今現在、女性でも安心して働きやすい職場ということが注目されています。

それぞれの環境に合わせた職場で自分らしく働いている女性はたくさんいます。

ですが、その一方で転職妨害という問題が多く見られていることも事実です。

自分が転職しようとしていても会社から悪質な行為を受けたり、理由を追求されたりします。

自分が転職活動をする上で転職妨害の被害にあわないためにはどのように行動していけばいいのでしょうか。

いかにうまく転職を成功させるのか、知っておくことで転職妨害を防げることができます。

Contents

女性が転職妨害をされた時の対処法を解説

正解がわかりひらめいている女性

上司に退職するということを伝えたところ次の日から嫌がらせを受けた、同僚から悪質な嫌がらせを受けるようになったということがあります。

転職をしたくて面接を受けたいけれど有給がもらえないといったことです。

また退職が決まったのに嫌がらせを受けた、そんな転職妨害を受けることがこれから起こるかもしれません。

転職妨害にあわないためにはどうすればいいのか、自分一人では解決することが難しいという人がほとんどです。

転職妨害という言葉を初めて知った、実際に転職妨害を受けたことがあるけれど解決方法がわからない、という人が多くいます。

そんな人のためにここでしっかりと対策を立ててスムーズに退職して転職できるように解説します。

転職妨害が問題になっている

転職妨害が増加傾向にある

考えている女性

転職妨害という言葉を一度は聞いたことがあるという人も多くいると思います。

年々増加している転職妨害は会社で嫌がらせを受けることです。

スムーズに転職活動を進めたいけれど上司や同僚から悪質な嫌がらせを受けて退職したいのにできないということがよく起こっています。

転職妨害は決して暴力を振るわれるというわけではありません。

言葉で攻撃してくるパターンや仕事量を増やされて求職者に退職できないようにさせる行為です。

自分が気づかないうちに転職妨害を受けている可能性もあります。

転職妨害をされた時の相談先は

パソコンで調べている女性

自分がもし転職妨害を受けてしまった時には、最初にパニックを起こしがちですが冷静になることが一番です。

冷静になって行動することが結果としてよかったことに繋がります。

転職妨害を専門とする窓口もありますし、弁護士に相談することもできます。

ただやはり最初はそこまで大げさにしたくないと思う人もたくさんいるでしょう。

そこまで大げさにしなくてもよかった、つい先走ってしまったと後悔したらまたストレスを抱えてしまうかもしれません。

まずは転職エージェントに相談するところから始めるといいアドバイスがもらえます。

転職エージェントにアドバイスをもらってから弁護士に相談する、段階を踏んで相談することも一つの手です。

何か問題が起こった時に周りに迷惑をかけたくないからという理由から一人で抱え込んでしまうと過度なストレスを受けてしまいます。

一人では抱え込まないことが解決するうえで最も重要なことです。

転職妨害は違法?法律の関連性

転職妨害の法律

レッドカードを持つ女性

転職妨害という行為自体、違法行為にあたります。

我が国の日本では様々な法律がありますが、転職妨害も法律で禁じられている法律の一つです。

労働者には職業選択の自由というものがあるため、その会社で働きたいと思うのもやめたいと思うのも個人の自由です。

その個人の自由を会社側は奪っているという形になるため会社側は法律違反を犯しているということになります。

転職妨害そのものは法律違反にあたりますが、転職妨害のやり方は様々です。

中にはわかりやすいものから、自分が気づきにくいものまであります。

自分が気づいていないだけで実は転職妨害にあっていたかもしれない。

更には過去を振り返り実はもしかしてあれって転職妨害だったのではないかと思うという人もいます。

「同業他社への転職」は注意しよう

イエローカードを持つ女性
転職活動を行う上で注意したいものが同業他社です。

前職ではあまりうまくいかずやめてしまったけれど、転職先で同じような内容の業務を受け持つことです。

似たような仕事内容で以前も働いていたというキャリアが自分にはあります。

転職先で上の地位につくことができる、存分に力を発揮できるということです。

会社側としては率先力になると思ってもらえます。

ですが、業務が似ていると機密事項の漏洩や前職の業務内容すべてが漏れてしまうという可能性が高いです。

転職活動をしていて面接を受けている段階で同業他社とばれてしまった場合、内定の取り消しをされる場合もあります。

そのため慎重に転職活動を進めることが重要です。

転職妨害の事例をチェック

前職の会社が「求職者の悪い情報を流す」

やっとの思いで転職先が決まり、入社日を待つのみという時です。

転職活動を自分が行なっていてそれが上司に知られてしまった場合、企業側へ求職者の悪い部分ばかりを吹き込むという非常に悪質なやり方です。

これは求職者がせっかく面接までして勝ち取った転職先を転職できないようにする行為で内定取り消しを狙っています。

前職の会社ではこういう人だったということを相手の企業側へ報告するのです。

いいところを報告するのではなく悪い部分ばかりを企業側へ流し求職者を悪い印象に話を持っていきます。

いくら前職に勤めていたとはいえ、このような他人の情報を勝手に話すことはプライバシーの侵害に値します。

社員の転職妨害のために「同業他社へ圧力をかける」

セミナーや会社同士の会食など、会社の上司同士が頻繁に顔を合わせる場面が多いときによく起こる行為です。

特にセミナーは多くの会社の上司が集まる場所です。

それに伴い情報交換もされると思いますしセミナーや会食が増えていくと見知った人が増えていきます。

このようなセミナー、会食など会社同士の付き合いが多い場合は注意しておいた方がいいです。

求職者が転職活動をしていることを知った上司は妨害をしようと相手の企業に圧力をかけている可能性が大いにあります。

有給休暇を取らせず「転職活動をさせない」

就職活動の時もそうでしたが転職活動でも面接は必要です。

企業も土日は会社が休みのため、どうしても平日に面接を行います。

就職活動の時は自分自身も休みで時間に余裕もありました。

ですので言われるがままに面接の日程通りに受けることができましたが、転職となるとそううまくもいきません。

自分自身も働いているため、会社を休んで面接に行かなければならなくなります。

会社が忙しい、上司が有給を取らせてくれないといったこともあるのです。

そうなると面接どころか転職をすることもできなくなってしまいます。

会社として労働者に有給休暇を取らせてはならないという決まりごとはありません。

有給休暇を取らせていないとなると会社側で大きな問題となります。

「精神的に追い詰める」

泣いている女性

転職活動をしようと思っている求職者に対して言葉で相手に圧力をかけているといった行為です。

次が決まらないと辞めさせない、まだ決まってないの、本当に転職活動しているの?など言葉の攻撃を上司が浴びせます。

これにより求職者は精神的なストレスを受けてしまうことがあります。

優しい言い方でも求職者にとってはプレッシャーに繋がりますし精神的に追い込まれていることに変わりはありません。

また普段はあまり気にかけない上司が転職活動をしていると知ってから毎日のように話し合いをされるといったケースもあります。

 

ワンポイント

転職妨害にはさまざまな種類があります。上司や同僚が自分に対していつもと違うと感じた時や違和感があると思ったらそれは転職妨害かもしれません。

転職妨害のひとつ「退職妨害」

退職届を受理しない

胸の前でバツを作る女性
会社側に仕事を辞めたいといっても取り合ってくれないといったことです。

理由をいってもそれは正当な理由にはならないということでなかなか取り合ってもらえないことがあります。

仕事を辞める、やめないは個人の自由であり決して会社や上司が決める事柄ではありません。

正当な理由がないからやめることを認めないといったことは会社側がするべき行為ではありません。

仕事を辞めたいと思ったときははっきりと伝えることが重要です。

どうしても言葉で言っても伝わらない場合は手書きでやめたい理由を書き綴るといった方法を使うようにするとより相手に伝わりやすくなります。

言葉よりも力のあるものになりますし、もし訴えられたりしたときに証明書になってくれます。

理由をつけて在職を強要する

お手上げのポーズを取る女性
作業している場所やみんながいる前では言いづらいことがあると何かと理由をつけます。

そして転職しようとしている求職者に声をかけ、個別の部屋へ案内するといった行為です。

上司に呼び出されてしまっては行かないわけにはいかないので仕事がひと段落した時などに呼び出しを受ける場合が多いです。

上司と一対一で話し合い転職を思いとどまらせるように話をもっていく手段です。

もし万が一、転職先が決まっていたら、日程が大幅にずれてしまう可能性もあります。

転職しようと思っていたのに自分で内定を取り消すことになってしまいます。

個別に呼び出されたら自分の意見や思っていることははっきりと伝えた方がいいです。

上司だからといって遠慮してしまうと退職を先延ばしにされたり転職活動さえもうまくいかなくなります。

仕事を押しつけて退職できない状況にしてくる

とくに急ぎの仕事でもないのに上司から毎日頼まれごとを押し付けられたり雑用をさせられたりといった行為です。

忙しいのであれば自分で時間を作って転職活動をしたり、時期を見計らって退職したりすることができます。

それとは別に仕事を押しつけることは強要していることになります。

自分は転職活動をしたい、面接に行きたいと思っていても全てできなくなってしまうのです。

また、仕事を断ってしまうと今度はあっさり切り捨てられてしまうのではないかと考えてしまいます。

転職妨害にあわないようにするには?

転職活動していることをバレないようにしよう

口の前でバツを作る女性

退職するまで転職活動は極秘に行うことが一番転職妨害にあいません。

転職活動をすることは、転職エージェントだけに伝える、親だけに伝えるといった信頼できる人に絞っておきましょう。

決して上司や会社にばれないようにすることを心がけたほうがいいです。

ただし、転職活動をするにも求人を探したり、面接に行かなければなりません。

うまく時間を使えば転職活動をしていることが会社側にばれないようになります。

転職エージェントにしっかりと相談して進めていくことが好ましいです。

時間の使い方次第で在職中であっても転職活動は成功できます。

最低限の退職マナーを守ろう

自分が退職するのであれば、退職するという旨を上司に伝えるということです。

言葉で伝えることと書面で伝えることの両方をする必要があります。

さらにお世話になった方々へ挨拶をすることも大事です。

会社で使用してきた備品などは元の位置に片づけたり返却したりして自分の身の回りを整理整頓するようにします。

自分の使った机は次の人が使うことになるため軽く掃除を済ませておく必要もあります。

一番忘れがちなものは会社で使っていたネームプレートやロッカーの鍵です。

会社で作業服がある場合は綺麗に洗濯をして返却すると自分も相手側も気分がいいでしょう。

 

ワンポイント
・退職する時は言葉と書面で伝える
・机の周りやロッカーなどはきれいに片付ける
・会社で使っていた全ての備品は返却し忘れないように
・作業服は洗濯をして返却

転職先決定後にスムーズに退職するためにやっておくべきこと

荷物を抱える女性

転職する際、何もせずにただ次の日から会社に来ないといったことはマナー違反であり、一番やってはいけないことです。

女性であれば荷物も多いです。

机やロッカーに自分の持ち物を貯めておくことも多くあると思います。

会社で使わないと思ったものから順番に家に持って帰って極力荷物を減らすようにしたほうがいいです。

自分が会社から立ち去るわけですから、自分が使っていた机やロッカーなどはきれいに掃除しておくことです。

自分が使っていた場所はまた新しく会社に入社した人が使うものになるためできるだけ整理整頓はしておく必要があります。

自分の後任が来たら引き継ぎを行うようにすることが望ましいです。

資料や業務内容を自分なりにまとめて伝えると後任者もその後の仕事がしやすいですし助かります。

チャンスを逃さないために転職妨害の対処法をチェックして転職しよう

人差し指を立てている女性

転職妨害はいろんな形で起こります。

仕事を押し付けてきて転職できないようにしてくるわかりやすいものもあります。

逆に精神的に追い詰めて個別に話し合いを重ねるといった非常にわかりにくいものまで種類はさまざまです。

転職妨害はいつ起こるかわかりません。

もし自分が転職したいと強く考えているなら、転職妨害にあわないために転職をする前にしっかりと対策をとっておく必要があります。

自分が転職したい会社があったとしても転職妨害が原因で転職できなかった、あきらめざるを得ないと思う人もいます。

さらに自分は転職できないと思ってしまいせっかくの転職のチャンスを失ってしまうこともあります。

 

ワンポイント
転職のチャンスを逃さないためにも転職活動は慎重に行うようにしましょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

女性同士で会話をしている

転職活動をしていくうえで、いざ転職に踏み切ったところまではよかったものの結局何から始めていいのかわからないといったことです。

面接や転職先に行ってみる、会社訪問や面接の練習など自分がすることはたくさんあります。

実際何から始めていいのかわからず退職をしてしまったというケースがあります。

転職の悩みなら転職エージェントに相談することが一番の近道です。

転職エージェントは転職を考えている人に付き添ってくれるためプロです。

悩みや不安など相談に乗ってくれます。

前の会社を退職したところから転職は始まっています。

全部一人で抱え込まずにまずは相談できる人を頼り、よりよい転職ができるようにするほうがストレスも軽減されることでしょう。

 

ワンポイント
・転職活動をする上でわからないことがあれば一人で悩まない
・転職エージェントにまずは相談してみましょう

まとめ

パソコンを手に作業している女性

新しい場所へ転職することは初めて就職活動をするときと同じくらい緊張もしますし不安もあります。

求人を探すところから始まり、面接をして合格をもらえて初めて転職先へ転職できます。

上記のように転職をする際には転職妨害に気をつける必要も出てくるかもしれません。

転職活動が自分に当てはまらなかったとしても転職を考えている際には知識として知っておくほうが対策もスムーズに進み悩みも軽減されます。

 

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら