キャリアアップや自分自身の成長に役立つライトニングトーク

挑戦したいと思う人は多いですが、行動に移せない人もいるでしょう。

今回はライトニングトークを使ったプレゼン方法をエージェントが解説していきます。

ライトニングトークに対する悩みがある人はチェックしてみてください。

ライトニングトークを使ったプレゼン方法を解説

プレゼン

IT業界でよく行われるライトニングトーク。略してLTと呼ばれています。

限られた時間の中で上手く要点をまとめて発表をするため、聞いている人の記憶に残りやすくなります。

一度ライトニングトークを聞くと自分も挑戦してみたいと思う人は多いでしょう。

しかし、いざ挑戦してみても上手く内容をまとめることができなかったり、時間オーバーしてしまったりと上手くいかないものです。

初心者が挑戦するには難しいという印象が強いライトニングトークですがコツを掴めば誰でも挑戦できます。

では、ライトニングトークを流れに沿って紹介していきます。

ライトニングトークを使ったプレゼンまでの流れ

流れ

まず、ライトニングトークには準備が必要です。ぶっつけ本番でできる発表方法ではありません。

自分が伝えたい内容を決め、情報収集し要点をまとめて行く必要があるでしょう。

また、時間内に発表を終えるために練習をすることも求められます。では、それぞれの工程を詳しく紹介していきます。

ライトニングトークを使ったプレゼンに挑戦しようと考えている方はチェックしていきましょう。

伝えるテーマを絞る

ライトニングトーク以外の発表でも必要となるのがテーマを絞ることです。

多くのことを語ろうとすると、本当に伝えたいことが他の内容に埋もれてしまいます。発表をするときは何か伝えたい内容があるはずです。

自分が一番伝えたい内容にテーマを絞ることで傍聴者に自分の考えを上手く伝えることができるでしょう。

また、LTでは発表時間が限られるので、多くの内容を語ると時間が足りなくなってしまいます。

そのため、テーマは必ず絞るようにしましょう。

情報を集める

情報

テーマが決まったら次は情報収集です。テーマを掘り下げていき自分が絶対に伝えたい内容をまずは決めます。

そして、その内容を伝えるために必要な情報収集をしていきましょう。

発表時間の短いLTであっても情報収集はしっかりとしましょう。情報収集を適当にしていると内容の薄い発表となるのです。

たくさんの情報の中から必要な情報だけをピックアップするからこそ、LTには価値があるのです。

スライド作成

ライトニングトークでプレゼンをする際に使用するのがスライドです。主にパワーポイントで作成されたスライドが使われています。

また、発表の場に合わせてスライドを作成することが重要です。

プロジェクターを使用するのかモニターを使用するのか、それともオンラインでそれぞれのPCに映し出されるスタイルなのか。

それによって作成するスライド資料の画面比率が異なります。

LTではスライド資料の美しさも注目されるポイントなので、しっかりとチェックしておきましょう。

練習

練習

プレゼンをする際は資料に沿って言葉で説明していくことでしょう。

どんなに魅力的なアイディアで素晴らしい資料を作成していたとしても、聞き手の心に届かなければ意味がありません。

また、話しをするスピードや抑揚もプレゼンが成功するための重要なポイントであるため、LTのプレゼンに練習は必須です。

練習した分自信に繋がるので練習時間は惜しまないようにしましょう。

本番

しっかりと準備をして練習をすれば、残すは本番のみ。初めてのLTでのプレゼンは緊張して戸惑うこともあるでしょう。

しかし、練習したことは結果として出ます。

多少言葉に詰まってしまっても、内容が魅力的で見やすい資料を作ることができていれば、傍聴者の心に届きます。

本番で自分の力を出し切ることも大切ですが、それ以上に事前の準備が大切です。

本番は自分の力で乗り切るしかありませんが、それまでの工程はプロの力を借りることも可能です。

エージェントに相談してみるのもいいでしょう。

プレゼンの流れ

プレゼン資料

プレゼンまでの流れを一通りご紹介しました。しかし、一番気になるのはプレゼンの中身でしょう。

プレゼンでどういった順序で話しをしていけばいいのか。また、どういった流れで話しをすればプレゼンが成功するのか。

ここでは、そういった疑問について追及していきます。

最初に結論を言う

まず、プレゼンの最初に結論を言いましょう。結論を最初に持ってくることによって、傍聴者の興味を引くことができます。

長すぎる前置きは話しを聞きたいという気持ちを無くしてしまいます。

結論であなたの話しに興味を持った傍聴者は、ワクワクした気持ちでプレゼンを聞くことができるのです。

LTでは傍聴者を楽しませるということも重要となってくるため、最初に結論を言うといいでしょう。

伝えたいことに時間を割く

時間

LTプレゼンの時間は短く、自己紹介などの前置きに時間をかけてしまっては伝えたいことを言い切ることができません。

そのため、前置きなどは極力省略して伝えたいこと時間を割くようにしましょう。

また、情報収集をしているとあれもこれも伝えたくなってしまいます。

しかし、何でもかんでもプレゼンの中に入れてしまうとただ情報量が多いだけになってしまうでしょう。

本当に伝えたいことにスポットを当て時間を使うことが、LTが成功する方法です。

最後にも結論を言う

最初に結論を言うことから始まるLTプレゼンですが、最後にも結論を言いましょう。

起承転結という言葉があるように、やはり最後にはオチが必要です。

「~だと思いました」「~な出来事がありました」といった終わり方は傍聴者の印象に残りません。

最後にも結論を言うことで記憶に残るTLプレゼンとなります。

 

ワンポイント
最初と最後に結論を言おう。

ライトニングトークの持ち時間は短い

準備

ライトニングトークは2分~5分の短い発表方法です。

一人の持ち時間が短いため、伝えたいことをうまくまとめられるかどうかがポイントとなります。

持ち時間が短いことからハードルが低いと思われがちなライトニングトーク。

しかし、実際は短時間で伝えたいことをまとめなければならず、意外と難しいのです。

短い持ち時間で伝えたいことを話すためには、事前の準備が必要となるでしょう。

 

ワンポイント
LTの持ち時間は2~5分。

伝えたい情報の核をしっかりと決める

記憶

LTプレゼンを成功させるコツは伝えたい情報の核をしっかりと決めることです。

プレゼンを作成する時にテーマを決めスライドのタイトルを設定することでしょう。

しかし、情報の核というのはテーマでもタイトルでもありません。

核というのはプレゼンを終えた後に傍聴者の記憶の残るもののことです。

そのため、情報の核に一番伝えたいことを持ってくることでプレゼンは成功します。

スライド作成の注意点

注意

LTプレゼンは事前準備が大切です。スライドも事前準備の一つであり作成するときに気をつけたいことがあります。

スライドを上手に作成できていると伝えたい内容を分かりやすく説明することができます。

反対にスライドが失敗していると本当に伝えたいことが何なのか分からなくなってしまいます。

ここでは、スライド作成の注意点について詳しく紹介していきます。

特に注意するべきことを3つ取り上げているのでぜひご覧ください。

情報は簡潔に

情報を詰め込みすぎたスライドは見づらいです。特に文字が多いと何が重要なのか分かりにくくなります。

そのため、情報は簡潔にしましょう。初めてスライドを作成する人に多いのが、発言する内容を全てスライドに記入してしまうことです。

また、余計な情報によって大事な情報を埋もれさせてしまいます。

必要な情報だけを簡潔にまとめることによって、見やすいスライドを作ることができるでしょう。

デザインを効果的に使う

情報

文字だけのスライドよりもデザイン効果的に使ったスライドの方が人の目を引きます。

文字と画像のバランスを考えたデザイン性の高いスライドを作成していきましょう。

また、文字が左寄せのままだったりするとクオリティが低く見えるので、文字のバランスまで気を付けてみてください。

同じパワーポイントを使用しても、作成者のセンスや技術によって全く違ったものが完成します。

スライドの完成度はLTの成功へと繋がるため、デザインを上手く取り入れていきましょう。

スライドの枚数を考える

通常のプレゼンではスライド1枚につき1分程度時間を使用します。

しかし、LTプレゼンは持ち時間が短いため、1枚1分にすると非常に少ない枚数となってしまいます。

そのため、フラッシュプレゼンテーションという手法を用いることがほとんどです。

スライド1枚の情報量を減らすことで1枚にかける時間を短縮し、スライドの枚数を増やします。

1枚の情報量は少なくなりますが、本当に必要な部分だけをまとめることができるでしょう。

 

ワンポイント
スライドは見やすさを重視しよう。

ライトニングトークにはメリットがたくさんある

メリット

ライトニングトークをすることによって人前で話す経験を積むことができます。

そのため、緊張しやすい人や人前に立つことが苦手な人にとっては成長の場となるでしょう。

また、短い時間で情報を整理してまとめる力をつけることもできます。

スライドのクオリティもあがるため、通常のプレゼンでも役に立つことでしょう。

ライトニングトークにはたくさんのメリットがあり、キャリアアップを目指す方は積極的に参加していきましょう。

 

ワンポイント
ライトニングトークのメリットは
・人前で話す経験を積めること
・成長できること
・情報整理の力がつくこと
・スライドのクオリティが上がること

ライトニングトークを成功させるためのポイント

ポイント

ライトニングトークで成功することは、今後のキャリアにも影響してきます。

転職にも生かすことができるでしょう。また、ライトニングトークが得意なことで自分の実力は認められやすくなります。

ライトニングトークに挑戦するからには成功させたいと思うでしょう。

では、ライトニングトークを成功させるポイントを紹介していきます。

難しい言葉は不要

難しい言葉

基本的に、難しい言葉はライトニングトークに不要です。ライトニングトークは一人に対して行うものではありません。

傍聴者が複数名いるため、全ての人に分かってもらえるようなプレゼンにしていくべきです。

難しい言葉を使っているからライトニングトークが成功するわけではありません。

むしろ、内容が頭に入ってこないと感じられてしまいます。

専門用語の説明をする時間もないので難しい言葉は使用しないようにしましょう。

練習はしっかりと行う

ライトニングトークを成功させるためには練習をしっかりと行いましょう。

ライトニングトークで成功することは、今後のキャリアアップにも繋がります。練習をしていて損はありません。

また、練習をするときのコツは録画や録音をしながら行うことです。

滑らかに話すことができているか、姿勢は悪くないかなど聞き手の視線になってチェックしていきましょう。

笑顔ではきはきと喋る

笑顔

ライトニングトークで何よりも大切なのが、笑顔ではきはきと喋ることです。

堂々と話しが出来る人は自信に満ち溢れているように見えます。

初めてのライトニングトークだと緊張して言葉に詰まってしまうこともあるでしょう。

しかし、笑顔ではきはきと喋ることができれば、傍聴者の心を動かすプレゼンを行うことができます。

LTプレゼンで重要なのが自分の伝えたいことをきちんと伝え印象に残ることでしょう。

ミスをしても笑顔ではきはき喋るようにしてください。

転職での不安は転職エージェントに相談しよう

転職

ライトニングトークで成功して転職の幅を広げていこうと思う人は多いでしょう。

しかし、どんなに実力をつけても転職に関しての不安はなくなりません。

転職は新たな人生をスタートすることでもあるため、当然のことでもあります。

転職に悩んだ時や不安を感じた時は転職エージェントに相談していきましょう。

転職エージェントは転職のプロであり、転職の役に立つライトニングトークの知識も豊富です。

ぜひ、転職エージェントに相談してみてくださいね。

まとめ

情報

ライトニングトークでのプレゼンで分からないことはたくさんあるでしょう。

しかし、ライトニングトークは自分の意見を伝える場であり、何度も挑戦することができます。

一度失敗したからといって終わりではありません。何度も挑戦して自分に自信を持てるようになりましょう。

また、ライトニングトークや転職での悩みがあれば、プロであるエージェントを利用してみてください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら