今回は人気の職種であるITサポート事務への転職成功を実現すべく、その為に必要な要素をチェックしていきましょう。

「スキル」・「資格」・「キャリアパス」というキーワードとともに注目していきます。

昨今、多くの企業が積極的なIT化を推し進めている中、企業運営はITスキルと切っても切れない関係性となりました。

転職活動においてはおおいに優位な武器になるといえます。

経験が浅い、または未経験の方でも転職に成功してIT事務への道が開けるよう1つずつポイントを押さえていきましょう。

IT事務の将来性を解説

パソコンを利用する女性

現在は様々な業界でIT化が進み、事務が行っていた業務は徐々に少なくなっているのが現状です。

そのため人手を減らすことが可能になり、求人数は今後さらに減少していくと予想されています。

ITサポート事務も例外ではありません。

ITサポート事務はオペレーション作業が多く、IT化が進むと企業はできる限り最少人数で募集しようと考えるでしょう。

そうはいっても、ITサポート事務の仕事が将来的になくなることはあり得ません。

人が行わなければならない業務もまだまだたくさんあります。

例えば取引先との電話応対をAIで行うには限界があるのが実情です。

つまり求人倍率が高まる可能性は高いですが、将来性はあるといえるでしょう。

若いうちは未経験者でも採用されやすく、特に20代の方は今がチャンスです。

IT業界の現状と今後はどうなる?

ラップトップ

IT業界は成長を続けており、国内の全産業の中で最大ともいわれています。

IT化の需要は様々な業界で高まっているため、今後もIT業界の成長は続いていくことでしょう。

一方需要の高さに比例して、人材不足が深刻になっている一面もあります。

ここではIT業界の現状と今後について確認していきましょう。

IT業界は急成長している

社会のIT化を支えるのがIT業界であることは周知の事実です。

今日ではIT技術に関わるワードはニュースなどで当たり前のように接します。

例えば、AIやIoTなど企業活動と絡めて耳にするワードは数多いです。

国内民間企業のIT市場規模が拡大しており、企業は原資の投資先としてIT関連投資を優先的に考えている傾向がみられています。

既存の技術者の高齢化や定年による人材不足

悩む女性

成長を遂げるIT業界ですが、一方で人材の確保という課題が深刻化しているのも事実です。

各企業が抱える大きな悩みであり、最優先課題として取り組まれています。

これまで第一線で支えてきた人材層が高齢化や定年で離脱する傾向が見られているのも課題のポイントです。

2030年には約80万人の人材が不足するともいわれており、企業側ではすでに人材獲得競争が激化しています。

IT技術の変化や進化が激しい

このように、IT業界は市場が急成長しているのに、人材は慢性的に不足しています。

そしてさらにもう1つ大きな特徴があり、根幹を支える技術の変化・進化が物凄いスピードで進んでいることも挙げられます。

ボトムを担う人材はより専門色を強め担当する業務を細分化し、それぞれが効率的に業務をこなしていくという特色を強めているのです。

細分化された中のひとつである業務こそがITサポート事務と呼ばれる分野となります。
 
【無料】テンプスタッフに転職相談する  

ITサポート事務の主な仕事内容

案内

ITサポートの主な業務は、プロジェクトを進めるためエンジニアを様々な面からサポートすることです。

具体的には開発物の資料作成や電話応対などがあげられます。

必要に応じて適宜プロセスを改善することもあるでしょう。

そのためエンジニアのような専門的な知識は必要ありませんが、多少のIT知識は必須です。

また採用前に必ず確認しておきたいのが勤務地です。

基本的には雇用された会社の顧客であるシステム開発現場に常駐するかたちになります。

つまり常に一定の場所に通うわけではないということです。

まずはこれらのポイントを理解したうえで転職活動に臨みましょう。

ここからはITサポート事務の主な業務内容についてご紹介します。

プロジェクトのサポート業務

ITサポート事務の代表的な業務がプロジェクトのサポート業務です。

IT業界においてはプロジェクトベースにチームが編成されることが基本となります。

そして、マネージャーを中心に多数のエンジニアが所属してプロジェクトを進行していくのです。

エンジニアが円滑に業務を進められるよう、ITサポート事務は適切なサポートを行います。

例えば、プロジェクトの進行管理に伴う多数のデータ入力や、報告関連の資料整理といった業務です。

これらの業務をエンジニア自身が担当してしまってはプロジェクト全体の進行に影響を及ぼしてしまいます。

そこでITサポート事務がこれらの業務を処理することで全体の進行を支えていくのです。

ときにはPCやネットワークの簡単な設定や、社員のアカウント作成を行うこともあります。

一見ハードルが高そうに感じるかもしれませんが、大抵は入社後の研修で一通り教えてもらえるので安心してください。

開発物の書類作成業務

ITサポート事務に慣れてくると、開発物の書類作成なども担当することがあります。

開発物の書類というとかなり高度なイメージがありますし、実際にいくつか専門的な用語も出てきます。

とはいえ、定型的な書類が数多くあるので、数をこなしていけば慣れるという人が多いです。

メールや電話対応

働く女性

IT関連の業務においては、メールや電話対応もITサポート事務の役割です。

開発段階だと要件に関わって常にクライアントやユーザー部門とのやりとりが発生すします。

そのため、主にシステム使用に関する問い合わせの連絡が多数入ってくるのです。

製品に関する説明を行う場面もあるので、IT独特の専門用語に対する理解が必要となります。

改善業務

さらに慣れてくると、プロセスに関わる改善業務に着手することもあります。

IT系の業務において、サポート事務担当の方が全体のプロセスが把握出来ていることは意外によくあることです。

実務に携わっているからこそ見える改善点というものがあります。

 

ワンポイント
サポートを中心に改善を提案し実現することもITサポート事務として重要な業務です。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

ITサポート事務の仕事で持っておきたい資格

笑顔

次に、ここでは転職において優位となる資格についていくつかご紹介いたします。

しかし必ず持っておかなければこの業界への転職ができないというわけではありません。

主な資格は下記のとおりです。

  • ITパスポート
  • MOS

上記2つの資格は、持っていることで自身をアピールする有力なツールとなりますので知っておいてください。

ITパスポート

まずご紹介するのがITパスポートです。通称「Iパス」と呼ばれています。

これは情報処理技術に関連する国家資格試験のうち最初に受けるべき入口ともいえる資格です。

その特徴は、専門的なスキルというよりもIT全般に関する基礎的な知識が問われるということ。

内容はITを取り巻く諸環境からプログラミングに用いられる言語の体系やネットワークに係る知識まで広く網羅します。

合格率は約50%といわれていて、専門的な経験がなくとも勉強することで取得が可能です。

ITサポート事務にこれからチャレンジしよう、という未経験者の方におすすめできる資格です。

MOS

もう1つご紹介するのがMOS(Microsoft Office Specialist)です。

IT企業のみならず数多くの企業で利用されている、WordやExcelなどのMicrosoft Office製品の資格となります。

スペシャリストレベルとエキスパートレベルの2つに分かれていますが、全体的な合格率は約80%です

転職活動中に取り組むことで十分に取得が視野に入るでしょう。

資格については有料の学校もあるほか、職業訓練学校などでも取得できるものがあります。

 

ワンポイント
オフィスで使用するシステムの勉強をしながら資格取得を目指してみましょう。

ITサポート事務に今後必要になるスキル

作業

ここまで資格についてご説明しましたが、実際に業務にあたるうえで必要なスキルというものが資格とは別に存在します。

結論からいうと、一般事務と比較してワンランク上のパソコンスキルが必要です。

大半の企業は研修やマニュアルを完備しているのでスキルがなくても入社は可能ですが、最初はどうしても時間がかかるでしょう。

できることなら転職活動中にある程度使えておくことがベストではあります。

ただし、実際は全くスキルを持たない未経験者のまま入社しじっくり身に付けていく方も多いです。

ここでは、ITサポート事務で使用する確率の高い代表的なスキルについて見ていきましょう。

「Excel関数」

まず基本的で実践的なスキルとなるのがExcel関数です。

日常業務においてもっとも使うツールであり、これはITサポート事務に限らず一般事務においても頻繁に利用するでしょう。

ですが、ITサポート事務においてはより扱うデータ量が多くなることから、Excel関数を習得しておくことでより処理能力が格段に上がります。

そのため企業へ応募する際にExcel関数が使えることをアピールすれば、かなり有利になるでしょう。

スキルを習得するための難易度は、重要度が高いわりに実は低いこともポイントです。

数値集計系の関数など、よく使うと想定される分野はぜひチェックしておいてください。

「VBAやマクロ」

関数よりさらに難易度は上がりますが、VBAやマクロなども習得できれば大きな武器となるスキルです。

一般事務ではあまり使わないスキルでしょう。

一方ITサポート事務は時間的な制約が多く、限られた時間で手際よく事務作業をこなさなければなりません。

マクロは単純な繰り返し作業を自動化するのに非常に便利ですから、効率化が見込めます。

 

ワンポイント
ITサポート事務で必要なのは実用的なパソコンスキル。

ITサポート事務のメリット

キャリアプラン

では、具体的にITサポート事務への転職をするメリットについて考えてみましょう。

まず1番のメリットは将来性だといえるでしょう。

ITサポート事務の経験を積んでいれば、将来的にエンジニアのような専門職を目指すことも可能です。

ある程度IT関連の専門知識が身に付くため、勢いのあるIT業界で重宝される存在となれるでしょう。

また、入社後にきちんと研修を通して育成する企業が多いので未経験者の方でも安心という点も大きなメリットです。

最初は簡単なデータ入力や事務作業からはじまり、レベルに応じて新たな業務を任せてもらえるようになります。

そうして経験を積むに従ってきちんと昇給という形で年収に反映されることが大きな魅力です。

 
【無料】テンプスタッフに転職相談する  

ITサポート事務のデメリット

どうしよう

もちろん、どのような職種においてもメリットばかりではありません。

ITサポート事務においてもデメリットと感じるものはあります。

転職を決断する前にきちんとメリット・デメリットを両方把握しておきましょう。

まず1つ目のデメリットは、一般事務に比べて残業をする可能性が高いということです。

ITサポート事務の場合、クライアントやユーザー部門を相手とする業務であることが多く、納期等の関係から残業に繋がるケースがあるのが現実です。

「待遇よりも絶対に定時で終わりたい」という方には向かないかもしれません。

そして2つ目は「常に勉強しなければならない」ということです。

この業界は最新のテクノロジーが目まぐるしく進化していきます。

常に新しい知識や技術が要求される業界です。会社の仕組みとして、それらに対応することは常に求められると考えておきましょう。

ここでは敢えて「デメリット」という表現を用いましたが、どう捉えるかは人それぞれです。

常に向上心を持ち、マンネリ化しない飽きることがない仕事だという捉え方もあります。

そして、その結果としてより良い待遇も期待できるのです。

 

ワンポイント
ITサポート事務のデメリットは残業の可能性が高く、常に最新の技術に対応しなければならないこと。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

ITサポート事務のキャリアパス

キャリアアップ,成長,積み木

前項では資格面からITサポート事務に対して理解を深めてきました。

では、就職したのちどのようなキャリアパスが待っているのか確認していきましょう。

営業アシスタント

ITサポート事務において最初の入口として開かれており、かつ未経験の方でも入りやすいところが営業アシスタントというフィールドです。

役割はその名の通り、営業のサポート役になります。

営業担当が業務をスムーズにできるようサポートし、案件の進捗をボトムから支える業務です。

この業務をスムーズかつ生産的にこなすことは、キャリアパスにおいて大きな意味を持つこととなります。

多くの企業において、営業アシスタントは研修やマニュアルなどできちんと補完して業務に従事できるよう工夫されているので安心です。

カスタマーサポート

女性,ビジネス,電話,不機嫌,ノートパソコン,オフィス

ITサポート事務において多くの方が従事する役割の一つにカスタマーサポートがあります。

営業アシスタントとは異なり、独立してお客様への対応に当たるのです。

よりきちんとした知識と経験が必要になってきます。

もちろん、この分野においても多くの企業がしっかりとした研修やマニュアルを整備していますので心配する必要はありません。

ただし、基本的に1人で対応するケースが多いため、企業の中において存在感が増すことになります。

この業務において多くのクライアントから信頼を得ることは、社内での信頼を得ることに繋がるでしょう。

中にはカスタマーサポートを担当しながら技術を習得して、プログラマーとして地位を確立する方もいます。

担当する業務にしっかりと向き合いながらも自らの武器を養う事でより良いキャリアパスが描けるはずです。

 
【無料】テンプスタッフに転職相談する  

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

キャリアウーマン

転職はその後の人生に大きな影響を与える選択機会です。

それだけに志望動機など自分自身でしっかりと意志を定めて取り組むことが重要となります。

また、自分の周りにいる人の意見を聞くこと、そして自分を第三者の客観的な視点で冷静に評価することも大切です。

とはいえ、客観的な分析・評価をするのは難しいものです。

そんな助けになってくれる相談者が転職エージェントになります。

転職エージェントは客観的な視点で転職者の良さや強みを見つけて、適切なアドバイスを行ってくれるでしょう。

また企業の人材担当と密接な関係を築いているのも特徴です。

たとえどれほど強い意志やスキルがあっても企業側のニーズとずれていれば活かすことができません。双方が不幸な結末を迎えてしまうでしょう。

人材のミスマッチを防ぐために、転職希望者のニーズをしっかりと聞いてくれるのも大きなポイントです。

また、選択しようとしている道のその先に関する情報をしっかりと収集してくれます。

転職に興味をお持ちの方は、ぜひ転職エージェントを活用してみてください。

まとめ

ノートパソコンで仕事する女性

現代社会においてますます影響力を強めているIT技術。未来は確実にIT技術と共にあるということは断言できるでしょう。

ITサポート事務という業種は営業アシスタントやカスタマーサポートだけが仕事ではありません。

その後にはより専門的または広範囲的な役割を担うことでより良い年収や安定性に繋がるキャリアパスが描けます。

IT技術により働く機会が減少する側に立つか、IT技術を利用して自分らしい未来図を描くかは自身の選択にかかってきます。

しっかりと情報収集し、準備を通して素晴らしい人生の設計図を描き、実現に向けて第一歩を踏み出してください。

転職という人生における重大な分岐点が、成功へと繋がるよう歩んでいきましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら