽しみたい人に向いている職種です。

銀行営業の面接でよく聞かれる質問と回答例

祈る女性

大きなやりがいを感じられる銀行員の営業という職種は、一般に給与も高いです。

自分を磨きながら安定した生活も送ることが出来る銀行員に、転職したい気持ちも募っているのではないでしょうか。

ここからは銀行員の営業職採用試験において、面接で聞かれることの多い質問と回答例をご紹介します。

銀行は業務が専門的で知識も必要とされるため、面接では自分の経験を上手く伝えることが重要になります。

例  銀行員になろうと思った志望動機は?

【面接官が知りたいこと:銀行のことを良く調べているか、志望度が高いか。】

回答例

「企業を手助けする中で地域も活性化させられる銀行の仕事は、大きな使命を持って全う出来ると考えるからです。

前職では医療機器メーカーの新規開拓営業として自社製品を販売する仕事をしておりました。

会社の経営が傾いた際、銀行に融資を頂いたお陰で自慢の新製品を開発出来、私もお客様に満足される商品を自信を持って営業出来ました。

企業を手助けするだけでなくその周りの人たちにも貢献出来る銀行の仕事で、経済を活性化させたいと考え志望しています。」

例  自己PRをお願いします。

【面接官が知りたいこと:自分の強みを理解しているか。コミュニケーション能力があるか。】

回答例

「正義感が強く、目標達成のために愚直に取り組める性格です。

前職では保険会社にて法人営業をしておりましたが、自分の強みは真面目さであると自覚し知識量だけは負けないように毎日勉強しました。

その甲斐あって、昨年の売り上げ目標は150%を達成することが出来ました。

どんな質問にも誠意を持って答える営業で、お客様から担当の指名を頂けたことも誇りになっています。

入行させて頂きました際には、専門知識を貪欲に身に着け、真っ直ぐ目標達成に向けて邁進します。」

例  当銀行ではあなたのスキルをどのように活かしますか?

【面接官が知りたいこと:銀行員に求められる資質を持っているか。】

回答例

「英語力に自慢があり、TOEICで850点を取得しています。

日常会話も問題なく出来ますので外国のお客様が来行される際だけでなく、外国法人の顧客開拓を積極的に進めたいと考えております。」

銀行営業の将来性やキャリアパス

電卓 女性

銀行営業について紹介して来ましたが、転職先として考えるなら業界の将来性を知っておきたいところです。

どのような道筋で昇格が出来るのか、キャリアパスと併せて見ていきましょう。

銀行営業の将来性

銀行の業界で見ると将来性は厳しいといわれていますが一つ目の理由は、近年のAIの発達です。

銀行窓口での業務は人工知能により取って代わる仕事とされており、職員や支店が減っている傾向にあります。

営業職においても人数の不足が見られ、一人一人のノルマがさらに重くなってしまうという悪循環に陥る可能性があります。

二つ目の理由はスマートフォンの普及と併せて店舗を持たない「ネットバンク」が増えていることです。

わざわざ銀行へ出向かなくてもネットで気軽に口座開設が出来てしまうネットバンクの参入により、業界内でさらに競争が激しくなっています。

将来銀行員として活躍したいのであれば、機械に出来ないような強みを持てるように意識したいですね。

銀行営業のキャリアパス

銀行に入行したら、最初は個人営業の部署に配属されることが多いです。

それから2~3年おきくらいの頻度で支店や本部へ異動を繰り返し、個人営業に慣れたら法人営業の業務を任されるというのが一般的です。

早く昇進するためには個人営業の段階から数字の結果を出しておくことが重要で、マネージャー・課長などのキャリアアップを狙えます。

また業界としての給与水準も高く業績に応じた福利厚生も充実しているため、30代で1,000万円を超える年収に到達することも目指せます。

銀行営業は常に成果を求められる「いばらの道」ですが、向上心を持って進んでいけば必ず評価をもらえることでしょう。

 

ワンポイント
将来活躍する銀行員になるためには、機械に真似できないスキルを身に着けましょう。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

銀行営業の求人の探し方

ノートパソコンを操作する女性

銀行営業に転職したいと思った際に、どこを探せば良いでしょうか。

前述の通り、銀行営業は仕事の中で専門知識や資格などが必要になるため転職での求人が比較的少ないのも事実です。

転職サイトを活用するか、気になる銀行のホームページを確認すると情報が載っていますのでチェックしてみましょう。

転職の相談は転職エージェントを活用しよう

指を立てる女性

銀行営業職の仕事は体力が必要で勉強することも多く、常にモチベーション高く仕事と向き合うことが必要な職種です。

経済の活性化に貢献出来るという大きなやりがいはあるものの自分が長く続けられるか、活躍出来るのか不安になることも多いでしょう。

特に妊娠・出産・子育てといったイベントを考慮すると、キャリアプランを簡単に決められないのが女性の悩ましいところです。

そのような悩みを最短で解決したいのであれば、転職エージェントに相談することをお勧めします。

一人一人、違った要望や悩みを持っているのが人間です。価値観や経験してきたことも十人十色でしょう。

そんな一人一人に向き合い、最適なアドバイスをもらえるのが転職エージェントの強みです。

銀行員は自分に向いているのか、どのようなキャリアパスを描けばいいのか少しでも悩みがあれば、まずは相談してみましょう!

まとめ

ファイルを持つ女性

銀行員の営業職は、しなやかさや柔軟性を持つ女性が活躍出来、自分の価値を磨き続けられる仕事です。

体力面や精神面でも辛いことも多い職種ですが、だからこそ達成した時の喜びは人一倍大きくなるでしょう。

どんな職種においても「毎日が勉強」ということは変わりません。

努力して得た知識や資格は、必ず財産として自分に蓄積されることでしょう。

正義感を持ち努力すれば必ず報われる銀行員営業を、転職先の選択肢の一つとして検討してみてはいかがでしょうか。

 

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら