面接では腕時計を身につけたほうが良いのかどうか疑問に思う方もいらっしゃるかもしれません。

面接では清潔さや誠実さをアピールすることが多く過度な装飾はNGとなる場合が多いです。

ですが腕時計はビジネスマナーとして受け入れる人は多くいます。他にも腕時計を身につけるメリットは多いです。

この記事では面接に腕時計が必要な理由を解説しています。

女性におすすめの腕時計や忘れてしまった場合の対策も紹介しますので是非参考にしてください。

転職の面接で腕時計をした方がいい理由解説

時計

転職の面接で腕時計をしたほうがいい理由を解説します。

時間を確認するアイテムとして腕時計の役割は大きいです。

「スマホで時間を確認してもよいのか」「ビジネスマナーとしての腕時計の役割」なども紹介します。

なにか疑問がありましたら転職エージェントにご相談ください。

疑問を解消して転職活動をスムーズに行いましょう。

スマホで時間を確認することの誤解

スマホ

面接会場でスマホを手にとった時にそれが時間を確認するためだけなのか遊ぶためなのか確認する手段はありません。

そのため面接官はスマホを手にとっている応募者を見ると「面接の場でマナーが悪いな」と感じることもあるでしょう。

時間を確認するだけのつもりでスマホを手にとったとしても、SNSをチェックしたりゲームで遊んだりしているのではと誤解されてしまいます。

誤解を招く恐れがある以上時間を確認する手段として腕時計をつけるのが無難です。

腕時計をビジネスマナーと思っている人は多い

時計

社会人は出勤時間やミーティング、その他にも時間を守らなければならない場面は多くあります。

そのため時間を確認するアイテムを身に着けておくことは社会人として必須です。

スマホで時間を確認する手段もありますがSNSチェックやゲームと区別ができないため、ビジネスシーンでの使用は適切とはいえません。

特にスマホに慣れない年齢の方は「時間の確認は腕時計で」と思っている人は多いです。

様々な場面で使用することを考えて、時間の確認は腕時計で行うのが適切でしょう。

身だしなみの一部

時計

企業では様々な年代の方が働いています。

中でも比較的年齢の高い方は時間を確認するのは時計だという認識が強く、腕時計は身だしなみの一部だと考える方が多いです。

スマホで時間を確認したりスケジュール管理をしたりする方にとっては違和感があるかもしれません。

しかし様々な年代の方が一緒に働く社会ではそれぞれの考え方を尊重することも大切です。

腕時計が身だしなみの一部だと考える方もいるということを覚えておきましょう。

筆記試験用

時計

企業によっては急遽筆記試験を行うということがあるかもしれません。

突然の試験に対応するためにも腕時計は必要になります。

筆記試験では時間を確認できるものが必要です。

面接会場には時計が設置されているとは限りません。

カンニングを疑われる恐れもあるためスマホで時間を確認することはNGです。

また突然の筆記試験ではなく通常の筆記試験であっても、スマホで時間を確認することはNGとしている企業も多くあります。

試験で時間を確認するアイテムは腕時計がふさわしいでしょう。

グループディスカッションで時間管理ができる

会議

グループディスカッションでタイムキーパーをするのであれば腕時計が必要です。

企業によってはスマホをOKとしていることもありますが、多くの場合スマホの使用自体をNGとしています。

グループのうち誰かが腕時計を用意しているだろうという考えはよくありません。

どんな役目を割り振られても対応できるように腕時計を準備しておきましょう。

面接官の腕時計の印象

面接

面接官の中にも腕時計をしているのがビジネスマナーという考えを持っている方は数多くいます。

そのため身だしなみのポイントでマイナスを付けられてしまうかもしれません。

腕時計をすることによるメリットもありますので面接には必要と考えておきましょう。

面接で不安なことがありましたら転職エージェントを頼るのも一つの手です。

少しでも不安を解消して面接に挑んでください。

 

ワンポイント
腕時計がビジネスマナーだと考える人もいる。

腕時計のメリット

時計

では詳しく腕時計のメリットを紹介します。

特にスマホとの違いを考えた時に腕時計は大きなメリットがあるようです。

面接官の印象を損なわないためにも腕時計を用意しておきましょう。

時間を確認できる

時計

腕時計は時間を確認するためのものです。腕時計を見るということは概ね時間を確認しているのだろうと推測できます。

スマホでも時間を確認できますが、それ以外の機能が目立ってしまい純粋な時間確認のための道具とは言い難いです。

スマホで時間確認をしていて不正を疑われるということもあるでしょう。

純粋に時間を確認するためでしたら腕時計を活用してください。

電池が切れない

時計

腕時計は電池切れの心配がほぼありません。

手巻き式のものでしたら電池の心配は必要ありませんし、電池式のものでも電池交換をしておけばすぐに電池切れを起こすことはないのです。

スマホは時計代わりになったりスケジュール管理ができたりと非常に便利ではありますが、充電がすぐに切れてしまう恐れもあります。

毎日スマホを充電しているという方もいらっしゃるかもしれません。

特に面接当日は持ち物や時間を確認することが多いためスマホの充電がすぐになくなるかもしれません。

時間の確認は電池切れの心配のない腕時計を使用するようにしましょう。

 

ワンポイント
腕時計は電池切れのリスクが少ない。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

腕時計の有無は選考に影響する?

不安

腕時計を身に着けていないと選考に影響するのかどうか気になる方もいらっしゃるかもしれません。

腕時計を身に着けていないからといってすぐに不採用になるわけではありません。

ただし面接官の心象を損ねることはあるかもしれません。

また腕時計がない事自体が問題でなくても、時間を確認するために何度もスマホを見てしまうことは問題になるかもしれません。

腕時計を忘れてしまっても慌てずに落ち着いて行動してください。スマホを何度も見ることは控えましょう。

どうしても気になるようでしたらコンビニで購入もできます。

また時計が必要な場面でしたら忘れた旨を最初に伝えましょう。

どんな腕時計が必要?

時計

腕時計はビジネスマナーと考えている人は多いのですが、腕時計であれば何でも良いというわけではありません。

ビジネスシーンや面接にふさわしい腕時計があります。

面接で良い印象を持ってもらえるように、どんな腕時計が必要かポイントをチェックしておきましょう。

 

ワンポイント
ビジネスマナーに則った腕時計を選ぼう。

転職面接での腕時計はどんなものがいい?

時計

面接において腕時計の役割は時間を確認することですから、シンプル見やすいものが良いといえます。

カジュアルなものや多機能なスポーツウォッチなどは適切ではありません。見た目もスーツに合うものにしましょう。

あまり豪華なものは良い印象を与えることができません。反対にあまりに安っぽいものはスーツに似合いません。

常識的な価格帯の腕時計を選びましょう。

傷や汚れのないもの

時計

腕時計は身だしなみのひとつとして見られる場合があります。

そのため目立った汚れや傷のあるものは避けてください。

新しい腕時計を準備する必要はありませんが、清潔感を出すためにも傷や汚れには注意しておきましょう。

面接に出かける前に腕時計をチェックしてください。

アナログ

アナログ

面接ではアナログ時計を使用するのがおすすめです。

デジタル形式の時計は見やすく時間も正確に把握できるかもしれません。

ですが面接官の中には正式な場ではデジタルではなくアナログのほうが良いと考える方もいます。

またデジタル時計はカジュアルな印象を与えてしまうかもしれません。

もちろんデジタル時計で採用を見送られるということはないでしょう。

しかし少しでも良い印象を持ってもらうためにはアナログ時計が無難になります。

 

ワンポイント
腕時計は傷のないもの・アナログがおすすめ。

時計を選ぶポイント

ポイント

時計を選ぶポイントも解説します。デザインやベルトの素材などに気をつけてください。

あまりに華美な装飾のものやハイブランドのものは敬遠されてしまいますので注意しましょう。

面接に必要な時計はシンプルですぐに時間の確認ができるものです。

ファッション目的ではないことを意識してください。

もし不安なことがありましたら転職エージェントを活用してください。疑問や不安を解消して転職活動を行いましょう。

レディース用はどんなものを選ぶべき?

時計

レディースの腕時計は華美ではないものがおすすめです。またあまりにカジュアル過ぎる時計はNGになります。

シンプルで見やすいものがベストでしょう。文字盤の色はあまり気にする必要はありません。

おしゃれな装飾品としてではなく時間を確認するためのものだということを忘れないようにしましょう。

ベルトはどんなものがいい?

ベルトはスーツに合うものを選びましょう。革の場合は黒や茶色のように落ち着いた色合いがおすすめです。

女性にとって時計は装飾品という意味合いが強いのですが、面接ではシンプルなものを意識します。

メタルのものを選ぶ場合はシルバーがおすすめです。ゴールドのように目立ちすぎるものは避けましょう。

エナメルやビニール素材のものはカジュアルな印象を与えてしまいますのでNGです。

カジュアルすぎるものや派手なものはスーツに似合いません。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

面接の腕時計に関する注意点

注意点

この章では腕時計を身に着けているときの注意点をまとめました。

腕時計を身に着けておくことでメリットを得ることができますが、場合によっては良くない印象を与えてしまうこともあります。

ちょっとした振る舞いで良くない印象を与えてしまわないように注意するポイントを確認してください。

特に普段はスマホばかりで腕時計をし慣れないという方は注意しましょう。

面接中に見ない

ダメ

腕時計を身に着けて面接を受けることは問題ではありません。

ですが面接の最中に何度も時間を確認することは避けましょう。

つい時間が気になって腕時計に目を落としてしまうという方もいらっしゃるかもしれません。ですが面接中は面接官との話に集中すべきです。

腕時計を何度も確認してしまうと「面接に集中できないのかな?」と思われてしまいます。

会話中は時計を何度も見ないということは普段の社会人としてのマナーとしても身につけておきたいポイントです。

「会話に退屈している」「会話が早く終わればいい」という印象を与えないように注意しましょう。

スポーツウォッチはしない

スポーツ

面接で身につける腕時計はシンプルでスーツに似合うものにしましょう。

カジュアルすぎるデザインやスポーツウォッチなど派手すぎるデザインの腕時計は面接にふさわしくありません。

同じようにキャラクターものの腕時計も避けましょう。

社会人のビジネスマナーとしてTPOをわきまえてください。

特徴的なハイブランドの腕時計も印象は良くありません。

転職の面接はあくまでもフォーマルなものを身につけるということを意識してください。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

オッケー

面接での持ち物や振る舞いに不安があれば転職エージェントに相談してください。

一人で情報を集めたり持ち物を確認したりするには限界があります。

そんな時に頼りになるのは転職のプロです。

転職エージェントに相談することで不安や疑問が解消すれば転職活動に集中できます。

まとめ

笑顔

転職の面接にはシンプル見やすい腕時計を身に着けていきましょう。

あまりに華美なものやカジュアルなものは避けます。

スマホでは腕時計の代わりにはなりませんので注意してください。

また腕時計をしているからといって何度も時間を確認することは避けてください。

マナーを守って面接官に良い印象を与えましょう。

スーツにふさわしい腕時計を身に着けて面接に挑んでください。

もし腕時計を忘れたとしても慌てる必要はありません。近くにコンビニがあればスーツに似あうものを購入すると良いでしょう。

腕時計が必要な面接であれば最初に忘れたことを申告します。

自分の判断で間違ったことをすると悪い印象を与えてしまうでしょう。

注意するポイントをチェックして腕時計を選んでください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら