転職はしてみたいけれど失敗するのではないかという不安から、転職活動に踏み出せない女性も多いのではないでしょうか。

確かに転職は難しいものではありますが、コツさえ押さえておけば自分に合った転職先が見つかる確率が上がるはずです。

具体的な転職の失敗例と、転職を成功させるコツについてくわしくご紹介します。

Contents

よくある転職の失敗例をご紹介

面接

「転職」と聞くと、「難しいもの」、「失敗するもの」というイメージを抱いている女性も多いでしょう。

しかし転職はポイントさえ押さえていれば、成功する確率はぐんと上がります

この記事では、転職の失敗としてよくあるケースの中から厳選した5つチェックしていきます。

失敗例を参考に、転職を成功させるコツをつかんでいきましょう。

失敗例「聞いていた話や条件と違う」

女性,オフィス,電話,悩む

よくある転職の失敗例に「聞いていた話や条件と違う」というケースがあります。

面接時に聞いていた職務内容と異なったり、福利厚生が異なっているなど。

実際に会社で働きだしてからがっかりするパターンも多いため注意が必要です。

聞いていた話や条件と違う失敗がおきやすい転職について、まずは確認していきましょう。

面接の話と違って失敗するケース

転職後に後悔する原因にもなる「聞いていた話や条件と違う」ケースは、転職活動で一番注意したいポイントでもあります。

職務内容や福利厚生は、働くモチベーションを維持するのに重要なポイントとなります。

転職前の方が条件が良かったとなれば、再度転職を考える女性も多いでしょう。

転職後に話が違うとならないために、事前の企業分析や情報収集などの確認作業が重要になってくるのです。

この失敗をしやすい女性

「聞いていた話や条件と違う」という転職の失敗をしやすい女性は、しっかりと企業分析や情報収集などの確認作業をしない女性が多いです。

仕事内容や条件面の確認を転職エージェント任せにしていたり、面接時に仕事内容のすり合わせをしない女性に多いケースといえるでしょう。

条件等は働く上で重要なことです。

「たぶん〇〇だろう」と、ふんわりしたイメージのまま転職してしまうのは、転職を失敗する原因になります。

自分が納得するまで、しっかりと確認することが大切なのです。

ワンポイント
調査などを含めた準備が非常に重要であることが分かります。

失敗例「前職のスキルが活かせない」

はてなマークの女性

「前職のスキルが活かせない」ケースも転職を失敗したと感じる原因の1つです。

前職で培ってきたスキルを十分にいかせれば、年収アップも見込めますし、自己成長へもつながります

自分のスキルが活かせないと、働くモチベーションも上がらず、転職に失敗したと感じやすくなるでしょう。

それでは、前職のスキルが活かせずないケースについて注目しましょう。

スキルのミスマッチで失敗するケース

自分のスキルと転職先が求めるスキルがミスマッチしてしまうと、双方にとってマイナスとなります。

転職先ではどのようなスキルを求められているのか、自分が活かしたいスキルとマッチするのかを、しっかりと企業分析と情報収集しておきましょう。

また、面接時に確認しておくことも大切です。

スキルのミスマッチに目をつぶった転職は、必ず失敗すると言っても過言ではありません。

スキルのマッチは、転職において重要なポイントのひとつといえるのです。

この失敗をしやすい女性

スキルのミスマッチにより転職を失敗する女性は、自己分析と企業分析が足りないといえるでしょう。

自分の強み、会社が求めているスキルは何か、じっくりと分析することが転職成功へのカギとなります。

自分のスキルを高めていきたいと考えている女性は、特に重視するポイントとなります。

転職先でどのスキルを活かしていきたいのか、今までの職務経歴を棚卸して自分の強みをしっかりと理解しておきましょう。

自分ではうまく自己分析ができない場合は、転職エージェントを利用して、他己分析するのもおすすめです。

自分では気づいていなかったスキルに気が付くこともあります。

失敗例「残業が多かったり休みが取れない」

時計を見て驚く女性

ワークライフバランスを重視する女性にとって、残業が多かったり休みが取りづらい職場に勤めていると、転職を考えたくなるでしょう。

転職活動する際には、自分がどんなワークライフバランスを求めているのか分析することが大切です。

多少残業が多くとも仕事に打ち込みたいのか、仕事とプライベートはしっかり分けたいのか、理想の働き方は女性それぞれです。

職場環境で、転職を失敗するケースについてご紹介します。

職場環境で失敗するケース

「思っていた職場環境ではなかった」、「社風が自分には合わなかった」といった理由から転職を失敗したと感じるケースも多いです。

これは自分が理想とする働き方を確立できていなかったり、転職活動時の企業分析が不足していることが原因となります。

どんな職場環境が自分には合っているのか、どんな社風なのかは転職先を探すとき重視すべきポイントです。

面接時や転職エージェント経由で、転職先の職場環境をしっかり把握しておかなければ、転職を失敗してしまうでしょう。

この失敗をしやすい女性

自分がどんな働き方を理想とするのか自己分析が足りていないと、職場環境で転職を失敗してしまいます。

まずは自分がどんな働き方をしたいのか、具体的なスタイルを提示できるようにしておきましょう。

また、転職先がどのような社風であるか企業分析も大切です。

転職先の企業ホームページで社是を確認したり、転職エージェントに相談したりするといいでしょう。

面接時に残業時間のことなどを聞いてしまうと、採用されないのではと不安に思う女性も多いです。

しかし、面接とは自分を売り込む場ではありますが、自分と会社のすり合わせの場でもあります。

どのような働き方を望んでこの会社を希望しているのか、会社としてはどんな働き方をしてもらいたいのか、しっかりとすり合わせしましょう。

どうしても自分からは聞きづらい場合には、転職エージェント経由で確認してもらうのもひとつの手です。

ワンポイント
「今が〇〇だから、△△な職場環境で働きたい」と、転職理由を明確にしておくことも大切です。

失敗例「評価されない」

会議

今の職場では評価されないから、転職を考えているという女性も多いでしょう。

長年勤めている職場であればあるほど、同僚や後輩などとの評価の差が気になってくるものです。

自分の仕事が正当に評価されていないと感じると、仕事へのモチベーションも上がりません。

しかし、今の職場で正当に評価されていないこと理由に転職すると失敗するケースもあるのが事実です。

評価されないことを理由に転職して失敗してしまうケースについても確認していきましょう。

人間関係で失敗するケース

正当な評価を受けられないとの理由で転職を考える女性は、転職しても人間関係で失敗するケースが多いです。

評価されないと感じているケースの中には、会社の評価システムがおかしい場合もあるでしょう。

しかし会社の評価システムではなく、自分自身に問題があって評価されていない場合もあります。

その場合、転職先で人間関係に悩まされるケースも多いです。

これは自分が今何をすべきかを把握できていないケースや、そもそも協調性に欠けていることが原因です。

この失敗をしやすい女性

人間関係で転職を失敗する女性には、協調性のない女性が多いといえます。

会社はあくまで組織なので、チームワークが必要です。

ワンマンプレーが目立ったり、上司の指示に従わない女性ですと、正当な評価は受けにくいでしょう。

また、受動的な女性も人間関係で転職を失敗するといえます。

ずっと受け身の姿勢では、会社では評価されにくくなります。

受動的な女性の中には、自分に自信がないため受動的になっている女性もいるでしょう。

自分の強みはなんなのか、誇れるスキルはどこなのかを自己分析してみましょう。

自己分析がなかなかできない、強みが分からないという女性は転職エージェントに相談するのもひとつの手です。

自分の強みや欠点は、なかなか自分では把握できていないもの。

客観的に自分を見てもらえる、転職エージェントを利用するのがおすすめです。

失敗例「転職先が決まる前に退職してしまった」

注意点

転職で一番避けたい失敗といっても過言ではないのが「転職先が決まる前に退職してしまった」ケースです。

職場や仕事内容にどうしても絶えられなくなり、転職先が決まる前に退職してしまうケースは多々あります。

転職あるあるといってもいいでしょう。

しかし転職先が決まる前に退職してしまうケースは、転職に失敗しやすくなります。

転職先が決まる前に退職してしまうことが、なぜ転職の失敗につながりやすいのでしょうか。チェックしていきましょう。

スケジュールで失敗するケース

外を歩く女性

転職には、平均で3か月~6か月の期間がかかるとされています。

自己分析や企業分析したり、書類選考や面接にかかる時間を考えると、3か月はかかると考えておいたほうがいいでしょう。

転職先の事情や大型連休などの要因で、さらに転職活動に時間がかかることも念頭に置いておく必要があるでしょう。

転職までのスケジュールが思ったように進まないことは多々あります。

転職先はすぐ見つかるだろうと見切り発車で退職してしまうと、スケジュールが思ったように進捗しなかった場合、焦ってしうことも。

転職活動資金や生活費に不安が出てくると、余計に転職活動に焦りを感じてしまいます

焦りが出ると、本来希望していない職種に妥協してしまったり、企業分析が足りずにアンマッチな会社へ転職してしまうケースが起こりやすくなります。

この失敗をしやすい女性

スケジュールで転職を失敗しやすい女性の特徴として、やはり自己分析ができていないことがあげられます。

自分の強み、自分のスキルに需要があるのかをしっかり自己分析できていなければその分転職活動に時間がかかってしまいます。

特に自己のスキルと転職市場での需要がマッチしていなければ、転職活動は難航しやすくなります。

また現状を把握できていない女性も、スケジュールが原因で転職を失敗しやすくなります。

1か月の生活費はどれくらいかかるのか、貯蓄はどれくらいあるのかなど、自分の現状をしっかり把握しましょう。

ワンポイント
 把握せず見切り発車で退職してしまうと、焦りから望まない転職先に転職してしまいがちです。

ありがちな失敗を防ぐポイント

電話

転職にありがちな失敗を防ぐに押さえておきたいポイントを押さえて、失敗のない転職を目指しましょう。

まず転職を失敗しないためには、自己分析をしっかり行うことが大切です。

自己分析では下記2点を意識してください。

  • 自分の強みやスキルを客観的に把握すること
  • 自分の希望する職種や働き方を把握すること

自己分析が難しい女性は、転職エージェントを利用して他己分析もおすすめです。

次に、今の職場でできることを把握しておきましょう。

見落としていた今の職場の魅力や、メリットを再認識することで、自分の求めている働き方などが定まります。

  • 給与
  • 職場環境
  • 人間関係

上記などを確認し、職場の魅力やメリットを再認識するのがおすすめです。

今の職場になんらかの不満を感じて転職する場合、自分にも原因があるケースもあります。

ワンポイント
転職したい理由と目的をはっきりさせておくのが、転職の失敗を防ぐポイントとなります。

転職を成功させるコツをチェック

笑顔

転職を成功させるためには、成功するコツを押さえておくのがマストです。

1つずつ確認していきましょう。

転職理由を明確にしよう

自分がなぜ転職したいのか、転職理由を明確にしておきましょう。

「なんとなく今の職場は嫌だ」という理由で転職してしまうと、転職に失敗しやすくなります。

下記を自問してみてください。

  • 何を不満に感じているのか
  • どんな働き方を目指したいのか
  • どんなスキルを伸ばしていきたいのか

自己分析を確実に行い、転職理由をはっきりさせておきましょう。

転職理由が明確になっていれば目指すべき道筋がはっきりするので、転職を成功させやすくなります。

企業分析や情報収集を行おう

どうしよう

転職活動を行うときには、企業分析や情報収集を確実に行いましょう。

自分のスキルとマッチするのか、どのような社風なのかは企業分析や情報収集を行えば、はっきりしてきます。

漠然としたイメージで転職先をえらぶのではなく、入念な企業分析と情報収集を行い自分の希望を満たしてくれる転職先を見つけましょう。

転職エージェントを活用しよう

転職エージェントは、転職活動の強力なサポートをしてくれる存在です。

自己分析や情報収集のサポートをしてもらえます。

また面接日程の調整や、給与の交渉など、面倒事も任せられるでしょう。

転職を失敗せずスムーズに行うためにも、転職エージェントの活用をおすすめします。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

解説

転職には、さまざまな悩みがつきものです。

本当にあう会社はどこなのか、向いている職場はどんな職場なのかを考えるでしょう。

自分だけでは解決できない悩みも、転職エージェントに相談すれば解決の糸口が見つかりやすくなります。

転職エージェントは、転職のプロです。

様々な転職に関する悩みを解決してきた実績があります。

安心して、転職に関する悩みを相談しましょう。

まとめ

キャリア

転職を失敗する女性には、共通した特徴があります。

転職を失敗しないためにも、失敗する共通のポイントを押さえておきましょう。

また転職を成功させたいなら、転職エージェントを利用するのが近道です。

転職エージェントを上手に利用して、失敗のない転職を叶えましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら