自分が相手にどんな印象を与えるかは、面接で重要なポイントの一つです。

採用担当者は会話の内容だけでなく、応募者がビジネスシーンでどんな印象を与える人かという観点でもチェックしています。

面接でより適切な一人称は「わたし」か「わたくし」のどちらなのでしょうか。

面接官に与える印象をより良くするためにどんなことを意識できるかについて見ていきましょう。

面接で好印象を与える一人称とは

笑顔のビジネスウーマン

結論からいうと男性女性問わず、面接時に最も好印象を与える一人称は「わたくし」です。

「わたし」も、少しカジュアルにはなりますが適切な一人称といえます。

しかしこのような疑問を持つ人もいるのではないでしょうか。

  • そもそも一人称はそこまで大事なのか
  • 面接でNGな一人称
  • 一人称が面接官に与える印象はどう違うのか
  • 普段の一人称をうっかり使ってしまった場合
  • 一人称以外に面接で気を付けるべき言葉遣い

以上の疑問については次章以降で取り上げます。

印象アップのために練習段階で取り組めることもありますので、今のうちに確認して面接に備えましょう。

一人称が相手に与える印象を知ろう

オフィスで面談する女性

普段の生活の中で自分のことを何と呼ぶか、というのは意外とその人の印象を左右します。

実際に話を聞いていて、相手が一人称を使うとその人の印象がガラッと変わったという経験をした人もいるのではないでしょうか。

特に異性と話しているとこの現象がよく起こります。

草食系で大人しそうに見えた人が飲みの席で「俺」という一人称を使い始めたら、「実は内弁慶の俺様気質そう」と感じるでしょう。

見た目は知的そうでも自分のことを「おら」と呼ぶと田舎というイメージが出て知的には見えなくなる、なんてこともあります。

これは、相手の印象がその人の一人称に左右されている証拠です。

人は普段の生活の中で、無意識のうちに相手を一人称で判断しています。

普段何気なく使っている一人称ですが、まずはそれぞれの一人称が相手にどのような印象を与えるのかを知りましょう。

「自分」

最近、一人称として「自分」を使う人が増えています。

特にスポーツ選手や運動部出身者など体育会系の男性に多く見られる一人称です。

男性の一人称が「俺」だとイキってる俺様気質の印象を与え、「僕」では幼さが残ります。

「自分」はその点どちらでもなく、自己主張の強さを感じさせません。

ただ関西では相手のことを指す二人称として「自分」が使われることが多いです。

そのため相手によっては会話が分かりにくくなってしまうこともある一人称でもあります。

「わたし」

女性では、普段から「わたし」を使っている人も多いのではないでしょうか。

「わたし」は普段の会話でもビジネスの場でも受け入れられるオールマイティーな一人称です。

「あたし」「うち」とは異なりまじめな印象を与えますが、自己主張の強さも幼さも感じさせません。

より優しい印象を与える一人称でもあります。そのためどんなシーンでも受け入れられる一人称です。

一人称の切り替えが難しいと感じる人には、普段から「わたし」で統一しておくのがおすすめです。

「わたくし」

「わたくし」は最もフォーマルな一人称です。普段使う機会がないため急に使おうとすると違和感があるかもしれません。

しかしその分「わたくし」を自然に使える人は、ビジネスシーンに相応しい言葉選びができる人という印象を与えるでしょう。

また「わたくし」は謙譲語でもあります。へりくだった言い方で相手への敬意を表す敬語表現の一つなのです。

そのため謙譲語や他の敬語を上手く使いこなせなくても、一人称を「わたくし」にすることで、敬意や腰の低さを感じてもらえます。

 

ワンポイント
一人称で人の第一印象は決まります。その場に合わせた一人称を使いましょう。

 

転職面接でNGの一人称

悩む女性

転職面接でNGの一人称は、簡単にいうと「わたし」「わたくし」以外です。

具体的に挙げると以下のようなものがあります。

【自己主張の強さや幼さを感じさせるもの】

  • 自分の名前
  • ニックネーム
  • 「うち」
  • 「俺」
  • 「僕」
  • 「あたい」
  • 「あたし」

面接で自分の名前や仲間内でのニックネームで自分のことを呼ぶのは論外です。

また普段使っている一人称の中には、自己主張の強さや幼稚さが感じられるものもあります。

これらは面接時にはNGなので要注意です。

【自分を卑下するもの】

  • 「わたくしめ」
  • 「わたしめ」

「め」は自分を卑下する接尾辞です。

面接で面接官や応募先の会社への敬意を表すことは大切ですが、自分を卑下する必要はありません。

【地域特有のもの・古風なもの】

  • 「わぁ」
  • 「おら」
  • 「わっち」
  • 「わえ」
  • 「わい」
  • 「吾輩」
  • 「我(ワレ)」
  • 「拙者」
  • 「わし」
  • 「某(それがし)」
  • 「わらわ」

出身地が面接官と同じであっても面接時に方言を出してしまうのは不適切です。

また、古風なものも趣はありますが、TPOをわきまえて面接時には封印しましょう。

 

無料転職相談をして希望の会社に入社しよう

 

「自分」と呼ぶことの影響

スーツを着た女性

普段使いでは我の強さも幼さも感じさせない「自分」ですが、面接の時に「自分」はNGです。

一人称が「自分」のまま面接に臨むと以下のような影響があります。

集団面接の時に浮く

大きな影響の一つ目は、集団面接の時に面接官から見ても他の就活生から見ても浮いてしまうという点です。

良い意味で浮くのは採用の近道になることも多いですが、一人称の場合悪い意味で浮いてしまうこともよくあります。

ほとんどの就活生が「わたし」か「わたくし」です。面接中に自分でも「浮いている」と感じることになってしまうでしょう。

「浮いている」と感じても、その場で急に一人称を変えるのは至難の業です。

もしできても会話に集中できずぎこちなくなってしまいます。

採用後の不安に繋がる

面接官は応募者を「将来の社員」として見ているものです。

一人称が「自分」だと、面接官の目にはビジネスマナーが身に付いていない人・TPOに応じた言葉遣いができない人と映ります。

もちろん一人称が「自分」なだけでコミュニケーション能力が高く仕事もできる、という人もいるでしょう。

しかし面接官は数十分でその人が取引先などに会社の代表として対応できるか、大きな仕事を任せられるかを見極めなければいけません。

能力やスキルが高くても、採用後に不安が残る印象を持ってしまうと採用しにくくなってしまいます。

転職面接ではビジネスマナーを意識しよう

体をかがめる女性

転職は新卒の場合と比較して、ビジネスマナーをより厳しくチェックされがちです。

社会経験があるのにビジネスマナーが身に付いていないとなると、人間性や仕事ぶりに疑問を持たれてしまいます。

スキルや職歴は履歴書でもアピールできるものです。

面接は自分が入社後即戦力になれること、TPOに合わせた言葉遣いができることをアピールできる場と考えましょう。

 

ワンポイント
面接は面接に相応しい言葉遣いがあります。
ここでは一人称としての「自分」は使わないようにしましょう。

 

面接で適切な一人称をチェック

オフィス

面接で不適切な一人称を理解したところで本題です。面接での適切な一人称を確認しましょう。

「わたし」か「わたくし」がいい

面接で適切な一人称は「わたし」「わたくし」です。

最も適切な一人称はどちらかといえば「わたくし」になりますが、基本的にどちらでも問題ありません。

言いにくい場合は面接練習を反復しよう

普段から一人称が「わたし」だという人はそのままでも大丈夫です。

ただし「わたし」の「わ」が不明瞭だと「あたし」と聞こえてしまうので注意しましょう。

「あたし」はかなりフレンドリーな印象を与える一人称なので、面接時にはNGです。

プライベートでは「わたし」よりも親しみやすさが増したり、ノリが良さそうな印象を持たれたりします。

ただその反面「自信家」「気が強い」「子どもっぽい」といった印象を持たれる可能性もあるのです。

自分の発音を録音して、しっかり「わたし」と聞こえるかチェックしましょう。

口をあまり動かさないで発音すると「あたし」と聞こえてしまいます。

一旦唇を「お」の形にすぼめてから発音するように意識してください。

普段の会話の中で「わたくし」「わたし」以外を使用している場合、慣れないうちは気恥ずかしさもあるでしょう。

しかしながらビジネスマナーとしてこの先も役立つものですので、自然に使えるように練習して損はしません。

ちなみに、一人称は自分のON・OFFを切り替えるスイッチにもなるというメリットもあります。

普段使いの一人称で丁寧語・尊敬語・謙譲語といった敬語表現を使うのは違和感があるかもしれません。

しかし一人称を切り替えると自然に使えることを覚えておくことをおすすめします。

 

無料転職相談をして自分に合った職場を探そう

 

一人称で面接の選考に影響がある場合もある

転職

一人称はそれ一つで不採用になる可能性もあるものです。

ここで面接時の一人称の大切さと、普段の一人称がうっかり出てしまった時の対処法もおさえておきましょう。

一人称は印象を大きく左右する

英語で一人称は「I(アイ)」の一単語のみですが、日本語では古風なものも含めるとその数は100を超えるといわれています。

一人称はバラエティーが豊富な分、その人が自分をどう見ているかを表すものともなっているのです。

自意識過剰だったり自己主張の強い人だったりといった印象を持たれると落とされる可能性が高くなります。

いつもの呼び方が出てしまった時は

会話

練習をいくらしていても本番で緊張して、もしくは気が緩んでうっかりということは誰にでもあるものです。

面接官がフランクだったり友人のだれかに雰囲気が似ていたりすると、普段の一人称が出てしまうかもしれません。

そんな時は、「失礼いたしました」と素直にミスを認めて仕切り直しましょう。

慌てる必要はありません。落ち着いて言い直せば大丈夫です。

 

ワンポイント
つい間違えてしまっても「失礼しました」と言えば、相当なことがない限り印象が悪くなることはありません。
素直にミスを認めれば、むしろイメージアップにつながることもあります。

 

その他面接でよく使う適切な言葉遣いを確認しよう

履歴書

面接では他にも普段の会話ではなかなか使わない言葉を使います。

言い間違えると大変な失礼に当たる可能性もありますので、しっかり備えておきましょう。

応募企業は「御社」

会話の中で応募企業について触れる際の呼称は、「御社」です。履歴書などに記載する場合と異なるので注意しましょう。

会社を差す丁寧語はいくつかありますが、それぞれ使う場面が異なります。合わせて確認してください。

  • 御社(おんしゃ):相手の会社・会話の中
  • 貴社(きしゃ) :メールや手紙など
  • 現職(げんしょく):現在の会社・在職中の場合
  • 前職(ぜんしょく):以前の会社・退職済みの場合
  • 弊社(へいしゃ):自分の会社・社外の人に話す時
  • 当社(とうしゃ):自社の人に話す時

「御社」は既に敬語なので「御社様」とは言いません。「御社様」では二重敬語になってしまいます。

更に相手が銀行や病院、役所などの場合はまた表現が異なりますが、話し言葉で頭に「御」を付けるのは同じです。

お願いする時は「恐れ入りますが」

面接

相手に何かをお願いするときには、お願い事を言う前に「恐れ入りますが」を付けます。

「失礼します」という恐縮の気持ちを表す、クッション言葉として用いられる言葉です。

「恐れ入りますが、〇〇〇をしていただけますか」という用法で使いましょう。

他に「お手数をおかけしますが」「差し支えなれば」「ご面倒ですが」などもクッション言葉として使用可能です。

似た言葉で「申し訳ございませんが」もありますが、使い方が異なります。

こちらは相手に自分の謝罪の気持ちを伝える時、迷惑をかけてしまうお願いしたい時に付ける言葉です。

自分は悪くなく、相手に迷惑をかけるわけではないものの相手に配慮していることを伝えたい時には「恐れ入りますが」を使います。

言葉遣いが不安な時は面接前に第三者に確認してもらおう

自分では丁寧な話し方ができていると思っていても、二重敬語になっていたり使い方が間違えていたりすることもあるものです。

自分の言葉遣いに自信が持てない人は実際に面接を受ける前に第三者に確認してもらいましょう。

たとえば面接に実際に行くときの服装で、実際に話す内容を話してみることをおすすめします。

頭の中では完璧と思っていても意外と話すとなるとスムーズに話せないことに気付くかもしれません。

苦手な言い回しや間違っていた言葉遣いをリストアップしてもらい、重点的に練習しましょう。

練習を頼める相手がいない場合は、動画を撮って確認してみるのも良いでしょう。

面接前に面接でのマナーを再確認しよう

エレベーターのボタンを押す女性

企業の採用担当者は、面接での受け答えの内容や言葉遣いだけでなく応募者のマナーもチェックしています。

マナーが欠けていると、どれだけ自己アピールしても聞き流されてしまうのです。

ここで面接でのマナーをおさらいしましょう。

【身だしなみ】

身だしなみは服装・靴・頭髪に加えて化粧や匂いも含まれます。

化粧は派手過ぎないか・口臭は大丈夫かなど、できれば第三者にチェックしてもらいましょう。

また自宅を出る時点で身だしなみが完璧でも、現地までの道路状況や当日の天候で崩れてしまうことがあります。

面接会場付近に到着したタイミングで再度チェックするのが安心です。

【到着時間】

面接での遅刻がマイナスになるのは当然のことですが、到着時間が早すぎるのも良くありません。

遅刻しないよう早めに現地に向かう場合は、近くで時間をつぶせる場所もおさえておきましょう。

到着時間は、開始時間10分前が適当です。

どうしても遅れてしまう場合には一報を入れておくのも忘れないでください。

【受付での立ち居振る舞い】

受付では来社理由・自分の名前・担当者の名前をはっきり伝え、取次ぎをお願いします。

待ち時間にも自分の態度が見られていることを意識しましょう。

スマートフォンはやむを得ず操作するとしても電源を切る程度の短時間にしておくことが大切です。

基本的には姿勢を正し、静かに待ちます。

【入室・着席の仕方】

ドアのノックは3回です。「お入りください」と返答が聞こえたら「失礼致します」と大きめに声をかけてから入室します。

ドアを閉める時は後ろ手ではなくドアの方を向いて閉めましょう。

椅子の横で挨拶し、面接官に着席を促されてから「失礼します」と述べ着席します。

【挨拶】

挨拶の際は声量や表情も大切です。

できるだけ明るい表情で、しっかり面接官に届く声量で挨拶できるよう、鏡の前で練習しておきましょう。

書類や名刺などの受け渡しをする時は必ず両手でするようにします。

【会話中の態度】

面接は一方的に話す場ではありません。面接官と会話することを意識しましょう。

自分の言いたいことばかり話してしまうと、コミュニケーション力の無い人と評価されてしまいます。

面接官の目を見ることやできるだけ笑顔で話すこと、相手に聞き取れる声量とスピードを意識することも大切です。

【退室の仕方】

面接官から面接が終了したことを伝えられたら、立ち上がる前にまず面接官へ感謝を伝えましょう。

「本日はお時間をいただき、ありがとうございました」と述べ、お辞儀します。

椅子の横に立った状態で一礼してからドアまで歩くようにしてください。

退室前にドア前で「失礼します」と述べ、再度一礼してから退室します。

退室後も会社を出るまでを面接と思って丁寧に行動しましょう。

 

ワンポイント
面接は数分の言葉遣いと立ち振る舞いで印象が決まります。
最初が肝心なので注意を払った行動が必要です。

 

転職相談は転職エージェントを活用しよう

女性エージェント

転職についてどれだけ調べていても、自分は大丈夫だろうかと心配になるものです。

いずれ転職したくても不安がある、という人には転職エージェントの力を借りるのがおすすめです。

転職エージェントでは、

  • 求人情報の紹介
  • 履歴書や職務経歴書等、選考書類作成のアドバイス
  • 面接日の調整
  • 採用条件や入社日の相談

など、転職活動に必要だけれど自分一人では難しいということをエージェントが助けてくれます。

希望に応じて企業を紹介・マッチングしてくれるため、理想とのギャップを少なくすることもできるのです。

面接や選考に関して転職のプロからアドバイスをもらえます。

そのため周りに練習・相談相手になってくれる人がいない人でも安心です。

 

無料転職相談をして転職を成功させよう

 

まとめ

転職

面接やビジネスシーンでの適切な一人称は、「わたし」「わたくし」です。

よりフォーマルな一人称を使いたいなら「わたくし」がベストといえます。

一人称は、採用担当者が自分に持つ印象を良くも悪くも大きく左右する大切な要素です。

面接はビジネスマナーが身に付いていることをアピールできる場と考えてください。

その場面に合った適切な言葉遣いができるようにしっかり備えておきましょう。

 

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!