転職活動に際して真っ先に気になることとはどの職種を選ぶかということでしょう。

特に需要が多い営業職は候補の1つですが、今では様々な形の営業職があります。

その中でやや世間の需要と外れたところにあるのが通信業界の営業職です。

今回は通信営業に転職する方法を紹介しますので参考にしてみてください。

果たして必要なスキルや面接で聞かれること、向いている女性の特徴はなんでしょうか?

なかなか世間一般にはイメージしにくい通信営業のお仕事の本質にも迫っていきます。

通信営業に転職する方法を紹介

通信営業

まず通信営業に転職するためには通信営業の求人情報をチェックする必要があります。

結論からいえば営業職については豊富な数の公開求人が転職サイトにあるのです。

その採用方法はソルジャー採用という1度に複数の人材を募集する人海戦術です。

第2新卒や既卒の未経験採用も盛んに行われていることが多いのではないでしょうか。

転職エージェントを通じた非公開求人もありますが、公開に比べると少ない方です。

採用のコストを抑える目的があるために転職サイトを中心に採用しています。

通信営業への転職は転職サイトを中心にチェックしていくといいでしょう。

通信営業の仕事内容

通信営業の仕事内容は果たしてどのようなものなんでしょうか?

ここでは2種類の営業方法を細かく解説します。

個人営業

個人営業

まず1つ目は通信事業者が直接お客様と契約する個人向けの営業パターンです。

主な収益源は通信事業者が自社のモデムをユーザーに貸すことで生じる毎月の利用料金になります。

有名なところだとNTTを中心とした電力会社がそのままお客様と契約するのです。

通信営業の場合はどちらかといえばこの個人営業スタイルが主流になっています。

時流とともに多様なサービスが生まれており、お客様のニーズに合わせ提案してくのです。

いわゆる飛び込み型の訪問営業と電話で事前にアポイントを取るルート営業の2種類あります。

大手会社との回線契約の場合多くはこの個人営業ではないでしょうか。

法人営業

法人営業

2つ目は通信事業者がお客様に対して他の事業者にサービスを提供する法人営業です。

直接お客様と回線契約を行うのではなく他の事業所を通して回線契約を行います。

例えば光回線の卸売りである「光コラボレーション」がこのパターンです。

この組み合わせで通信事業者が他の事業者に光回線の販売が可能になります。

警備会社や携帯会社を挟んで契約するためわざわざ個人向けに営業をしなくてもいいのです。

その代わり営業先は会社の経営者や役員の方々がメインなので契約成立のハードルは高くなります。

そのため20代女性が転職後いきなり法人営業を任される可能性は低いでしょう。

 

ワンポイント
・個人営業の場合は直接お客様との回線契約を結ぶ
・法人営業の場合は他の事業者を通してお客様との回線契約を結ぶ

通信営業に必要なスキル

通信営業に必要なスキルは果たして何でしょうか?

販売している商品の知識

回線

まずは個人営業にしても法人営業にしても販売商品の知識が必要です。

しかし、そういう知識は入社後の研修で覚えることになります。

そのため入社前の段階方特別な知識や資格は必要ありません。

とはいえ、通信業界と関わりのある業界の知識はあった方がいいでしょう。

たとえばIT系のスキルや知識・資格を持っておくと入社後に差をつけられます。

臨機応変に対応する力

2つ目に臨機応変に対応する力が通信営業には求められます。

商品が通信機器というインフラなので想定外の出来事が日常茶飯事で起こるのです。

通信接続が悪くなったり回線速度が落ちたり通信機器の突然の故障だったり色々あります。

そうした日本全国各地で起こりうるトラブルに適切に対処しなければなりません。

場合によってはユーザーから営業担当にクレームが入ることもあるのです。

万が一を常に想定して動ける柔軟性はどうしても必要ではないでしょうか。

だからこそ常にフットワークが軽く対応力が的確かつ迅速な人が求められます。

年齢層に合わせてコミュニケーションができる

通信営業

そして3つ目に様々な年齢層に合わせて意思疎通ができることです。

個人営業にしても法人営業にしても様々な人達を相手にしなければなりません。

法人向けの場合は個人向け営業よりも更に高い営業スキルと専門知識が必要です。

個人向け営業の場合もその年齢層やニーズはユーザーごとに違います

そのため若年層には若年層向けの、高年層には高年層向けの話し方があるのです。

同じ商品を説明するためにも人それぞれ説明の仕方を変えなければなりません。

そのように幅広く豊富な営業スキルが必要であることを肝に銘じてください。

 

ワンポイント
・まずは商品の知識をしっかり頭に叩き込むこと
・どんなトラブルにも柔軟に対応できること
・豊富な知識と営業スキルが求められること

通信営業に向いている女性の特徴

それでは通信営業に向いている女性の特徴は何でしょうか?

ここではその特徴を細かく紹介していきます。

携帯や通信回線に興味がある人

通信機器

まず1つ目が携帯電話や通信回線といったインフラに興味がある人です。

それはすなわち時代のトレンドや変化に敏感な人といえるのではないでしょうか。

情報技術や通信機器は常に試行錯誤を繰り返しながら新しいもの生み続けています。

昨日の常識が明日にはもう通用しないということが日常茶飯事です。

そういう変化を常に敏感に嗅ぎ取って行動できるフットワークの軽い人が向いているでしょう。

そして同時にその変化について行くためには柔軟な発想力も必要です。

そのため安定志向の人よりも変革志向の人の方が向いています。

細かくマメな人

2つ目に細かいところまでフォローができる慎重でマメな人が求められます。

上記したように通信機器というインフラではいつどのようなトラブルが起こるかわかりません。

契約成立すればそれで終わりではなく、アフターケアもしっかり行う必要があります。

万が一自社が提供した商品に不備があれば、それは紹介した営業職の責任でもあるのです。

そのようなトラブルに対して焦ることなく慎重に原因がどこかを探る必要があります。

変化や挑戦を楽しめる大胆さだけではなく、緻密さや慎重さも通信営業には欠かせません。

常に危機感を持ってトラブルに対処する冷静沈着さがある人も向いているでしょう。

人の話を丁寧に聞くことができる人

丁寧に

そして2つ目の話ともややつながっていますが、人の話を丁寧に聞くことができる人です。

営業職というとマシンガントークができる口達者な人が向いていると思われています。

確かにそのような人もいますが、営業職の本質はいかにお客様の話を聞くことができるかです。

あくまでもお客様の悩みを解決するために営業するという姿勢を忘れてはいけません。

そのためにはお客様の個人情報から悩みの原因まで全てをプロファイルする必要があります。

すなわちこちら側から話すのではなくお客様から話を聞き出してください。

そういう丁寧さがある人こそがこの通信営業の仕事には向いています。

 

ワンポイント
・挑戦や変化を恐れずに行動し続ける人
・どんなトラブルにも冷静沈着かつ慎重に対応できる人
・お客様の話を親身に聞き最適な提案ができる人

通信営業に転職するときの注意点

それでは通信営業に転職するときの注意点は果たして何でしょうか?

休日出勤が多い

忍耐力

これは特に代理店に多いのですが、休日出勤が多いということです。

携帯電話の販売ショップを見ると非常にわかりやすいでしょう。

代理店の場合下の企業に行くほど、ブラック企業の可能性は高まります。

また衛生的にもあまり良くない環境で働くことも多いのです。

加えて月々のノルマも厳しく、稼げる人と稼げない人で二極化します。

うまく稼ぐことができて体力・精神ともにタフな方ならば大丈夫でしょう。

しかしワークライフバランスを求める方には向いているとはいえません。

転職した人たちは出世が遅い

通信電波

そして2つ目に通信営業に転職した人たちの出世が遅いということです。

特に大手通信会社の場合中途採用よりも新卒採用の方を優先的に出世させます。

旧来の年功序列の考えが非常に強く自社の社員の方を重用するためです。

反面中途社員はその煽りを食らう形で出世しにくい傾向が強くあります。

もちろん中には例外的に中途採用の方が出世するというコースもあるでしょう。

しかしその場合はよほど優秀なスキルや経験・実績を持つ人の場合ではないでしょうか。

携帯電話を例に取ると、日本はまだ3大キャリアが業界の中で幅を効かせています。

出世を目的とするのであれば、他の中小企業に転職して管理職を狙う手もありです。

 

ワンポイント
・代理店においては特に休日出勤が多い
・大手に転職した場合出世が遅れる可能性が高い

通信営業の面接でよく聞かれることと回答例

面接

そんな通信営業での転職面接でよく聞かれる質問は何でしょうか?

ここではその回答例と共に対策を考えてみます。

「なぜ数ある通信会社の中から弊社の営業を志望したのでしょうか?」

「御社の提唱する「○○」という理念に強く共感したからです。

前職では事務職として御社の製品を通じて業務の効率化を図りました。

そのおかげか生産性も非常に高くなり、売上50%アップを達成しています。

今時代はIT化が進んでおり、御社の商品をより多くの人に提供したいと思ったのです。

多くの人を豊かにし、より快適な暮らしを実現する形で貢献いたします。」

まず1つ目が「なぜその会社をわざわざ志望してきたのか?」という質問です。

特に通信業界の場合競合他社が多いためにこの質問にしっかり答えられるようにしましょう。

ポイントは具体的な数字で成果を出していることと入社後の貢献を述べることです。

「うちは休日出勤も多いしノルマもきついけど大丈夫?」

「はい、大丈夫です。私は前職のアパレルでも休日を返上して働いていました。

常にお客様の悩みに真剣に寄り添い、必要とあればヒアリングも徹底しました。

月々のノルマも大変でしたが、そのヒアリングの徹底により売上〇〇万円を達成し1位となったのです。

御社でもこの姿勢や経験を忘れずお客様に真摯に寄り添う形で目標を達成します。」

上記の休日出勤やノルマに関する質問をあえて面接官がぶつけるパターンです。

いわゆる「圧迫面接」と呼ばれる部類で応募者の覚悟を試しています。

前職のアパレルでの経験と実績を元にしっかり答えており素晴らしい回答です。

「実は今○○という商品を売りたいんだけど、君だったらどうやって販売する?」

「はい、まずこの商品を売り込むターゲット層と集客から考えます。

この商品の場合ですと若年層向けに販売するといいのではないでしょうか。

集客に関しては現在SNSやインフルエンサーマーケティングが主流です。

そのため通信機器に強い有名なインフルエンサーの××に営業をかけるでしょう。

そうすればより効率よく販売をかけることができると考えます。」

そして3つ目が無茶振り質問として商品の販売をどうするかということです。

いわゆるコンサルティングに近い提案ができるかどうかを見られています。

まずターゲット層と集客・営業の販売の方法を具体的に考えて答えを出しましょう。

通信営業のその後のキャリアパス

キャリアパス

通信営業に転職した後のキャリアパスは以下の方法が挙げられます。

  • 管理職として出世する(大手よりも中小向け)
  • 別の業界に営業職として転職する
  • 独立して代理店を設立する

通信業界の転職の場合お世辞にも出世などのキャリアパスの可能性は低いでしょう。

代理店であればあるほど酷い扱いを受け、非常識な理由で解雇されることもあります。

また月々のノルマも厳しく達成できないと会社に居づらくなってしまうのです。

これに加えて休日出勤に長時間労働、更に残業代未払いといった問題もあります。

どうしても通信機器販売に興味があるという人以外は別業界に転職した方がいいでしょう。

営業スキルは高く身につきますが、お世辞にも継続性定着性は良くないといえます。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

エージェント

このように通信営業は一筋縄ではいかない仕事だとご理解いただけたのではないでしょうか。

ここで悩みや迷いが出た方は是非転職エージェントに相談してみてください。

通信業界がどういうところなのかをしっかりアドバイスしてくれますよ。

プロの見地に基づく意見なので質がはるかに高い情報を提供してもらえます。

また転職で失敗しないように面接対策から非公開求人まで手厚くサポートしてくれるのです。

仮に転職後でも関係性を継続していれば何かと相談に乗ってもらえるので登録してみてください。

まとめ

通信機器

いかがでしたでしょうか?

今回は通信営業に転職する方法を具体的に紹介してきました。

表は華やかに見えますが、現実はとても厳しく苦しい現状があり離職率も高い仕事です。

しかしその分高い営業スキルを得られますし、何より通信機器の知識を多く得られます。

それでも万が一転職するかどうかお悩みの方は転職エージェントを有効活用してください。

通信業界であっても失敗しない転職の方法や求人を教えてもらえます。

応募者の覚悟と行動次第なので、どのように転職活動を行うかしっかり設定しましょう。

本稿が少しでも通信営業の転職活動の参考になれば幸いです。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら