今回は人気の職種であるITサポート事務への転職成功を実現すべく、その為に必要な要素をチェックしていきましょう。

「スキル」、「資格」、「キャリアパス」というキーワードとともに注目していきます。

昨今、多くの企業が積極的なIT化を推し進めている中、企業運営はITスキルと切っても切れない関係性となりました。

転職活動においてはおおいに優位な武器になるといえます。

経験が浅い、または未経験の方でも転職に成功してIT事務への道が開けるよう1つずつポイントを押さえていきましょう。

IT事務の将来性を解説

パソコンを利用する女性

前述の通り、企業はスピードを増しながらIT化を押し進めています。

IT機器をいかにスムーズに運用するかは企業における生産性と密接な関係性を持つのです。

一方で一般事務と呼ばれる分野はIT化の波に押されて、どんどん活躍の場を奪われています。

研究によっては5割近い業務が機械化可能と結果が出されており、今後ますますIT化は進んでいくことが予想されるでしょう。

それなりの規模の業務がAIによる代替が可能と考えられていることは確かです。

特に繰り返し同じことをする業務や、ある一定の法則に基づいて行う業務などはこの機械代替化の対象になりやすいといえます。

一方で、その機械化を支えるシステム部門の存在意義は重要性を増していくことになることは容易に想像できます。

そのボトムであるITサポート事務についても、企業の中での存在感が増す一方であると考えて良いでしょう。

将来性のある業種だといえるということになります。

IT業界の現状と今後はどうなる?

ラップトップ

社会におけるシステム部門の重要性については既にご説明した通りです。

数多くある会社の中においてはシステム部門をまる抱えする企業もあれば、一部もしくは大部分をアウトソーシングする企業もあります。

ここでIT業界について確認していきましょう。

IT業界は急成長している

社会のIT化を支えるのがIT業界であることは周知の事実です。

今日ではIT技術に関わるワードはニュースなどで当たり前のように接します。

例えば、AIやIoTなど企業活動と絡めて耳にするワードは数多くありますね。

国内民間企業のIT市場規模が拡大しており、企業は原資の投資先としてIT関連投資を優先的に考えている傾向がみられています。

既存の技術者の高齢化や定年による人材不足

悩む女性

成長を遂げるIT業界ですが、一方で人材の確保という課題が深刻化しているのも事実です。

各企業が抱える大きな悩みであり、最優先課題として取り組まれています。

これまで第一線で支えてきた人材層が高齢化や定年という問題が離脱する傾向も見られているのもポイント。

人材の確保という課題へ対応し切れず、常に人材が不足している状況に陥っていると言えます。

IT技術の変化や進化が激しい

このように、IT業界は市場が急成長しているのに、人材は慢性的に不足しています。

そしてさらにもう1つ大きな特徴があり、根幹を支える技術の変化・進化が物凄いスピードで進んでいることも挙げられます。

ボトムを担う人材はより専門色を強め担当する業務を細分化し、それぞれが効率的に業務をこなしていくという特色を強めているのです。

細分化された中の一つである業務こそがITサポート事務と呼ばれる分野となります。

ITサポート事務の主な仕事内容

案内

それでは、ITサポート事務の実際の仕事内容について確認していきましょう。

プロジェクトのサポート業務

ITサポート事務の代表的な業務の一つとして、プロジェクトのサポート事務というものがあります。

IT業界においてはプロジェクトベースにチームが編成されることが一般的です。

そして、マネージャーを中心に多数のエンジニアが所属してプロジェクトを進行していきます。

サポート事務ではこのプロジェクトに関わる事務的な業務をボトムから支えているのです。

例えば、プロジェクトにおいては進行管理に伴う多数のデータ入力がありますし、報告関連の資料整理なども存在します。

これらの業務をエンジニア自身が担当してしまってはプロジェクト全体の進行に影響を及ぼしてしまいます。

そこでサポート事務側でしっかりとこれらの業務を処理することで全体の進行を支えていくのです。

開発物の書類作成業務

ITサポート事務に慣れてくると、開発物の書類作成なども担当するようになることがあります。

開発物の書類というとかなり高度なイメージがありますし、実際にいくつか専門的な用語も出てきます。

とはいえ、定型的な書類が数多くあるので十分に慣れられる程度のものが多いので安心です。

メールや電話対応

働く女性

IT関連の業務においては開発に携わるチームもあれば、サポートに関わるチームもあります。

開発段階だと要件に関わって常にクライアントやユーザー部門とのやりとりが発生します。

サポート側では特に使用に関する問い合わせなどの連絡が多数入ります。

これらは主にメール、電話、チャットでの対応が多く、これらを維持する主力はITサポート事務担当が担うこととなります。

ここでもやはり、IT独特の専門用語に対する理解が必要となります。

改善業務

さらに慣れてくると、プロセスに関わる改善業務に着手することもあります。

IT系の業務において、サポート事務担当の方が全体のプロセスが把握出来ていることは意外に「あるある」なこと。

実務に携わっているからこそ見える改善点というものがあります。

 

ワンポイント
そういった提案をし実現することもITサポート事務としての存在感を高める上では重要な業務と言えます。
 

スマホだけでらくらく転職!
家から一歩も出ずに内定へ!

ウィメンズワークスではスマホだけで転職を成功させることができます。
以下のサービスで転職をサポートします。


ITサポート事務の仕事で持っておきたい資格

笑顔

次に、ここでは転職において優位となる資格についていくつかご紹介いたします。

必ず持っておかなければこの業界への転職は無理というものではありません。

しかし持っていることで自身をアピールする有力なツールとなりますので知っておいてください。

ITパスポート

まずご紹介するのがITパスポートです。通称「Iパス」と呼び親しまれています。

これは情報処理技術に関連する国家資格試験のうち入口ともいえる資格です。

その特徴は、専門的なスキルというよりもIT全般に関する基礎的な知識が問われるということ。

内容はITを取り巻く諸環境からプログラミングに用いられる言語の体系やネットワークに係る知識まで広く網羅します。

合格率は約50%。専門的な経験がなくとも勉強することで取得が可能でです。

経験はないもののITサポート事務にこれからチャレンジしよう、という方にお勧めできる資格です。

MOS

もう1つご紹介するのがMOS(Microsoft Office Specialist)という資格です。

IT企業のみならず数多もの企業で利用されている、WordやExcelなどのMicrosoft Office製品。

これらの業務におけるスキルを証明する資格がこのMOSと呼ばれる資格です。

スペシャリストレベルとエキスパートレベルの2つに分かれていますが、全体的にはおおよそ80%の合格率とされています。

転職に当たって取り組むことで十分に取得が視野に入るでしょう。

資格については有料の学校もある一方で、職業訓練学校などでも取得できるものがあります。

ワンポイント
 オフィス製品の勉強をしながら資格取得ができるでしょう。

ITサポート事務に今後必要になるスキル

作業

ここまで資格についてご説明しましたが、実際に業務にあたる上で必要なスキルというものが資格とは別に存在します。

ここでは、より実践的な観点からその代表的なスキルについて見ていきましょう。

「Excel関数」

まず基本的なかつ最も実践的なスキルといえるのが、Excel関数です。

日常業務においてもっとも使うツールであり、これはITサポート事務に限らず一般事務においても頻繁に利用するでしょう。

ですが、ITサポート事務においてはより扱うデータ量が多くなることから、Excel関数を習得しておくことでより処理能力が格段に上がります。

そのため周囲からの厚い信頼を得られるでしょう。

数値集計系の関数などよく使うものは、ぜひチェックしておいてください。

「VBAやマクロ」

関数よりさらに難易度は上がりますが、VBAやマクロなども習得できれば大きな武器となるスキルです。

ITサポート事務を行っているとどうじても時間的な制約が常に付きまとい、その中で手際よく事務作業をこなす必要があります。

マクロは単純な繰り返し作業を自動化するのに非常に便利ですから、効率化が見込めます。

ワンポイント
また、VBAを勉強することでプログラマーへの入口が開けるでしょう。

ITサポート事務のメリット

キャリアプラン

では、具体的にITサポート事務への転職をするメリットについて考えてみましょう。

今日、一般的な事務職は正社員ではなく、契約社員または派遣社員という企業も少なくありません。

その中で、ITサポート事務という職種は会社またはプロジェクトに関するスキルや知識、何よりも経験が求められます。

それだけに正社員として採用する企業が比較的多いです。

そのため、一番のメリットは安定性だといえるでしょう。

また、入社後にきちんと研修を通して育成する企業が多数を占めます。

そうして経験を積むに従ってきちんと昇給という形で年収に反映される傾向にあります。

そのような安定性こそ、ITサポート事務に従事する大きなメリットと言えるでしょう。

 

無料転職相談をして安定性のあるITサポート事務への扉を開こう

 

ITサポート事務のデメリット

どうしよう

もちろん、どのような職種においてもメリットばかりではありません。

ITサポート事務においてもデメリットと感じるものもあります。

転職を決断する前にきちんとメリット・デメリットを両方把握しておくことはとても大事です。

一つ目のデメリットは、一般事務に比べて残業をする可能性が高いということです。

ITサポート事務の場合、クライアントやユーザー部門を相手とする業務であることが多く、納期等の関係から残業に繋がるケースがあるのが現実です。

「待遇よりも絶対に定時で終わりたい」という方には向かないかもしれません。

また、もう一つは「常に勉強しなければならない」ということです。

この業界は最新のテクノロジーなどが目まぐるしく進化していきます。

常に新しい知識や技術が要求される業界です。会社の仕組みとして、それらへの対応は常に求められると考えておきましょう。

ここでは敢えて「デメリット」という表現を用いましたが、どう捉えるかは人それぞれです。

常に向上心を持ち、マンネリ化しない飽きることがない仕事だと表現できるでしょう。

その結果としてより良い待遇が与えられるということです。

 

ワンポイント

捉え方によってはむしろメリットと感じられるかもしれません。

 

スマホだけでらくらく転職!
家から一歩も出ずに内定へ!

ウィメンズワークスではスマホだけで転職を成功させることができます。
以下のサービスで転職をサポートします。


ITサポート事務のキャリアパス

キャリアアップ,成長,積み木

前項では資格面からITサポート事務に対して理解を深めてきました。

では、就職したのちどのようなキャリアパスが待っているのか確認していきましょう。

営業アシスタント

ITサポート事務において最も入口として開かれており、かつ未経験の方でも入りやすいところが営業アシスタントというフィールドです。

役割はその名の通り、営業のサポート役になります。

営業担当が業務をスムーズにできるようサポートし、案件の進捗をボトムから支える業務です。

この業務をスムーズかつ生産的にこなすことは、キャリアパスにおいて大きな意味を持つこととなります。

多くの企業において、営業アシスタントは研修やマニュアルなどできちんと補完して業務に従事できるよう工夫されているので安心です。

カスタマーサポート

女性,ビジネス,電話,不機嫌,ノートパソコン,オフィス

ITサポート事務において多くの方が従事する役割の一つにカスタマーサポートがあります。

営業アシスタントとは異なり、独立してお客様への対応に当たるのです。

よりきちんとした知識と経験が必要になってきます。

もちろん、この分野においても多くの企業がしっかりとした研修やマニュアルを整備していますので心配する必要はありません。

ただし、1人で対応するだけに企業の中において存在感が増すことになります。

この業務において多くのクライアントから信頼を得ることは、社内での信頼を得ることに繋がるでしょう。

中にはカスタマーサポートを担当しながら技術を習得して、プログラマーとして地位を確立する方もいます。

担当する業務にしっかりと向き合いながらも自らの武器を養う事でより良いキャリアパスが描けるはずです。

 

無料転職相談をして自分の理想的なキャリアパスを描こう

 

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

キャリアウーマン

転職はその後の人生に大きな影響を与える選択機会です。

それだけに志望動機など自分自身でしっかりと意志を定めて取り組むことは重要でしょう。

また、自身の周りにいる人の意見を聞くこと、第三者的な客観的視点で冷静な評価を下すということも加えた3点を行うべきです。

とはいえ、客観的な分析・評価をするのは難しいものです。

そんな助けになってくれる相談者が転職エージェントになります。

転職エージェントは企業の人材担当と密接な関係を築いているのが特徴です。

たとえどれほど強い意志やスキルがあっても企業側のニーズとずれていれば活かすことができません。双方が不幸な結末を迎えてしまうでしょう。

人材のミスマッチを防ぐために、転職希望者身ニーズをしっかりと聞いてくれるのも大きなポイントです。

また、選択しようとしている道のその先に関する情報をしっかりと収集してくれています。

転職に興味をお持ちの方は、ぜひ転職エージェントを活用してみてください。

 

無料転職相談をして後悔のない転職活動にしよう

まとめ

ノートパソコンで仕事する女性

現代社会においてますます影響力を強めているIT技術。未来は確実にIT技術と共にあるということは断言できるでしょう。

ITサポート事務という業種は営業アシスタントやカスタマーサポートだけが仕事ではありません。

その後にはより専門的または広範囲的な役割を担うことでより良い年収や安定性に繋がるキャリアパスが描けます。

IT技術により働く機会をはく奪される側に立つか、IT技術を利用して自分らしい未来図を描くかは自身の選択にかかってきます。

しっかりと情報収集し、準備を通して素晴らしい人生の設計図を描き、実現に向けて第一歩を踏み出してください。

転職という人生における重大な分岐点が、成功へと繋がるよう歩んでいきましょう。

スマホだけでらくらく転職!家から一歩も出ずに内定へ!

スマホで転職
ウィメンズワークスではスマホだけで転職を成功させることができます。
今までの面倒臭さを解消し通勤時間や仕事のスキマ時間で転職を成功させましょう。
 

ウィメンズワークスでは以下のサービスで転職をサポートします。

  • LINEでやりとりが簡単
  • 完全オンラインで転職をサポート
  • オンライン面談時の服装は自由
  • 履歴書や職務経歴書フルオーダー作成
  • データはクラウドにて徹底管理

 

スマホだけでらくらく転職!

 

LINEでやりとりは簡単

LINEをする人

ウィメンズワークスとのやり取りはLINEを使用します。(希望者にはメールでもご対応いたします。)

メールの文章や署名、宛先の確認など、今までの面倒な作業時間を削減してスキマ時間で転職を成功させましょう。

LINEではチャット感覚で転職相談ができるので、まずは気軽にご相談ください。

完全オンラインで転職をサポート

女性

ウィメンズワークスでは、転職相談から転職後まで完全オンラインでサポートいたします。

面談のときに来社する必要はありません。

現職が忙しくて時間が取れない…。わざわざ足を運びたくないと思う方も問題ありません。

応募先企業も完全オンライン面接の企業も多く、スマホひとつで転職できるでしょう。

オンライン面談時の服装は自由

服装自由
面談時にスーツは不要です。

リラックスした状態で本音をお聞かせください。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

 

スマホだけでらくらく転職!

履歴書や職務経歴書フルオーダー作成

男性と女性
いざ転職をしようと思っていてもPCで作成するのが面倒くさい。そもそもPCを持ち歩いていない。

履歴書・職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の履歴書・職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい履歴書・職務経歴書の作成を目指しています。

ご要望に沿った最適な求人を紹介

提案
ご要望があれば、キャリアアドバイザーに気軽にお申し付けください。

簡単な質問に答えるだけでご要望を把握し、最適な求人を完全オンラインでご紹介させていただきます。

また、ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。
面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

データはクラウドにて徹底管理

クラウド

 

ウィメンズワークスでは紙媒体は使用しません。

ペーパーレスでデータはすべてクラウド上で管理いたします。

紛失の心配が無いためセキュリティ面でも安心です。

また、応募先企業に送るデータももちろんウィメンズワークスで管理いたします。