集団面接は事前に告知される場合と、事前の告知なしに行われる場合があります。

個人面接とは雰囲気も異なり、場の空気に呑まれてしまうこともあるでしょう。

特に不安に感じてしまうのが、自分だけ質問が少なかった時。

疎外感を感じ大半の人が「ダメだった」と思うのではないでしょうか。

しかし、集団面接で自分への質問が少ないのはよくあることです。

なぜ自分は質問されなかったのか、集団面接では何を気をつけるべきなのかを確認しましょう。

コツさえ把握しておけば、集団面接でも自分の魅力は十分に伝えられるはずです。

Contents

集団面接で自分だけ質問されないのはなぜ?

疑問

他の応募者は質問されているのに、自分への質問はない。

そんな時は不安でいっぱいになってしまいます。

なぜ面接官は自分に対して質問をしないのでしょう。

的確に質問に答えられている

面接官が質問をするというのは、応募者に対して知りたい情報を得る為です。

既に面接官が知りたい情報を提示していたり、的確に質問に答えていたりすれば追加での質問はありません。

質問をされないと自分へ興味を持っていない、と感じてしまいますがそんなことはありません。

集団面接の場合は限られた時間で複数人の面接を行う為、情報が不足している応募者へ質問を行うのです。

早い段階で合否が決まっている

面接を行う以前に合否を決めている面接官もいます。

例えばエントリーシートの内容で合格と決めている場合は、人柄などの確認だけで済む時があります。

逆に早い段階で不合格を決めているケースも…。

こちらは注意したいところですが、入室時の印象で合否を決める面接官もいるのです。

集団面接を行う企業というのは、多くの応募者が集まる企業ともいえます。

それゆえ印象が悪い人は、次々に不採用としていくのが一般的です。

遅刻をするのは勿論ですが、あまりにも早い到着も相手に対してのマナー不足となります。

また不快感を与えるような服装だったり、直前の食事の匂いがきつかったりと第一印象は重要なポイントです。

早い段階で不合格とならないように、第一印象には気をつけましょう。

面接官が必要最低限の質問しかしていない

集団面接を行う企業は大抵が人気企業大手企業です。

企業側の事情を見てみると、面接を効率よく行なわなければ多くの応募者を裁くのは難しいのです。

その為に面接官は出来るだけ簡潔な質問出来るだけ少なくする傾向にあります。

中には1回の面接での質問数を限定している企業もあるので、必要最低限の質問のみとなるでしょう。

アピールポイントは回答時ではなく、自己アピール時にしっかりと伝えておきたいものです。

 

ワンポイント
 一般的に集団面接での質問数は、個人面接時よりも少ないものです。

面接で質問が少ないと不採用なの?

上手くいかない女性

質問されないことに焦りや不安を感じるのは当然のことです。

しかし質問されないからといって、不採用が決定的というわけではありません。

上記したように、すでに合格と決めている場合や知りたい情報を得ているケースもあるのです。

また慣れている面接官の場合は、あえて質問しないことでどのような態度をとるのか見ている人もいます。

どうせダメだと投げやりになっていないか、自分に質問がないことで動揺していないかなどを確認するのです。

仕事をしていく上では様々な状況が起こりえます。

自分に不利と思える状況下でどのように行動するのかを試されているケースもあるのです。

不採用か否かは結果が出るまで分かりません。

自分への質問が少なかったからといって、落ち込む必要は全くないのです。

希望している企業がどのような面接を行っているのか、その特徴を事前に把握しておきたいものです。

 
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

合否に関係するわけではない

マルバツ

質問の多い少ないは合否に直結している訳ではありません。

事実、多くの人が「落ちた」と感じていた面接に受かっているのです。

自分がアピールしたことに対しての反応が薄い、という時もあります。

こちらも質問が少ない時同様に不安になりますが、だからといって不採用ではありません。

集団面接では特に、質問の数は気にしなくていいのです。

大切なことはどんな時も前向きに、熱意を伝えることでしょう。

 

ワンポイント
 集団面接時の質問数は合否に直結しているものではありません。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

なにも聞かれない面接は興味なし?

面接

もしも自分だけ何も質問されなかったら、不採用ということになるのでしょうか。

全く質問がなく見向きもされなかった時でも蓋を開けれ見れば合格していた、ということがあります。

何も質問されない=不採用ではありませんが、質問が全くない時は下記の原因も考えられます。

大きく考えられる理由は2つある

不採用と早い段階に決断されてしまうのは、第一印象と上記しました。

更に付け加えるならば下記の2点もあげられます。

  • 実直さを感じさせない態度
  • ミスマッチを感じさせる態度

面接時にうつむいていたり、相手の目を見ないなど実直さを感じさせない態度は不採用の対象となります。

また他の人の話をしっかり聞く態度がない、といった集団面接ならではの原因もあります。

これらは不採用の決断をされ、無駄な質問はされないのではないでしょうか。

更に清潔感なく声が小さいなど暗いイメージを与えてしまうと、社内の雰囲気を悪くすると判断されます。

求めている人材とは異なるとしてミスマッチ人材となってしまうのです。

このように早期で不採用の判断をされた場合は、質問がないという状況になってしまいます。

ツッコミどころしかない回答

面接に向けて準備周到なのは良いことです。

しかし、真面目に取る組むがゆえに陥るミスが「暗記」です。

自己PRをはじめ面接での会話全てが、模範解答の丸暗記の人がいます。

何を聞いても暗記してきた文なので、質問しても意味がありません。

そして緊張のあまり支離滅裂なことを話している人も同様です。

質問に対して的確な答えが返ってこないので、質問は意味のないものになるのです。

応募者に興味がわかない場合

NG

なるべく避けたい事態ではありますが、時には応募者に興味がないということも考えられます。

それは経歴やスキルだけの問題ではなく、立ち振る舞いや言動についてです。

不快感を与える服装は当然のことながら、座り方言葉遣いなどには注意しましょう。

また集団面接では他の応募者が失敗をしてしまうこともあります。

失笑してしまうと、態度に問題ありとしてマイナス判定を受ける場合があるのです。

大人数での採用枠競争なので、マイナスを感じる人材は不採用の判定を受けやすくなってしまうでしょう。

褒められたからって受かるものでもない

質問がない場合の原因を見てきましたが、では面接時に褒められたら採用決定なのでしょうか。

実は面接時に褒められても不採用となる人は意外に多いのです。

一般的に面接官にはコミュニケーションスキルが高い人が選ばれています。

例え不採用だと思っても、それを不愛想な態度に出す人は少ないでしょう。

特に不採用である場合は、企業に対してマイナスのイメージを持たないように丁寧に対応する面接官もいます。

褒められれば誰しもが手ごたえを感じますが、面接の厳しさを忘れないように気を引き締めておきましょう。

集団面接の場合はあまり質問されない場合もある

質問と答え

集団面接では個人面接と比較すると、応募者一人に裂ける時間は少なくなっています。

それゆえ一緒に面接を受けた応募者に質問が増えると、どうしても自分への質問は減ってしまいます。

だからといって自分に興味がないというわけではないので、自信をもって面接を受けましょう。

他の応募者の受け答えがあまりも立派だと、緊張度が上がっていきます。

しかし他の人との比較はやめて自分らしさを出し切れることが大切です。

面接官が困惑してしまうとき

腕を組むビジネスウーマン

面接官サイドに視点を移してみると、質問をしたくない応募者はどんな人なのかが見えてきます。

緊張し過ぎてパニック状態である

面接時に緊張するのは仕方がないことです。

しかしあまりの緊張に目が泳いでしまったり、全く笑顔が無かったりするのは問題です。

パニック状態になり上手く話せなくなる人もいます。

仕事をしていく上で不安を感じてしまう人材といえるでしょう。

声が小さいとき

挨拶の声が小さく聞き取りにくいと、熱意や元気を感じることが出来ません。

また面接中の声が小さいと何度も聞き返すことになってしまいます。

面接の前には自分の声を録音して聞くことをおすすめします。

声の大きさや話すスピード感などを練習しておきましょう。

模範解答すぎる

面接官は質問をする側の人間ですが、質問に対する模範解答も当然知っています。

質問した内容に対して丸暗記したかのような模範解答はすぐにわかってしまうのです。

このように答えるだろうな…やっぱりそのまま回答した、と思っています。

言い換えれば誰でも出来る答え方です。

本心なのか否かの判断が出来ず困惑してしまいます。

保守的な志望動機

ファイルを持つ女性

集団面接を行う企業は大手企業が多く、将来的に安泰を望めることが多いです。

しかし志望動機を自分の安泰の為、としてしまうのはNGといえます。

志望動機では企業の何に魅力を感じて、自分はどういう活躍をしたいのかを述べるべきです。

自分の安泰な生活は他の企業でも実現出来ることではないでしょうか。

また「○○を学びたい」という志望動機も、面接官は困惑するようです。

向上心のあるようなセリフですが、仕事に対して教えて欲しいという受け身を感じる志望動機と判断されます。

即戦力として求められる転職者は特に注意が必要です。

一貫性がない話

面接で大切なのは自分の軸を保つことです。

なぜその企業に入りたかったのか、入って何をしたいのかなど一貫した話をします。

前職で事務職を経験していてスキルが高いことをアピールしつつ、営業職を希望しては一貫性がありません。

面接官も「なぜ営業職を希望したの?」と困惑してしまいます。

前職との共通項を見つけ、志望動機にするなど一貫性のある話を心がけましょう。

 

ワンポイント
 面接を受ける際は面接官の視野から、物事を判断してみるといいでしょう。

面接官が質問したくない応募者のタイプは

困る女性

面接官が思わず質問する時間がもったいない、といいたくなる人材もいます。

自分では気にならないのですが、口癖はふとした時に出てしまうものです。

特に語尾が伸びてしまう人が多く、不快感を感じてしまう面接官も少なくありません。

「なんかぁ」や「えーと」はよく出てしまう言葉なので、気を抜かないようにしたいものです。

また少数派ではありますが、自己アピールが強すぎる人もいます。

話をさえぎってしまったり、話が長すぎて他の応募者の時間が減ってしまったりします。

面接会場でも気配りを忘れずにいましょう。

 

ワンポイント
 日頃の口癖は面接時に不快感を感じさせるので気をつけましょう。

 
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

面接での合格サイン

合格

面接の結果は蓋を開けないと分からない、といわれていますが合格を感じさせるサインもあります。

まずは面接官の態度ですが、相槌をしっかり打っている時は採用に納得しているサインです。

通勤時間に問題がないか、など勤務することを前提とした質問にも合格のサインが見えていると言えます。

そして人事担当などと話をする機会があるのは、限りなく合格に近いと言えるでしょう。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

面接で気にするべきこと

コツ

集団面接では他の応募者を意識し過ぎないことが大切です。

また自分に対して質問が少なくても気にする必要はありません。

自分がアピールする時間や回答する時間を大切にし、コミュニケーション能力が高いことを伝えておきたいものです。

面接では企業へ対する想いを自分の言葉でしっかりと伝えていきます。

集団面接となっても必要以上に緊張する必要はないので、平常心を心がけ自分らしく面接に臨みましょう。

転職相談は転職エージェントを活用しよう

事務職

個人や集団などその方法も違えば、特色も違うのが転職時の面接です。

転職者に関してはある程度のスキルと経験を持っていることが前提となり、即戦力として求められるのが一般的です。

それゆえ面接にも、基本を踏まえた余裕のある態度で臨みたいもの。

新卒とは違った転職者としての面接は、専門の転職エージェントの力を借りることをおすすめします。

社会人として外せない履歴書や自己アピールの最終確認から、面接時の心得まで全て相談してはいかがでしょう。

 
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

まとめ

ファイルを持つ女性

集団面接は自分への質問が少なくても、不採用だと落ち込むことはありません。

特に面接中は不安に感じても態度には出さず、最後まで前向きな気持ちで臨むことが大切です。

面接はビジネスマナーをしっかりと身に着けていれば、余計な心配はありません。

転職エージェントを上手く活用し、より多くの情報を得て希望企業に好印象を与えましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら