面接では腕時計を身につけたほうが良いのかどうか疑問に思う方もいらっしゃるかもしれません。

面接では清潔さや誠実さをアピールすることが多く過度な装飾はNGとなる場合が多いです。

ですが腕時計はビジネスマナーとして受け入れる人は多くいます。他にも腕時計を身につけるメリットは多いです。

この記事では面接に腕時計が必要な理由を解説しています。

女性におすすめの腕時計や忘れてしまった場合の対策も紹介しますので是非参考にしてください。

転職の面接で腕時計をした方がいい理由解説

時計

転職の面接で腕時計をしたほうがいい理由を解説します。

時間を確認するアイテムとして腕時計の役割は大きいです。

「スマホで時間を確認してもよいのか」「ビジネスマナーとしての腕時計の役割」なども紹介します。

なにか疑問がありましたら転職エージェントにご相談ください。

疑問を解消して転職活動をスムーズに行いましょう。

スマホで時間を確認することの誤解

スマホ

面接会場でスマホを手にとった時にそれが時間を確認するためだけなのか遊ぶためなのか確認する手段はありません。

そのため面接官はスマホを手にとっている応募者を見ると「面接の場でマナーが悪いな」と感じることもあるでしょう。

時間を確認するだけのつもりでスマホを手にとったとしても、SNSをチェックしたりゲームで遊んだりしているのではと誤解されてしまいます。

誤解を招く恐れがある以上時間を確認する手段として腕時計をつけるのが無難です。

腕時計をビジネスマナーと思っている人は多い

時計

社会人は出勤時間やミーティング、その他にも時間を守らなければならない場面は多くあります。

そのため時間を確認するアイテムを身に着けておくことは社会人として必須です。

スマホで時間を確認する手段もありますがSNSチェックやゲームと区別ができないため、ビジネスシーンでの使用は適切とはいえません。

特にスマホに慣れない年齢の方は「時間の確認は腕時計で」と思っている人は多いです。

様々な場面で使用することを考えて、時間の確認は腕時計で行うのが適切でしょう。

身だしなみの一部

時計

企業では様々な年代の方が働いています。

中でも比較的年齢の高い方は時間を確認するのは時計だという認識が強く、腕時計は身だしなみの一部だと考える方が多いです。

スマホで時間を確認したりスケジュール管理をしたりする方にとっては違和感があるかもしれません。

しかし様々な年代の方が一緒に働く社会ではそれぞれの考え方を尊重することも大切です。

腕時計が身だしなみの一部だと考える方もいるということを覚えておきましょう。

筆記試験用

時計

企業によっては急遽筆記試験を行うということがあるかもしれません。

突然の試験に対応するためにも腕時計は必要になります。

筆記試験では時間を確認できるものが必要です。

面接会場には時計が設置されているとは限りません。

カンニングを疑われる恐れもあるためスマホで時間を確認することはNGです。

また突然の筆記試験ではなく通常の筆記試験であっても、スマホで時間を確認することはNGとしている企業も多くあります。

試験で時間を確認するアイテムは腕時計がふさわしいでしょう。

グループディスカッションで時間管理ができる

会議

グループディスカッションでタイムキーパーをするのであれば腕時計が必要です。

企業によってはスマホをOKとしていることもありますが、多くの場合スマホの使用自体をNGとしています。

グループのうち誰かが腕時計を用意しているだろうという考えはよくありません。

どんな役目を割り振られても対応できるように腕時計を準備しておきましょう。

 

無料転職相談をして不安を取り除こう

 

面接官の腕時計の印象

面接

面接官の中にも腕時計をしているのがビジネスマナーという考えを持っている方は数多くいます。

そのため身だしなみのポイントでマイナスを付けられてしまうかもしれません。

腕時計をすることによるメリットもありますので面接には必要と考えておきましょう。

面接で不安なことがありましたら転職エージェントを頼るのも一つの手です。

少しでも不安を解消して面接に挑んでください。

 

ワンポイント
腕時計がビジネスマナーだと考える人もいる。

腕時計のメリット

時計

では詳しく腕時計のメリットを紹介します。

特にスマホとの違いを考えた時に腕時計は大きなメリットがあるようです。

面接官の印象を損なわないためにも腕時計を用意しておきましょう。

時間を確認できる

時計

腕時計は時間を確認するためのものです。腕時計を見るということは概ね時間を確認しているのだろうと推測できます。

スマホでも時間を確認できますが、それ以外の機能が目立ってしまい純粋な時間確認のための道具とは言い難いです。

スマホで時間確認をしていて不正を疑われるということもあるでしょう。

純粋に時間を確認するためでしたら腕時計を活用してください。

電池が切れない

時計

腕時計は電池切れの心配がほぼありません。

手巻き式のものでしたら電池の心配は必要ありませんし、電池式のものでも電池交換をしておけばすぐに電池切れを起こすことはないのです。

スマホは時計代わりになったりスケジュール管理ができたりと非常に便利ではありますが、充電がすぐに切れてしまう恐れもあります。

毎日スマホを充電しているという方もいらっしゃるかもしれません。

特に面接当日は持ち物や時間を確認することが多いためスマホの充電がすぐになくなるかもしれません。

時間の確認は電池切れの心配のない腕時計を使用するようにしましょう。

 

ワンポイント
腕時計は電池切れのリスクが少ない。

腕時計の有無は選考に影響する?

不安

腕時計を身に着けていないと選考に影響するのかどうか気になる方もいらっしゃるかもしれません。

腕時計を身に着けていないからといってすぐに不採用になるわけではありません。

ただし面接官の心象を損ねることはあるかもしれません。

また腕時計がない事自体が問題でなくても、時間を確認するために何度もスマホを見てしまうことは問題になるかもしれません。

腕時計を忘れてしまっても慌てずに落ち着いて行動してください。スマホを何度も見ることは控えましょう。

どうしても気になるようでしたらコンビニで購入もできます。

また時計が必要な場面でしたら忘れた旨を最初に伝えましょう。

どんな腕時計が必要?

時計

腕時計はビジネスマナーと考えている人は多いのですが、腕時計であれば何でも良いというわけではありません。

ビジネスシーンや面接にふさわしい腕時計があります。

面接で良い印象を持ってもらえるように、どんな腕時計が必要かポイントをチェックしておきましょう。

 

ワンポイント
ビジネスマナーに則った腕時計を選ぼう。

転職面接での腕時計はどんなものがいい?

時計

面接において腕時計の役割は時間を確認することですから、シンプル見やすいものが良いといえます。

カジュアルなものや多機能なスポーツウォッチなどは適切ではありません。見た目もスーツに合うものにしましょう。

あまり豪華なものは良い印象を与えることができません。反対にあまりに安っぽいものはスーツに似合いません。

常識的な価格帯の腕時計を選びましょう。

傷や汚れのないもの

時計

腕時計は身だしなみのひとつとして見られる場合があります。

そのため目立った汚れや傷のあるものは避けてください。

新しい腕時計を準備する必要はありませんが、清潔感を出すためにも傷や汚れには注意しておきましょう。

面接に出かける前に腕時計をチェックしてください。

アナログ

アナログ

面接ではアナログ時計を使用するのがおすすめです。

デジタル形式の時計は見やすく時間も正確に把握できるかもしれません。

ですが面接官の中には正式な場ではデジタルではなくアナログのほうが良いと考える方もいます。

またデジタル時計はカジュアルな印象を与えてしまうかもしれません。

もちろんデジタル時計で採用を見送られるということはないでしょう。

しかし少しでも良い印象を持ってもらうためにはアナログ時計が無難になります。

 

ワンポイント
腕時計は傷のないもの・アナログがおすすめ。

時計を選ぶポイント

ポイント

時計を選ぶポイントも解説します。デザインやベルトの素材などに気をつけてください。

あまりに華美な装飾のものやハイブランドのものは敬遠されてしまいますので注意しましょう。

面接に必要な時計はシンプルですぐに時間の確認ができるものです。

ファッション目的ではないことを意識してください。

もし不安なことがありましたら転職エージェントを活用してください。疑問や不安を解消して転職活動を行いましょう。

レディース用はどんなものを選ぶべき?

時計

レディースの腕時計は華美ではないものがおすすめです。またあまりにカジュアル過ぎる時計はNGになります。

シンプルで見やすいものがベストでしょう。文字盤の色はあまり気にする必要はありません。

おしゃれな装飾品としてではなく時間を確認するためのものだということを忘れないようにしましょう。

ベルトはどんなものがいい?

ベルトはスーツに合うものを選びましょう。革の場合は黒や茶色のように落ち着いた色合いがおすすめです。

女性にとって時計は装飾品という意味合いが強いのですが、面接ではシンプルなものを意識します。

メタルのものを選ぶ場合はシルバーがおすすめです。ゴールドのように目立ちすぎるものは避けましょう。

エナメルやビニール素材のものはカジュアルな印象を与えてしまいますのでNGです。

カジュアルすぎるものや派手なものはスーツに似合いません。

 

無料転職相談をして転職を成功させよう

 

面接の腕時計に関する注意点

注意点

この章では腕時計を身に着けているときの注意点をまとめました。

腕時計を身に着けておくことでメリットを得ることができますが、場合によっては良くない印象を与えてしまうこともあります。

ちょっとした振る舞いで良くない印象を与えてしまわないように注意するポイントを確認してください。

特に普段はスマホばかりで腕時計をし慣れないという方は注意しましょう。

面接中に見ない

ダメ

腕時計を身に着けて面接を受けることは問題ではありません。

ですが面接の最中に何度も時間を確認することは避けましょう。

つい時間が気になって腕時計に目を落としてしまうという方もいらっしゃるかもしれません。ですが面接中は面接官との話に集中すべきです。

腕時計を何度も確認してしまうと「面接に集中できないのかな?」と思われてしまいます。

会話中は時計を何度も見ないということは普段の社会人としてのマナーとしても身につけておきたいポイントです。

「会話に退屈している」「会話が早く終わればいい」という印象を与えないように注意しましょう。

スポーツウォッチはしない

スポーツ

面接で身につける腕時計はシンプルでスーツに似合うものにしましょう。

カジュアルすぎるデザインやスポーツウォッチなど派手すぎるデザインの腕時計は面接にふさわしくありません。

同じようにキャラクターものの腕時計も避けましょう。

社会人のビジネスマナーとしてTPOをわきまえてください。

特徴的なハイブランドの腕時計も印象は良くありません。

転職の面接はあくまでもフォーマルなものを身につけるということを意識してください。

 

無料転職相談をして面接を成功させよう

 

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

オッケー

面接での持ち物や振る舞いに不安があれば転職エージェントに相談してください。

一人で情報を集めたり持ち物を確認したりするには限界があります。

そんな時に頼りになるのは転職のプロです。

転職エージェントに相談することで不安や疑問が解消すれば転職活動に集中できます。

まとめ

笑顔

転職の面接にはシンプル見やすい腕時計を身に着けていきましょう。

あまりに華美なものやカジュアルなものは避けます。

スマホでは腕時計の代わりにはなりませんので注意してください。

また腕時計をしているからといって何度も時間を確認することは避けてください。

マナーを守って面接官に良い印象を与えましょう。

スーツにふさわしい腕時計を身に着けて面接に挑んでください。

もし腕時計を忘れたとしても慌てる必要はありません。近くにコンビニがあればスーツに似あうものを購入すると良いでしょう。

腕時計が必要な面接であれば最初に忘れたことを申告します。

自分の判断で間違ったことをすると悪い印象を与えてしまうでしょう。

注意するポイントをチェックして腕時計を選んでください。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!