これまでの営業のやり方とは違ったインサイドセールスに興味をもつ女性もいるのではないでしょうか。

今回はインサイドセールスに向いている人の特徴をご紹介します。

仕事内容や転職の面接についてもチェックしていきましょう。

Contents

インサイドセールスに求められるものとは

仕事中のビジネスウーマン

インサイドセールスの仕事は従来とは違った形の営業です。

リーマンショック以降にアメリカで発展した営業スタイルで近年日本でも導入されてきました。

そのため「何をしているの?」と疑問をもつ人もいるでしょう。

従来の営業は直接顧客のところへ出向き対面で行ってきました。

この訪問型の営業はフィールドセールスとも呼ばれます。

フィールドセールスは相手の顔を見て直接話ができるというメリットがありますね。

しかし移動時間があるので1日の営業件数が限られ、交通費がかかるというデメリットもあるのです。

それでも契約を取ることができればいいのですが、必ずしもそうとは限りません。

そこで営業の効率化を図るのがインサイドセールスの仕事なのです。

またこれまでと違った営業方法だからこそどのようなことが求められるかも気になるところですね。

新しい営業の形だからこそ求められることも違ってきます。

インサイドセールスに求められるスキルや向いている人の特徴を見ていきましょう。

 

ワンポイント
 インサイドセールスは営業の効率化を図ることができる仕事!

インサイドセールス仕事内容

オフィスでパソコン使用

インサイドセールスは従来の営業とは異なる営業方法をとります。

どんなところが違うの?実際のところ何をしているの?と思う人も多いのではないでしょうか。

まずはインサイドセールスの仕事内容についてご紹介します。

インサイドセールスは取引ができそうな見込み顧客に対して営業を行うというもの。

直接出向くのではなく電話やメールを使うのがインサイドセールスの特徴です。

中にはWeb会議を行うためのツールを用いている企業もあるでしょう。

インサイドセールスが営業を行う主な相手はこちらです。

  • 既存顧客
  • 新規の見込み顧客
  • 潜在の見込み顧客

既存顧客はもちろんのこと、興味をもってくれている顧客に対してもアプローチします。

見込み顧客は製品・サービスに興味をもっている顧客のことです。

例えば製品・サービスの資料請求をしたり、メールマガジンの登録をしている相手がこれにあたります。

興味がなければ資料請求やメールマガジンの登録はしないですね。

しかしせっかく興味があっても、そのままにしておくと忘れられてしまうことも。

インサイドセールスはそんな興味をもっている見込み顧客に対してアプローチするのが仕事です。

そして「直接話が聞きたい」「ぜひ契約したい」など前向きな回答があればフィールドセールスにパスするのです。

インサイドセールスの仕事は電話やメールを使うため外回りをする必要がありません。

移動時間がないため1日に30~40件の営業をすることも可能なのです。

また遠方の顧客に対しても営業ができるという特徴もあります。

インサイドセールスに必要なスキル

ひらめき、女性

インサイドセールスの仕事にはこれまでと違った営業職の特徴があります。

そのため求められるスキルも違ってくるでしょう。

ここではインサイドセールスに必要なスキルをご紹介します。

データ分析力

資料を見る女性

インサイドセールスは見込み顧客に対して営業を行います。

しかし大勢いる見込み顧客に対して同じようなアプローチを行うわけにはいかないでしょう。

それぞれの段階を理解して適切な時期に電話やメールをする必要があります。

また顧客の反応を見てふるい分けも必要です。

そのためインサイドセールスには分析力が求められるでしょう。

フォローアップ力

インサイドセールスにはフォローアップ力も必要となるでしょう。

既存顧客に対するフォローもインサイドセールスの仕事の1つです。

また新規顧客に対する連絡は1回だけでなく相手の反応を見て何度か行うこともあります。

そのため既存顧客・新規顧客のどちらにしても相手の求めるものを把握してフォローアップしてくのです。

また一度断られたけど契約の可能性が残っているという潜在顧客もいます。

潜在顧客はフォローアップ次第で前向きな方向に変わる可能性を秘めているでしょう。

フォローアップ力があればインサイドセールスとして活躍の道が開けますね。

ヒアリング力

顧客の希望の伺って適切なアドバイスをしたり商品の紹介をしたりすることも営業の仕事です。

そのためインサイドセールスはヒアリング力が求められるでしょう。

インサイドセールスは電話やメールでやり取りをすることになります。

身振り手振りや表情で相手の気持ちを確認することができません。

つまり相手の話を聞いて声のトーンや口調から察することも必要です。

インサイドセールスにとってヒアリング力は重要なスキルといえるでしょう。

関係構築力

1日に数多くの顧客と電話やメールで接するのがインサイドセールスです。

数をこなすことも必要ですが、そんな中でも顧客との関係を構築していかなければなりません。

関係を構築していくことで「もっと詳しい話を聞いてみたい」と思ってもらえることもあるでしょう。

そのためインサイドセールスには関係構築力も必要となるのです。

インサイドセールスに向いている人の特徴は?

スマホを使う女性

ここまではインサイドセールスの仕事内容や必要なスキルについてご紹介しました。

それらを踏まえてインサイドセールスに向いている人の特徴を見ていきましょう。

メールや電話でのコミュニケーションが得意

女性,スーツ,電話,受話器

メールや電話でのコミュニケーションが得意な人はインサイドセールスに向いているでしょう。

従来の営業は外回りがメインだったのに対しインサイドセールスは電話やメールを使った営業をします。

電話やメールは身振り手振りや表情といったものが見えません。

そのため口調や文面から相手の思いを察する必要があるのです。

またそれは顧客にとっても同じことがいえます。

電話やメールを受けた相手もインサイドセールスの声や文面で何かを感じ取っているのです。

もっと話を聞きたいと思うこともありますし、これ以上連絡しないでほしいと思うこともあるでしょう。

インサイドセールスにとって電話やメールはそれだけ重要なものだということです。

事務作業が早い

インサイドセールスに向いている人の特徴の1つに事務作業が早いということがあります。

1日に多くの顧客に電話をかけたりメールを送ったりしなければなりません。

それらのリストアップやメールの文面を考えるのはインサイドセールスの仕事です。

また進捗状況の把握も必要ですね。

これらの作業に時間がかかると顧客に連絡をする時間が減ってしまいます。

そのためインサイドセールスは事務作業が早い人が向いているのです。

自分で考えて業務を組み立てられる人

スケジュール

自分で考えて業務を組み立てられる人もインサイドセールスに向いています。

顧客のリストアップや営業職につなげるための報告などインサイドセールスの仕事はたくさんあります。

相手によってメールの文面を変えることも必要です。

これらの業務をどのように組み立てたら効率がいいかというのを考えなければなりません。

効率よく業務をこなすことができれば、より多くの顧客に連絡をすることができるからです。

精神的にタフ

インサイドセールスの仕事をするなら精神的にタフな人がいいでしょう。

多くの顧客に連絡をするということはそれだけ多様な人と接することになります。

話が進んできたかと思えば突然連絡が取れなくなることもあるでしょう。

またクレームを受ける可能性があることも知っておく必要があります。

しかし電話やメールの内容に一喜一憂していると他の顧客への連絡ができなくなってしまいます。

「今回はダメだったけど」と気持ちを切り替えて次に進めるといいですね。

もちろん見直さなければならない部分もあるでしょう。

そこも含めて気持ちを切り替えられる精神的なタフさが必要ということです。

 

ワンポイント
 インサイドセールスは多くの顧客と接するので業務の組み立てやコミュニケーションが重要!

インサイドセールスはテレアポと同じ?

疑問

インサイドセールスの仕事内容を見ていくとテレアポと同じ?と思う人もいるのではないでしょうか。

テレアポはテレフォンアポインターのことで営業のためのアポイントメントの獲得をする仕事です。

従来の営業の形態ではテレフォンアポインターが獲得するアポイントの件数が重要でした。

しかしインサイドセールスはアポイントの獲得につなげるものの、それだけが目的ではありません。

先ほどお伝えしたようにインサイドセールスはフォローアップも仕事の1つです。

またインサイドセールスとテレアポでは対象の顧客にも違いがあります。

インサイドセールスが対象とするのは「見込み顧客」です。

自社の製品・サービスの資料請求をしたり、メールマガジンなどに登録した相手を見込み顧客として営業を行います。

それに対してテレアポは企業リストなどを元に連絡を入れていくというもの。

そのため相手が興味をもたなければそこで営業は終了になります。

インサイドセールスとテレアポは「目的」と「対象とする相手」という面で異なるといえるでしょう。

 

ワンポイント
 インサイドセールスとテレアポは対象の顧客に違うことを知っておこう。

他の職種との違い

ポイント

営業には様々なスタイルがありインサイドセールスもその1つです。

それではインサイドセールスの他にどのような職種があるのでしょうか。

ここでは他の職種との違いをご紹介します。

フィールドセールスとの違い

インサイドセールスとよく比較される職種にフィールドセールスがあります。

フィールドセールスは従来の訪問型の営業のことです。

マーケティングが獲得したリードに出向いて営業を行う「外回り営業」や「外勤営業」というものです。

インサイドセールスは「内勤営業」とも呼ばれるのでその違いは明らかですね。

フィールドセールスはインサイドセールスからパスされた顧客のところへ出向くというのも特徴です。

お互いに連携を取りながら仕事をしていくことで営業の成果を上げることにつながるでしょう。

カスタマーサクセスとの違い

カスタマーサクセスは契約をした顧客に対して満足度を上げる仕事をします。

商談が成立したらそこで関係が終わるわけではありません。

そこで製品やサービスに満足してもらうことができれば既存顧客との関係が続きます。

しかし顧客が満足できなければ次はないかもしれないですね。

そのためカスタマーサクセスが成約後の顧客のサポートをして満足度を上げるのです。

インサイドセールスがアポを取ってフィールドセールスにつなぎ、成約後はカスタマーサクセスがサポートします。

つまりカスタマーサクセスはインサイドセールスの延長線上にいるといえるでしょう。

インサイドセールスのやりがい

オッケーサインを出す女性

インサイドセールスは見込み顧客とアポイントを取りフィールドセールスにつなげます。

つまりインサイドセールスが直接契約をするわけではないということです。

そんなインサイドセールスにはどのようなやりがいがあるのでしょうか。

最終的な商談や契約はフィールドセールスが行いますがそこにつなげるのはインサイドセールスです。

そのためアポイントを取った顧客と契約が成立したということにやりがいを感じる人が多いです。

電話やメールでのやり取りですが相手の反応に手ごたえを感じると嬉しく思うでしょう。

他の職種との連携が上手くいき顧客の満足度が向上したことがわかるとやりがいを感じる人もいます。

インサイドセールスの面接でよく聞かれること

面接の様子

インサイドセールスは今後も活躍が期待される職種です。

従来の営業にはない効率化や遠方の顧客へのアプローチも可能だからです。

そんなインサイドセールスの転職を目指す女性に面接でよく聞かれることをご紹介します。

「初めて話す人とのコミュニケーションで心がけていることは?」

電話やメールを使って顧客とコミュニケーションをとるのがインサイドセールスの仕事です。

その顧客は既存顧客ということもあれば新規顧客の場合もあるでしょう。

対面ではないからこそ注意しておきたいコミュニケーションもあります。

そんなインサイドセールスの仕事に必要なコミュニケーションに関する質問への準備をしておいてください。

「あなたの強みは?」

転職では自分の強みを知ってアピールすることが大切です。

これまでの経験やスキルをどう活かすかが転職成功のカギとなります。

インサイドセールスの転職面接でも強みについての質問をされる可能性があります。

求められるスキルや向いている人の特徴を押さえて自分の強みをアピールしましょう。

「仕事で上手くいかないと思った時はどうする?」

仕事をしていると行き詰ったり、どうしても上手くいかなくなったりすることがあります。

顧客とアポイントが取れないことが続くと「上手くいかない…」と落ち込むこともあるでしょう。

そんな時どのように乗り越えるかがインサイドセールスとして大切なことです。

転職面接ではその人が困難をどう乗り越えるかをチェックしているのです。

 

ワンポイント
 インサイドセールスの転職面接では営業に必要なことや強みについて押さえておこう!

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう!

物思いにふける女性

インサイドセールスに転職したいという女性もいるでしょう。

しかし新しい営業の形ということで不安を抱く人もいるはずです。

どのような求人あるのか、どういった仕事内容なのかわからないということも。

そんな転職の悩みや不安があるという方は転職相談に登録することをおすすめします。

転職エージェントに相談して転職を成功させましょう。

まとめ

ビジネスウーマン

今回はインサイドセールスの仕事内容や向いている人の特徴についてご紹介しました。

従来の営業とは異なるスタイルだからこそ求められるスキルもあります。

コミュニケーション力や業務を組み立てる力が必要となるでしょう。

インサイドセールスへの転職を目指すなら転職相談に登録することをおすすめします。

転職エージェントに相談しながらインサイドセールスの転職を成功させましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら