転職面接に呼ばれた際に突然抜き打ちテストが行われた経験がある女性は、案外多いものです。

そう考えると抜き打ちテストが行われても困らないように、しっかり準備しておく方が安心です。

そこで今回は転職面接で行われがちな抜き打ちテストの対策方法について、内容や注意点も交えて解説します。

Contents

転職面接の抜き打ちテストの対策方法を解説

1353334_l

新卒採用では筆記試験と面接が行われるのが普通ですが、中途採用は面接だけと思い込んでいる人も少なくないようです。

しかし実際には中途採用でも筆記試験が行われている企業が多く、転職面接時に抜き打ちテストが行われることもあります。

さらに中途採用に用いられている筆記試験の種類も多く、出題傾向が異なることから対策をしておく方が安心です。

以下の用いられることの多い筆記試験を列記しておきますので、参考にしてみてください。

ワンポイント

■企業で用いられている筆記試験

・YG性格検査

・クレペリン検査

・数研式M-G性格検査

・CPI

・玉手箱

・SCOA

・3E-IP

・SPI(SPI2・SPI3)

・GAB

・CAB

・英語

・論文・作文

・企業の独自試験

面接で抜き打ちテストをする理由

2238364_m

そもそも中途採用で筆記試験を行うのは、応募者が自社として求める人物像とマッチしているかどうかを判断するためです。

中途採用では即戦力となる人物を採用することを目的としているため、筆記試験を重視する傾向があります。

採用に関わる筆記試験については、すでに様々な対策本が販売されているので、事前に情報を与えると十分に対策できます。

中途採用では筆記試験の結果を重視するので、転職面接において抜き打ちで行い実力を計ろうとしているといえるでしょう。

筆記試験は性格検査と能力検査の2種類があり取り組み方が異なるのですが、それぞれの試験内容は後述します。

ワンポイント

転職面接で行われる抜き打ちテストの結果は、採否に影響を与える可能性が高い!

面接と抜き打ちテストの関連性

4191343_m

転職面接の際に抜き打ちテストを行うのは、それぞれを通して知りたいことが異なるからです。

中途採用後のミスマッチを避けるために、新卒採用より慎重になることが理由と考えられます。

ここでは面接と抜き打ちテストの関連性について説明します。

企業が面接で知りたいこと

転職面接で企業が知りたいのは、応募者が本当に自社への入社の意欲を持っているのか、人物像とマッチしているのかの2点です。

中途採用を担当している面接官は、どの程度業界や企業について研究したかを、質疑応答を通して計っています。

ここで大事にしなければならないことは、転職面接は第一印象が重要と自覚することです。

転職面接では志望動機や職務経験、前職の退職理由を問われることが多いです。

この質問での回答によって面接官は、応募者への印象を固めてしまいます。

最初に好印象を与えると面接官がより深い質問をしてくれるので、しっかりと自分をアピールしましょう。

企業が抜き打ちテストで知りたいこと

3099134_m

企業が転職面接において抜き打ちテストを行うのは、応募者の実力を計ることだと前述しました。

しかし筆記試験の種類によって、知りたい内容は違います。

能力検査は応募者の基礎学力や考え方を、性格検査どんなタイプの人間かを知る手がかりとなります。

中途採用の場合は専門職募集でない限り、能力検査だけを課すことはなく、性格検査が大半です。

中途採用の筆記試験について知りたい時にも、転職エージェントに相談するとアドバイスがもらえるのでおすすめです。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

抜き打ちテストの内容「能力検査」

319928_m

転職面接で行われる抜き打ちテストの一つに脳職検査があり、主に基礎学力と論理的思考力を計るために行われます。

ここでは能力検査の特徴と試験を想定した対策のポイントについて説明します。

能力検査の特徴

能力検査は基礎学力一般常識のレベルを計るのが基本ですが、同時に応募者の資質を知ることができるのが特徴です。

筆記試験ではあるものの自分で解答を書くのではなく、複数の選択肢から回答を一つ選択する方法が一般的です。

そのため事前に対策を立てて準備をしておくことで、ある程度の点数をとることはできます。

能力検査の対策ポイント

3049595_m

能力検査は主流のものが抜き打ちテストで使用されるので、出題の傾向をつかむことで好成績を出すことができます。

言語分野と非言語分野の両方から出題されることが多いものの、内容はそれほど難しくありません。

しかし出題数は多いので正確な回答を短時間に行えるよう、練習しておく必要があります。

そのため能力検査の過去問題をくり返し解き、試験内容に慣れておくことをおすすめします。

転職エージェントに取り組んでおいた方がよい能力検査対策について相談してみるとよいでしょう。

抜き打ちテストの内容「性格検査」

2238366_m

転職面接時の抜き打ちテストで用いられるのは、性格検査の方が多いといわれています。

性格検査は応募者の性格やどのようなタイプに分類されるかを見極め、自社の風土や組織に適しているかを判断します。

ここでは性格検査の特徴と試験を想定した対策のポイントについて説明します。

性格検査の特徴

性格検査もたくさんの設問が用意されていますが、回答は「はい」「いいえ」「どちらでもない」の3つしかありません。

設問に対する内容や傾向からいくつかのタイプに分類され、それによって応募者の性格や行動のパターンがわかるのです。

企業や組織によって好まれるタイプが分かれるため、採否を検討するうえで重視されます。

性格検査によって不採用になったとしても、それは応募者の人間性を否定するという意味ではありません。

組織を運営するためにバランスが良くなるよう、タイプの人数を調整している企業も多く単にマッチしなかっただけです。

性格検査の対策ポイント

914579_m

性格検査は応募者の人となりを知ることを目的に行われるので、事前に対策する必要はありません。

自分が感じるままに回答した結果として不採用になっても、入社後にミスマッチを感じるよりムダがないと考えられます。

内定を得るために応募企業が好む回答をしようと考える人もいそうですが、虚偽の答えを書くことにはデメリットしかないのです。詳細は次章で説明します。

ワンポイント

性格検査は事前の対策をせずに、ありのまま答えることが大事。

抜き打ちテストの注意点

3824049_m

転職面接において抜き打ちテストを受けるにあたり、注意してほしいポイントがいくつかあります。

ここでは抜き打ちテストにおける注意点を3つ紹介します。

適当に回答しないこと

能力検査でも性格検査でも多くの問題があるため、時間内に全問回答することを重視する人もいることでしょう。

特に適性検査を課された時に、しっかりと考えずに適当に回答する人も少なくないようです。

しかしどんな内容であっても抜き打ちテストの設問に、適当に回答するのはNGです。

抜き打ちテストの結果は応募書類の記述と合わせてチェックされるので、そこに矛盾があるマイナス評価につながるので注意が必要です。

特に性格検査の場合は問題をしっかり読み、適した回答をしましょう。

嘘の回答をしないこと

737135_m

特に性格検査においては絶対に嘘の回答をしてはいけません。内定に近づくために嘘をついても、入社後に歪が生まれるからです。

性格検査の中にある「今まで一度も嘘をついたことがない」という設問に「いいえ」と答えると、不採用になる確率が上がります。

これは人生の中で嘘をついた経験が一度もないことなど、ありえないと考える面接官の方が多いからです。

また自分の人間性を理解して採用してもらわなければ、入社後に職場になじむのは難しいものです。自分に正直に答えましょう。

抜き打ちテスト後の面接で気を抜かないこと

抜き打ちテストは転職面接前に行われることが多いため、終わると気が抜けてしまう人も珍しくありません。

しかし抜き打ちテストは採否の参考にするもので、面接を突破しなければ内定に近づくことはできないのです。

事前に提出した応募書類と抜き打ちテストの結果に整合性がとれ、入社の意欲と適した経歴をアピールできれば採用の可能性が高まります。

自分の人となりを理解してもらうためにも、適度な緊張感をもって面接の質疑応答に臨みましょう。

抜き打ちテストでよく使われている適性検査は?

2198648_m

抜き打ち検査では能力検査と性格検査を併せ持つ、適性検査を用いる企業が多いとされています。

中でも企業に多く用いられている適性検査が3つあるので、それぞれの特徴について説明します。

「CUBIC」

近年採用する企業が増えている適性検査にCUBICがあり、Webテストとペーパーテストの2種類に分かれます。

CUBICの能力検査は出題範囲が広範囲にわたることで知られ、中高生レベルの言語や数理、論理、図形、英語の問題が出題されます。

CUBICの試験対策は時間がかかるので、過去問題を反復練習するとよいでしょう。

「SPI」

最も採用している企業が多い適性検査といえば、やはりSPI総合検査でしょう。

専用のテストセンターで受検したり、自宅のパソコンを使用してWebテストを受けたり、企業でペーパーテストを行うケースもあります。

バージョンによって試験内容は異なりますが、能力テストの難易度はそれほど高くありません。

しかし多数の問題に回答する必要があるので、慣れておくことで得点率を上げる方が安心です。

「クレペリン検査」

クレペリン検査は心理検査の一種で、結果を見ることで応募者の知能と性格を計る指標となります。

一桁の数字を一列に並べ隣同士の数字を足したものを解答欄に記入する行為をひたすらにくり返します。

その過程を通して応募者の処理能力のレベルや、性格並びに行動面の特徴を知ることができるのです。

事前の対策は不要ですが解答数が少ない、もしくは間違いが多いと評価を下げることになるので注意が必要です。

ワンポイント

中途採用でよく用いられている適性検査の種類を知り、試験内容を把握して対策しよう!

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

適性検査の対策で意識すべきこと

4192885_m

転職面接時に適性検査を受けるために対策が必要なことは理解できても、種類が豊富なので途方に暮れる人もいそうです。

すべての適性検査の対策をするのは現実的ではないので、効率よく転職活動を進めるための工夫が必要でしょう。

ここでは転職活動において適性検査対策として、意識すべきポイントを2つ紹介します。

応募企業がどのような適性検査を行っているかリサーチしよう

応募企業が転職面接を行う際にどのような適性検査を実施しているかがわかれば、事前に対策をすることはできます。

そのため応募企業を決めたら口コミサイトなどで、どのような適性検査を行っているのかをリサーチしてみることをおすすめします。

企業が用いる適性検査は毎年変わるようなものではないので、リサーチすることで試験名は調べられるはずです。

また大手企業の場合は新卒採用で実施されている、適性検査を参考に準備しておくのもよさそうです。

適性検査の対策本を買って対策しよう

4233342_m

応募企業が実施している適性検査がわかったら、書店で対策本を購入することをおすすめします。参考書と共に問題集も買うのがポイントです。

適性検査の中でも能力検査の出題傾向は変わりませんので、過去問題集をくり返し行うことで解答できるようになります。

複数の問題集を一度ずつ解くよりは、同じ問題集を3回くり返す方が効率よく学べます。

間違った問題に印をつけておいて後で見直すことで、自分はどんな時につまずきやすいかを理解できます。

苦手な部分をしっかり復習し、本番に臨みましょう。

転職エージェントに求人を紹介してもらう際には、能力検査の対策についても相談しておきましょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

4193263_m

転職を考えるからには業界や職種の将来性への不安や、職場における人間関係の問題など何がしかの理由があるはずです。

自分でとことんまで努力した結果、転職を決意したのであれば、自分の価値観とマッチする企業と出会う方法を見つけるべきでしょう。

そんな時に頼りになるのが転職エージェントで、キャリアカウンセリングを通して自分の志向性を可視化してくれます。

紹介される求人を出した企業への理解も深く、応募書類の添削や面接対策にも有効なアドバイスがもらえます。

どんな些細な相談も無料でのってくれるので、まずは転職エージェントに登録することから始めましょう。

まとめ

4238371_m

今回は転職面接で行われがちな抜き打ちテストの対策方法について、内容や注意点も交えて解説しました。

企業研究を行うことで抜き打ちテストの有無は予測可能なので、対策をして面接に臨むのがベストです。

面接当日に自分の実力を出し切るためにも、転職エージェントのサポートを受けながらしっかり対策することをおすすめします。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら